まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国人

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/04(木) 00:16:53.54 ID:CAP_USER
    「言い訳。自己正当化。開き直り。押しの強さ。ずぶとさなどは立場が悪くなった韓国人にありがちな態度です。」

    名村隆寛、日本産経新聞ソウル支局長は去る2日、「韓国らしい追及続くか」というタイトルのコラムを通じて最近起きたユン・ミヒャン議員(共に民主党)のせ正義記憶連帯(正義連)関連疑惑に対する記者会見に言及し、このように書いた。

    特にこのコラムには「ユン氏には、立場が悪くなったとき韓国人にありがちな物腰や態度が見られた」として「ユン氏の場合、これらを超えたふてぶてしさが加わっており、多くの市民の多くから「どこまでずうずうしいのか」との批判が聞こえる」と批判した。

    これに先立って業界では今回のユン議員をめぐる様々な疑惑が事実の有無を離れて韓国を嘲弄対象とする名分を日本に提供したのではないか、と憂慮している。結局、憂慮は現実になって韓国人に対する嘲弄まで続いたわけだ。

    ただし明らかに考察すべき点は産経新聞が指摘した「立場が悪くなったときの韓国人の態度」△言い訳△自己正当化△開き直り△押しの強さ△ずぶとさ、などが果たして「韓国人の特徴的態度か?」に対する問いだ。

    先に、新種コロナウイルス感染症(以下コロナ19)に対処する間の日本の歩みを調べたい。コロナ19に対して一貫して言い訳に終始した国は断然日本だ。

    実際、2月3日、日本神奈川県横浜に停泊した大型クルーズ船「ダイヤモンド プリンセス」でコロナ19感染者が発生した時、日本メディアは政府関係者たちの言及を引用して「前例がない。したがってマニュアルもない」と報道しながら感染者放置に対する政府の弁解を擁護した。

    また、コロナ19の波が日本全域に広がるとすぐに感染検査を大幅拡大して「無症状感染者」を隔離せよという医療界の指摘にも日本は「検査による医療現場の崩壊を防がなければならない」として現状維持すげきという「自己正当化」を終始見せた。

    さらに韓国のコロナ19ドライブ スルーに対して「医療従事者が感染しかねない」とさげすんだ該当検査を、やはり地方自治体判断の下、条件付け許容だ、と言葉を変える「開き直り」まで見せた。

    それだけでなく最近、日本外務省が安倍晋三総理主宰の閣議(閣僚会議)に報告して確定した2020年度外交青書では独島(ドクト、日本名:竹島)領有権問題をはじめとするこれまでのごり押し主張をそのまま繰り返すなど「押しの強さ」を毎年繰り返している。

    また「開き直り」といえば安倍晋三総理も省けない。日本政府はコロナ19対応方案の一環として全国世帯当り2枚の布マスクを一律配布した。しかし、このマスクは小さくて不良品が多い、という論議が続いてアベノミクス(アベの経済政策)にちなんで「アベノマスク」と呼ばれて嘲弄の対象になった。

    特にこのような嘲弄は4月28日開かれた国会衆議院予算委員会で野党議員の集中追及につながった。この日の会議で大串博志議員(立憲民主党)は政府が配布中のマスクを着用すると息苦しい、と指摘した。

    これに対し安倍総理は「意図的におとしめるような発言はやめていただきたい」として開き直った。立場が苦しくなったからだろうか。立場が苦しくなった韓国人の特徴の一つである開き直りを日本総理がしたのだ。

    日本政府と右翼指向産経新聞に問い直したい。これでも△言い訳△自己正当化△開き直り△押しの強さ△ずぶとさ、などが立場が苦しくなった韓国人の特徴的態度か?

    オ・ユジン記者
    no title


    ソース:プライム経済(韓国語)[記者手帳]日本らしく嘲弄を継続するだろうか
    http://www.newsprime.co.kr/news/article/?no=506618

    関連スレ:【ソウルからヨボセヨ】 慰安婦支援団体疑惑、ロウソク集会のあの韓国らしい追及続くか[06/02] [蚯蚓φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1591195529/

    引用元: ・【韓国】 言い訳・自己正当化・開き直り・押しの強さ・ずぶとさが韓国人の特徴的態度?~日本らしい嘲弄続くのか[06/03] [蚯蚓φ★]

    【そのまんま開き直りの自己正当化じゃん】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/03(水) 12:06:11.84 ID:CAP_USER
    記事入力2020.06.03。9:45

    韓国と米国の防衛費の交渉が難航ある中で、現在の無給休職中の在韓米軍韓国人労働者の人件費を韓国が支払うことに合意したとロイター通信が2日(現地時間)報道した。

    通信はこの日、「米国防総省は今年初め無給休職を受けた数千人の韓国人労働者の韓国が資金を支援する案を、韓国と合意したと発表した」と伝えた。

    米国防総省の声明によると、韓国は4000人余りに達する在韓米軍内の韓国人労働者に今年の年末までに2億ドル(約2400億ウォン)を支給することになる。

    在韓米軍は韓米防衛費分担金協定の過程で、4月から韓国人労働者の無給休職を断行した。防衛費分担金交渉が遅くなる理由を挙げた。これ韓国政府は、在韓米軍韓国人労働者に賃金を先に支給するという意味を米国側に通報した。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D025%26aid%3D0003006100 ate%3D20200603%26type%3D1%26rankingSeq%3D5%26rankingSectionId%3D100&usg=ALkJrhgpL89hruFwv4DDXjYR8EPkqvxXKg

    引用元: ・【韓国】米国「在韓米軍の無給休職韓国人の人件費、韓国が216億円負担することに」 [動物園φ★]

    【これってダメって言われてたやつじゃないか?】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/26(日) 01:12:49.06 ID:CAP_USER
    no title

    ▲イ・ヨンドク(李龍徳)<あなたが私を竹槍で突き す前に>

    誰が想像しただろうか?2020年に伝染病が全世界的に流行するだろうと。過去には未来だった現在がこのような社会になるだろうと誰が想像しただろうか。誰もが当然の様に、腹いっぱい食べ、夢をかなえ、すべての人類を幸福に導くことに余念ないと信じて疑わなかった。しかし、依然として誰かは飢え、夢は一人の努力だけで成し遂げることが難しく、未来はさらに明るい保障もない、というのが2020年の今日の状況だ。

    東京オリンピックを控えた日本はコロナ19に直ちに対処できなかった。検査を先送りし、より多くの感染者が出ることになり、韓国のす早い防疫を「医療崩壊を呼び起こす行為」と非難もした。ソウルの感染者数が一桁になった日には、そんなはずはない、韓国の統計は信じられないとSNSにアップした人々もいる。

    日本にとって韓国は何だろうか?土地を買えば腹が痛い、そのようなイトコなのだろうか?(訳注:韓国には「いとこが土地を買うとお腹が痛い」ということわざがある)?「嫌韓」が徐々に日本を染めている。

    タイトルが凄じい小説<あなたが私を竹槍で突き す前に>が発売直後、大きな話題を集める理由はまさに、このような嫌韓の現実がもたらす最悪の状況を想定したストーリーだからだ。近い未来、日本で最初の女性総理が誕生する。同性結婚賛成法案を提出したこの総理は韓国に対してだけ厳しい。このような人物が総理になって、在日同胞は日本名を書くことができなくなり、生計保護対象者からも除外される。市民は韓国人タウンで嫌韓デモを絶えずして直接的な差別を加えたり、そうこうするうちにある在日同胞女性が殺害される。

    このような事態をこれ以上見すごすことができなくなった青年たちが立ち上がった。左翼候補のために選挙運動を助け、その候補の性的スキャンダルに真っ青になって選挙活動から離れたカシワギ・タイチ(柏木太一)は武闘派のユン・シン(尹信)、在日同胞青年団体でヤジばかりのヤン・ソンミョン(宣明)、日本人たちに妹を殺害されたキム・テス(金泰守)、そして帝国復古党という保守団体の貴島(きじま)などを一カ所に集めて、嫌韓を叫ぶ日本社会に爪跡を一つ残そうとする。「あなたが私を竹槍で突き す前に」彼らは地面にヘディングでもしてみようということだ。

    一方、彼らの同志であったパク・イファ(朴梨花)は在日同胞青年たちと一緒に韓国に移住する。田舎の村に席を占めようと努めるが若い同胞女性たちと酒でも一杯飲んでみようと訪ねてくる町内の人々はパク・イファにとって大きな悩みだ。内部分裂と外部との不調和は結局、彼らを分けてしまう。

    作家イ・ヨンドク(李龍徳)氏は1976年埼玉県で生まれた在日同胞3世だ。2014年<死にたくなったら電話して>で登壇した。彼の小説のテーマは窮地に追い込まれた者の効率的幸福探しだ。

    嫌韓は現在進行形だ。コロナ19後の日本は果たしてちょっと変わることができるだろうか?愛国民族愛とは何だろうか?他国を排斥してこそ手に入れることができるのだろうか?この本は読んで終わり終わりでなく、地理的特性上、離れることができない前提条件の下、韓国と日本が共に読んで共有して話さなければならない一冊だ。それだけが残された唯一の希望だ。

    no title


    ソース:京郷新聞(韓国語)[キム・ミンジョンの東京しおり]日本最初女性総理が韓国人にだけ差別政策施すとすぐに青年たちが立ち上がるのに…
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?art_id=202004242123015

    引用元: ・【書籍】 日本初の女性総理が韓国人差別政策、青年たちが立ち上がった~李龍徳著「あなたが私を竹槍で突き殺す前に」[04/24]

    【プロパガンダ大好き民族やな】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/04(月) 18:42:27.05 ID:CAP_USER
    【ニューデリー聯合ニュース】インドからの帰国便を確保できず現地に足止めされていた韓国人の幼児の急性白血病患者が4日午後、日本航空(JAL)の特別便で帰国の途に就くことになった。在インド韓国大使館などが明らかにした。

    この患者は日本に到着後、飛行機を乗り換えて韓国に入国する。

     患者は5歳で、急性白血病によりニューデリー付近の病院に入院していた。入院してから数日が経つが、容体は好転していないという。

     両親は韓国で集中治療を受けることを望んだが、新型コロナウイルスの感染拡大により、帰国便がない状態だった。

     インドは新型コロナウイルスの感染防止策として、3月25日から全土で封鎖措置を実施しており、航空機の運航も停止している。

     現地に滞在している韓国人の約2割は先月、特別機で帰国した。

     この患者の事情を知った現地の韓国人団体はチャーター機の手配も進めていた。

     韓国青瓦台(大統領府)のホームページにはこの患者の支援を訴える請願も登場した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200504002800882?section=japan-relationship/index
    聯合ニュース 2020.05.04 15:41

    引用元: ・【聯合ニュース】急性白血病の韓国人幼児 JAL特別便でインドから帰国へ 現地の韓国人団体はチャーター機の手配進めていた[5/4] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【動きが遅い韓国ってこと?【聯合ニュース】急性白血病の韓国人幼児 JAL特別便でインドから帰国へ 現地の韓国人団体はチャーター機の手配進めていた[5/4] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/27(月) 22:36:40.50 ID:CAP_USER
    「コロナ退治でスクラム組もう」… 唐突に日本にすり寄る韓国人の底意
    4/27(月) 16:31配信


    「新型肺炎の防疫に失敗した」と日本を見下していた韓国人が、突然「スクラムを組んで共にコロナと闘おう」と言い出した。その狙いを韓国観察者の鈴置高史氏が読む。

    日本の感染拡大は韓国のチャンス

    鈴置:「日本が新型肺炎で混乱するのに乗じ、世界市場を奪おう」と韓国紙が主張しました。書いたのは中央日報のナム・ジョンホ論説委員。記事の見出しは「『コロナ19』とはチャンス」(3月31日、韓国語版)です。

     ナム・ジョンホ論説委員はまず、新型コロナウイルスによる肺炎の世界的な流行で、国際的な関係が様変わりすると強調。

    「防疫に失敗して威信が墜落する米国」と、「防疫ノウハウの提供を通じ世界をリードする中国」を例にあげました。そのうえで韓国にもチャンスが訪れた、と快哉を叫んだのです。翻訳します。

    ・このようにしてコロナにより、深手を負う国と軽い傷で終わる国が生まれ、国際秩序が変動しうる。例えば、「感染が拡大すれば2週間で感染者数が30倍以上になる」との安倍晋三総理の警告が現実となれば、日本は大きな混乱に陥る。
    ・ことに地域社会の感染をちゃんと防ぐのに失敗すれば、事態が長期化する公算が大きい。輸出品目が数多く重なる韓国が、反射的な利益を得ることが可能ということである。

    「日韓逆転」は4月19日

    ――「日本よ、深手を負え。そうなればこっちが上だ」ということですね。

    鈴置:韓国人の本音がよく表れた記事です。韓国の1日当たりの新規感染者は2月29日に813人を記録した後、徐々に収束しました。4月2日には100人を下回り、4月末現在は10人前後に減っています。死者数はずっと1桁を維持してきました。

     一方、日本は3月下旬から新規感染者・死者ともに急増。日韓の累積感染者・死者数が同時に逆転したのは4月19日でした。

     韓国紙には3月末ごろから「防疫に失敗した日本」を上から目線で報じる記事が登場し、今や定番になりました。「日本経済へのダメージは大きい。1人当たりGDPで追い越すチャンス」などと期待する声もネットにはあふれます。

    新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200427-00624621-shincho-kr

    引用元: ・【話題】「スクラムを組んで共にコロナと闘おう」唐突に日本にすり寄る韓国人[4/27] [鴉★]

    【誰も韓国と組もう何て思う訳ないだろw 【話題】「スクラムを組んで共にコロナと闘おう」唐突に日本にすり寄る韓国人[4/27] [鴉★]】の続きを読む

    このページのトップヘ