まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:首位

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/27(月) 19:25:45.75 ID:CAP_USER
    米国の大手広報会社エデルマンが先日発表した信頼度調査によると、中国国民の政府への信頼度は95%に達した。今年1月の新型コロナウイルス感染症の初期と比べ5ポイント上昇し、調査対象国で首位に立った。新華社が伝えた。

    今回の調査は今年1月の調査に続くもので、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、日本、メキシコ、サウジアラビア、韓国、英国、米国の11か国で、それぞれ市民1200人の意見を集めた。同社の算出方法では信頼度1~49%を「信頼していない」、50~59%を「どちらともいえない」、60~100%を「信頼している」としている。

    米国民の政府への信頼度は1月調査時から9ポイント上昇したが、それでも48%しかなく、調査対象国で下から2番目だった。共和党支持者は民主党支持者よりも連邦政府への信頼度が高い。また、両党の支持者共に連邦政府より地方政府への信頼度が高い。

    世界全体では人々の政府への信頼度は65%に達し、1月調査時と比べて11ポイント上昇した。新型コロナ対策期間、非政府組織(NGO)、企業、メディアよりも政府の方が民衆からの信頼が高かった。感染が拡大する中、政府はなおさらに人々の命の安全を重視し、守るべきだとの回答は67%に上った。

    エデルマンのリチャード・エデルマンCEOは「人々は健康と経済の空前の危機を前にして、政府が指導力をはっきりと示し、彼らに希望を与えることを期待している」と述べた。(編集NA)

    「人民網日本語版」2020年7月27日
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2020-07/27/content_76317475.htm

    引用元: ・【人民日報】中国国民の政府への信頼度は95% 調査対象国で首位 米国の大手広報会社エデルマン調査 [07/27] [新種のホケモン★]

    【100だと明らかにウソだから【人民日報】中国国民の政府への信頼度は95% 調査対象国で首位 米国の大手広報会社エデルマン調査 [07/27] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/20(水) 17:48:52.77 ID:CAP_USER
    メモリー半導体市場の深刻な不況が続く中、サムスン電子は今年、半導体業界1位の座を米インテルに再び譲る見通しとなっている。

     市場調査会社ICインサイツは最近のリポートで、今年のサムスン電子の半導体売上高が前年比29%減の556億1000万ドルになると予想し、インテル(698億8000万ドル)に首位を奪われるとの見方を示した。インテルは1993年から2016年まで世界の半導体業界で不動の首位だったが、サムスン電子はメモリー半導体が好況だった2017、18年にインテルを抜いて首位に立っていた。

     しかし、1年以上続いたメモリー半導体不況の影響でサムスン電子は首位防衛に失敗した。DRAMエクスチェンジは「サムスン電子が7-9月に世界のDRAM市場で46.1%のシェアを占め、過去2年間で最高のシェアを達成したものの、DRAM価格が急落し、営業利益が大幅に減少した」と分析した。

     一方、非メモリー半導体の王者、インテルは急速に成長している。5G(第5世代移動通信)、人工知能(AI)など先端技術が産業全体で採用され、システム半導体の需要が堅調だからだ。今年の世界15位以内の半導体メーカーの売り上げは前年を15%下回るとみられるが、インテルだけは前年(698億3200万ドル)とさほど差がない予想だ。

     ICインサイツによると、メモリー半導体を主に生産するSKハイニックスも順位低下は避けられない。同社の今年の半導体売上高予想は前年比38%減の228億8600万ドルで、台湾積体電路製造(TSMC)に3位の座を譲る見通しだ。

    金城敏(キム・ソンミン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/20/2019112080004.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/11/20 08:20

    引用元: ・【サムスン】インテルに抜かれ半導体首位陥落へ[11/20]

    【サムスンしか誇れるものがないのに【サムスン】インテルに抜かれ半導体首位陥落へ[11/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/08(木) 15:43:57.13 ID:CAP_USER
    2019年8月7日、中国のテクノロジー系メディアの太平洋電脳網(PConline)は、中国のスマートフォン市場で、韓国サムスン電子のシェア(出荷台数ベース)が再び1%未満に低下したと報じた。

    「海外メディアの報道」として伝えたもので、市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)の報告書によると、サムスンの19年第2四半期の中国スマホ市場における出荷台数は70万台で、シェアは0.7%だった。

    サムスンの中国スマホ市場でのシェアは、16年が4.9%、17年が2.1%で、18年第2四半期から1%を切り、19年第1四半期は1%台(1.1%)に復帰していた。

    19年第2四半期の中国スマホ市場では、中国のファーウェイが出荷台数3730万台、シェア37.3%で首位となった。2~4位はOPPO(19.7%)、vivo(18.5%)、シャオミ(12%)と中国勢が並び、米アップルは出荷台数620万で5位だった。
    Record china
    2019年8月8日(木) 15時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b735742-s0-c20-d0054.html

    引用元: ・【ファーウェイ37.3%で首位】サムスン、中国スマホ市場シェアまた0%台に[08/08]

    【持ってる人はほとんどいないんじゃない?【ファーウェイ37.3%で首位】サムスン、中国スマホ市場シェアまた0%台に[08/08] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/13(火) 10:49:50.36 ID:CAP_USER
    英国の船舶・海運専門調査会者クラークソンによると、韓国造船業界は今年1-5月に207万CGT(標準貨物船換算トン数)の船舶を受注し、国別で中国を抜き世界首位となった。全世界で発注された船舶の31%を受注した計算だ。毎月減少していた受注残高も2年ぶりに増加に転じ、5カ月ぶりに日本を抜いて2位に浮上した。

     特に4月、5月には世界の船舶発注量の半分近い47%を韓国造船業界が受注する成果を上げた。韓国は過去最大の受注低迷期だった前年同期に比べ、受注量が350%増えたが、中国と日本はそれぞれ25%、14%の減少だった。日本は4月に1隻も船舶を受注できず、クルーズ船や旅客船の建造を強みとするイタリア、フィンランドに次ぐ5位にとどまった。韓国造船業界が受注首位に立ったのは、業界の強みである大型タンカーの発注が回復したためだ。

     韓国造船業界による5月の受注残高は1749万CGTで前月を15万CGT上回った。受注残高は2015年10月以降、新規受注の低迷で減少していたが、20カ月ぶりに増加に転じた。受注残高で年初来日本に譲っていた2位の座も5カ月ぶりに回復した。

     5月の全世界の船舶発注量は166万CGTで、4月(85万CGT)の2倍近くに増え、造船市況の回復に対する期待感が高まっている。1-5月の累計発注量は前年同期比で11%増えた。

    全洙竜(チョン・スヨン)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/13/2017061300601.html
    記事入力 : 2017/06/13 08:35

    引用元: ・【朝鮮日報】1-5月の船舶受注、韓国が世界首位[6/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【作れば作るほど貧乏に】1-5月の船舶受注、韓国が世界首位】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/13(木) 15:31:36.30 ID:CAP_USER
    世界スマートフォン市場占有率
    no title

    サムスン電子が11日、アラブ首長国連邦で「ギャラクシーS8」の発売行事に先立ちブルジュ・アル・アラブ・ビルディングの外壁を通じて製品を紹介
    no title


    トレンドフォース「第1四半期サムスン電子占有率26.1%でアップル抜く」 
    昨年第4四半期はギャラクシーノート生産中止の余波でアップルに抜かれ 
    「アイフォン新製品待機需要のせいでギャラクシーS8販売量は制限的」

    サムスン電子がアップルを抜いて再び世界のスマートフォン市場で占有率首位の座を奪還した。

    12日、市場調査機関トレンドフォースが出した報告書によれば、サムスン電子の第1四半期世界スマートフォン市場占有率(生産量基準)は26.1%で、アップル(16.9%)を追い抜いた。

    サムスン電子の第1四半期スマートフォン生産量は8014万台で、直前四半期より8.4%増加したと集計された。今年1分期のスマートフォン全体生産量は3億700万台で、前四半期より23%減った。

    中国ブランドのスマートフォン生産量が減ったためと分析された。

    サムスン電子は昨年第4四半期にはギャラクシーノート7の生産中心の余波で世界のスマートフォン市場占有率首位の座ををアップルに奪われた。アップルが20.3%を記録し、サムスン電子(18.5%)を追い抜いた。

    トレンドフォースは世界スマートフォン市場の占有率首位が変わった理由について「サムスン電子がギャラクシーノート7生産中止事態以後、消費者の信頼をまだ回復できず第1四半期のプレミアムフォン部門では振るわなかったが、“ギャラクシーJ”中低価格フォンのおかげでサムスン電子の占有率が大幅に上昇した」と説明した。

    トレンドフォースは“ギャラクシーS8”の販売量については「第3四半期に発売されると見られるアイフォン10周年新製品に対する待機需要のせいで制限的になるだろう」と見通した。

    一方、サムスン電子は11日(現地時間)、アラブ首長国連邦でギャラクシーS8の発売記念行事を行った。中東地域へのギャラクシーS8供給は28日に始まる。

    韓国ハンギョレ新聞社 キム・ジェソプ記者
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/27049.html
    韓国語原文入力:2017-04-12 13:51
    http://www.hani.co.kr/arti/economy/marketing/790318.html 訳J.S(1023字)

    関連
    【韓国】サムスン、世界スマホ市場でアップルに1位の座を奪われる=韓国ネット「バッテリーが爆発したのによく2位にとどまったよ」 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1491384991/

    引用元: ・【ハンギョレ】サムスン電子、アップル抜いて世界スマートフォン市場占有率首位奪還[4/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【胡散臭い】ハンギョレ「サムスン電子、アップル抜いて世界スマートフォン市場占有率首位奪還」】の続きを読む

    このページのトップヘ