まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国銀行

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/12(木) 19:44:31.72 ID:CAP_USER
    韓国銀行が新型コロナウイルスによる肺炎による金融市場の変動性は過去の他の感染症より大きいと分析した。新型肺炎が金融・実体経済に及ぼす衝撃と主要国の通貨政策対応をチェックして基準金利を決めたいとの言及も出てきた。

    韓国銀行は12日に金融通貨委員会を開き、こうした内容を盛り込んだ通貨信用政策報告書を議決して国会に提出した。報告書は新型肺炎の感染拡大後、韓国の金融市場で主要価格変数の変動性が拡大したと判断した。株価と長期市場金利がいずれも大幅に下落し、反応水準が2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)と2015年の中東呼吸器症候群(MERS)より大きい方という分析だ。

    過去の事例では、金融市場は衝撃発生後13取引日以内に直前の水準を回復した。だが今回の新型肺炎は様相が異なる。1カ月半が過ぎたが株価と長期金利いずれも直前の水準を大きく下回っている。

    外国人投資は債券と株式で相異する様相だ。新型肺炎拡散期の1月21日~2月末に外国人投資家は現物債券投資を3兆7000億ウォン増やした。これに対し株式は売った。同じ期間に5兆4000億ウォン規模の韓国株を売り越し、3月も8日までで3兆3000億ウォン相当を売った。韓国銀行のパク・ジョンソク副総裁補は「韓国だけでなく世界経済鈍化の懸念が大きくなった。対外健全性が良好という評価が高く、債券投資は維持するが、株式では外国人資金が抜け出る流れ」と話した。

    金融・実体経済の衝撃が深刻な段階に達し、韓国銀行が基準金利を下げる可能性も大きくなった。韓国銀行は報告書で「新型肺炎の拡散水準と内外の経済に及ぼす影響、主要国の通貨政策対応、家計負債の増加傾向など、金融安定状況の変化などを綿密に点検し、緩和水準の調整を判断していくだろう」と言及した。

    2月末に基準金利を据え置いた金融通貨委員会の議決文と比較すると「主要国の通貨政策対応」の文言が追加された。これに先立ち米連邦準備制度理事会(FRB)は3日、政策金利を0.5%引き下げた。英国もきのう政策金利を0.25%引き下げた。韓国銀行は4月9日に基準金利を決める金融通貨委員会を控えている。

    ただ家計負債に対する警戒心は維持した。韓国銀行は「家計向け貸付は住宅購入と伝貰資金需要が続き増加傾向が拡大した。家計負債増加と密接な関連がある住宅価格は政府の対策にもソウル以外の首都圏を中心に高い上昇傾向を見せた」と話した。韓国銀行関係者は「不動産安定対策にもかかわらず、住宅価格追加上昇の期待が依然として高いだけに、不動産市場への資金移動拡大の可能性に留意すべき状況」と話した。

    中央日報日本語版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00000049-cnippou-kr

    3/12(木) 19:26配信

    引用元: ・【韓国銀行】まだ2カ月なのに、衝撃は歴代級…韓国銀行「金利引き下げ」参加示唆 金融・実体経済の衝撃が深刻な段階 [3/12]

    【通貨危機おめでとう 【韓国銀行】まだ2カ月なのに、衝撃は歴代級…韓国銀行「金利引き下げ」参加示唆 金融・実体経済の衝撃が深刻な段階 [3/12]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/05(火) 12:36:04.76 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が5日発表した10月末現在の外貨準備高は4063億2000万ドル(約44兆532億円)で前月末に比べ30億ドル増加し、過去最高を更新した。

     韓国銀行は増加の要因について、米ドル安でドル以外の外貨建て資産のドル換算額が増えたことに加え、外貨資産の運用収益が増加したためと説明した。

     韓国の外貨準備高は昨年11月から今年1月まで3か月連続で過去最高を更新した。その後、ドル高などの影響でドル以外の外貨建て資産のドル換算額が減り、1月に記録した4055億1000万ドルを超えることはなかった。

     内訳をみると、有価証券が3738億ドルで、前月比7億ドル減少した。預金は216億8000万ドルで、36億6000万ドル増加した。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は1000万ドル増の33億7000万ドル。IMFリザーブポジションは3000万ドル増の26億7000万ドル。金保有は2013年2月から変動がなく、47億9000万ドルとなっている。

     韓国の外貨準備高は9月末現在、世界9番目の規模だ。1位は中国の3兆924億ドル、2位は日本の1兆3226億ドル、3位はスイスの8352億ドルだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000003-yonh-kr
    11/5(火) 6:00配信 記事元 聯合ニュース

    引用元: ・【韓国銀行(中央銀行)】韓国の外貨準備高4063億ドル 過去最高を更新[11/5]

    【ならスワップ要らないな 【韓国銀行(中央銀行)】韓国の外貨準備高4063億ドル 過去最高を更新[11/5] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/08(火) 17:14:36.52 ID:CAP_USER
    no title


    韓国銀行(中央銀行)が4日発表した2019年9月末時点の外貨準備高は4,033億2,000万米ドル(約43兆1,000億円)と、前月末から18億4,000万米ドル増加した。韓国銀行は「外貨建て資産の運用収益などが増加したためだ」と説明した。

    内訳をみると、有価証券が3,745億米ドルで全体の92.9%を占めた。前月に比べて35億2,000万米ドル増えた。預金は16億4,000万米ドル減の180億2,000万米ドル。国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)は33億6,000万米ドルと1,000万米ドル減った。IMFリザーブポジションは26億4,000万米ドルと2,000万米ドル減少した。

    韓国の外貨準備高は19年8月末時点で世界9位の規模となった。

    https://www.nna.jp/news/show/1958885
    NNA ASIA 2019/10/08(火)

    引用元: ・【韓国銀行・発表】9月末の外貨準備高、18億米ドル増加[10/8]

    【なんで増えるんだよ 【韓国銀行・発表】9月末の外貨準備高、18億米ドル増加[10/8] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/22(木) 14:43:03.56 ID:CAP_USER
    日本の材料・部品輸出規制が、韓国産輸入品に対する関税引き上げよりも韓国経済に良くない影響を及ぼすという韓国銀行の分析が出てきた。

    李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は22日、国会企画財政委員会の懸案報告で「日本の輸出規制が韓国経済に及ぼした影響はまだ制限的」としながらも「今後、状況がさらに悪化して材料・部品調達に困難が生じる場合、関税引き上げのような価格規制よりも大きな影響を及ぼす可能性がある」と明らかにした。

    業種別では核心材料・部品の対日依存度が高い半導体・ディスプレー・機械などを中心に生産および輸出に否定的な影響が現れる可能性があると分析した。

    具体的には日本からの輸入比重が高く、日本の世界輸出市場シェアが高い半導体材料、特殊目的用機械、精密化学製品などに対する輸出規制の影響が大きいと予想した。。


    2019年08月22日14時33分 [中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/838/256838.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【韓国銀行】 「日本の輸出規制、関税引き上げよりも悪影響」 [08/22]

    【韓国市民は不買がお望みじゃ~ 【韓国銀行】 「日本の輸出規制、関税引き上げよりも悪影響」 [08/22] 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [AR] 2017/11/16(木) 09:46:09.14 ID:ucqkHXJK0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
    カナダ銀行(中央銀行)は15日、韓国銀行(同)との間で金融危機時に資金を融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」を結んだと発表した。即時発効した。
    危機に陥った国の中央銀行が国内市場への資金供給を続けられるようにし、市場を安定させる狙いがある。

    韓国の通貨交換協定を巡っては、日本との協定が2015年2月に終了し、歴史問題が原因で日本が再締結の協議に応じない状態が続いている。
    韓国は今年10月、中国との間で通貨交換協定の3年間延長に合意した。(共同)

    http://www.sankei.com/economy/news/171116/ecn1711160015-n1.html

    引用元: ・カナダさん、韓国とスワップ協定結んでしまう

    【【落ち目の韓流れトルドー】カナダ銀行、韓国銀行「通貨交換(スワップ)協定」を締結、即時発効】の続きを読む

    このページのトップヘ