まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国人

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/06(土) 14:56:26.38 ID:CAP_USER
    昨年2200人、2年間で5倍増…リーマン・ショック以降で最多

    海外不動産投資も2倍、米マンハッタンのマンション分譲説明会は満員御礼


    ソウル・汝矣島に住む資産家Aさん(50代)は最近、海外の不動産を調べている。
    息子には韓国から近い東京都内のマンションを、娘には米ニューヨークのマンションを買ってやろうと考えている。

    Aさんは「うちの子どもたちが将来、どの国で暮らすことになるのか確信がない。
    景気が回復する様子もないし、資産を持つ人を敵視する現政権が交代する様子もない」と言った。

    大手企業の部長カンさん(40代)は昨年、妻と5歳の娘を米グアムに行かせ、自身はソウルで一人暮らしをしている。
    米国での研修期間中に生まれた娘には米国の市民権がある。カンさんは給料700万ウォン(約65万円)のうち400万ウォン(約37万円)を毎月送金している。

    その金額で妻と娘はベッドルームが2つあるグアム内陸地域の一戸建て住宅の家賃や中型車のリース料などを払って暮らしている。
    カンさんは「娘をPM2.5や学校内の過酷な競争の中で生活させることができなかった。私も退職後に韓国を離れることに未練はない」と語った。

    韓国を離れて海外移住する韓国人が増えている。外交部(省に相当)によると、昨年の海外移住申告者数は2200人だったという。
    2016年の455人に比べると、2年で約5倍に増えた。リーマン・ショックがあった2008年以降で最多であると同時に、
    人数が4けたに達したのも9年ぶりとなる。

    資産家は韓国の政治・経済状況を、中産階級は環境・教育問題を主な原因として挙げている。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/06/2019070680014.html

    【あれだ、ダンジョンから魔物溢れるやつ 【韓国】 政治・経済に不安感、海外に移住する韓国人が急増 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/18(金) 10:36:28.79 ID:CAP_USER
    1959年から2009年まで、10年ごとに京郷新聞の同じ日の報道を見るコーナーです。毎日アップデートします。

    (え)
    no title

    ____________________________________________________________

    ■ 1999年10月18日、日本人たちが眺める韓国のイメージの変化

    日本の輸出規制に触発された韓日関係の悪化が長期化しています。

    最近まで活発な文化や観光交流で近づいていた韓国と日本は、支持層の結集を狙った安倍の経済挑発によって再度遠ざかることになりました。

    両国の間に冷ややかな空気が流れ続ける中、20年前の記事が目に付きます。

    1999年10月18日付の京郷新聞では、当時東京都立大学の鄭大均(チ ン・テギュン)教授が書いた『日本人は韓国をどう眺めているか』という本を通じて、日本人たちが持っている韓国に対するイメージの変化を垣間見ました。一緒に見ましょう。

    (京郷新聞1999年10月18日付22面)
    http://img.khan.co.kr/news/2019/10/18/l_2019101701002198600170191.jpg

    この本は1945年から1994年まで日本で刊行された紙誌の記事や学術論文などを基に、日本人の韓国のイメージの変化を考察した本です。

    著者の鄭大均教授は日本の岩手県で生まれた韓国人2世で、立教大学を卒業して米国のUCLAで研修した後、我が国に来て啓明(ケミョン)大学校の副教授(准教授)として7年間在職しました。

    「隣接した2国間でフランスとイギリスほど頻繁に争い、頻繁な交流をしてきた国はないだろう。両国の関係で発見できる特徴の一つは、相手に対する根深い無知だ」

    記事ではイギリスのアカデミー会員であるリチャード・ウェーバーの発言を、当時の韓日関係を表す言葉として引用しました。

    鄭教授は、「韓日関係は “断絶の時代” から “一方通行の時代” を経て、“交流の時代” に繋がった」と分析しました。

    記事を見れば、当時の日本人たちが韓国について持っているイメージが、どれほど否定的だったかに驚かされます。

    「 “断絶の時代” は1949年から1965年までで、日本人の韓国に対するイメージは蔑視に近かった。これは1960年に人類学者の我妻洋が東京住民を対象に実施した世論調査で、韓国人に対するイメージと関連して選択された語彙が、『不潔』、『狡猾』、『卑屈』などが圧倒的に出ていることからも確認できる」

    本によれば、 『一方通行の時代(1966年~1984年)』でも、日本人たちが韓国に対して持っていたイメージは、『集団的』、『閉鎖的』、『非民主的』など否定的でした。

    『交流の時代(1985年以降)』に入り、日本人たちは韓国と韓国文化に対する関心と好感を表し始めたが、相変わらず『魅力のない国』、『学ぶことのない国』という意識が支配的でした。

    記事では、「韓国に対する日本人の感情は “嫌悪と蔑視” 、“憐憫と同情” 、“好感と親密感” などが共存していて、このような否定性と肯定性は時代相和によって、どちらか片方に容易に傾く」と付け加えました。

    日本のこのような韓国に対する認識は、20年過ぎた今も変わらないのでしょうか。

    最近の対立状況の間に、日本の政財界上層部の関係者とメディアが吐き出した『嫌韓』発言が、20年前のこの記事に表現された否定的表現と非常に類似していることに、改めて驚かされます。

    東京の大型書店に『嫌韓書籍コーナー』が特別に用意されていて、今も新刊が発行されているという事実は、依然として過去に留まっている日本の現在を表しているようで残念でもあります。

    >> 関連記事<特派員コラム>『韓国叩き』の構造
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201908271556001&code=990334
    >> 関連記事<キム・ジンウの東京レポート>「日本すごくて」論の艦艇
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201904231551001&code=970203

    日本は韓国が過去史に対する真の謝罪を要求する度に、「過去から抜け出せ」と言います。

    過去から抜け出せていないのはどちらでしょうか?

    ソース:京郷新聞(韓国語)
    http://h2.khan.co.kr/201910180016001

    引用元: ・【京郷新聞】「日本人は韓国人をどう眺めているか」・・・<かなり前の『この日』10月18日>[10/18]

    【この60年弱が異常【京郷新聞】「日本人は韓国人をどう眺めているか」・・・<かなり前の『この日』10月18日>[10/18] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/04(金) 01:35:46.73 ID:CAP_USER
    no title


    日本観光業界が苦境に立たされています。韓日関係悪化による韓国人観光客急減に続き、韓国人減少分を補おうとした中国人観光客が人民元安にともなう購買力低下がはっきりしました。日本観光業界は急に財布が薄くなった中国観光客を狙い、中・低価格製品ラインを拡大していますが、まだ効果は出ていない状況です。

    日本経済新聞によれば昨年から人民元安現象が続き、訪日中国人観光客の1人当り消費額が持続的に減っていることが明らかになりました。訪日観光客全体消費の30%を占める中国人の消費が低迷し、相次ぐ悪材料に日本観光業界は対策作りに腐心しています。

    日本政府分析によれば2018年、訪日観光客一人当りの旅行支出額は前年対比0.6%減った15万3029円でした。特に訪日観光客の中で比重が高い中国人(22万4870円)の場合、前年比支出額が2.4%も減少しました。売り場を独占していた中国人観光客はもう探すのが難しくなったのです。

    中国観光客の消費が減ったのは為替レートの影響が大きいという分析です。三菱UFJモルガン スタンレー証券は人民元為替レートが10%落ちる場合、中国観光客1人当りの支出額は2万9000円減ると推算しました。先月の円・人民元為替レートが昨年4月に比べ10%ほど落ち、中国人の日本国内消費規模もそれだけ減った可能性が高いという説明です。同関係者は「訪日中国観客数が一定だと仮定しても今年、中国観光客の消費額は2430億円規模も減ると見られる」と分析しました。人民元安で訪日中国人数が減る場合は観光収益減少幅はさらに大きくなる可能性があります。
    (中略:日本側の対策)

    韓日関係が悪化し韓国人観光客が減るとすぐに日本観光業界は中国人など他国の観光客を増やしてその衝撃を減らす計画をたてました。しかし、為替レート変数のせいで中国人観光客の消費も持続的に減り、日本観光業界の悩みは深まるばかりです。

    全般的な日本円高基調は当分持続すると見られ、米中貿易戦争や香港民主化運動にともなう中国政府の自国人統制強化の動きなどで当分は日本での中国人の消費が増える可能性は高くありません。日本観光産業の頂点をすぎた姿が様々な方面で明確になるようです。

    東京=キム・ドンウク特派員

    ソース:ハンギョレ新聞(韓国語)中国人財布薄くなったよ…'プランB'も失敗した日本観光業界[キム・ドンウクの日本経済ウォッチ]
    https://www.hankyung.com/international/article/201910031125i

    関連スレ:【毎日新聞】日韓関係の悪化で観光地が悲鳴・・・見切りを付け、韓国以外のアジアからの誘致にシフトする動きが出始めている[9/19]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1568882761/

    引用元: ・【韓国】 元安で軽くなった中国人の財布~「プランB(韓国人の代わりに中国人)」も失敗した日本観光業界[10/03]

    【これで騙されホルホル出来ちゃう【韓国】 元安で軽くなった中国人の財布~「プランB(韓国人の代わりに中国人)」も失敗した日本観光業界[10/03] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/06(日) 16:16:24.93 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】この4年間に訪日韓国人客数が訪韓日本人客数の2.5倍に上り、訪日韓国人客の日本での消費額は、訪韓日本人客の韓国での消費額の3倍に達することが分かった。ただ、最近の韓日関係悪化を受けて韓国で日本旅行を控える動きが広がっていることから、こうした不均衡は多少解消される見通しだ。

    韓国国会の国会企画財政委員会に所属する金斗官(キム・ドゥグァン)議員(与党「共に民主党」)が韓国観光公社から提出を受けた資料によると、2015~18年に訪日した韓国人客は延べ2377万1787人で、日本での消費額は18兆8158億ウォン(約1兆7000億円)と集計された。同期間に訪韓した日本人客は939万5649人で、6兆4453億ウォンを使った。

     相手国を訪問した人の数は韓国人が日本人の2.5倍、相手国での消費額は韓国人が日本人の2.9倍に上る。人数に比べて使用した金額の差が大きいのは、韓国人1人当たりが日本で使用した金額が79万1520ウォンだったのに対し、日本人1人当たりが韓国で使用した金額が68万5590ウォンと開きがあったため。

     また、両国をそれぞれ訪れる人は増え続けているが、訪日韓国人客の増加ペースが訪韓日本人客の増加ペースを上回っている。同期間に訪日韓国人客は88.4%増加した一方、訪韓日本人は60.4%の増加にとどまった。

     ただ、こうした不均衡は韓日関係悪化による訪日韓国人客の急減により、多少改善する見通しだ。

     日本政府観光局(JNTO)によると、8月の訪日韓国人客は30万8700人で前年同月比48.0%減少した。韓国関税庁によると、同月に韓国人客が日本で600ドル(約6万4000円)以上を決済した件数は前年同月比60.0%急減した。

     金議員は、この4年間に対日旅行収支は12兆ウォンの赤字だったが、訪日韓国人客の減少により今後は改善されるとの見通しを示した。その上で、韓流人気により外国人観光客が増えているものの、ソウルや釜山といった大都市に集中していると指摘し、政府や自治体が地方都市の観光商品開発などを支援する必要があると提言した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191006001200882?section=japan-relationship/index
    聯合ニュース 2019.10.06 15:16

    引用元: ・【聯合ニュース】対日旅行収支の赤字拡大 訪日韓国人が訪韓日本人の3倍消費=15~18年[10/6]

    【つまりトランジットと里帰り 【聯合ニュース】対日旅行収支の赤字拡大 訪日韓国人が訪韓日本人の3倍消費=15~18年[10/6] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/16(金) 19:37:37.85 ID:CAP_USER
    『あいちトリエンナーレ2019』に展示されていた“慰安婦像(平和の少女像)”騒動が止まらない。それにしても、なぜ朝鮮民族は銅像好きなのだろうか。

     北朝鮮は金日成・正日・正恩と三代にわたる独裁者の像をバカバカ建立し、異様なほど奉り、韓国は従軍慰安婦像を反日の象徴としただけでは飽き足らず、徴用工像まで建て始めた。南北という国の違いこそあれ、粛清好きの独裁者だろうが、ねつ造物だろうが、どんな銅像も半ば信仰対象として国民が熱狂している姿は、まさにカルトのようだ。

     そんな銅像好きの韓国人に、英国の民間団体から“温かい贈り物”が届いた。英国人彫刻家のレベッカ・ホーキンス氏によって製作された「ライダイハン像」が、首都ロンドンの公園で一般公開されたのだ。

     「ライ」とはベトナム語で「ハーフ」の意味で、「ダイハン」は「大韓」のベトナム語読み。ベトナム戦争中に現地女性が韓国派遣軍兵士から性的暴行を受け、その結果として生まれた混血児のことだ。現地妻を抱えて子供を産ませたものも多いが、かなりの人数が軍隊の性暴力によって妊娠させられ、その数は数千人と推定されている。

     「ライダイハンと呼ばれる人々が、文在寅韓国大統領に対して性暴力があったと認め、国連機関の調査に協力するよう求めているのです。管理された、いわゆる従軍慰安婦と比べて、妊娠したケースが多いことなど悪質性は比較になりません。しかも米軍敗北で慌ただしく撤退して、父親のほとんどが子供を放置したまま帰国している。そして共産党政権下でライダイハンは“敵国の子”として迫害され差別され続けてきたのです」(韓国ウオッチャー)

    像は高さ230センチ、重さ700キロの巨大さで、ライダイハンと母親をかたどっており、6月にロンドンで開かれた集会で披露された。7月からは、ウエストミンスター地区のセントジェームズスクエア公園でも公開されている。

     「なぜか主要英語ニュースサイトは報道していないのにBBCベトナム語版だけで報道されているのです。しかも報道の中で、像を建立した『ライダイハンのための正義』の国際大使を務めるジャック・ストロー元英外相がそれとなく映っていたのです。英国が情報工作を行うときには必ず“BBCを活用する”のが常識です。仮にこの件で英国情報当局が韓国に嫌がらせしたとすると、その理由は何でしょう? 唯一思い当たるのが『日英同盟復活』ともいわれる安倍政権下での日英安全保障協力の象徴でしょうか。もしかすると、英国が日本に情報協力して、北朝鮮の影響が強くなった韓国をチクリとけん制したのかもしれませんね」(国際ジャーナリスト)

     人権派大統領が率いる韓国は、ライダイハン問題に頬かむりしたままだ。
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12151-373320/

    引用元: ・【話題】銅像好きの韓国人に、英国人から温かい贈り物「ライダイハン像」・・・首都ロンドンの公園で一般公開[8/16]

    【謝罪賠償反省何一つしていない韓国 【話題】銅像好きの韓国人に、英国人から温かい贈り物「ライダイハン像」・・・首都ロンドンの公園で一般公開[8/16] 】の続きを読む

    このページのトップヘ