まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国企業

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/27(水) 18:07:33.88 ID:CAP_USER
    昨年韓国企業の10社に4社は利子など金融費用を支払えるだけの利益を得られなかった。新型コロナウイルス流行の影響により売上高増加率は統計作成開始以降で最低値を記録した。

    韓国銀行が27日に発表した「2020年年間企業経営分析」によると、昨年の韓国企業の売上高増加率は1.0%のマイナスを記録し過去最低値を記録した。企業の売上高増加率がマイナスとなったのは韓国銀行が韓国国内の非金融営利法人企業の全数調査を開始した2010年以降で初めてだ。韓国銀行は昨年韓国の非金融営利法人企業79万9399社を対象に経営活動を分析した。

    新型コロナウイルスの影響により企業の売り上げ規模は縮小した。昨年は国際原油価格の下落により石油精製業の売り上げが前年の6.7%減から34.1%減、化学業が5.2%減から8.0%減と売り上げが大幅に低下し、新型コロナウイルスの感染拡大により航空会社と運輸業の売り上げが減ったことで輸送倉庫業が前年の2.1%増から昨年は8.1%の売り上げ急減となった影響が大きかった。

    成長鈍化は業種と企業規模と関係なく企業全般に現れた。製造業が1.7%減から2.3%減、非製造業が2.3%増から0.0%、大企業が2.3%減から4.6%減、中小企業が4.2%増から3.9%増と、いずれも売上高増加率は後退した。

    売り上げも減ったが経営状況も悪化した。営業利益では借入金の利子すら返すことができない企業も増えた。昨年、営業利益を金融費用で割った値のインタレストカバレッジレシオが100%未満となった企業の割合は40.9%で、過去最高だった2019年の36.6%の記録を塗り替えた。韓国企業10社のうち4社は利子出すほども儲けられていないという話だ。この指標は2016年に31.8%を記録してから毎年高まっている。

    営業活動をしても利子さえ払うことができない企業が増えたのは、昨年の新型コロナウイルスの感染拡大後に企業の負債が増えた影響と解説される。社会的距離確保などの防疫政策により営業活動が困難となり、会社の運営資金を借り入れたためだ。企業の安定性を示す指標である負債比率は昨年118.3%で前年の115.7%より2.6ポイント上昇し、借入金依存度も29.5%から30.4%に増えた。

    韓国銀行関係者は、「昨年は新型コロナウイルスの流行により営業赤字を出した企業が大きく増えた上に貸付が増え借入金依存度が高まったため、インタレストカバレッジレシオが100%未満の企業の割合が大きくなった」と分析した。

    昨年の企業の収益性は前年と同水準か小幅に改善されるのにとどまった。企業の売上高営業利益率は4.2%で前年と同一で、売上高税引き前利益率は3.9%で前年の3.7%より小幅に上昇した。製造業の売上高営業利益率は4.4%から4.6%となり、半導体部門が含まれた電子・映像・通信装備業が5.6%から8.4%に上昇した影響で改善されたが、非製造業は4.0%から3.9%と小幅に悪化した。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    2021.10.27 17:23
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/284272?servcode=300§code=300

    引用元: ・【韓国】新型コロナで昨年は韓国企業の4割が利子払えるだけの利益得られず [10/27] [新種のホケモン★]

    【韓国の現実がコレw 【韓国】新型コロナで昨年は韓国企業の4割が利子払えるだけの利益得られず [10/27] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/08(月) 15:33:59.16 ID:CAP_USER
    [ソウル 5日 ロイター] - 米商務省が半導体不足の実態把握に向けてメーカーに情報提供を求めている問題を巡り、韓国のサムスン電子とSKハイニックスは企業秘密保護の観点から、詳細情報の提供は行わない方針だ。事情に詳しい2人の関係者が明らかにした。

    提出期限は8日。米商務省は情報提供は任意との立場だが、提出された情報の量や質次第では提供を強制とする可能性もあるとしている。

    関係者の1人は「米国によるデータ提供の要請は範囲が広く、米が望む情報を全て提供すれば、競争面で支障が生じる」などと指摘した。

    サムスン電子とSKハイニックスは以前、この件について内部で検討しているとしていたが、5日にはこれ以上のコメントはしなかった。

    現時点では、台湾のASEテクノロジー・ホールディング(日月光投資控股)や、イスラエルのタワー・セミコンダクター子会社など、13社が既に米商務省にデータを提出している。

    ロイター 2021年11月8日2:34
    https://jp.reuters.com/article/usa-semiconductors-whitehouse-southkorea-idJPKBN2HT0CJ

    引用元: ・【ロイター】米当局への半導体データ提供、韓国企業は詳細情報除外へ=関係筋 [11/8] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【アメリカに捨てられちゃうな。 【ロイター】米当局への半導体データ提供、韓国企業は詳細情報除外へ=関係筋 [11/8] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/06(火) 21:24:51.77 ID:CAP_USER
    北朝鮮企業が韓国企業を相手に「輸出原材料の代金」を請求する初の訴訟を起こしたが、裁判所は韓国企業の肩を持った。

    ソウル中央地裁は6日、北朝鮮経済団体の朝鮮民族経済協力連合会(以下、民経連)、南北経済協力研究所のキム・ハンシン所長らが、韓国企業4社を相手に起こした物品代金請求訴訟で原告敗訴の判決を下した。

    民経連に加入した北朝鮮企業A社は、韓国企業B社などに2010年に亜鉛を供給した。B社は物品の供給を受けた後、代金の一部である14億ウォン(約1380万円)相当を中国の送金仲介会社に送った。

    しかし、A社は突然の5・24措置により、代金のうち53億ウォン(約5220万円)相当を受け取れなかったとして、2019年に1億ウォン台の訴訟を提起した。5・24措置は、2010年に天安沈没事件の時、イ・ミョンバク(李明博)政府が出した北朝鮮に対する措置で、南北間の交易中断と北朝鮮に対する支援遮断などの内容が含まれている。

    B社は裁判の過程で、すでに残金を納付したが、送金を代行する中国の仲介会社と連絡がつかなかったと主張してきた。

    裁判所は「(証拠の)一部の記載だけでは原告が被告と契約を締結したと認めるに足りず、これを認めるだけの根拠がない」とし「むしろ中国の仲介会社が亜鉛を買収して、韓国企業に売り渡したものと見られる」と説明した。

    WOWKorea 2021/04/06 19:36配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/294504/

    引用元: ・【北朝鮮企業】韓国企業を相手に起こした「物品代金」訴訟で敗訴 [4/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【朝鮮裁判のアクロバット判決 【北朝鮮企業】韓国企業を相手に起こした「物品代金」訴訟で敗訴 [4/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/20(木) 21:35:48.15 ID:CAP_USER
    高麗伝統技術、歴史の中に埋もれた刀…伝統技術として取り出し…

    [トゥデイコリア=ソ・ヨンハ記者] 私たちが普通、伝統的な話をするとき「魂がこもっている」という言葉を使うことがある。色つやの良い陶磁器から味わい深く書かれた書芸、そしておいしく漬けたキムチまで…

    我々の祖先の持っていた技術が昔のままだとすれば、歴史にはなっても伝統には成り得ないのかもしれない。オンドル、陶磁器、食品などのように、私たち固有の文化と現代技術が出会い、私たちの生活の中で呼吸して初めて伝統と呼べるのではないだろうか?

    ・民族の魂、刀をご存じですか。
    今は伝統から忘れられて、歴史となってしまった私たちの技術の中に、刀がある。韓半島に立ち、私たちの生活の中で息づいた、それが私たちの魂が込められた刀だ。その刀を埋もれた歴史の中から伝統に取りだそうとする人がいる。「高麗伝統技術」のクォン・ホヨン所長だ。

    金属工学を専攻したクォン所長は、「刀こそ伝統製錬技術の産室であり、現代の私たちの生活と密接につながった魂が込められた技術だ」と話す。全世界的に刀を上手く作るという日本も、事実は三国時代の古代に我々が日本に伝来した技術だと見ることができる。特に、朝鮮の文官時代を経て、日帝強占期の時にあらかた供出されてしまい、やっとのことで命脈を維持した朝鮮の刀は一つも残っておらず、次第に忘れ去られていった。

    (※文中に出てくる韓国語「カル」は、全て「刀」と訳しますが、他にキッチン関連ネタでは「包丁」、「ナイフ」との意味も。)

    クォン所長は、「刀といえば、映画で見る武器ぐらいしか思い浮かばないだろうが、簡単にキッチンで見られるのが刀だ」とし、「現在、我が国で使われている刀はほとんどが外国産で、我々の技術はそれくらい遅れている」と吐露した。ムン・ジュンギ代表とともに高麗伝統技術を設立した趣旨も、刀を作る冶金技術、まさに伝統技術を取り戻し、我々の伝統文化を国内と世界に知らせ、国益に役立ちたいという情熱から始まった」と話した。

    「高麗刀剣(現・高麗伝統技術)のムン・ジュンギ代表自身が作った刀を持ってきて、日本に劣らない良い刀を作ってくれるように手伝って欲しいと言われ感動しました。」

    金属工学を専攻したクォン所長は、「自分の専門知識がよい刀を作って、伝統も見出すことができると思い、一緒に始めることになった」とし、「ちょうど未来部でも今後、話として重要に考え、伝統文化融合研究事業団が私たちの固有の伝統技術を現代先端技術と融合しようという趣旨で、支援も受けることができた」と話した。

    ・伝統技術と先端技術の融合というと分かり難く感じるが…
    クォン・ホヨン所長は、伝統技術と先端技術の融合という言葉が難しく感じられるという記者の質問にキムチを例に挙げた。「キムチは私たちの伝統技術の一つだ。キムチを漬ける技術も伝統だが、キムチを長く保管しながら食べられる甕は、その時代の優れた技術だ。この技術が先端技術と融合し、ディムチェという冷蔵庫を作り出したのだ」と話した。

    すなわち、伝統技術と先端技術が融合し、ディムチェという保管入れを作り、キムチが世界的に人気を集めることができたという意味だ。クォン所長は、「刀もキムチと変わらない」とし、「刀は三国時代から我々が持っている素晴らしい伝統技術だった」と強調する。

    ・聖徳(ソンドク)大王神鐘の「鐘楼」も伝統的な刀冶金技術…
    ・叩いて重ねて叩く多層構造…
    クォン所長は、「伝統的な鉄製錬技術の一つである叩いて重ねて、また叩き重ねる技術は、我が国の伝統技術の核心だ」と話す。「百済地域の武寧王陵で『環頭大刀』という刀が出てきたが、多層構造というものを見て驚いた経験があった」と振り返った。 現在、聖徳大王神鐘を吊るしている鐘楼も同様の技術だ。聖徳大王神鐘発見当時、鐘楼がなく浦項(ポハン)製鉄で10cmほどの厚さで鐘楼を作ったが、折れてしまった。現在、吊るされているのは、発掘の過程で出た我々の祖先が作った鐘楼だ。

    ドゥディコリア(韓国語)
    http://www.todaykorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=287704
    no title

    =写真=クォン・ホヨン高麗伝統技術研究所長

    【韓国】 無一文から「韓国剣」の伝統継ぐ女傑に、息子は日本に研修にいかせ…高麗伝統技術代表ラ・ヨンヒ氏[05/15] [LingLing★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1621171402/

    引用元: ・【韓国企業】 高麗伝統技術、歴史の中に埋もれた刀…取り戻す。 キッチン用、日本の刀剣製作技術をベンチマーキング[05/20] [LingLing★]

    【また伝統と言いながら盗むのかよww 【韓国企業】 高麗伝統技術、歴史の中に埋もれた刀…取り戻す。 キッチン用、日本の刀剣製作技術をベンチマーキング[05/20] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/01(木) 23:37:44.45 ID:CAP_USER
     米国や中国、日本と比べ、韓国企業の競争力が落ちているという調査結果が明らかになった。

     全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院(韓経研)は、経済専門誌「フォーチュン」が毎年選定している世界企業番付「グローバル500」に基づき昨年の韓国・米国・中国・日本のグローバル企業数と売り上げなどを分析した結果、韓国企業の競争力が大きく後退したと1日に明らかにした。

     韓経研によると、昨年「グローバル500」に入った韓国企業は計14社で、前年に比べ2社減少した。

     一方で中国は2019年の119社から20年には124社で5社増加した。日本は同じ期間に1社(52社→53社)増えた。米国は121社で変わらなかった。

     「グローバル500」に入った韓国企業の売上高は19年の9094億ドルから20年には8004億ドルと12.0%減少した。

     米国は同じ期間に9兆4025億ドルから9兆8063億ドルと4.3%増加した。中国も7兆9149億ドルから8兆2949億ドルへと4.8%増加した。日本は昨年3兆1241億ドルで前年に比べ0.2%減少した。

     韓国企業の売上高が「グローバル500」の売上高に占める割合も19年の2.8%から20年には2.4%と0.4ポイント減少した。

     同じ期間に米国(28.8%→29.5%)と中国(24.2%→24.9%)はいずれも0.7ポイント増加した。日本は9.6%から9.4%に低下した。

     「グローバル500」内の韓国企業の順位も大幅に下落した。韓国企業14社のうち前年より順位が下落したのは10社だった。

     サムスン電子(19年15位→20年19位)、SK(73位→97位)、ポスコ(171位→194位)、LG電子(185位→207位)、韓国電力(193位→227位)などが代表的だ。

     SKハイニックスとLG化学は19年、「グローバル500」に含まれたが昨年は圏外となった。サムスン電子は16年にライバル社のアップルに逆転され(アップル9位、サムスン電子13位)、昨年は順位の差が7ランク(アップル12位、サムスン電子19位)に開いた。

     一方で、昨年に比べて順位が上昇したのは4社で、現代自動車(94位→84位)、現代モービス(393位→385位)、KB金融(434位→426位)、CJ(463位→437位)だった。

     「グローバル500」では中国勢の成長が顕著だった。中国は2004年に15社で韓国を追い越し、12年には73社で日本を逆転した。その後、昨年は124社で史上初めて米国をかわした。

     韓経研のチュ・グァンホ経済政策室長は「国内の大企業のグローバル競争力が徐々に委縮していることから、世界基準に合わない不合理な規制を改善し、世界市場で公正な競争ができるよう支援すべき」と主張した。

    ソン・ギヨン記者

    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/04/01 21:56
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/01/2021040180261.html

    引用元: ・【韓国経済研究院】「韓国企業、米中との差が拡大…規制改善が切実」日本と比べ韓国企業の競争力が落ちている 調査結果 [4/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【ポンコツだな 【韓国経済研究院】「韓国企業、米中との差が拡大…規制改善が切実」日本と比べ韓国企業の競争力が落ちている 調査結果 [4/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    このページのトップヘ