まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国料理

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/12(火) 16:55:35.29 ID:CAP_USER
    韓国観光公社が昨年フェイスブック、微博など海外SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の会員944人を対象に調査した「最も食べてみたい異色の韓国料理」アンケート結果、外国人が最も食べてみたい異色の韓国料理はサンナクチ(テナガダコの踊り食い)だった。

    今回の調査で挙げられた食べ物ではサンナクチ(26%)、カンジャンケジャン(生のワタリカニの醤油漬け、14.6%)、スンデ(豚の腸詰、14.2%)、ホンオ(発酵させたガンギエイ、10.3%)等が高い割合を占めた。また、ユッケ(7.7%)、チョングクチャン(発酵させた大豆の鍋料理、6.7%)なども外国人が好奇心を刺激される食べ物に選ばれた。トッポッキ(餅の辛みそ炒め)、プデチゲ(スパムやラーメンなどが入った鍋料理)、ホットク(おやき)、平壌(ピョンヤン)冷麺、参鶏湯(サムゲタン)などの項目は反応が薄かった。

    言語圏別では英語圏の回答者はカンジャンケジャン(18%)とサンナクチ(16.7%)、チョングクチャン(15.0%)とスンデ(10.7%)、ユッケ(10.3%)が食べてみたいと答え、日本語圏ではホンオ(23.5%)の順位が高く、続いてスンデ(17.3%)、サンナクチ(13.3%)だった。中国語圏では3人に1人がサンナクチ(34.2%)を挙げ、スンデ(13.2%)とカンジャンケジャン(7.9%)が後に続き言語圏による韓国料理に対する関心の違いが見られた。

    以前は外国人に馴染みが薄かったサンナクチやカンジャンケジャンのような韓国料理への関心が広がる理由として、映画やドラマ、K-POPなど韓国大衆文化の中の韓国料理に対する好奇心と共に有名ユーチューバーらの韓国料理紹介番組などにより外国人が食べてみたい韓国料理も多様化しているものと見られる。

    ソース:中央日報
    https://japanese.joins.com/article/141/251141.html

    引用元: ・【K-フード】外国人が食べてみたい韓国料理…1位は?[03/12]

    【アジアで一番貧しい料理だ【K-フード】外国人が食べてみたい韓国料理…1位は?[03/12] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/10(月) 00:54:08.24 ID:CAP_USER
    no title

    ▲写真はチーズダッカルビ

    2018年12月7日、韓国のインターネット掲示板に「チーズダッカルビ(ダッカルビ:鶏肉や野菜を甘辛いタレで焼く韓国料理)に夢中の日本の食品たち」と題するスレッドが立ち、話題を集めている。

    スレッド主はある韓国人ネットユーザーのツイッターを紹介している。そこには日本で売られている数多くの食品の写真が掲載されているが、全て「チーズダッカルビ」味。スーパーなどで売られているパンやおにぎり、肉まん、スナック菓子、チルド食品、お弁当など。さらにさまざまなジャンルの飲食店で商品化されたチーズダッカルビメニューの写真もある。これに、同ユーザーは「日本で一体何が起きているんだ…」とつづっている。

    これを見た他のユーザーからは「うわあ…」「ちょっと出し過ぎじゃない?(笑)」「ダッカルビの方がおいしいのに」「韓国の話…じゃないよね?」「流行に飛びつくのはどこの国も一緒のようだ」「日本人は本当にチーズダッカルビが好きなんだね。芸能人たちもよく韓国に食べに来ているよ」など驚きの声が上がっている。中には「おいしそう!チーズダッカルビ餃子は韓国でも発売すべき」「いいなあ。韓国にもチーズダッカルビブームが来てほしい」とうらやむ声も。

    また、「チーズダッカルビが日本に奪われる」と懸念するユーザーも多く、「数年後にはチーズダッカルビが日本発祥の料理になっているかも」「日本のものだと言い出さないか心配」「日本はすでに、チーズがたっぷり入っているとの理由で『チーズダッカルビは半分韓国のもの』とか言い出している」との声が見られた。(翻訳・編集/堂本)

    ソース:レコードチャイナ<「数年後には日本発祥に?」韓国ネットが日本の韓国料理ブームに危機感>
    https://www.recordchina.co.jp/b194145-s0-c60-d0035.html

    引用元: ・【韓国】 「数年後には日本発祥に?」~韓国ネットが日本の韓国料理ブームに危機感[12/09]

    【そんなに日本人になりたいの?【韓国】 「数年後には日本発祥に?」~韓国ネットが日本の韓国料理ブームに危機感[12/09] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/11/19(日) 13:51:29.63 ID:CAP_USER
    2017年11月17日15時40分 中央日報/中央日報日本語版
    http://japanese.joins.com/article/569/235569.html?servcode=100

    韓国とイタリアの最大の共通点は食べ物への限りない関心だ。両国にはグルメツアーと料理情報の共有にはまっている人が多い。韓国料理は欧州で和食・中華料理に比べて認知度が低いが、2015年ミラノ国際博覧会を契機に少しずつ広報効果が出ている。

    イタリア人が接続する韓国関連ウェブサイトの韓国料理情報を見ると、変化が見られる。かつてはビビンパ・プルコギのような食べ物を集中的に広報した。最近は、食べ物よりは韓国式食堂や料理人、韓国料理の材料を栽培する農家を紹介する。方向の転換のおかげで韓国料理の裏面にある文化・環境と韓国自体をより有効的に知らせることができる。

    9月28日、「ワールド韓国料理フェスティバル」では外国人シェフの韓国料理への再解釈が非常に印象的だった。行事2日前にイタリア・サルデーニャ政府が韓国料理財団と業務協約を締結した。サルデーニャのシェフが韓国料理を習って文化交流に出ている。文化広報は現地人の協力がとても重要だ。各国のシェフが韓国料理を習って料理し、現地の料理に組み合わせれば韓国料理のイメージを高めることができる。ピザ・パスタが普遍的な世界的な食べ物になったのは各国のイタリア食堂のおかげだ。

    広報戦略にも大きな変化が見られる。韓国料理の行事で国籍不明のフュージョン料理が姿を消し、伝統的な韓国料理と日常的な料理が注目を浴びている。「外国人は辛いものが食べられず、ニンニクを嫌う」という先入観のために外国人の口に合わせるよりは本来の韓国料理を紹介するのが真正性のある広報だ。食べ物の名前を翻訳する必要もない。テンジャンチゲを「発酵された豆スープ(fermented bean soup)」に変えれば興味をそそらない。スシやディム・サムのように誰にでも聞けば分かるような韓国料理がまもなくできるだろう。広報の方法がもう一つある。サンナクチ(生きたタコ)・ホンオフェ(ガンギエイの刺身)・タッパル(鶏足の激辛炒め)のような独特な食べ物だ。

    食べ物の味と形に劣らず興味を誘発することも重要だ。

    (全文は配信先で読んでください)
    1がたった日時 2017/11/18(土) 14:02:48.15
    前スレ 【韓国】イタリア料理のように韓国料理もグローバル化が可能だ★8コピペコピぺ対策です6
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1511058834/

    引用元: ・【韓国】イタリア料理のように韓国料理もグローバル化が可能だ★9

    【【まずは衛生観念からだよね】「イタリア料理のように韓国料理もグローバル化が可能だ」中央日報】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/11/08(水) 20:49:59.93 ID:CAP_USER
    聨合ニュース、2017/11/08 16:06
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/11/08/0200000000AJP20171108004300882.HTML

    【ソウル聯合ニュース】ミシュランコリアは8日、ソウル市内のホテルでレストランなどの格付け本「ミシュランガイド・ソウル2018」の発刊を記念する記者懇談会と授賞式を開いた。ソウル版の発刊は昨年に続き2度目で、星を獲得した24店など175店のレストランが掲載された。

     最高評価の三つ星を獲得したのは昨年と同じ新羅ホテルソウルの「羅宴」(韓国料理)と清潭洞の「ガオン」(同)の2店。二つ星は、昨年一つ星だった清潭洞の「ジョン食堂」(JUNGSIK、モダン韓国料理)と「KOJIMA」(すし)を含む4店。

     羅宴のシェフは「再び三つ星をもらえて誇りを感じるが、うぬぼれることのないようにしたい」、ガオンのシェフは「韓食(韓国料理)とは何かという根本的なことに悩み、韓食のシェフが持つべき責任感を失わないよう努力したため、三つ星をもらえたようだ」と語った。

    引用元: ・【韓国】ミシュランガイドソウル版 韓国料理2店が昨年に続き三つ星

    【【複数年契約だったんだな】ミシュランガイドソウル版 韓国料理2店が昨年に続き三つ星 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/10/16(月) 10:37:45.00 ID:CAP_USER
    no title


    【ジュネーブ聯合ニュース】

    国連を舞台に活動する175カ国の外交官と34の国際機関の職員が常駐しているスイス・ジュネーブで14日(現地時間)、これら外交官を対象に「韓食(韓国料理)の日」イベントが開かれた。

    イベントは韓国料理を世界に広める目的で在ジュネーブ国際機関韓国政府代表部が企画したもので、外交官や国際機関職員、地元住民ら250人余りの参加者は韓国料理の専門家が作ったビビンバやプルコギ(韓国風焼き肉)、キムチのチヂミ、カボチャのかゆなどを試食したり、プルコギ作りを体験したりした。

    韓国伝統衣装・韓服の試着体験、伝統餅作り体験なども行われ、好評を博した。

    韓国政府代表部の崔京林(チェ・ギョンリム)大使は「韓国料理は韓国文化の重要な一部分。味と健康、自然が調和をなしている」と紹介した。

    また、プルコギ作りを体験した在ジュネーブ国際機関日本政府代表部の志野光子大使は「韓国料理は何度も食べたことがあるが、直接作り方を学び、作ったものを食べることができて良かった」と語った。

    イベントでは、韓国で来年2月に開催される平昌冬季五輪のPR映像も流された。


    2017/10/16 10:20
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/10/16/0900000000AJP20171016000500882.HTML

    引用元: ・【聯合ニュース】ジュネーブで外交官向け韓国料理PRイベント 試食や体験が好評[10/16]

    【【ジュネーブ条約違反民族なのにね】ジュネーブで外交官向け韓国料理PRイベント 試食や体験が好評】の続きを読む

    このページのトップヘ