まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓日関係

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/18(月) 09:13:17.48 ID:CAP_USER
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領と日本の岸田文雄首相が15日に初の電話会談を行い、両国関係の困難な局面について話し合った。

    文大統領は外交的解決策の模索が望ましいとして両国の共同の努力を提案し、岸田首相は韓国側の適切な対応を求める従来の立場を再確認した。

    現在、韓日関係を妨げている主要懸案としては「慰安婦」、強制徴用などの歴史問題と、日本の韓国に対する輸出規制問題が挙げられる。

    両者の最重要争点は国際法論争に集中している。1965年の韓日請求権協定の適用範囲についての法的解釈の違い、2015年の韓日日本軍「慰安婦」被害者問題合意の効力と手続き上の合法性、そして2019年の日本の輸出規制が自由貿易原則違反に当たるかどうかや報復性問題などをめぐり、両国の専門家の間では詳細な国際法論争が繰り広げられた。

    韓日関係の打開の方向性については、論争収拾のために外交的知恵を寄せ合って妥協可能な折衷案を模索しようという声が高まっている。

    外交的解決策が国家間の対立を緩和する最も直接的な手段であることは確かだ。しかし、外交手段による歴史和解問題の解決には限界があるということも、2015年の韓日「慰安婦」合意とそれに関する問題が残した最も大きな教訓の一つだ。

    当時、両国政府は現実政治の需要のために合意を急きょ導き出したが、日本政府の法的責任や慰安婦動員の強制性などについての既存の立場の違いを根本的に埋められなかった。その結果、少女像と合意そのものの国際法としての効力といった新たな問題が争点化したことで、互いに対する世論と国民感情はむしろ悪化し、既存の対立がさらに深刻かつ複雑になるという逆説的な結果を招いた。

    同じ轍を踏まないようにするためにも、文在寅大統領が15日の電話会談で強調したように、外交的解決の模索とともに、被害者の納得を得る努力を疎かにしてはならない。でなければ、両国の立場の相違を縮め、共感を拡大することによる実質的な対立の解消は不可能だ。

    国際法論争の具体的な内容については、「国際法違反」というフレームで相手の主張を完全に不合理だとか非理性的などと決めつけるよりも、その構成論理を解体し理解する方が、両国間の国民感情の回復に有利になりうる。

    国際法についての異なる解釈は、韓日間の特殊な問題ではなく普遍的な現象だ。また双方の見解の相違は、時代と認識の変化に伴って、国際法において新たな理念の導入をどの程度認めるべきなのかという普遍性の問題とも直結する。

    例えば請求権協定に対する解釈においては、韓国側の主張は戦争での反人道的行為、女性の人権などの問題についての新たな言説が国際法分野に導入されることで注目され始めた「被害者中心主義」原則を根拠としている。

    国内法と国際法の衝突という現象も普遍性を持つ問題だ。最近の事例としては、米国の「セカンダリー・ボイコット(第3者制裁)」や日本による対韓国輸出規制などが挙げられる。韓国の国内的側面からみると、ここ数年間に韓国の各裁判所で下された慰安婦や強制徴用関連の諸判決は、韓日間の歴史問題を標的にしているだけでなく、時期ごとの韓国の国内法レベルでの法感情の変化や時代精神を反映しているという側面もある。

    女性の権利、強者と弱者の関係をはじめとする社会の公正性の問題などが社会的論争を巻き起こし、複数回の国内法改正と立法活動へとつながったうえ、上記の諸判決の時代的、社会的背景ともなった。一方、日本側の主張にもそれなりの国内的背景がある。外交的フレーム争いを超越して相手の主張の論理を解体していけば、共感の形成と折衷案づくりに役立ちうる。

    歴史和解は、すべての北東アジア諸国家が直面している長期的課題だ。根本的な問題解決に向けた外交的解決策を見出すためには、一時的な政治的需要に左右されない、国の利益、被害者の立場、国際的普遍性と時代精神をバランスよく考慮する外交的努力こそが、すべての当事国に必要だと考える。


    李 婷婷/北京大学教授/2021-10-18 08:22
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/41415.html

    引用元: ・【ハンギョレ新聞】 韓日関係の外交的解決策の模索  被害者の納得を得る努力を疎かにしてはならない [10/18] [荒波φ★]

    【被害者って日本人のことか 【ハンギョレ新聞】 韓日関係の外交的解決策の模索  被害者の納得を得る努力を疎かにしてはならない [10/18] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/11(月) 16:33:29.75 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国世論調査会社のリアルメーターが11日に発表した調査結果によると、岸田文雄内閣の発足を受けた今後の韓日関係の改善方向について、58.4%が「日本政府がまず態度を変えるべき」と答え、日本政府の前向きな態度が必要だと指摘した。

    「韓国政府による積極的な関係改善」が必要との回答は29.1%にとどまった。

    調査は8日に全国の18歳以上の計500人を対象に実施された。

    ほとんどの年齢層で「日本政府がまず態度を変えるべき」との回答が多かった。ただ、70代以上では「韓国政府による積極的な関係改善」が40.2%、「日本政府がまず態度を変えるべき」が40.9%で拮抗(きっこう)した。

    支持政党別では与党「共に民主党」支持層の79.6%が「日本政府がまず態度を変えるべき」と答えた一方、最大野党「国民の力」支持層は39.4%にとどまった。


    2021.10.11 09:51
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20211011000600882

    前スレ
    【韓国世論調査】 韓日関係改善 「日本政府がまず態度変えるべき」 58%★2 [10/11] [荒波φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1633926578/

    引用元: ・【韓国世論調査】 韓日関係改善 「日本政府がまず態度変えるべき」 58%★3 [10/11] [昆虫図鑑★]

    【韓国人に何を言っても無駄だというのははっきりしたな【韓国世論調査】 韓日関係改善 「日本政府がまず態度変えるべき」 58%★3 [10/11] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/30(木) 17:30:50.18 ID:CAP_USER
    日本の新首相に岸田文雄元外相が選出され、韓国メディアが社説を通じて韓日関係の改善を注文した。

    ソウル新聞は30日、「岸田新首相、ふさがった韓日関係の外交的解決を」と題した社説で、「韓国司法府の判断を尊重し、韓日当局者は現在のふさがった状況を解決する案を模索すべき」とし「外相を務めた岸田新首相が韓日関係回復のための意味のある決断をすることを期待する」と主張した。

    ※ソウル新聞の元記事(韓国語)
    [社説] 岸田 日本新首相、ふさがった韓日関係外交的に解け
    https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20210930031004

    韓国日報は「日本の新首相に岸田氏…韓日関係改善の契機になるべき」という社説で、「韓日の葛藤は手をつけるほど絡んで解決法が見えないが、こうした状況をさらに放置すれば両国にプラスにならないのは自明」とし「韓日が権力交代期であるだけに、先にスタートする岸田政権から未来志向的な決断が出ることを期待する」と伝えた。

    ※韓国日報の元記事(韓国語)
    日新首相にお会いしましょう…韓日関係改善のきっかけにならなければ
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/A2021092917020000892

    国民日報は「岸田次期首相、前向な姿勢で韓日関係改善を」という社説で、「過去の問題と経済をはじめとする他の問題は分離するツートラック外交を通じて、韓国と協力する部分は積極的に力を合わせる前向きな姿勢が要求される」とし「以前の首相とは違い、両国関係に新しい地平を開く度量の大きい指導者になることを望む」と期待を表した。

    ※国民日報の元記事(韓国語)
    [社説]岸田日、次期首相、前向きな姿勢で韓日関係の改善したい
    http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0924211377

    東亜日報は「岸田新首相、安倍路線を捨てて韓日関係改善に動くべき」と題した社説で、「岸田総裁は安倍晋三元首相が見せた一部の政策について修正の意思を明らかにした」とし「韓日関係が一日で良くなるわけではないが、時間を置いて回復する転機でも用意しておく必要がある」と注文した。

    ※東亞日報の元記事(韓国語)
    [社説]日新しい首相岸田安部路線を捨てて日韓関係を改善しなければならない
    https://www.donga.com/news/Opinion/article/all/20210929/109481539/1

    世界日報は30日、「日本次期首相に岸田氏…韓日関係に突破口を」という社説で「今の韓日関係は極めて深刻だ。韓日の首脳が反転のきっかけを見いだせなければ、どん底から抜け出すのは容易でない」とし「岸田首相時代に韓日間の対話の機会が増えるとみられる。日本が『新しい解決策』を出すことを期待する。そうしてこそ韓日関係に突破口が開かれる」と強調した。

    ※世界日報の元記事(韓国語)
    [社説]日、次期首相に岸田... 韓日関係に突破口を
    http://m.segye.com/view/20210929515706


    中央日報日本語版 2021.09.30 11:10
    https://japanese.joins.com/JArticle/283427

    前スレ
    【韓国メディア】 岸田新首相に一斉に 「韓日関係の改善を」★2 [09/30] [荒波φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1632981897/

    引用元: ・【韓国メディア】 岸田新首相に一斉に 「韓日関係の改善を」★3 [9/30] [昆虫図鑑★]

    【平気で言ってるのがすごいわ 【韓国メディア】 岸田新首相に一斉に 「韓日関係の改善を」★3 [9/30] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/12(日) 22:29:42.03 ID:CAP_USER
    ┃チン・チャンス世宗研究所首席研究委員
    ┃対立の原因、日本のせいだけとは言えない
    ┃化粧品などの韓流コンテンツに好意的な
    ┃日本の若者が関係変化の火種なるかも

    (写真)
    no title

    _______________________________________________________

    日本の菅義偉(スガ・ヨシヒデ)総理が総裁戦不出馬を宣言したことで、日本の次期総理が誰になるのかに関心が集まっている。次期総裁に有力視されている河野太郎(コノ・タロ)元防衛相や岸田文雄(キシダ・フミオ)元外相は友好的な人物とされているが、韓日関係に追い風が吹きそうにはない。誰が自民党総裁になっても、日本政府の対韓強硬姿勢はそのまま続くと予想される。

    まず、次期総裁候補者の韓国に対する認識は、現在の日本政府の強硬な立場と別段の違いない。河野元防衛相は、河野談話を主導した河野洋平(コノ・ヨヘイ)元官房長官の息子である。だがしかし、南官杓(ナムグァンピョ)駐日韓国大使に火を起こす(腹を立てる)など、突出行動は見当がつかない。去る2015年に慰安婦合意を主導した岸田元外相は、韓国が約束を守らないことにかなり批判的である。さらに、安倍晋三(アベ・シンヂョ)元総理の支持を受ける高市早苗(タカイチ・サナエ)元総務相は、極右で有名な人物である。彼女は憲法改正を掲げ、安倍の修正主義的認識をそのまま踏襲しており、韓国の憂慮は深まるしかない。

    2つ目に、自民党内の政治状況は韓国を考える余裕がない。与党である自民党の政策優先順位は、国内政治であって外交は後回しである。近付く総選挙で大敗しないために、今すぐコロナ19の対応と経済活性化に集中するしかない。日本の外交方向も菅政権と同様で日米同盟一辺倒に進み、韓日関係の改善は優先順位が非常に低い。さらに対韓政策は戦略外交より、感情が支配する傾向がある。自民党議席の47%を占める当選3回以下の国会議員が、韓日関係で『力による強硬対応』を主導している。安倍政権以降、日本の政界内の穏健派(ハト派)は消え、タカ派志向の右派で満ちている。ただし、アメリカのジョー・バイデン(チョ・パイドゥン)政権の立場を考慮すれば、日本も韓米日の協力に乗り出さなければならないが、韓日関係の改善は日本が解決すべき課題と認識していない。韓国が対応するか否かで『反応外交』を見せている理由だ。

    3つ目、韓国に対する否定的な世論も韓日関係の足を引っ張っている。最近の日本国民の韓国に対する認識は相変わらず否定的であり、2012年以前の好感度を回復することができない。韓国に対しては『約束を守らない』、『国際法を違反している』、『中国に傾斜している』という否定的なイメージが定着して、右派政治家が利用しやすい政治環境が作られた。これは、日本政府が歴史問題で強硬に出ている背景でもある。日本の世論が肯定的に改善しない限り、政権も韓日関係で前向きに出るのは難しいと見られる。

    韓日関係の悪化を日本せいにして、ただ単に見守ることはできない。新たな日本総理の登場を韓日関係改善の契機にすべきだ。このため、韓日関係をさらに悪化させないように政府間協議は持続して、日本の認識変化に尽力すべきだ。

    最近、東アジア研究院と日本の民間シンクタンクである言論NPOの調査結果は示唆すべき点が多い。 日本の韓国の好感度が、2019年の20%から2020年は25.9%に少しだけ上昇したことに注目すべきだ。 2019年まで日本の韓国に対する認識は持続的に悪化したが、2020年には日本の若者の韓国ファッション、化粧品などの韓流コンテンツの消費が増え、韓国の好感度が持ち直したのである。2021年の海外韓流実態調査を見ても、日本で韓流のイメージは2019年(2.5)から2020年(2.8)は少しだけ上昇した。ウリたちは2020年の韓国に対する日本の好感度持ち直しの火種を積極的に活かすべきだ。日本国民の『韓国コンテンツの経験?韓国に対する関心の増加?消費拡散』の好循環構造が安定するよう、方案を用意すべきだ。韓日政府間の関係が悪化しても民間部門が拡大して復元力を持った時、韓日関係の未来は明るくなるだろう。

    ソース:ソウル経済(韓国語)
    https://www.sedaily.com/NewsView/22RFQN1QV1

    引用元: ・【韓国】韓日関係の復元力は民間にある[09/12] [ハニィみるく(17歳)★]

    【こいつらの脳味噌は糞ですかw 【韓国】韓日関係の復元力は民間にある[09/12] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/01(水) 18:24:59.45 ID:CAP_USER
    新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)で延期になり、開催まで不透明だった東京オリンピック(五輪)が無観客と猛暑という厳しい条件の中でも終了した。

    行き過ぎた商業主義に汚染されて無理やり推進された五輪という誹りは避けがたいが、厳しい条件の中でも各国選手たちが見せた平和と和合のスポーツ精神はウイルスとの戦いに疲れた人類に希望と慰安を与えてくれた。

    だが、隣国で開かれる世界的なスポーツ祭典を契機に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が訪日して韓日首脳会談を開催することにより、長期の“複合多重骨折”状態に陥っている韓日関係を逆転させる大切な機会が失われてしまった点は非常に残念だ。

    この状態が来年まで続く場合、韓日関係は前代未聞の「失われた10年」を経験しかねない憂うべき状況だ。

    最近、日本と韓国を歴訪した米国のウェンディ・シャーマン国務副長官が東京にいるときは訪問が成功したと思っていたのに、ソウルに来てみたところ失敗に終わったとメディアに明らかにした通り、両国政府間では訪問準備がかなり進んでいたことが分かる。

    2020年下半期以降、韓国政府は東京五輪を念頭に置いて、悪化した韓日関係を改善するために持続的な外交努力を傾けてきた。

    どん底に落ちた韓日関係を回復軌道に上げるという目的とともに、2018年平昌(ピョンチャン)五輪が韓半島(朝鮮半島)平和プロセスの出発点を提供したように、東京五輪をハノイ米朝首脳会談「物別れ」以降、冬眠状態だった韓半島平和プロセスを再稼働させる機会にしようと考えた。

    また、バイデン政府が東アジア政策の核心軸の一つとして韓日米3角協力体制を復活させようとする動きに先制対応しようとする狙いも作用していただろう。事実、北朝鮮の五輪不参加決定によってすでに「平昌の再現」は消えはしたが、残り2つの理由はそのまま残っていた状態だった。

    複合大転換期に能動的に対応するために外交テコを拡充して韓半島というプリズムで戦略を立て、足並みの乱れによってリズムを崩してしまった韓国外交の柔軟性を取り戻すために必要な要素が韓日関係正常化という点で、今回の大統領訪日は絶対に実現されなければならなかった。

    東京五輪という隣国の大きな行事を祝うという名分で自然に訪問外交を行う場合、通常の首脳外交企画よりもはるかに負担が少ないためだ。

    また新型コロナで対面首脳外交が大きく萎縮し、今後両国が政治シーズンに入るため、現政権任期内に両国首脳の相手国訪問機会を作り出すことは難しくなる点を考慮すれば尚更だ。

    韓日関係の特性上、政府次元の方向設定が社会全体に及ぼす影響が、その大きさによって正常疎通と対話の肯定的な効果が期待される点においても、韓日関係の局面転換のための好機を逃したことは返す返すも残念だ。

    今回、韓国政府が訪問を断念した決定には、駐韓日本大使館の相馬弘尚総括公使の不適切な言動による国内世論の悪化も影響を及ぼしたが、主な原因は公式会談の開催と一定の会談成果を求める韓国の立場と強制徴用問題に関する解決法提示を要求した日本の立場が衝突したためだという。

    しかし、韓国政府が韓日関係改善という戦略目標を追求しようとしたのであれば、五輪開催を祝う目的の訪問を入口にして、雰囲気を改善することによって、首脳会談で得ようとしていた成果を出口で得るアプローチがより実効的だったかもしれない。

    戦略的葛藤状態である米国とロシアの間にも、バイデン大統領が戦略疎通と対中牽制(けんせい)という目標のために、ジュネーブでプーチン大統領と首脳会談を持った点を参考にする必要がある。


    中央日報日本語版2021.09.01 07:27
    https://japanese.joins.com/JArticle/282454
    https://japanese.joins.com/JArticle/282455

    前スレ
    【中央日報】 新政府がリセットできるよう韓日関係悪化は防ぐべき★3 [09/01] [荒波φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1630470778/

    引用元: ・【中央日報】 新政府がリセットできるよう韓日関係悪化は防ぐべき★4 [9/1] [昆虫図鑑★]

    【リセットして何度もオカワリ【中央日報】 新政府がリセットできるよう韓日関係悪化は防ぐべき★4 [9/1] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ