まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国製品

    1: まぜるな!キケン!! 2021/12/04(土) 07:48:17.81 ID:CAP_USER
    no title

    1日、韓国メディアのザ・ベルは「12年ぶりに日本市場に再挑戦する現代自動車が自信を見せている」とし、その理由について報じた。写真は現代自動車。

    2021年12月1日、韓国メディアのザ・ベルは「12年ぶりに日本市場に再挑戦する現代自動車が自信を見せている」とし、その理由について報じた。

    記事によると、現代自動車は2001年に日本に初進出したが、売上不振が続き2009年に撤退した。しかし最近また、日本市場に進出するための準備を進めているという。

    現代自動車が再挑戦を決めた背景について、記事は「電動化モデルに対する自信」を挙げている。

    現代自動車は世界の自動車産業のパラダイムが「エコカー」中心に変化しているため、日本市場でも競争力を持てると判断した。日本の完成車メーカーが電気自動車の開発に消極的であることも影響を与えたという。

    また、日本政府は今年1月、脱炭素政策の一環として2035年から新車販売は電動車のみとする方針を発表した。これも現代自動車が「今が適期」と判断した理由の1つで、「環境への関心が高まっている日本の消費者を攻略できる」と考えているという。

    現代自動車関係者は「日本進出は世界の自動車産業の変化と未来を考えて長期的観点から慎重に検討している」とし、「進出する時期や車種などの細かい内容はまだ確定していない」と説明したという。

    これに韓国のネットユーザーからは「日本市場は難しそう」「断言する。絶対に日本では売れない」「おそらく消費形態のためにまた撤退することになる。日本人は軽自動車を好むから。それに日韓関係悪化のせいで日本人は韓国製品を信用していないのでは?」など日本市場再進出に否定的な声が寄せられている。

    一方で「昔に比べ世界の韓国に対する印象はかなり良くなった。今回はうまくいきそう」と前向きな声や、「日本に合わせた戦略モデルが必要。現代自動車は車体が大きすぎる」「ジェネシス(現代自動車の高級車ブランド)が軽自動車を造れば成功する」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

    Record Korea    2021年12月4日(土) 7時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b886026-s39-c30-d0191.html

    引用元: ・【ヒュンダイ】日本再進出の韓国現代自が「自信」、その理由は=韓国ネット「日本人は韓国製品を信用してる?」[12/4] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【ホンダィ(通名ヒュンダイ) 【ヒュンダイ】日本再進出の韓国現代自が「自信」、その理由は=韓国ネット「日本人は韓国製品を信用してる?」[12/4] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/05(金) 15:29:26.48 ID:CAP_USER
    ※ヘラルド経済の元記事(韓国語)
    日本学校“サムスンよりはいっそ中国レノボ使う”韓国産冷遇
    http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20210303001047&ACE_SEARCH=1
    no title



    2021年3月4日、韓国・ヘラルド経済は「日本国民の韓国製品に対する冷遇がピークに達している」と報じた。

    記事は、日本の市場リサーチ会社・MM総研が1741の市・町・村の教育委員会を対象に最近行った、学校調達・導入用の端末機メーカーについての調査の結果を伝えている。

    それによると、調査に応じた1480の委員会のうち28.1%が米アップルの端末機を導入したと回答し、最も多かった。アップルはiPadなど210万7935台の端末機を出荷したという。

    2位は世界のPC市場1位の中国レノボ(20.2%)だった。昨年だけでも計151万1356台の教育用端末機が出荷された。3位はNEC(14.4%)、4位は米HP(7.0%)、5位はDynabook(6.4%)だったという。

    これに関して記事は「昨年の世界のタブレット市場で出荷台数シェア2位だったサムスン電子が上位に入れなかった」と指摘している。

    その理由について韓国の業界は「韓国製品を冷遇する日本社会の風潮と無関係ではない」とみているという。

    記事は「日本では韓国製品への好感度が非常に低く、世界1位のサムスンのスマートフォンですら苦戦しており、現在は製品の自社ロゴをブランド名に変更して販売している状況。その一方でiPhoneなどの米国製品と日本製品の人気は非常に高く、海外ではあまり売れないシャープや富士通のスマートフォンがサムスンのスマートフォンより売れている」などと説明している。

    業界関係者は「サムスンのスマートフォンは世界で一番売れているにもかかわらず、メード・イン・コリアのサムスンは『売り上げに貢献しない』との理由で日本の通信社から要請を受け、自社ロゴを消した」と話したという。

    この記事に韓国のネットユーザーからは

    「韓国製品との理由でサムスンを使わないなんて。日本人は損している」
    「日本人は急発展を遂げている韓国を恐れているのだろう」
    「これは冷遇ではなく劣等感だよ」

    などと指摘する声が上がっている。また

    「韓国国民が日本製品不買運動を続けるべき理由」
    「こんな状況なのに韓国には日本製品を買う人が多い。これは大問題だ」
    「レクサスに乗り、ニンテンドースイッチで遊んでいる人たちは反省してほしい」

    など、19年夏に始まった日本製品不買運動の継続を呼び掛ける声も多い。その他

    「日本製品不買をしつつ、日本に韓国製品の購入を求めるのは勝手過ぎない?」
    「レノボはコスパがいいから当然の結果」
    「日本には質のいい製品があふれているからわざわざ韓国のものを使わないでしょ」

    などの声も見られた。


    2021年3月5日(金) 7時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b872921-s25-c30-d0191.html

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1614903294/
    ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1614914983/

    引用元: ・【製品】 「日本の韓国製品冷遇がピークに!」 韓国メディアが日本の教育現場に不満、ネットも 「日本人は損している」★3 [03/05] [荒波φ★]

    【日本人が買うわけないじゃん。 【製品】 「日本の韓国製品冷遇がピークに!」 韓国メディアが日本の教育現場に不満、ネットも 「日本人は損している」★3 [03/05] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/09(火) 14:00:57.98 ID:CAP_USER
    韓国全国経済人連合会(全経連)が韓国製品に対する輸入規制を緩和してほしいとインド政府に要請した。

    全経連の権泰信(クォン・テシン)副会長は9日、ソウル汝矣島(ヨイド)全経連カンファレンスセンターで開かれたSripriya Ranganathan駐韓インド大使を招待した企業家の朝食懇談会で「韓国輸出品に対し、インドが米国の次に多くの輸入規制措置を課している」と明らかにした。

    インドは昨年末基準で、韓国輸出品にアンチ・ダンピング25件、相殺関税1件、セーフガード6件など計32件の輸入規制措置を課すか調査をしている。特に昨年1年間で計12件の新規調査を始めるなど輸入規制を強化していた。

    権氏は「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)でインド内の投資環境がより一層厳しくなった」とし「最低限、昨年以前の水準に輸入規制措置が凍結されるようにしてほしい」と要請した。

    また、新型コロナ沈静化後を見据え、韓中間「ファストトラック(迅速通路)」のように、韓国企業家に対するインド入国手続きの簡素化を建議した。

    昨年の韓印間の交易額は200億ドル(約2兆1600億円)だった。特に新型コロナで今年1~4月の交易規模は昨年同期比8.3%減少した。

    ⓒ 中央日報日本語版 2020.06.09 13:23
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/266842?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【売ってやるニダ】韓国全国経済人連合会、インド政府に韓国製品輸入規制緩和を要請 [6/9] [新種のホケモン★]

    【まさにどの面下げてだな】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/10(水) 08:50:48.97 ID:CAP_USER
    先月初めに日本出張に出かけた韓国のホテル幹部は取引先の言葉を聞いて驚いた。あいさつを交わした後、開口一番「韓国はいったいどうして日本にこんな風に振る舞うのか」と言われたのだ。韓国への旅行を取りやめる日本人観光客がいるが、その原因が韓国の「反日感情」にあるとの説明も聞いた。

    ホテル幹部は「日本側の役員は聞いたこともない韓国の反日関連ニュースをよく知っていた。日本で韓国製品に対する不買運動でも起きそうな雰囲気だった」と話した。

    最悪の状態となっている韓日関係の影響が経済分野に拡大する兆しを見せている。韓国大法院(最高裁に相当)が昨年、強制徴用に対する賠償を命じる判決を下したことによる韓日の外交対立が企業同士の協力にも影響を与えている。

    日本の自民党内では韓国の主力企業である半導体の生産に必須のフッ化水素など重要な物資の韓国への輸出を禁止することを検討すべきだとの声も上がっている。

    経済団体の交流には既に赤信号がともった。来月ソウルで開かれる予定だった韓日経済人会議は急きょ9月以降に延期された。韓日経済人会議は1969年から昨年まで欠かさずに両国持ち回りで開催されてきたもので、韓日の代表的な経済協力協議体だ。昨年11月に予定されていた韓日商工会議所会頭団会議も無期限に延期された。

    経済分野で日本による「報復対応」が現実になっている。日産自動車は先月26日、ルノーサムスンに対し、今年生産を委託するSUV(スポーツタイプ多目的車)「ローグ」の台数を10万台から6万台に削減することを通告した。

    日産が公式に挙げた理由はルノーサムスン釜山工場の労使対立だったが、一部には韓日関係の悪化が少なからず影響を与えたとの見方がある。

    日本国内でも韓日関係悪化に対する懸念の声が上がっている。先月28日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が開いた外国人投資家の行事に日本を代表して出席したソウルジャパンクラブ(SJC)の森山朋之理事長(韓国三井物産代表)は「友好的な韓日関係を維持することが両国だけでなく、域内、全世界にもとても重要だと考える」と発言した。

    韓国国内の反日感情が両国関係の障害になっているということを遠回しに指摘したものだ。全国経済人連合会(全経連)の権泰信(クォン・テシン)副会長は「韓国経済に日本が占める割合は輸出5位、輸入3位という絶対的な水準だ。政治的な対立が経済に波及することは企業にとって最悪のシナリオだ」と述べた。


    2019/04/10 08:39
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/10/2019041080004.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 「日本は韓国製品の不買運動でも起きそうな雰囲気だった」 韓日関係悪化を懸念する経済界 [04/10]

    【うわイラネだからなー 【朝鮮日報】 「日本は韓国製品の不買運動でも起きそうな雰囲気だった」 韓日関係悪化を懸念する経済界 [04/10] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/06(日) 02:29:35.56 ID:CAP_USER
    Record china
    配信日時:2018年5月5日(土) 22時10分

    2018年5月5日、参考消息は、韓国メディアの報道を引用し、韓国製品の輸出は、技術力も品質も向上している中国製品と、円安で低価格になっている日本製品に挟み撃ちにされ、競争力が低下していると伝えた。

    記事は、韓国メディア亜洲経済の3日の報道を引用。それによると、近年韓国の自動車、スマートフォン、家電、ディスプレイ、船舶などの半導体以外の製品の輸出は、いずれも困難に直面しているという。

    「2010年に米国でトヨタのリコール問題が発生した際には、日本車は米国市場で販売不振になったが、ヒュンダイは大幅な販売台数増となった」と記事は紹介。しかし、「最近の円安ウォン高の影響で、韓国車は価格競争力を失ってきている」のだという。そして「今年の第1四半期には、ヒュンダイ・起亜の米国市場での販売台数は前年同期比で7%減少し、トヨタは逆に7.4%増となった」と紹介した。

    報道によると、中国製の強烈な攻勢の中で、4月の韓国の家電やスマートフォンなどの輸出はそれぞれ減少しているという。「中国メーカーの販売する冷蔵庫や洗濯機、空気清浄機などは、安くて質が高く、ますます多くの消費者から支持されるようになっている」と記事は伝えた。

    また、輸出減少の問題以外にも、ウォン高による為替変動の損失も無視できない問題になっていると記事は指摘。「ウォン高はこの先もしばらく続きそうだ」としている。(翻訳・編集/山中)

    http://www.recordchina.co.jp/b597917-s0-c20.html

    引用元: ・【経済】日本と中国に挟み撃ち、大打撃の韓国製品輸出―中国メディア

    【【経済】日本と中国に挟み撃ち、大打撃の韓国製品輸出―中国メディア 】の続きを読む

    このページのトップヘ