まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国型

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/18(金) 15:38:35.32 ID:CAP_USER
    「2030年までに韓国型民航機を開発してボーイングやエアバスと肩を並べるグローバル航空宇宙企業に飛躍したい」 

      韓国航空宇宙産業(KAI)の金照源(キム・チョウォン)社長は17日、ソウル大方洞(テバンドン)の空軍会館で開かれた記者懇談会で、「南北経済協力が本格化すれば白頭山(ペクドゥサン)など北朝鮮地域の観光に伴う航空機需要が増加するだろう」と話した。 

      格安航空会社(LCC)市場の拡大で、グローバル航空需要は爆発的に増加していることに比べ、民航機の製作は米国ボーイングと欧州エアバスが市場を掌握している。カナダ(ボンバルディア社)とブラジル(エンブラエル社)等が一部市場の一部に食い込み中国と日本も参入したが、韓国はすべての民航機を輸入に頼っている。 

      KAIは韓国とアジア市場に適した50~70席規模の民航機を開発し、国内150機、海外250機など400機を販売するという目標を掲げている。売り上げ規模は12兆ウォン(約1兆1700億円)と推算される。金社長は「2023年から先進企業との提携を通した技術導入と生産をスタートし、2030年には自社ブランド民航機を飛ばす」と強調した。 

      KAIはこの日、民需事業と未来型無人移動体(PAV)など新たな成長動力を確保して2030年までに韓国の航空宇宙産業を年20兆ウォン規模に育て、強小企業1000社を育成するというビジョンをまとめた「航空宇宙産業発展戦略」も発表した。 

      1999年に設立されたKAIは事業初期、軍需比重が8割を超えていたが、2017年に就任した金社長が民需拡大に乗り出した結果、昨年は民需6割・軍需4割でバランスの取れた事業構造を達成した。最近9年間(2009~2017年)の民需部門の税引前利益率は13.5%を記録する一方、軍需は赤字(-1.6%)を免れなかった。昨年2兆3699億ウォン規模の航空機機体部品を受注したKAIは、今年第1四半期(1~3月)にグローバル企業と4000億ウォン規模の航空機翼および胴体部品供給契約を締結する計画だ。 

      金社長は防衛産業業者の力を削ぐ要因に挙げられる遅滞償金(納品遅延賠償金)も改善が必要だと語った。金社長は「コスト削減を理由に2008年防衛産業専門・系列化を廃止しながら無限競争にさらされた防衛産業業者が無理な受注を行い、遅滞償金が課せられる悪循環が続いている」と指摘した。 

      KAIは航空宇宙産業生態系の構築に向けて新規協力会社も積極的に発掘するのが目標だ。KAIは昨年、専門担当組織を新設して協力会社110社を新たに発掘し、協力会社を約330社に増やした。今後も協力会社の教育訓練やテクニカルサポート、金融支援を拡大していく考えだ。金社長は「グローバル航空宇宙市場は2030年には1100兆ウォンに達する見込み」としながら「政府と地方自治体、産業界の協力を通じて航空宇宙産業の成長を牽引(けんいん)していく」と意気込みを語った。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=249280
    [ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]2019年01月18日 09時03分

    no title

    韓国航空宇宙産業の金照源社長

    引用元: ・【韓国航空宇宙産業(KAI)】「ボーイングのような韓国型民航機作る」(韓経)/中央日報[1/18]

    【怖いもの知らずにも程がある【韓国航空宇宙産業(KAI)】「ボーイングのような韓国型民航機作る」(韓経)/中央日報[1/18] 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2017/11/29(水) 18:32:57.70 ID:CAP_USER
    ■ ノルウェーに私たちの建築文化紹介する「韓国庭園」生じる
    ・「テコンドー代父」チョ・ウンソプ氏主導で来年5月、ブルビック島に

    画像:ノルウェー第2の都市ベルゲン近隣のブルビック島に来年5月にオープン予定の「韓国庭園」の全景。
    この庭をつくっているチョ・ウンソプ(下段左側写真、右)伝統テコンドー会総館長は26日、プルビック島で開かれた国際文化祭にキム・アンナ師範(下段左側写真、右から二番目)とプルコギやキムチなどの韓食を紹介した。
    no title


    (ソウル=聨合ニュース) カン・ソンチョル,カン・ビョンイルワールドOKTA名誉記者(ノルウェー) =ノルウェー第2の都市ベルゲン近隣のブルビック島に、ウリナラの建築文化を示す韓国型の庭園が建設される。

    10万坪規模のその敷地には現在、池、亭子、石塔、石燈、醤甕台、太極門などが造成されており、正式にオープンする来年5月までに韓屋も建てられる予定だ。

    2014年からこの庭園を造成しているのは、現地で「テコンドー代父」と呼ばれるチョ・ウンソプ(65)伝統テコンドー会総館長である。

    彼は、1977年師範としてデンマークに派遣されたが、1987年にノルウェーに移住してテコンドー普及に尽力してきた。 ノルウェーテコンドーのキョルギ(組手)・プムセ(型)の国家代表監督を歴任して、1992年にはノルウェー、デンマーク、アイスランド3カ国が参加した伝統テコンドー会を創立した。

    チョ館長は、1982年から毎年「テコンドーサマーフェスティバル」を開いて、テコンドーの紹介だけでなく韓食・伝統舞踊・国楽の普及などにも力を入れている。この祭典には、毎年テコンドー修練生だけで500人余りが参加するほど広く知られた。

    26日にはプルビッグ小学校で開かれた国際文化祭で、現地人にプルコギやキムチなどの韓食を紹介する韓食体験ブースを開いた。

    チョ館長は、2012年日本-ノルウェー国交正常化100周年で、ベルゲン市に「日本庭園」が建設されたことで刺激を受けて、韓国庭園建設を推進することになったという。

    彼は、「日本へ庭園文化を伝播したのが韓国であるにもかかわらず、そのような事実がきちんと知られていないので残念だった」とし、「一回性で終わるのではなく常時として韓国文化を知らせるために伝統建築技法を適用して、庭園を造っている」と明らかにした。

    事業家でもない身で一人では耐え難いことだが、弟子たちが土地の買い入れなどに協力してくれて工事が進められるようになった。 重機運転をする弟子はフォークリフトなどを持ってきて土木工事の手伝いもした。

    現在、チョ館長の弟子たちがたてた35個の道場では2千500人余りがテコンドーを学んでいる。今まで輩出した弟子だけでも4万人余りに上る。

    彼は、「多くの人に韓国を知らせるため韓国庭園は無料観覧で運営する計画」とし、「2018年までに韓国博物館も建て、多様な韓国文化をノルウェーに紹介する」と話した。

    ソース 聨合ニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0009714256

    【韓国】 日本庭園文化の源流となった薯童公園宮南池を見直そう~「百済庭園祭り」7月に開催[04/20]
    https://takeshima.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1240240257/
    【米国】「日本庭園に胸痛めた」 シカゴで韓国庭園クラブ発足[02/06]c2ch.net
    https://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423185524/
    【文化】 日本庭園「枯山水」の起源は中国―中国紙[07/24] [転載禁止]c2ch.net
    https://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1437619121/
    【朝鮮日報】韓国庭園をK-Gardenとして海外に売り込むべき ★2 [無断転載禁止]c2ch.net
    https://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454996623/
    前スレ http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1511941442/
    ★1:2017/11/29(水) 16:44:02.19

    引用元: ・【北欧】 「日本へ庭園文化を伝えたのは韓国なのに…」 ~ノルウェーにウリナラの建築文化を紹介、「韓国庭園」オープンへ★2[11/29]

    【【ど素人でも作れるんだねw】「日本へ庭園文化を伝播したのが韓国であるにもかかわらず、事実がきちんと知られていない」ノルウェーに韓国型庭園が建設】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/11/02(木) 12:13:37.34 ID:CAP_USER
    韓国型ミサイル防衛の中核システム、量産計画が突如中断か=「何か不具合が?」「中国の顔色をうかがっているのだろう」―韓国ネット

    https://i.imgur.com/mYysgbc.jpg
    30日、韓国・SBSによると、韓国型ミサイル防衛システムの中核を担う韓国製中距離迎撃ミサイル「MSAM」の量産計画について、韓国国防部が一時保留とする方針を明らかにした。資料写真。

    2017年10月30日、韓国・SBSによると、韓国型ミサイル防衛システムの中核を担う韓国製中距離迎撃ミサイル「MSAM」の量産計画について、韓国国防部が一時保留とする方針を明らかにした。

    米国パトリオット3級の迎撃ミサイルとして1400億ウォン(約140億円)をかけ開発されたMSAMは、迎撃高度20キロ以上の性能を有し、すでに迎撃試験にも成功している。

    韓国軍では、北朝鮮のミサイルの脅威が増したことから、このMSAMの量産完了時期を2021年から19年に2年前倒ししていた。ところが国防部は、10月20日に予定されていたMSAM量産を議決する防衛事業推進委員会を突然中止、そのため軍内部ではMSAMの量産中断説が流れているという。そして量産中断は、11月17日に延期された防衛事業推進委員会で最終決定される見通しとなっている。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「保留になった理由は何だ?」「高高度防衛ミサイル(THAAD)が配備されたから優先順位が変わったんだろう」「中断ではなく保留だと信じている」「試験発射にも成功して、量産だけが残っている状態なのに…。明らかに上層部の力が働いたな」「何か不具合があったのか?」など、計画が保留になった理由を推察する意見が寄せられた。

    また、「性能やシステム上の問題があるなら、多少時間がかかっても確実なものにしてから実戦配備してくれ」と、武器の性能向上を望む声も。

    さらに「中国の顔色をうかがっているのだろう」「このような内容は公開せずに静かに進めろ」などとするコメントもあった。

    なお聯合ニュースなどの報道によると、国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は10月30日の定例会見で、MSAM量産事業中断説は「事実ではない」とし、「MSAMの量産計画保留は国防部が戦力の優先順位を検討するための措置」と説明している。(翻訳・編集/三田)


    Record China 2017年11月2日 10時40分
    http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=195602

    引用元: ・【Record China】韓国型ミサイル防衛の中核システム、量産計画が突如中断か=「何か不具合が?」―韓国ネット[11/2]

    【【まともな兵器が皆無だなw】韓国型ミサイル防衛の中核システム、量産計画が突如中断】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/23(金) 08:37:48.24 ID:CAP_USER
    http://s.japanese.joins.com/article/848/223848.html?servcode=300&sectcode=330

    2017年12月に予定されていた韓国型ロケットの試験発射が2018年10月に延期された。

    韓国未来創造科学部は22日、「第11回国家宇宙委員会」を開き、韓国型ロケットの試験発射を当初の2017年12月から2018年10月に調整すると明らかにした。韓国型ロケットとは韓国の技術だけで開発される最初のロケット。このロケットで2020以降に月を探査をするというのが韓国政府の目標だ。

    韓国型ロケット開発事業は現在、第2段階が進行中だ。2010-2015年に進行された第1段階で製作した75トン級エンジン予備設計を基礎に、2015-2018年に進行される第2段階で75トン級エンジンを開発し、試験発射までする予定だった。最後の第3段階で1.5トン級の衛星を搭載した韓国型ロケットを打ち上げるのが最終目標だ。

    当初、75トン級エンジンの開発と試験発射は2017年12月に予定されていた。しかし今年上半期に韓国型ロケット事業を展開している韓国航空宇宙研究院が技術上の問題のため発射日程の延期が避けられないという立場を未来創造科学部に伝えた。燃焼不安定が発生する場合、エンジンが爆発するおそれがあり、この問題を解決するのに相当な期間が必要という。

    no title

    75トン級ロケットエンジンの燃焼試験の様子(写真=韓国航空宇宙研究院)

    引用元: ・【韓国】韓国型ロケットの試験発射、技術的な問題で延期に[12/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国人のできます】韓国型ロケットの試験発射、技術的な問題で延期に】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/12/16(金) 01:14:24.05 ID:CAP_USER
    no title

    ▲チェ・ウソク韓国防衛産業学会会長

    最近、ドナルド・トランプ米国大統領当選者の動向が全世界の注目を集めている。37年ぶりに台湾総統と通話して、中国が直ちに反発するなど緊張が高まっている。それでもトランプはツイッターを通じて「中国が元貨切下げをする時、米国に訊ねたか」と中国の挑戦に強力に警告した。トランプは選挙期間中、中国を為替レート操作国に指定すると宣言したことがあって中国が緊張している。

    1980年代初め、日本やドイツなど新興国の急浮上で米国の経済が困難になり、1985年、ニューヨークのプラザホテルでG5経済先進国(米国、英国、フランス、ドイツ、日本)の財務長官と中央銀行総裁が集まって為替レートに関する合意をした。有名な'プラザ合意'だ。

    米国は'プラザ合意'を通じて日本円の価値を強制的に高めた。'プラザ合意'発表翌日、為替レートは1ドル235円と約20円下落し、1年後には1ドル120円台に落ちた。その余波で日本は'失われた20年'と呼ばれる長期不況に入ることになった。その後、日本の経済は現在まで活力を回復できずにいる。

    この事例はトランプが中国を為替レート操作国指定すれば中国にどんなことが発生するのかよく見せる事例だ。それだけでなく、トランプは中国が対北朝鮮制裁に積極的に参加しない場合、中国の企業を制裁することもできると圧迫している。トランプの外交政策を一言に圧縮するなら'中国失脚'ということだ。

    すでにアップルは中国で作ったアイフォンを米国で生産することを検討するなど素早く対応している。トランプはまた、米海軍軍艦を247隻から350隻に増強すると明らかにした。これは過去、米国が宇宙開発に多くの予算を投じ、旧ソ連の宇宙開発に多くの予算を使わせて崩壊させた'スターウォーズ計画'を連想させる。中国の右腕である北朝鮮を除去して中国を為替レート操作国指定し、中国の経済を焦土化させながら海軍力に多くの予算を一度に注ぐよう誘導する戦略に見える。

    それなら韓国はどんな準備をしなければならないだろうか?4万トン級韓国型空母の建造を通じて米国の対中包囲網に積極的に加担する必要がある。韓国型空母建造を通じて沈滞期に入った造船業を生かしながら、海上作戦ヘリコプターとKF-X(韓国型戦闘機)を変形した艦載機を国内開発し、造船業と航空産業を同時に発展させる必要がある。

    新型艦艇建造技術を蓄積し艦艇と艦載機を輸出することによって防衛産業を国家の新しい成長動力として育成する必要もある。空母が建設されたら離於島(イオド)沖合いをすぎて太平洋に進出しようとする中国海軍の計画を牽制することができる。中国は韓国の顔色を見ることになり、米国と日本は韓国にさらに多く頼ることになるだろう。

    北朝鮮と中国の挑発を最先鋒で防ぐことで、日本に安保借款を提供するよう米国を通じて圧迫すれば、日本から多くの譲歩受けることもできるだろう。米国は第二次世界大戦当時、真珠湾を空襲した日本を相変らず信用していない。従って韓国がアジアで警察の役割を米国と共に遂行することを願い、米国をうまく説得すれば日本の国富を一部、韓国に持ってくることもできるだろう。

    米国も根本的には日本が大きくなることを望まないのだからなおさらだ。トランプの当選が韓国にはかえって良い機会なのである。

    ソース:アジア経済(韓国語) [ピュエンビジョン]トランプ時代、韓国型空母戦団建設で国益極大化してこそ
    http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2016121414302477161

    引用元: ・【韓国】 トランプ時代、韓国型空母を建造すれば韓国はアジアの警察となり日本から富が得られる[12/15] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【本気でクソバカしかおらん】 トランプ時代、韓国型空母を建造すれば韓国はアジアの警察となり日本から富が得られる】の続きを読む

    このページのトップヘ