まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:領有権

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/23(木) 14:34:05.10 ID:CAP_USER
    中国との国境が画定していないヒマラヤの王国ブータンに対し、中国が、東部にある野生生物の保護区の領有権を主張したことがわかりました。この地域への領有権の主張は公式には初めてとみられ、周辺国の警戒感が一層強まりそうです。

    途上国の環境対策を支援する国際機関「地球環境ファシリティ」の議事録によりますと、先月の会合で中国側の代表が、ブータン東部の「サクテン野生生物保護区」について、「中国との国境協議で議題となっている係争地帯だ」と述べ、領有権を主張したということです。

    これに対し、ブータン側の代表は「保護区は不可分の領土で、議題にのぼったことはない」と反論したということです。

    ブータン政府によりますと、この保護区は広さ650平方キロメートルの自然豊かな地域で、2003年から整備され、観光客も受け入れています。

    両国は国境が画定しておらず、1984年以降、24回にわたり協議を重ねてきましたが、複数の専門家によりますと、対象は西部と中部の係争地帯にとどまり、東部は対象外だったということで、中国によるこの地域への領有権の主張は公式には初めてとみられます。

    3年前には、中国がブータン西部の係争地帯で道路の建設を進めたことから、ブータンに影響力を持つインドが軍を展開し、中印が2か月余りにわたって対じする事態となりました。

    中国の動きについて、外交筋は「インドへのけん制とともに、一方的な現状変更の試みの一つではないか」と指摘していて、中国と領有権争いを抱える周辺国の警戒感が一層強まりそうです。

    中国外務省「ブータンとの国境はいまだ画定せず」

    これについて、中国外務省の汪文斌報道官は21日の記者会見で、「中国とブータンの国境は、いまだに画定しておらず、東部や中部、それに西部で長い間、争いが存在してきた」と述べ、ブータン東部についても、領有権をめぐる争いがあると主張しました。

    そのうえで、「中国は、双方の協議によって国境の問題を一括して解決することを主張してきた。国際的な場で双方の領土をめぐる争いについて触れることに反対する」と述べ、国際会議などの場所で、今回の問題を提起しないよう、くぎを刺しました。

    ソース
    NHK NEWS WEB 2020年7月22日 17時19分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200722/k10012528291000.html

    引用元: ・【国境紛争】中国 ブータン東部の野生生物保護区に領有権を主張「07/23」 [Ikh★]

    【悪の枢軸共産党は滅ぼせw 【国境紛争】中国 ブータン東部の野生生物保護区に領有権を主張「07/23」 [Ikh★]】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/17(火) 18:50:23.28 ID:CAP_USER
    【南海聯合ニュース】韓日の史料を比較しながら日本の独島領有権主張の虚構性を伝える特別展が、韓国南部・慶尚南道南海郡の南海流刑文学館で17日に始まった。7月31日まで。同館と独島を管轄する慶尚北道鬱陵郡の独島博物館が共同企画したもので、独島を巡るさまざまな事件と韓国の領有権の立証史料を歴史の流れに沿って展示している。

     展示されている韓国の史料のうち「大朝鮮国全図」は「朝鮮八道地図」「朝鮮全図」が収録された地図帳で、朝鮮全図と江原道編にそれぞれ鬱陵島と独島が朝鮮の領土として表記されている。

     一方、朝鮮の地理情報を詳細に記した日本の史料「朝鮮国細見全図」は、鬱陵島と独島を朝鮮の領土として表記している。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/04/17/0400000000AJP20180417003600882.HTML

    引用元: ・【韓国】日本の独島領有権主張の虚構性伝える特別展 韓国南部で始まる[04/17]

    【【韓国】日本の独島領有権主張の虚構性伝える特別展 韓国南部で始まる[04/17] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/06/15(木) 11:24:31.74 ID:CAP_USER
    ■ キム・イルグァン作家の『アシカよ、独島アシカよ』に似た『メチのいた島』、日本の童話作家・
      杉原由美子発行
    _________________________________

    日本が今回は韓国の作家が描いた絵本に似た独島(トクド)関連の絵本を出し、日本国内だけでななく
    海外にまで配布している事が確認された。

    浦項(ポハン)で童話作家として活動しているキム・イルグァン作家は、自身が去る2010年に発行した
    『アシカよ、独島アシカよ(カンチヤ、トクド・カンチヤ)』に酷似した『メチのいた島』という絵本を、日本の
    童話作家である杉原由美子が2014年に発行したと明らかにした。

    キム作家によれば、当時日本の内閣官房領土・主権対策企画調整室は童話の内容を紹介する杉原の
    映像を作り、YouTubeで公開した。

    杉原は映像を通じて、「日本人がアシカと交流して自由に行き来した竹島は、韓国の李承晩ラインに
    よって突然近付く事ができない島になってしまった」とし、「竹島は日本固有の領土である。江戸時代
    から日本固有の領だった」と主張した。

    日本は『メチのいた島』の電子図書を独島に関する理解資料として活用する事を勧告して、日本全国
    3万2千校余りの小・中学校に配布した。

    また、この本を英語版と韓国語版に翻訳して各国の大使館に伝達した。

    産経新聞によれば、キャロライン・ケネディ米国大使は杉原から絵本の英語版を伝達され、「(英語版
    を)送ってくれてありがとう」とし、「美しい本だ。大使館の職員、来訪者と共有したい」という内容の返信
    を送った事が分かった。

    このように日本が国内外に独島領有権の主張を強化すると、韓国もキム・イルグァン作家の『アシカよ、
    独島アシカよ』を2016年に電子図書と英語版を製作して、全国6千校余りの小学校と海外公館韓国語
    学校に配布して対応に乗り出した。

    日本は2015年、領土および歴史問題に関する日本の主張を盛り込んだ情報発信事業に計35億9千
    万円(韓貨=約398億8千万ウォン)を投入した。また、各地域の知日派養成の為の奨学事業に28億
    8千万円(韓貨=約320億ウォン)を支援した。

    他にも日本の両院本会議が2006年採択した『竹島の領土権の早期確立に関する請願』により、年間
    1億円(約11億ウォン)の予算を投入して、島根県が主催している独島の日の行事および情報発信
    事業を支援している。

    韓国が独島を不法占拠しているという日本の小学校模擬試験問題に韓国は憤怒したが、日本ネチズン
    は「当然の知識だ」という反応を出している。

    独島の領有権を主張する為の日本当局の莫大な予算が、地方自治体と民間の努力によって日本の
    小・中学生のほとんどは、韓国固有の領土である独島を『韓国に奪われた地』と認識している。

    キム・イルグァン作家は、「日本が独島領有権を主張するために類似本を発行して、莫大な予算で
    国内外の広報に出ている」とし、「一方、韓国で配布された本は教育現場で教材としてまともに活用
    されてなく、独島領有権の教育強化が必要だ」と話した。

    ソース:慶北日報(韓国語)
    http://www.kyongbuk.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=996091

    引用元: ・【日韓】独島領有権紛争、『絵本』戦争勃発=慶北日報(韓国)[06/15] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【杉原由美子氏による絵本「メチのいた島」】慶北日報(韓国語)「 日本が独島領有権を主張するために類似本を発行して、莫大な予算で 国内外の広報に出ている」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/05/29(月) 17:23:51.45 ID:CAP_USER
     韓国のシンクタンク「峨山政策研究院」が今年3月下旬に発表した調査では、韓国人の「嫌いな国」で中国が日本を抜いて2位に浮上した(1位は北朝鮮)。最大の理由は、韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に対する中国の“経済報復”への反発である。

     ただし、韓国人の「嫌中」は今に始まったことではない。

     目立つのは海域トラブルだ。違法操業する中国漁船と韓国当局は過去に何度も衝突し、2011年12月には取り締まり中の韓国海洋警察官が中国漁船長に刺されて死亡。

     2016年11月には韓国の海洋警察が違法操業する中国漁船の舳先に機関銃600発を発砲した。海洋で衝突が起こるたびに中韓関係は悪化している。

     THAAD(高高度防衛ミサイル)を巡る中国の報復後、韓国は朝鮮半島西部沖の取り締まりを強化しており、両国の緊張はにわかに高まっている。韓国の海洋警察官を家族に持つ韓国人が憤る。

     「これからワタリガニの旬で中国漁船の違法操業が増えるので不安です。彼らは韓国側の警告を無視して、ツルハシや竹槍を武器にして激しく抵抗する。韓国政府は取り締まりを強化したというけど、もっと強硬に中国人を制圧すべきです」

     韓国が実効支配を宣言する黄海の暗礁「離於島」も火種のひとつだ。

     韓国は1990年代、暗礁に海洋調査施設を建設したが、これに反発する中国は近年、空母・遼寧や無人機で黄海を監視し威嚇を続けている。今年1月には離於島付近の上空に中国空軍機が侵入し、韓国空軍の戦闘機がスクランブル発進した。

     こうした中国の強硬姿勢に呆れるのは韓国人の大学教授だ。

     「日本とも独島をめぐる議論があるが、少なくとも日本側は学術的な資料などを示して領有権を主張する。だが中国は軍事力を背景に“力による現状変更”を迫ってくるので厄介だ」

     昨今の北朝鮮の“暴走”について、北の最大の支援国である中国を責める声もある。

     「金正恩の暴走は中国が招いたと言ってもよい。習近平はでかい顔をしているが、北を諫めることもできない腰抜けだ。北に毅然とした態度をとる日本のほうが信頼できる」(北緯38度線に近い坡州市民)

     ※SAPIO2017年6月号

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170529/frn1705291530006-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170529/frn1705291530006-n2.htm

    引用元: ・【韓国】韓国人大学教授「日本側は学術的な資料などを示して領有権を主張する。だが中国は“力による現状変更”を迫ってくるので厄介だ」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【力こそ正義】韓国人大学教授「日本側は学術的な資料などを示して領有権を主張する。だが中国は“力による現状変更”を迫ってくるので厄介だ」】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/03/31(金) 10:39:38.53 ID:CAP_USER
     慶尚南道昌原の市議会は30日、第65期・第3回本会議で、鄭双鶴(チョン・サンハク)市議会議員が発議した「『対馬の日』の行事に政府支援を求める建議案」を採択したと発表した。

     これにより昌原市議会は、首相をはじめ国会議長、行政自治部(省に相当)長官、企画財政部長官、外交部長官、各政党の代表に建議の内容を送る計画だ。

     昌原市議会(旧・馬山市議会)は「2005年3月18日に、対馬が韓国領であることを内外に宣言し、対馬に対する領有権の確保を目的として昌原の『対馬の日』条例を制定した。その後12年間、中央政府の無関心の中で毎年『対馬の日』(6月19日)の行事を開いてきているので、中央政府の関心と支援を求めようと思う」と建議案を採択した。

     市議会側は特に「05年3月18日の『対馬の日』条例制定当時、意識ある多くの韓国国民からの熱い呼応を全国的に受けたが、12年が経過する中、地方自治体レベルの行事には限界を感じている。日本の場合、島根県の『竹島の日を定める条例』による『竹島の日』(2月22日)の行事には、中央政府レベルの全幅の支持と支援によって、活発に行事が進められているが、韓国の場合、外交的摩擦を恐れて中央政府レベルの支援は皆無なのが実情」と説明した。

     市議会は「対馬に対する正しい歴史認識に基づき、領有権確保のための『対馬の日』行事に、中央政府の全幅の支持と支援を求める。対馬には、韓国人の祖先の息吹が随所に眠っており、単なる日本の地ではなく、韓国の歴史と文化が溶け込んでいる韓国の故地」と指摘した。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/31/2017033101116.html

    引用元: ・【韓国】「対馬は韓国領」 昌原市議会が政府支援を要請[03/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本侵略を表明】韓国・昌原市(大垣市、呉市、姫路市の姉妹都市 )「対馬は韓国領、領有権確保のため政府の全幅の支持と支援を求める」】の続きを読む

    このページのトップヘ