まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国人

    1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/23(金)09:22:03 ID:oXxVjnO4h
    フィリピンのセブ州で22日、韓国料理店を経営する一家3人が死んでいるのが見つかった。

    現地の韓国系住民や在フィリピン韓国大使館によると、セブ州マクタン島で韓国料理店を経営する男性(70)と妻(68)、娘(42)が、
    店内で刺殺されているのが見つかったという。現地の警察は、男性の娘の夫(38)が店の近くで血を流して倒れているのを発見した、
    と発表した。男性の家族は、マクタン島を訪れる韓国人観光客たちを相手に商売していた。

    韓国大使館は、フィリピン警察を通じ状況を把握する一方、領事を現地に派遣した。

    金真明(キム・ジンミョン)記者
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/23/2014052300541.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 フィリピンで韓国人一家3人刺殺 [05/23]

    【平壌運転 in フィリピン -【朝鮮日報】 フィリピンで韓国人一家3人刺殺 [05/23]】の続きを読む

    1: 羽生みるく◆KpsUNqJ.VM 2014/05/15(木)09:21:36 ID:???
    アメリカ(イカ、米国)への韓国人の密入国を斡旋した、タコマの韓人が移民当局によって追放
    された。

    シアトルタイムズの14日の報道によれば、連邦移民税関執行局(ICE)は去る12日、タコマの
    ハ・ソンフン(Sung Hoon Ha=30歳)を韓国に追放したと明らかにした。移民税関局は、ハが
    米国に韓国人を密入国させているという容疑をかけて2年間捜査を続けて逮捕した。ハは去る
    2013年12月に有罪を認めたと説明した。

    法廷記録によれば、ハはまず韓人新聞にワシントン州の運転免許証受講の広告を出した。
    ワシントン州は米国の市民証明を運転免許発給の際に要求しないため、不法滞在者でも
    運転免許の発給が可能だ。ハは不法滞在者たちに自分の住所を使って運転免許の申請を
    させたが、その後は韓国人を密入国させる韓人の仲介人となって密入国を斡旋した事が
    分かった。

    ハがアメリカへ密入国させた者の中には、売春業者から働きに来た女性もいたと移民局は
    明らかにした。カナダからワシントン州の国境を越える密入国は、2008年11月に韓米間ビザ
    免除プログラム(VWP)が発効される前は、一度に最大で数十人も摘発されるなど頻繁に
    あったがその後は大幅に減少した。しかし、いまだに1年に数件は韓国人の密入国者が逮捕
    されている。

    去る12年にも韓国人2人と朝鮮族1人が、カナダの国境を通じてワシントン州に密入国して
    逮捕されている。シアトル総領事館のチェ・チォルホ領事は、「これらは金銭を稼ぐ目的で
    密入国を行い、密入国ブローカーに密入国の対価としてド1万ドルを支払っていた事が分か
    った」と話した。また、「これらは個別のブローカーを通じたが、あるモーテルに集まって一緒
    に密入国した」と説明した。

    密入国組職は韓国とカナダ、アメリカ国内のブローカー、運搬係などを準備して、点組織の
    形態で韓国とカナダなどを行き交って、ビジネス次元で密入国を斡旋していると見られると
    強調した。また、「密入国行為で国威を損傷した国民に対しては“旅券法第12条第3項2号”
    によって、その後のパスポートの発給が1~3年間制限される場合がある」とし、「密入国
    ブローカーの活動拠点がシアトル総領事館の僑民社会である事をを考慮して、密入国防止
    のための同胞の積極的な協力を求める」と話した。

    ソース:米州中央日報(韓国語)
    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=2533214

    引用元: ・【米国】「売春女性を含む韓国人の密入国を斡旋」~シアトル・タコマの韓人を国外追放[05/15]

    【【米国】「売春女性を含む韓国人の密入国を斡旋」~シアトル・タコマの韓人を国外追放[05/15]】の続きを読む

    1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/05(月)11:57:32 ID:z6t9lHUuI
    2014年5月2日、韓国紙・朝鮮日報によると、「消費期限を過ぎた食品は売ってはならない」という法律を悪用し、食品を故意に販売せず
    消費期限切れにして自分のものにするアルバイト店員が増えている。このため経営難に陥る店舗も現れているという。3日付でチャイナ
    ネットが伝えた。

    江原道春川市でコンビニ店を経営するチョン氏は、夜間のアルバイトを廃止し、自分がシフトに就くことに決めた。開店して3年になる店舗
    だが、夜間のアルバイトが消費期限が迫った海苔巻やハンバーガーなどをレジカウンターの内側に隠し、期限が切れたところでこれを
    食べたり、家に持ち帰ったりするからだ。

    「商品を隠して販売しないのは盗んだのと同じ。コンビニ経営はもともともうけが少ない。アルバイトがこんな風じゃ、これ以上やっていけない。
    売れ残った商品を処分するなら理解できるが、わざと商品を売らずに自分のものにするなんて」とチョン氏は嘆く。

    だが、アルバイト側にも言い分がある。コンビニの時給は最低賃金を下回り、食事手当もないのが業界の慣習だ。江原道大学前のコンビニ
    で働く若者は「期限切れの商品を食べるのは、店とアルバイトの間で当然のことになっている。最低賃金も食事手当もなければ、そうする
    しかないだろ」と話す。(翻訳・編集/本郷)
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=87565

    引用元: ・【レコチャ】 韓国人のモラルも地に落ちた!?コンビニが店員の「盗み食い」横行で経営難に―韓国紙 [05/05]

    【【レコチャ】 韓国人のモラルも地に落ちた!?コンビニが店員の「盗み食い」横行で経営難に―韓国紙 [05/05]】の続きを読む

    このページのトップヘ