まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国人

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/20(水) 09:16:50.97 ID:CAP_USER
    2018年2月に韓国で開催される平昌五輪。開幕まで残り時間わずかとなったが、観戦チケットの売れ行きが芳しくないようだ。中韓関係が良好であれば、中国人客に期待することもできたであろうが、現在は高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD(サード)」問題をめぐって中韓関係は冷え込んでおり、中国人が大挙して平昌五輪を訪れることは期待しにくい状況だ。

    中国メディアの今日頭条は16日、開幕まで残り時間が少なくなっているというのに、平昌五輪の観戦チケットが大量に売れ残っていると伝える一方、韓国側は中国にチケットを「高額で売りつけようとしている」と批判する記事を掲載した。

    記事は、平昌五輪の開催権を得るために韓国は大きな努力を払い、11年に開催権獲得が決まると、国中が沸き立ち、韓国はこれまで開催準備は順調に進んでいると対外的には発表してきたと伝えた。だが、このほど始まったチケットの第1次申し込み抽選では「販売予定の118万枚のチケットのうち、さばくことができたのは1割程度に止まっている」とし、売れ行きが「非常に悪い」と指摘した。

    続けて、韓国側は状況の打破に向けて中国でプロモーションを行ったが、チケット料金が「北京五輪のチケットの10倍以上という価格」であったことから、中国人の間で不満の声があがったことを紹介。特にこの価格は「中国人向け」の価格であり、韓国人向けに販売される価格より高額に設定されていたと指摘し、到底納得できるものではないと怒りをあらわにした。

    平昌五輪は、中国の長期休暇である「春節(旧正月)」の時期に行われるとあって、韓国側は多くの中国人が訪韓し、五輪を観戦してくれると期待しているようだが、記事は「平昌五輪の会場付近では、グレードの低いホテルや旅館の宿泊料金までもが高騰している」ことを挙げ、韓国は中国人から徹底的にお金を搾り取ろうとしていると批判した。


    2017-09-20 07:12
    http://news.searchina.net/id/1644296?page=1

    引用元: ・【中国メディア】「売れ残った平昌五輪チケット」を中国人に高額で売りつける韓国人[09/20]©2ch.net

    【【どうせ無料でくばるんだから 】「韓国人が「売れ残った平昌五輪チケット」を中国人に高額で売りつける」中国メディア】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/24(日) 16:43:37.24 ID:CAP_USER
    北朝鮮の弾道ミサイルに対処する米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反発する中国で反韓感情が高まり、韓国人を狙った犯罪が急増しているという。駐中国の韓国大使館は今月、中国国内の韓国人に対して身の安全に注意するよう呼びかけた。

    経済的な報復も深刻になっているほか、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は7日付の社説で「韓国の保守主義者はキムチを食べて間抜けになったのか」などと子供じみた揶揄(やゆ)を掲載。これに韓国メディアが猛反発し、双方の中傷合戦にも発展している。

    ■韓国人への犯罪が急増

    聯合ニュース(日本語電子版)によると、中国国内での韓国人の犯罪被害の急増は、国会外交統一委員会所属の与党議員が外交部から提出を受けた資料「在外国民の事件・事故被害の現況」で判明。昨年は1332件で、2015年の675件からほぼ2倍になっていた。

    13年は598件、14年が574件と毎年500~600件だった犯罪が急増しているのが分かる。昨年7月に韓国がTHAAD配備を決定し、中国は搭載レーダーで自国が監視されるとして猛反発。経済的な報復とともに反韓感情も高まったとみられる。

    中央日報(同)によると昨年の犯罪被害を類型別にみると、窃盗が15年の203件から657件と3倍以上に増え、暴行傷害も15年の80件から106件に増えている。

    THAADが4基追加配備されたことを受け、さらに状況が悪化する懸念があることから駐中国の韓国大使館は9月7日、中国国内の韓国人に対し、身辺の安全に注意を求める知らせを中国の無料メッセージアプリを通じて流すなど緊急措置を講じる事態になった。

    ■WTO提訴も

    経済的な報復は深刻度を増している。

    中央日報(同)に掲載された韓国経済新聞は、現代経済研究院がTHAADが実際に韓国に配備された3月以降、中国に進出した韓国企業の被害規模は年末までに8兆5千億ウォンに達すると予測していると報じた。

    韓国産製品の輸出にも大きな影響があり、ハンギョレ新聞(同)によると、中国は輸入が大幅増加に転じた今年は、韓国産製品の輸入額だけ増加率が大幅低下し、「THAADへの報復以外にはこれを説明しにくい」という。

    品目別に韓国製品の中国輸出額をみると、電機電子(部品)・鉄鋼・自動車(部品)を中心に輸出額がほとんど半減した。自動車部品は3月の3億2千万ドルから4月に2億300万ドルに減少し、7月には1億500万ドルになった。鉄鋼製品のうち輸出額が最も多い合金圧延は3月の5015万ドルから7月には2923万ドルへ。

    電機電子部門ではカメラ・送信機の場合、3月の1億8491万ドルから毎月減り続け、7月には534万ドルに激減。1次電池・蓄電器は3月の3億3074万ドルから7月には2億3302万ドルになった。

    この現状に対し、産業通商資源部の白雲揆(ペク・ウンギュ)長官は「慎重にアプローチするだろうが国際法違反の素地がある部分に対してはWTO(世界貿易機関)提訴も検討している」と語ったという。

    ■中韓メディアの中傷合戦

    韓国がTHAADの追加配備を完了すると、環球時報は9月7日付の社説で「韓国の保守主義者はキムチを食べて間抜けになったのか」と激しい表現で韓国を非難したという。

    これに対し、韓国メディアは一斉に反発した。朝鮮日報(同)は社説で「下品な非難を続ける態度は、習近平国家主席を頂点とする中国共産党指導部のレベルそのものだ」と指摘。

    東亜日報も「習主席は、『中国が自由貿易を先導したい』と言う資格などない。国際社会に『不良国家』のイメージを植え付けて、信頼できない国というレッテルが貼られれば中国にも損になるだろう」と批判した。

    中韓メディアによる中傷合戦も激しくなり、両国の国民感情をさらに悪化させているようだ。

    2017.9.24 15:00
    http://www.sankei.com/west/news/170924/wst1709240002-n1.html
    http://www.sankei.com/west/news/170924/wst1709240002-n2.html
    http://www.sankei.com/west/news/170924/wst1709240002-n3.html

    引用元: ・【中韓】中国で韓国人狙った犯罪急増、THAAD余波か…中韓メディアの中傷合戦も過熱[09/24]©2ch.net

    【【また加害者が被害者ヅラしてんのか】中国で韓国人狙った犯罪急増、経済的な報復も深刻度を増す】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/21(木) 20:23:48.17 ID:CAP_USER
    成均館(ソンギュングァン)大学化学工学部のパク・ナムギュ教授がノーベル化学賞の有力候補として注目されている。情報分析サービス会社のクラリベイト・アナリティクスは20日、ノーベル賞を受けるものと予想される「2017年被引用優秀研究者」22人を発表した。この会社は毎年国際学術情報データベースである「Web of Science(ウェブ・オブ・サイエンス)」資料を分析してノーベル賞受賞が有力な学者を選んできた。この日、クラリベイト・アナリティクスが選定した化学・生理医学・物理学・経済学分野の被引用優秀研究者22人のうち韓国人科学者はパク教授が唯一だ。 

      パク教授はシリコン素材に続き、次世代太陽電池の材料になる「ペロブスカイト」を研究した功労を認められた。パク教授チームは効率が9.7%であり、長時間安定的に駆動する固体型ペロブスカイト太陽電池を開発して2012年学界に報告したことがある。かつてはペロブスカイトは液体型で耐久性が弱く太陽電池素材として不適合だと評価されてきた。パク教授の論文発表以降、固体型ペロブスカイト太陽電池は世界研究者の関心対象になり、関連論文の数が桁外れに増加した。昨年には2000本以上の研究結果が出た。 

      パク教授はソウル大学で学部から博士課程まで終えた国内派研究者だ。博士号取得後、米国立再生可能エネルギー研究所や韓国電子通信研究所(ETRI)、韓国科学技術研究院(KIST)を経て2009年成均館大学に赴任した。彼は「ノーベル賞を受けるものと予測される研究者のリストに名を連ねただけでも非常に光栄」とし「太陽電池の一分野で20年以上研究して優秀な研究者らと学生たちにめぐり合えたのが幸運だった」と話した。

    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年09月21日 16時35分
    http://s.japanese.joins.com/article/694/233694.html?servcode=400&sectcode=400

    https://i.imgur.com/ixOna0t.jpg
    成均館大学化学工学部のパク・ナムギュ教授。

    引用元: ・【中央日報】韓国成均館大学教授、ノーベル賞の有力候補に注目[9/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【最初に発見したのは日本の研究チーム】2017年の韓国人ノーベル賞の有力候補は成均館大学パク・ナムギュ教授】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/17(日) 12:11:56.97 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/xFy0btl.jpg
    移植用臓器を運ぶ医師たち(大紀元資料)

    韓国国内の調査によると、海外で臓器移植した韓国人患者2206人のうち、9割以上が中国で手術を受けていたことがわかった。中国では、ドナー希望者が少ないにもかかわらず移植手術件数が増加し、極めて短時間で臓器移植を受けられることから、収監された「良心の囚人」から強制摘出した臓器が利用されている可能性があると、専門調査家らは指摘している。

     韓国・慶熙大学附属病院の移植血管外科教授アン・ヒョンジュン氏の調査を東亜日報11日付が報道。2000年から2016年の間に、韓国で移植手術を受けていないが、臓器移植後の免疫治療を受けた患者数は2206人で、そのうち97.3%にあたる2147人が、中国で手術を受けたことを認めたという。

     ヒョンジュン教授は、ソウル峨山病院と他42カ所の主要な臓器移植患者リハビリテーション病院の患者を対象に調査を行った。この結果を示す論文「韓国人の臓器移植傾向」は、世界臓器移植学会誌『移植(Transplantation)』に掲載された。

    「中国人」として移植手術を受けた韓国人患者たち

    韓国人患者らは主に臓器を待つ患者間のSNS(ソーシャルネットワーク)を通じて仲介者と連絡をとり、臓器移植のために中国に行く。しかし、患者に移植された臓器が、誰のものか、どこから運ばれてきたのか、知る術はない。

     韓国釜山では昨年9月、中国の病院と連携して韓国人患者を臓器移植ツアーに参加させたブローカー集団のボス・金(男、韓国国籍)が臓器移植法等違反の疑いで逮捕された。金は、「中国の病院なら移植までの待機時間は1~2週間以内」と宣伝していた。

     釜山警察によると、金容疑者は2006年から2011年、仲間とともにインターネット上で「臓器移植患者協会」などの複数のサイトを開設し、慢性腎不全、肝臓癌、重度の肝硬変、心臓病などを患う人に対して臓器移植を仲介していた。

     提示された金額は、腎臓が4000~6000万ウォン(期間中の年次平均為替レートで360~540万円)、肝臓は6000万~1億ウォン(同540~900万円)、心臓は1億ウォン(同900万円)など、世界平均より極めて安価だ。米国での手術の場合、デポジット料などが追加され数億円になる場合もある。

     中国政府は2008年、外国人の臓器移植を形式上では禁止したものの、13カ所の上海の病院は金容疑者の組織と連携し、韓国人患者らを中国人の名義で入院させ、移植手術を行ったとされる。

     釜山警察は、合計87回にのぼる肝臓、腎臓、心臓移植の仲介があり、「そのなかに『生きている人から臓器を摘出した』事例も含まれている」と強調した。

     手術中に死亡した患者や、帰国後まもなく亡くなった患者も存在するほか、帰国後に副作用が現れて、再び手術が必要になるという症例も多いことを明かし、実際の数はもっと多い可能性があると考えられている。

    国際人権報告書「中国の違法移植臓器は法輪功学習者から」

     2016年6月、前カナダ外務省アジア太平洋州担当大臣のデービッド・キルガー(David Kilgour)氏、人権弁護士のデービッド・マタス(David Matas)氏、米国の著名ジャーナリストのイーサン・ガットマン(Ethan Gutmann)氏の3人は、中国における臓器収奪問題に関して米国連邦議会委員会の公聴会で調査報告書を発表、中国における臓器移植の主な供給源は、収監された「良心の囚人」で最も多い、法輪功学習者である可能性が高いと指摘した。

     3人は中国共産党による生きている法輪功学習者からの強制臓器摘出を世界に暴露し、問題への関与停止を国際社会に呼びかけた功労を称えられ、2010年、2017年ノーベル平和賞にノミネートされた。

     2008年の臓器移植に関する国際宣言「イスタンブール宣言」以降、臓器売買が疑われる国への移植ツーリズムの禁止や、患者を引率するブローカーの取り締まり、紹介した医師の懲戒処分など、厳しい規制を設ける国が増加した。患者も、帰国後に免疫抑制の治療を受けられなかったり、医療保険が適応されないなどの制限が課される。しかし、法的拘束力はないため、署名国の法整備が求められている。 
    no title

    臓器移植の闇ブローカー主犯格 韓国に帰国し自首
    (翻訳編集・齊潤)

    2017年09月16日 18時39分 大紀元
    http://www.epochtimes.jp/2017/09/28385.html

    引用元: ・【中国医療の闇】海外で臓器移植した韓国人、97%は中国=調査[9/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【『生きている人から臓器を摘出した』事例も】海外で臓器移植した韓国人、97%は中国で】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(静岡県)@無断転載は禁止 [DE] 2017/09/21(木) 12:21:21.87 ID:oLMLGmJj0 BE:762376718-PLT(12000) ポイント特典
    ドイツ大衆紙ビルト電子版は20日、同国のシュレーダー前首相が韓国人女性(48)と交際していると報じた。

    シュレーダー氏は今月、元慰安婦の女性が共同生活するソウル郊外の施設「ナヌムの家」を訪れ、慰安婦問題で謝罪していないと日本を批判。
    韓国の文在寅大統領と会談し「過去を直視することが関係国との協力の基盤になる」と発言していた。

    ビルトによると、シュレーダー氏は昨年、ドイツ人の妻との離婚届を提出しており、近く離婚が成立する見通しという。
    女性は既婚だが夫と別居中。シュレーダー氏は女性と連絡を取るため、人生初のスマートフォンまで購入したという。(共同)

    http://www.sankei.com/world/news/170921/wor1709210035-n1.html

    引用元: ・慰安婦問題で日本批判のシュレーダー前首相、韓国の既婚女性と交際 独紙が報道 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【発言の信用ゼロやな 】慰安婦問題で日本批判のシュレーダー前首相、韓国人既婚女性と交際中】の続きを読む

    このページのトップヘ