まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:風景

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/22(木) 12:41:08.57 ID:CAP_USER
    ● 経産事務次官インタビュー「(韓国が)グループAに戻る風景はまったく見えない」
    8/22(木) 8:23配信

    産業界の先行きに暗雲が漂っている。米中対立の激化に伴い、世界経済に景気後退の兆しが出てきた。また韓国に対する貿易管理の運用見直しを契機に、日韓の間でも確執が深まり、経済交流が冷え込んでいる。7月に就任した安藤久佳経済産業事務次官に喫緊の政策課題を聞いた。

     ―対韓貿易管理の運用見直しをめぐり、韓国が反発を強めています。

     「今回の措置は、貿易管理の国際的なルールの中に完全に収まっている。このルールを逸脱し恣意(しい)的に運用すると、国際的なプロの世界で一目瞭然になる。長年にわたる日本の信頼を傷付けるような自殺行為は、政府として絶対に行わない。どんな場に出ても適切に説明できると確信している」

     ―半導体材料3品目の輸出手続きを厳格化しました。産業界への影響をどう見ますか。

     「韓国は半導体のグローバルサプライチェーンが毀損(きそん)し世界規模で連鎖反応が起きると主張しているが、韓国のサムスン電子や米アップルなどが懸念しているという情報は来ていない。調達や製造に影響が出るなら黙っていないはずだ。輸出許可をされるべき案件は粛々と許可されることを世界のトップ企業は分かっているから、大騒ぎしていない」

     ―厳格化する対象品目を広げる考えは。

     「必要があれば、でしょうね。3品目と同様に不適切な事例が見受けられるなら考えないといけない。そこは予断を持って考えているわけではない」

     ―韓国が以前の輸出管理区分(グループA)に復帰する可能性はありますか。

     「グループA(の実務実態)の状況になったという証拠と、そういう体制を継続できるという信頼性を示して頂く必要があるほか、我々自身の心証の問題もある。だが7月の事務的説明会以降の動きは、まったく逆行しているように見える。今のところグループAに戻るというような風景は、私自身はまったく見えない」

     ―一方、通商の世界では米中対立の先鋭化が世界景気の足かせになっています。

     「中国経済の減速により、日本からの輸出や現地での供給に影響が出ている。特に電子機器や産業機械が中心だ。また鉄鋼や化学の過剰生産能力問題が深刻化し、アジア全体の市況が悪化する恐れもある。9月に対中制裁関税の第4弾が発動されると、さらに大きな影響が及ぶだろう」

    【記者の目】
     韓国政府は日本の貿易管理上の措置を歴史問題にすり替えて反論している。日本は欧米など国際社会に対して積極的に情報発信し、正しい理解を広げるべきだ。また長い目で見れば、韓国国内における世論形成も必要だ。日本に対して好意的な層や寛大な層も少なからずいる。彼らとも連携し、日韓は歩み寄りの機会を探れるのか、壁は高い。
    (敷田寛明)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00010000-newswitch-bus_all

    引用元: ・【話題】安藤久佳・経産事務次官インタビュー「韓国がグループAに戻る風景はまったく見えない」[8/22]

    【そりゃそうでしょうね 【話題】安藤久佳・経産事務次官インタビュー「韓国がグループAに戻る風景はまったく見えない」[8/22] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/24(月) 10:31:08.23 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    秋夕(チュソク)の意味が『民族の大名節』から『ゴールデンウィーク』に変わっている。秋夕の伝統的・家族的ムードは次第に色褪せ、個人的・余暇的イメージが大きくなったせいである。

    特に若年層を中心に名節は連休という認識が広がっている。昨年の秋夕に実施したアンケート調査によれば、10人中6人が「秋夕は連休の一つ」という考えを表している。このような現代人の認識とライフスタイルの変化が秋夕の風俗図を変えている。

    ■ ホンチュジョク(“ 一人で秋夕を過ごす族 ”の略語)の秋夕
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    一人で秋夕を過ごす『ホンチュジョク』が名節の度に増加している。受験生や就活生などの非自発的ホンチュジョクだけではなく、自発的ホンチュジョクも増える傾向にある。これらの大部分は20~30代の大学生や会社員で、名節に親戚の小言から避けて自分だけの時間を過ごす。

    最近、就職ポータルIncruit(インクルト)の調査によれば、回答者1106人のうち53%が今回の秋夕に帰郷の意思がないと答えた。その理由として、「会いに行く知り合いがいない(23%)」、「小言、ストレスが予想される(20%)」の順に数えられた。

    ホンチュジョクは長い連休期間を利用して、普段できない手術や施術を受けたりする。そのため眼科や整形外科は秋夕連休を迎えてパンチャク(きら☆きら)特需を享受する。この期間に売り上げは10%ほど増え、予約は2~3週間前に締め切られる程だ。

    会社員のイ・ジスさん(27歳)は、「秋夕連休にラセック手術をする予定」と言いながら、「手術後の回復期間が必要なので連休に予定を決めたけど、秋夕に祖母の家に行かずに済んで一石二鳥だ」と話した。

    (写真)
    no title

    ▲ 昨年の秋夕連休、仁川空港が混みあう様子

    『民族大移動』の方向は故郷から旅先に変わった。名節の度に空港は旅行客で賑わっている。去る秋夕の際は約10日間のゴールデンウィークを迎え、秋夕当日だけで102万人が海外に旅に出た。前年比3.1倍増加した水準である。

    今年も多くの人々が秋夕連休に旅行に向かう事が予想される。仁川国際空港公社は秋夕連休期間である9月21~26日に、合計118万3237人の旅行客が仁川空港を利用すると予測した。一日平均の旅行客は19万7206人で、歴代の名節期間で最も多いと予想されている。

    オンライン上では、「先祖の恩恵を受けた者は皆、海外旅行には行ってない」とし、国内に残って先祖に茶礼(祭祀)を行なう姿を自嘲する声も大きくなっている。

    ソース:NAVER/マネーS(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=417&aid=0000344777

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】「整形手術に海外旅行」~変わりゆく秋夕の風景[09/24]

    【【韓国】「整形手術に海外旅行」~変わりゆく秋夕の風景[09/24] 】の続きを読む

    このページのトップヘ