まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国人

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/03/10(土) 21:16:49.47 ID:CAP_USER
    no title

    ▲3・1記念日の1日午後、ソウル市の旧日本大使館前で開かれたソウル民族一つ3・1大会で参加者らが日本糾弾の垂れ幕に描かれた安倍総理に土をばらまくパフォーマンスをしている。
    no title

    ▲6日午後、ソウルの旧日本大使館前で開かれた安倍政権の「平和憲法9条」改正阻止糾弾記者会見で人権政党関係者らが「平和憲法9条改憲直ちに中断、軍事的覇権主義、直ちに中断、戦争被害者賠償」を要求してプラカードを持っている。

    韓国人5人中4人は日本を信頼していないという日本団体の世論調査結果が出た。日本の公益財団法人、新聞通信調査会は韓国をはじめとして米国、英国、タイ、中国、フランスなど6カ国で各々1千人ずつを対象に今年1月に実施した世論調査でこの様な結果が出たと10日明らかにした。

    韓国人回答者の79.4%は日本を信頼できないと言い、信頼できるという回答は19.2%に終わった。

    新聞通信調査会は2015年から今年まで4年間、同じ方式の調査を行っており、日本を信頼できないと答えた韓国人の比率は2015年79.4%だったのが2016年81.0%、2017年85.7%に増えたが、今年は6.3%ポイント減った。

    毎年、数値は多少異なるが、このように日本に対する韓国人の信頼度が低いのは安倍晋三政権スタート以後、日本が過去の歴史を否定し軍国主義回帰の動きを見せることが影響を及ぼしたと見られる。

    安倍政権は2012年12月スタート後、今年まで6年連続で防衛費予算を増やし軍事大国化を試みており、日本を戦争可能国家に変身させるために平和憲法(憲法9条)改正に拍車をかけている。連日、日本軍慰安婦問題の責任を否定する発言を吐いて韓国、北朝鮮和解の雰囲気についても冷水を浴びせることに集中している。

    日本に対する信頼度は韓国人の次に中国人が低かった。中国人回答者の間で日本を信頼できないと答えた比率は74.1%であり、信頼できると答えた割合は23.9%であった。

    反面、タイ人は96.2%が日本を信頼できると言い、日本に対する信頼度が最も高かった。また、米国人の日本信頼度も高いほうで信頼できると言った回答者が全体の81.0%に達した。日本に対する好感度もやはり似た傾向であった。

    日本に好感を持っていると答えた回答者の比率はタイ人と米国人の間で各々96.2%、81.0%で高かったが、中国人と韓国人の間では各々27.9%と38.3%に終わった。

    一方、韓国の質問回答者の中で日本を訪問したことがある人の割合は52.2%で調査対象国家6カ所中断然高かった。日本訪問経験者の割合は韓国を除けば米国(11.1%)だけ10%を越え、残りは一桁に留まった。

    質問では各国家の質問回答者に知っている日本人の名前を1人ずつあげるようにしたが、韓国人の場合、59.0%が安倍総理を挙げた。安重根義士が狙撃した初代朝鮮統監、伊藤博文(1841~1909)、壬辰倭乱を起こした豊臣秀吉(1537~1598)が後に続いて多く言及された。

    キム・ビョンギュ特派員

    ソース:聯合ニュース(韓国語) 過去の歴史反省眼下は日…韓国人79%「日本信頼できない「
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2018/03/10/0200000000AKR20180310045500073.HTML

    関連スレ:【調査】 米国人の中国に対する好感度は53%、日本はどのくらい?―中国紙[03/09]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1520598486/

    引用元: ・【調査】 歴史を反省せず軍国主義に回帰する日本…韓国人の79%、「日本は信頼できない」[03/10]

    【【調査】 歴史を反省せず軍国主義に回帰する日本…韓国人の79%、「日本は信頼できない」[03/10] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/02/07(水) 10:41:52.08 ID:CAP_USER
     中国メディア・羊城晩報は3日、世界の長寿企業を紹介する特集記事の中で、1400年以上の歴史を持つ日本企業・金剛組について「韓国からの移民」がルーツであると伝えた。

     記事は金剛組について「西暦578年創設で、現在まで既に1440年の歴史を持つ、現存する世界最長寿の企業である」と紹介。「578年、韓国からの移民・柳重光が自らの大工集団を作ったのが始まり。柳重光は日本にやって来て金剛重光と名を改めた。飛鳥時代には聖徳太子の委託により四天王寺を建造したほか、法隆寺の設計や建造も行ったことで、名声を高めていった」としている。

     そして「金剛組では社会の競争管理制度が実施されており、5−8人のグループが互いに独立し、競争しあうとともに協力しあっている。顧客のニーズや作業の特徴にマッチしたグループを選んで派遣し、その他のグループが支援を行うのだ」と説明。さらに、200年以上前に32代目当主が残した家訓が今も大事に保管されており、そこには「神仏や祖先を敬うこと。節制するとともんい本業に専念すること。人には誠実かつ謙虚に接し、表裏を作らないこと」といった内容が書かれていると紹介した。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://news.searchina.net/id/1653073?page=1

    引用元: ・【中国メディア】日本にある創設1400年の超老舗企業、創設者は韓国人だった!?[02/07]

    【【中国メディア】日本にある創設1400年の超老舗企業、創設者は韓国人だった!?[02/07] 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/02/07(水) 11:08:09.62 ID:CAP_USER
    厳しい就職難が続く韓国と対照的に、日本では人手不足が深刻で、毎年日本で就職する韓国人が増えていますが、
    去年は韓国人就業者が初めて5万人を超えたことがわかりました。

    日本の厚生労働省が発表した「外国人雇用現状」によりますと、去年10月時点で日本で就業した韓国人は5万5900人で、
    前の年に比べておよそ8000人増えました。

    増加幅はこれまでで最も大きく、5万人を超えたのも初めてです。
    日本での韓国人就業者は2008年には2万人でしたが、9年でおよそ2.7倍に増えました。

    韓国の若年層の失業率は去年9.9%となり、2000年以降最も高く、日本に目を向ける韓国人が増えており、
    韓国で日本語の学習熱が復調傾向にあります。
    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=66791

    引用元: ・【韓国】 若年層の失業率9.9%、日本に目を向ける・・・日本の韓国人就業者 初めて5万人超え

    【【韓国】 若年層の失業率9.9%、日本に目を向ける・・・日本の韓国人就業者 初めて5万人超え 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/02/10(土) 09:33:09.48 ID:CAP_USER
    『韓国人に生まれなくてよかった』。ソウル光化門(クァンファムン)教保文庫の日本書籍コーナーに、目立つように並べられている本の題名だ。「嫌韓」書籍や反北朝鮮書籍、反中書籍が日本出版界と書店街を席巻して久しく、特に目新しいものでもなかったが、その変わった題名の本の著者が武藤正敏元駐韓日本大使であることが、好奇心の刺激した。

    一国の大使を務めた人が自身の赴任国を敢えてこのような題名をつけてまで“難詰”するのには、何か理由があると思ったからだ。

    大使(2010~2012年)を歴任するなど、韓国で12年間勤務した70歳のキャリア官僚出身の彼が、韓国人に生まれなくてよかったと主張した論拠の核心は、単純明快だった。過度な貧富の格差や就職難、低い出産率に代表される無限競争資本主義社会の韓国での過酷な暮らしを詳しく紹介した章もあるが、同書が焦点を当てているのは例えば、このようなものだ。

    「朴槿恵(パク・クネ)は何と言っても5千万韓国国民が選挙で選んだ大統領だった。それがわずか百万人の、それも北朝鮮の工作員が関与したかもしれないデモ(隊)によって弾劾決議に追い込まれた。これが民主化の発露だと思うなら、大きな誤算だ。

    文在寅(ムン・ジェイン)政権は世界で最も民主主義とは距離が遠い国、金正恩(キム・ジョンウン)の北朝鮮をどの国よりも支持する政策を掲げている。そのような人物を大統領に選んだことが本当に『民主主義の勝利』と言えるだろうか?」。

    読売新聞をはじめとした右派メディアがろうそくデモと憲法裁判所の大統領罷免の判決を韓国民主主義の勝利ではなく、未熟のせいだという怪しげな論評を掲載し、警戒したことの延長線上にある議論である。

    武藤氏は、朴前大統領の退陣を「親北朝鮮政権」に政権を渡すためのシナリオに、頭(理性)より感情(ハート)が先走る韓国の有権者たちが惑わされたためと分析した。「親北朝鮮勢力の労組と市民団体が雰囲気を盛り上げて国内対立をあおり、北朝鮮に対して免疫のない一般人、特に若い国民がこれにまんまとだまされて感情(ハート)に火がついた。

    朴前大統領の罷免(のニュース)をわずか2時間後という異例の迅速さで北朝鮮メディアが報じたのも、一連の活動に少なからぬ北朝鮮の関与があったという疑惑を強く呼び起こしている」。

    さあ、反北朝鮮ではないすべてのものに、「左翼親北朝鮮」と「内応工作」のレッテルを貼り、(かつての赴任国の大統領を)「最悪の大統領」呼ばわりするような低級なデマレベルの荒唐無稽な主張が、大使を務めた元高官の話だと信じなければならないだろうか。彼こそが日本の国家利益フレームに閉じ込められて理性より感情が先走っているのではないか。

    それでも昨年6月に初版が出た同書が、一カ月で5刷を重ねるほどだというから、かなり売れているようだ。

    本の題名からも分かるように、同書のメッセージは「それでも日本社会の方がましだ」ということだ。まるで北朝鮮の過酷な現実を絶えず取り上げることで、「それでも私たちの方が幸せではないか」と反芻させる韓国保守右派の常套句を連想させる、体制ないし政権地盤安定化戦略だと言うべきだろう。

    もう一つのメッセージは「北朝鮮または中国の方に傾くのは絶対ダメだ!」ということだ。朴槿恵政権時代に締結された韓日間の秘密軍事情報包括保護協定と12・28「慰安婦」合意など、新冷戦的韓米日三角同盟の強化こそが「健全」であり、それを危険に陥れたとされる文在寅政権の登場をその「破局」と見なす武藤氏の乱暴で危険な二項対立の情勢認識(が同書の基底を成している)。

    このような無責任な入れ知恵をする無知や無視、非礼は、日本外務省と政府でも見られるものだろう。聞き方によっては、朝鮮半島の有事を既成事実化ししたり、煽るような安倍首相の韓国内の日本人避難の協力要請報道は厚顔無恥でもある。反北朝鮮戦略について教えを施すという勢いで平昌五輪にやって来たマイク・ペンス副大統領など米国の五輪訪韓団も(この点においては)あまり変わらなさそうだ。


    2018-02-10 07:17
    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/29752.html

    引用元: ・【ハンギョレ新聞】 本当の韓国人に生まれなくてよかったですか? [02/10]

    【【ハンギョレ新聞】 本当の韓国人に生まれなくてよかったですか? [02/10] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/24(火) 04:16:05.25 ID:CAP_USER
    韓国の科学者が中生代白亜紀の北東アジアの火山運動と地質構造を説明する新しいモデルを出した。矛盾が多かった過去の分析モデルの限界を克服し韓半島(朝鮮半島)周辺地域の火山と地殻運動をさらに論理的に説明する道が開かれたという評価を受けている。

    全南(チョンナム)大学のイ・チャンヨル教授と慶北(キョンブク)大学のユ・インチャン教授の共同研究チームは中生代白亜紀の韓半島の地殻下部から上がってきた熱源(マントルプルーム)が日本の南西地域に流入し、この地域で見つかる火山岩「アダカイト」が生成されたという新たな分析モデルを開発したと22日に発表した。

    1億3500万~6500万年前である中生代白亜紀には中国南部と韓半島南部、日本南西地域で広範囲な火山活動が起きた。中国北部と韓半島北部、モンゴル南部地方には先カンブリア紀に生成された古くなり安定した岩石地帯が広がっている。

    だが既存の岩石学と地球化学研究ではこれと関連したさまざまな研究結果に矛盾が多かった。例えば日本南西地域の中生代白亜紀地層で発見されるアダカイトを説明する方法がなかった。アダカイトはマントルの中に引き込まれる地殻プレートが溶けてできたマグマで生成されるが、白亜紀の海洋プレートでは溶融が起きないためだ。

    研究陣はスーパーコンピュータを活用して3次元コンピュータ数値モデルを開発した。これを基にアダカイトを作った熱源が韓半島を合わせた巨大な岩石圏(北中国地塊)東側下部から日本南西下部マントルに流入したという結果を得た。

    イ・チャンヨル教授は「新しい分析モデルは白亜紀の北東アジア地域の多様な地質現象に対する統合的な解釈の枠組みになるだろう」と話した。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/663/234663.html

    引用元: ・【科学】韓国人科学者、1億年前の白亜紀北東アジア火山活動の新モデル提示[10/24]

    【【又妄想】韓国人科学者「1億年前に、韓半島のマントルが日本を作った」】の続きを読む

    このページのトップヘ