まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓流

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/03(日) 15:30:38.18 ID:CAP_USER
    デビューするやいなや大人気を集めている男性アイドルグループWanna Oneは、リップメイクでも話題になっている。メンバー11人がさまざまなカラーのリップメイクを施し、ミュージックビデオやステージに登場する。

    メンバーの一人、カン・ダニエルが厚い唇に塗った赤いリップティントは「カン・ダニエル・ティント」と呼ばれ、若い男性の間で人気を集めている。多くの男性アイドルがリップメイクを施しているため、グループ名で呼ばれている商品もある。

    「防弾(防弾少年団)ティント」「SEVENTEENティント」などがそれだ。

    一般の男性たちの間でも、赤やオレンジ、ピンクなど鮮やかなカラーでリップメイクを施す人が増えている。顔にBBクリームを塗り、眉毛を描いていたメイク男子たちが、唇にも関心を向けているというわけだ。

    サラリーマンのキム・ウォンさん(27)は毎朝出勤前にピンクのティントを使っている。「唇の血色が悪いため、普段から体調が悪そうに見えると言われてきたので、勇気を出して化粧を始めたら、顔の印象がだいぶ変わったと言われるようになった」と話している。

    no title


    若い男性たちはスティックタイプの口紅よりも、液体をブラシにつけて使ったり、ジェル状のものを絞って唇に塗ったりするティントを好む。塗りやすい上、カラーバリエーションも多く、男性の唇に合うアイテムを選びやすいからだ。

    メイクアップアーティストのチョン・センムルは「男は化粧をしてはいけないという固定観念を打ち破ろうとする男性が増え、化粧をした男性を見る韓国社会の視線もソフトになっている」と話す。

    動画共有サイト「ユーチューブ」ではすでに、男性のためのリップメイク法を紹介する動画が国内外を問わずあふれている。「合コン・面接で好感を得るための第一印象づくり」「くすんでいて体調が悪そうに見える男性の紫色の唇はもう終わり」などとし、唇の色が印象を左右すると強調している。

    ティントを唇全体に塗るのではなく、内側にだけうっすら塗った後、ぼかすようにして自然に見せるのがポイント。女性の肌色を基準につくられたリップメイクアイテムのうち、男性が使いやすいアイテムをお勧めする動画も多い。

    コスメ・雑貨ショップをチェーン展開する「OLIVE YOUNG(オリーブ・ヤング)」では、男性会員の場合、今年上半期のティント売り上げが前年同期比194%増えた。男性専用ティントも登場している。

    このアイテムのキャッチコピーを見ると、男女の化粧の境界線が消えつつあるということを実感させる。「唇で男を完成する」「あなたが女性ならどんな唇にキスしますか?」

    ピョ・テジュン記者

    http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/03/2017090300389.html

    引用元: ・【朝鮮日報】韓流アイドルに倣え!メイク男子が増えている[9/03] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【やっぱり30年遅れ 】韓流アイドルに倣え!メイク男子が増えている】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/27(木) 07:34:15.40 ID:CAP_USER
    2017年7月25日、韓国での生活を希望するミャンマー人23人が、5カ月に及ぶ審査の末に「再定住難民」と認定され、ソウル仁川(インチョン)国際空港に到着した。韓国・文化日報が伝えた。

    同日午前9時30分、仁川空港の入国審査場に到着した23人の表情には、見知らぬ韓国の地を踏む緊張感と、ここでの新たな出発を期待する期待感が交錯した。入国審査場には「Welcome to Korea。大韓民国はあなたの新しい出発を応援します」と書かれたプラカードが掲げられていた。

    彼らは本国ミャンマーで主に宗教や人種問題などにより差別や迫害を受け、隣国のタイに逃れた後、難民キャンプで生活してきた。韓国行きを希望するに至った理由について、ある女性は「ドラマで韓国人が幸せに生きる姿や、泣いたり笑ったりする姿を見て、韓国行きを夢見た」と語り、男性の一人は「長時間、韓国への再定住審査を受け大変だったが、韓国の方々は必ず私たちを受け入れてくれると信じていた。子どもたちが韓国で良い教育を受け、立派な人間になってくれることを望む」と、これまでの苦労や今後の期待を語った。

    23人は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の推薦に基づき、韓国法務部による書類審査と身元照会・現地面接・健康診断など5カ月にわたる審査を経て選抜された。韓国入国から半年間は、韓国語や韓国文化・就業教育などの基礎的な適応教育を受ける予定だ。法務部による「再定住難民モデル事業」は2013年に発効された難民法に基づくもので、これまで15年に4家族22人、昨年は7家族34人のミャンマー難民が韓国に移り定着を果たしているという。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは5000を超えるコメントが集まっているが、そのほとんどが難民受け入れに否定的な内容だ。コメント欄には、「韓国に難民を受け入れるほどの余裕があるのか?」「難民を受け入れる前に、自国民の救済が優先では?」「偏見かもしれないが、難民の受け入れは理解できない」「難民の前に貧しい老人を助けてあげてほしい」「韓国人にも、食べていくのが大変な人がいるというのに…」「僕らの仕事すらないのに、難民を受け入れてどうするんだ」など、「難民より自国民を」とする声が多く並んだ。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=184983&ph=0

    引用元: ・【韓国】「韓国ドラマ見て夢膨らませた」ミャンマー難民23人が韓国へ[07/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これを機にロヒンギャは韓国に】「韓流ドラマ見て夢膨らませた」ミャンマー人23人を難民認定】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 16:34:49.91 ID:CAP_USER
    「まさか」というべきか、「やはり」というべきなのか。
    そんな声が聞こえてきそうなニュースが7月24日に明らかになった。

    複数の韓国メディアが報じたところによると、韓国警察庁は2023年度までに「義務警察」制度を完全に廃止する方針を決めたというのだ。

    ■ 兵役の代替え制度である「義務警察」

    義務警察とは警察の一種だが、正式な警察官ではない。
    韓国では成人男子に約2年間の兵役が義務づけられているが、警察の組織に身を置くことでそれが兵役となる軍代替制度のようなものである。

    現在、日本でも人気のK-POPグループである「東方神起」のチャンミン、「SUPER JUNIOR」のシウォンなどが義務警察で兵役についているので、その名を聞いたことがある人もいるだろう。
    義務警察といっても殺人事件の捜査や凶悪犯罪の取り締りなど、刑事ドラマのようなことをするわけではない。

    義務警察官はあくまでも軍人として警察業務をサポートするという形で、主な任務も交通整理、防犯パトロール、集会・デモ管理などだ。
    前出した芸能人たちは、学校や地域コミュニティを訪ねて公演活動などを通じて犯罪防止や安全対策などの啓発活動を実施する、広報団や警察楽団に属している。

    ■ 新政権の政策も関係している?

    警察庁によると、現在2万5911人が義務警察に従事しているが、来年から段階的に20%ずつ減らし、2023年までに義務警察制度を完全に廃止する方針だという。
    その代わりに新しく警察公務員を1万人以上増員せねばならないが、その決断に踏み切った背景には新しく政権の座に就いた文在寅(ムン・ジェイン)大統領が掲げる公約も関係しているのだろう。

    文大統領は選挙時に公約として「公務員81万人の増員」を掲げており、先に発表した「100大国政課題」のなかにも雇用創出について言及した。
    それが実現できれば義務警察を廃止しても問題ないという狙いもあるのだろうが、このタイミングでの義務警察廃止発表は、何も新政権の政策だけが原因ではないような気がする。
    というのも、警察庁は真っ先に削減していく対象として広報団や警察楽団を挙げているのだ。

    ■ 「芸能兵」も不祥事で廃止された…

    これは韓国芸能界にとっては衝撃が大きいと言わざるを得ない。
    というのも、義務警察は芸能人たちの受け皿だったからだ。

    もともと韓国には「芸能兵制度」というものがあったが、人気タレントやK-POPアーティストたちの相次ぐ不祥事によって2013年に廃止に。
    代わって義務警察が、兵役対象年齢に差し掛かった芸能人たちの“新しい受け皿”になっていた。

    義務警察は2カ月に1度のペースで3泊4日の休暇が与えられたり、一般兵に比べると日常的に社会と接したりする機会が多い。
    警察庁公式サイトにもこんな文面があった。

    「週45時間勤務、週2日休業保障で十分な余暇生活をすることができます。
    週1回の外出、2カ月ごとに3泊4日の定期外泊、軍勤務と同一の定期休暇(28日)など多様な営外活動を保障します。
    民主的で水平的な同僚関係で自由で活気に満ちた生活の雰囲気があります」

    そのため、近年は義務警察を選ぶ芸能人たちが多くなっていた。
    今年はBIGBANGのT.O.Pや、JYJのキム・ジュンスも義務警察に入隊した。

    ただ、その志願者が増えるにつれて、義務警察が“芸能人たちの特恵性兵役解決窓口”になってしまっているという指摘も多かった。
    そんななかで今年6月に発覚したのがBIGBANGのT.O.Pの大麻吸引事件だ。

    義務警察入隊前の昨年10月の出来事とはいえその余波は大きく、それが廃止への引き金になったのは容易に想像がつく。
    以前から懸念していたことが起こってしまったわけだ。
    気になるのは、今後の展開だろう。

    韓国メディアの情報を総合すると、警察庁は来年度から芸能人を義務警察要員として選出せず、来年末までには警察広報団や警察楽団を廃止する方針だという。
    つまり、今後、兵役対象年齢になった芸能人たちは、チャンミンやシウォン、ジュンスのように義務警察で兵役問題を解決できなくなる。

    今年もイム・シワン、カン・ハヌル、チャン・グンソクなど大物スターたちが入隊タイムリミットを迎えるが、はたして彼らがどのような選択をするのか……。
    気になるところだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13382635/

    引用元: ・【韓国】韓流スターやK-POPアイドルの“兵役受け皿”だった「義務警察」が廃止される背景[07/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【平等に兵役してこいよ】“韓流芸能人たちの特恵性兵役解決窓口”の「義務警察」が廃止】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★@無断転載は禁止 2017/07/19(水) 08:38:17.90 ID:CAP_USER
    2017年7月17日、韓国・イーデイリーは、日本で10代の女性を中心に韓流ブームが起こる一方、
    韓国でも日本製品や日本旅行が人気になるなど、日韓両国の文化交流が全盛期を迎えていると報じた。

    記事が引用した日本のメディアの分析によると、日本国内の最近の韓流ブームを主導するのは10代の女子中高生たちだ。
    フリーマーケット企業「フリル」が1700人の女性を対象に「ファッションで参考にする国」を調査した結果、
    20代の26%、10代の48%が韓国と回答し、調査対象11カ国の中で1位となった。

    また韓流関連の日本語ニュースを紹介するサイトの1カ月の訪問者数は約360万人で3年前から40%急増、全体の4割近くを10代が占めている。

    K-POPも人気だ。日本企業の調べによると、昨年、日本国内で観客動員数1位を獲得したのは韓国の男性グループ「BIGBANG」。
    去年1年間だけで約180万人が日本でBIGBANGの公演を見たという。

    さらに日本に昨年輸入された韓国の化粧品は146億円規模と、前年より約50%急増し、国別では5位に入っている。

    記事は、日本の10代女子がけん引する今回のブームを、「3度目の韓流ブーム」としている。
    2003年のドラマ「冬のソナタ」放送を受けた「ヨン様」ブーム、10年の「少女時代」「KARA」など韓流ガールズグループの人気に続く3度目だ。

    「以前のブームは嫌韓の向かい風を受け長続きしなかったが、今回は違う」というのが、専門家の分析だ。

    韓国コンテンツ振興院のカン・マンソク副院長は、日本メディアとのインタビューで、「日本の最近の若い層は、
    スマートフォンの動画やSNSなどの新たなアプローチ方法に慣れており、ここでは製品・コンテンツの国籍を意識せずに好きなものを共有する」と分析した。
    この点が、対象が20代以上で接する媒体もテレビなどの既存メディアだった以前のブームろの大きな違いだという。

    また、一橋大学のクォン・ヨンソク教授は「慰安婦のような政治・歴史問題で両国関係は揺れているが、
    これと無関係な人や製品の交流は膨張している最中」とし、「政治とは別に、文化がお互いを尊重させる媒介の役割を果たしている」と付け加えた。
    http://www.recordchina.co.jp/b177605-s0-c30.html

    引用元: ・【韓国】 日本に「3度目の韓流ブーム」が到来 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【正体知ったらどうなることやらw】 「以前のブームは嫌韓の向かい風を受け長続きしなかったが、今回は違う」日本に「3度目の韓流ブーム」が到来】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/07/11(火) 15:29:47.01 ID:CAP_USER
    動画投稿サイト「ユーチューブ」で韓国文化をテーマに活動する世界各国の有名人が韓国に集結する。

    韓国文化産業交流財団は11日、同日から19日まで9日間の日程でソウル、全州などに12カ国15人の韓流専門クリエーターらを招待し、「2017海外オンラインオピニオンリーダー招請事業 Korea Joa」イベントを開くと伝えた。

    今回のイベントは、昨今有力な韓流拡散プラットフォームとして浮上したオンライン空間で影響力を発揮する各国のオピニオンリーダーらに対し、韓国文化を直接体験し、深く取材する機会を提供するために準備された。

    イベントの趣旨に合わせ、Kポップアイドルのメーク講座、韓国料理の食事風景の中継など新たな韓流コンテンツの制作者として注目されるクリエーターの特色を生かした多彩なプログラムが実施される。

    訪韓するクリエーターらはイベント期間にソウルと「2017全羅北道訪問の年」を迎えた全羅北道・全州などを回り、さまざまな観光地で映像コンテンツを制作し、紹介する予定だ。

    また、総合コンテンツ大手のCJ E&Mが主催するクリエーター祝祭「ダイアフェスティバル」にも参加する。

    韓国文化産業交流財団の関係者は「全世界の韓流ファンにさらに新鮮で多彩な素材の韓流コンテンツを届ける機会になると期待する」と述べた。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/11/2017071101672.html

    引用元: ・【韓国】韓流文化を世界へ 海外(韓流専門)ユーチューバー招きイベント[7/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【金ドブに捨ててるだけじゃん 】韓国文化産業交流財団、ユーチューバー招き、韓流文化を世界へ紹介するイベント】の続きを読む

    このページのトップヘ