まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国産

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/11(火) 08:53:56.28 ID:CAP_USER
    KOTRA「2020年上半期の対韓国輸入規制動向」報告書 
    輸入規制の発動、世界28カ国で計226件 
    新興国が主導し、鉄鋼・化学部門に“照準”


     今年上半期、韓国産製品に対する新規輸入規制の調査・発動件数は32件で、過去最多だった。インド、タイ、フィリピン、南アフリカ共和国など新興国が鉄鋼や金属、化学製品を中心に韓国産製品に対する反ダンピング、セーフガード(緊急輸入制限)措置に乗り出している。

     大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が5日に発表した報告書「2020年上半期の対韓国輸入規制動向」によると、今年上半期に新規で韓国産製品の輸入規制調査・発動が行われた件数は計32件(17カ国、反ダンピング17件、セーフガード15件)だった。米国とインドが各4件、フィリピン、マダガスカル、ウクライナが各3件、オーストラリア、南アフリカ、タイが各2件、トルコ、マレーシア、メキシコ、インドネシアが各1件だ。インド、南アフリカ、タイなどは自国製造業育成政策に基づき、韓国産の鉄鋼・化学製品に対する輸入規制調査を始めた。

     今年6月末現在、韓国産製品に対する輸入規制発動の総件数(調査進行中48件を含む)は、全世界28カ国にわたり計226件。米国が44件で最も多く、インド34件、中国17件、トルコ16件、カナダ14件、ブラジル9件の順だが、新興国だけで151件(67%)にのぼる。規制の種類別では、反ダンピングが165件、セーフガードが52件、相殺関税が9件などだ。

     各国が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による景気低迷に対応し、財政を総動員する中、新興国を中心に財政支出に向けた税収の確保のため、輸入関税を引き上げる(世界貿易機関の譲許関税率の範囲内)流れも現れている。今年上半期にサウジアラビア、トルコ、フィリピンが鉄鋼や繊維、自動車部品、精油製品などにわたって関税を引き上げており、インドは輸入産医療機器に「健康関税」を課した。

     輸入規制品目は鉄鋼・金属(108件)と化学製品(54件)に集中している。同報告書は「鉄鋼・化学製品がグローバル供給過剰傾向にあり、各国が韓国産の鉄鋼・化学中間財に照準を定めて、輸入を規制している」と指摘した。正常価格以下でダンピング輸出をする際に発動する反ダンピング関税のほか、正常価格でも特定品目の輸入が急増して自国の業者に深刻な被害が発生する恐れがある場合に輸入量を制限するセーフガード措置が、全体輸入規制で占める割合が2006年の2.6%から今年上半期には23%(52件)に急増したのも目を引く。2010年代半ば以降広がっている保護貿易主義の流れを示している。

    チョ・ゲワン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
    韓国語原文入力:2020-08-10 09:34
    ハンギョレ新聞
    http://www.hani.co.kr/arti/economy/marketing/957128.html
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/37450.html

    引用元: ・【ハンギョレ】上半期の韓国産製品の輸入規制、32件で過去最多 反ダンピング、セーフガード(緊急輸入制限)措置 [08/11] [新種のホケモン★]

    【世界中で嫌われるんだな 【ハンギョレ】上半期の韓国産製品の輸入規制、32件で過去最多 反ダンピング、セーフガード(緊急輸入制限)措置 [08/11] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/30(木) 14:56:46.51 ID:CAP_USER
    人類が資源枯渇と環境汚染から解放されたエネルギーを手に入れることはできるだろうか。1988年、米国と欧州連合(EU)などがこの問いに対する答えを探るために国際核融合実験炉(ITER)事業を始めた。太陽がエネルギーを作り出す原理をまねたもので「人工太陽」と呼ばれる。地球に無尽蔵に存在する水素を原料として使う。原子力発電(核分裂)よりもはるかに安全で、未来エネルギーの代案に浮上している。韓国と中国は2003年に加入した。続けてインドが合流し、グローバル研究開発(R&D)プロジェクトになった。

    ITER国際機構は28日、フランス南部カダラシュで着手式典を開き、「核融合装置の組み立てを始める」と宣言した。これまでメンバー国はそれぞれ役割を分担し、装置を開発してきた。韓国は真空容器など9種類の装置を引き受けた。国家核融合研究所のユ・ソクチェ所長は「韓国が(核融合装置組立着手に)70~80%の役割を果たしたとみることができる」と話した。中央日報は27日、フランスにいるベルナール・ビゴITER機構長に単独ビデオインタビューを行った。

    次はビゴ氏との一問一答。(※は読者の理解を助けるための注釈)

    --今後どのように進められるか。

    「現在、トカマク(摂氏1億度の超高温プラズマを、磁場を使って閉じ込める装置)建屋と組立建屋は完成した。これからはトカマクの組立に入る。トカマクを覆う低温容器の基礎は設置した。下部のシリンダーを設置する段階だ。ドーナツ形をした構造物に真空容器9つを一つずつ組み立てて組み込んでいく。2024年までに組立を完成させる計画だ」

    --韓国の役割はどのように評価するか。

    「韓国は非常に重要な貢献をしている。熟練した工学技術を通じて組立装備や真空容器などの部品を成功裏に作った」〔※イ・ギョンス元ITER事務次長が建設総括を担当し、総合工程率を70%まで上げた。現在、韓国人科学者51人と企業の人材21人がカダラシュに派遣された。韓国が納品した金額は6000億ウォン(約526億円)以上になる〕

    --韓国内では脱原発と新再生エネルギー中心の政策を行っている。

    「化石燃料に代わる新再生エネルギーは充分ではない。核融合には長所があるものの、商用化までには時間がかかる。それまでは原子力エネルギーも並行するべきだと考える」

    --放射性廃棄物を懸念する見方もある。

    「世の中に『タダ飯』はない。放射線は私たちの生活の一部だ。病院でX線を撮影したり飛行機に乗ったりする際も被ばくしている。問題は放射性廃棄物があるかないかではなく、これを統制できるかどうかだ。核融合は海水から燃料(重水素)を無限に得ることができる。高水準の放射性廃棄物が発生しないのが長所だ」

    --核融合を実現するために残された課題は。

    「結局、核融合を通じてエネルギーを生成できるのかどうか検証しなければならない。同時にプラズマをどのように電力に転換するのか研究を続けなければならない。2025年、ファースト・プラズマを達成させる。その後、検証を続けながら実際の核融合発電に向けた実験を進めていく計画だ。商用化は2050年ごろを目指している」

    ソース
    中央日報/中央日報日本語版2020.07.29 10:11
    https://japanese.joins.com/JArticle/268599

    引用元: ・【核融合】摂氏1億度「人工太陽」の組立開始…核心技術「韓国産真空容器」で大きく貢献[07/30] [Ikh★]

    【失敗の原因、わかっちゃった【核融合】摂氏1億度「人工太陽」の組立開始…核心技術「韓国産真空容器」で大きく貢献[07/30] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/16(木) 16:55:58.95 ID:CAP_USER
    最近、日本では専守防衛の争点「敵基地攻撃能力保有」が浮き彫りになっている。弾道ミサイルの脅威を根源的に解消するためには、防御よりも原点に対する攻撃が効果的という論理だ。

    日本は伝統的に海上交通路を重視してきた。米国がインド太平洋戦略を本格化しながら、日本の安保的な役割もグローバルレベルに拡大しているが、その中で注目すべき分野が航空戦力の画期的な増大だ。

    2018年12月に自衛隊の戦力増強を提示する防衛計画大綱を決定し、安倍首相はステルス機の導入を明示した。地上の空軍基地から出撃するF35Aを105機、軽空母いずも型に搭載する垂直離着陸機F-35Bを42機導入する。

    自衛隊はもう地球どこにでも戦力を投射できる能力、すなわち日本の安全保障に脅威となればこれを事前に無力化できる「敵基地攻撃能力」を保有することになる。

    韓半島(朝鮮半島)をめぐる軍備競争が加速化している時期だ。韓国国防部は近く導入を完了するF35Aの40機に続き、20機を追加で購入する予定だ。韓半島で戦争を抑止し、有事の際、適時に対処するためであり、基本的に韓米同盟と連合作戦態勢に基づいている。

    こうした観点で韓日両国は米国という同じ同盟基盤を持つ。問題は、天文学的な費用が投入される先端装備が戦闘態勢を常時維持するためには、平時の高度な訓練と整備など後方支援が適時になければいけないという点だ。

    ◆日本、F35戦闘機の整備拠点

    日本防衛省は7月1日からF35戦闘機の機体整備拠点の運用を開始すると発表した。2014年12月に米国政府はアジア太平洋のF35機体整備拠点を日本とオーストラリアに設置すると決め、日本はF35の機体およびエンジン、電子装備などの整備の準備してきた。

    2013年から横田米軍基地付近にある瑞穂工場にF35エンジン専用建物を完工した。年間航空機6機分の生産を担当し、今後はF35の装備をする。

    広島県の呉工場と福島県の相馬工場ではF35戦闘機の19の部品を生産して供給している。F35電子装備関連の装備は2025年以降、三菱電機が担当する予定だ。F35A/B戦闘機の導入が本格化し、整備問題は韓国でも出てくるはずで、このために韓日の協力が議論される時期が近づいている。

    ◆航空自衛隊、高等訓練機が不足

    航空自衛隊のT-4訓練機は日本国産の高等訓練機で、主力戦闘機の操縦士養成に使用される。操縦士教育訓練と技量維持のために現在、飛行教育部隊がある2カ所と戦闘機運用基地にも配備されている。

    T-4訓練機は自衛隊のアクロバット飛行チーム、ブルーインパルスでも使用される。しかし最近T-4高等訓練機に故障が多いため訓練任務に優先して投入することにし、6機のうち2機を減らして4機だけを運営している。来年の東京オリンピック(五輪)行事を控えてまた6機に戻す予定だ。

    最近のT-4訓練機の問題はエンジンで発見されたが、部品交換作業に問題が続き、正常化が遅れている。このためT-4の配備が不足している。T-4訓練機は昨年4月、青森県三沢基地で訓練中、片方のエンジンが停止して緊急着陸した。静岡県浜松基地でもエンジン地上点検中に異常が発生した。

    振動を抑制する部品の交換が行われているが、訓練機200機全体を確認する作業には時間がかかる。しかもT-4訓練機は双発エンジンを搭載し、倍の時間が必要となる。T-4の運用に広範囲で深刻な支障が予想される。

    T-4訓練機は最初の配備から30年以上も経過し、整備してもエンジン出力が出ないなど問題が続き、根本的な対策が求められている状況だ。防衛省と自衛隊内では次世代高等訓練機の開発要求が出ているが、147機のF35A/B導入による予算問題で困難に直面している。

    一部では韓国のT-50高等訓練機導入の可能性も慎重に検討すべきだという見解が提起されている。韓日関係が制限要素になっているが、今後、韓米日安保協力および相互運用性向上レベルで推進する必要があるからだ。韓国のT-50訓練機はF35戦闘機に最適化された高等訓練機であり、すでにインドネシアやフィリピンなどに輸出されている。

    中央日報/中央日報日本語版 2020.07.16 14:05
    https://japanese.joins.com/JArticle/268170
    https://japanese.joins.com/JArticle/268171

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1594878171/

    引用元: ・【中央日報】 日本が韓国産戦闘機を輸入することは可能か★2 [07/16] [荒波φ★]

    【レーダー照射事件忘れたのか 【中央日報】 日本が韓国産戦闘機を輸入することは可能か★2 [07/16] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/03(水) 17:35:56.18 ID:CAP_USER
    Kバイオ産業のトップ走者がバイオシミラーなら、もう一つの候補の一つが「再生医療の華」と呼ばれる幹細胞治療剤だ。韓国は商用化された品目の数が最も多い。世界で販売許可を受けた幹細胞治療剤9品目のうち半分の5品目を韓国の製薬会社が開発した。

    再生医療は人体の細胞や遺伝子などを利用し、損傷した組織や臓器を治療・移植したり再生を促進する技術。幹細胞は人体を構成する多様な組織に分化し、損傷した部位を再生することができる。こうした幹細胞技術を利用した「薬」である幹細胞治療剤もほかの新薬と同じように、薬事法に基づく臨床手続きを踏んで食品医薬品安全処で承認を受けなければいけない。

    韓国で初めて承認(2011年)されたファーミセルの幹細胞治療剤「ハーティセルグラム-AMI」は急性心筋梗塞の治療に使われる。この薬は国内だけでなく世界で初めて商用化に成功した。以前まで心臓の筋肉の機能が落ち、心筋壊死症が生じれば、これを根本的に治療する方法は心臓移植しかなかったが、「ハーティセルグラム-AMI」は損傷した心筋組織を一部再生させる役割をする。

    コアステムの「Neuronata R injection」は2014年にルーゲーリック病治療剤として承認を受けた。この薬をルーゲーリック患者の脊椎に注入すれば筋肉の萎縮進行速度を遅らせる。同年に承認を受けたメディポストの「CARTISTEM」は関節軟骨部位に塗れば軟骨が一部再生する効果がある。ワールドカップ4強神話を築いたフース・ヒディンク監督が2014年にこの治療を受けて話題になった。

    韓国生命工学政策研究センターの2018年の分析資料によると、世界幹細胞治療剤市場は2017年の13億5000万ドル(約1480億円)から年平均16.5%成長し、2023年には33億8000万ドル規模になると予想される。多くの幹細胞治療剤の開発と許可製品はひざの関節炎など筋骨格系と皮膚疾患に集中しているが、最近は腫瘍や神経疾患などに領域が拡大している。

    ただ、まだ国産の幹細胞治療剤が米国食品医薬品局(FDA)など海外で商用化されたことはない。このため韓国バイオ企業は米国・欧州・日本など海外市場の開拓に注力している。特に国内では今年8月28日に「先端再生医療及び先端バイオ医薬品安全及び支援に関する法律」(先端再生バイオ法)施行という好材料が待っている。最近の「インボサ(Invossa-K)事態」などで委縮した幹細胞治療剤研究・開発(R&D)に新たな突破口が開かれると、業界と政府は期待している。

    先端再生医療産業協議会の会長を務めるイ・ビョンゴンSCM生命科学代表は「世界幹細胞産業ではまだ市場をリードする製品がない」とし「韓国産製品がグローバルリーダーになるためには、生産施設規模を増やし、一段階高い臨床試験力量を備えることが重要だ」と述べた。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.06.03 16:27
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/266642?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【韓国バイオ】「まだ開始段階だが…」 世界幹細胞治療剤の半分は韓国産 [6/3] [新種のホケモン★]

    【そういやあ、出来らあ、ってわめいてる漫画あったよな。】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/21(日) 20:44:27.65 ID:CAP_USER
    「ラガーが薄いというのは否定的な見方から始まったものです」。 

      ハイト真露マーケティング室のオ・ソンテク常務はラガーに対する偏見が残念だと話した。ハイト真露は3月に発売されてから100日で販売1億本を記録した「テラ(TERRA)」ブームの震源地だ。テラは韓国のラガービールの品質をアップグレードさせたという評価を受けている。オ常務は「ラガーとエールは互いに敵ではない」とし、ラガーとエールを対決構図に追い立てる一部の動きに懸念を示した。 

      ――テラの人気が激しい。差別化のポイントは。 

      「テラはオーストラリアのゴールドトライアングルから空輸してきた100%清浄麦芽を使う。炭酸も人工で入れるのではなく発酵過程で出たものを使う。こうした戦略がうまくいった。清浄麦芽を探すのが容易でなかった。オーストラリアで農場を探し5~6時間奥地を歩き回って結局もとの場所に戻ったこともある。『アルバ』(道に迷うという意味の隠語)をものすごくした」 

      ――消費者の好みが変わったのか。 

      「好みは徐々に変わる。数十回のブラインドテストを数千人を対象に行った。韓国の消費者は清涼感が好きで苦味は好まないという結論を下しテラに反映した。私たちは消費者より半歩だけ先に進んで好みを反映する。もっと進めば消費者を教える格好になる」 

      ――韓国のラガーが薄いという。 

      「偏見だ。否定的な見方で見れば薄い。肯定的に見れば清涼な味だ。もちろんエールより濃くはないが、それが薄いのではない。エールとラガーは対称点にあるビールではない。雰囲気と状況によって飲み方が違う。少数が対決構図に追い込むが正しくない。ビールごとに本来の味がある。米国や欧州でも輸入して飲む韓国ラガーの水準が低いのではない。コストを下げようと麦芽をわざと少なく使っているという主張もあるが消費者はすぐに気付く。いい加減なことをすれば企業生命が危うくなる」 

      ――クラフトビールが流行のようだ。 

      「クラフトビール専門店が少し増えたが、以前はとてもに少なかったために多くなったように見えるのだ。クラフトビール市場はニッチ市場だ。消費者の好みが多様化したためクラフトビールが求められているのだ。私たちも市場に参入するタイミングをうかがっている」 

      ――小規模業者と対立が起こりかねない。 

      「協業が優先だ。市場に参入する案には共生案も含まれている。小規模業者はクラフト固有の価値を生かすことができる。新しいビールの味を研究・開発する機動力がある。私たちはすでにクイーンズエールというブランドを作ったノウハウがある。小規模業者とウィンウィンできなくてはならない」 

      ――酒類税改編にどのように対処するだろうか。 

      「施行は5カ月後だ。いま対応策をまとめている。消費者がどのように受け入れるかが未知数だ。競合会社がどのように出るかもシミュレーションを描いてみなければならない。苦心している」 

      ――日本製ビール不買運動が行われている。 

      「キリンビールを輸入する。一部店舗で返品もすると聞いた。韓国のビールが反射利益を得られるだろうが競争力あるブランドに該当する話だ。テラは競争力に自信があるのである程度反射利益があるだろう。私も毎日テラで一杯やるたびに味で自信をかみしめている」。(中央SUNDAY第644号)

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=255748&servcode=300&sectcode=320
    [ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]2019年07月21日 13時17分

    no title

    ハイト真露のオ・ソンテク常務は「私もテラを飲むたびに品質に対する自信を感じる」と話した。

    引用元: ・【偏見だ】「韓国産ビールが薄い? 欧米でも輸入して飲んでいます」[7/21]

    【ゲテモノ好きはどこにでもいる 【偏見だ】「韓国産ビールが薄い? 欧米でも輸入して飲んでいます」[7/21] 】の続きを読む

    このページのトップヘ