まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:韓国メディア

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/02(月) 14:36:48.08 ID:CAP_USER
    韓国の世論調査機関リアルメターが8月19日に発表した韓国人へのアンケート結果によると、
    今年の訪日について「いかない」と答えた人が81%に上った。

    しかし、私の実感ではこれは決して個々の韓国人の「反日感情」の結果ではないように感じる。
    むしろ、韓国国内の「反日同調圧力」の影響を受けた結果という印象だ。

    というのも、「いま日本に行くと社会からどういう目で見られるかわからない」
    「下手に日本に行くと、思わぬ不利益をこうむりかねない」という意見の韓国人がかなりの数、いるからである。
    彼らは「日本に行きたいが、行けない」というのが実態なのである。

    何よりも民主主義の重要性を主張してきた文在寅大統領の治世でこのようなことが起こること自体、矛盾に満ちた話だが、
    残念ながら韓国では「反日同調圧力」がいまピークに達している。

    なぜそんなことになったのか。それは文在寅政権と韓国メディアが一体となって「反日」を煽ってきた結果というほかない。
    特に現在の韓国メディアの特徴に「反日同調圧力」は顕著だ。韓国のマスコミは「反日」について横一線、同じ主張を繰り返している。

    日本のマスコミであれば、リベラル系といわれる「朝日」「毎日」の各紙があり、保守系とされる「産経」がある。
    韓国、中国に好意的である記事があるのに対して、厳しい視線を注ぐ記事もある。
    じつはこのような新聞や記事の存在が、互いをけん制しあって、一方的な世論が形成されるのを抑制している。

    もちろん韓国にも左派系の「ハンギョレ」があり、右派系の「朝鮮日報」がある。
    前者は親北朝鮮・親中・反米の性格を持ち、後者は反北朝鮮・反中・親米の性格を持っている。
    だから北朝鮮、中国、アメリカの報道については、互いにけん制しあっている。

    ところが対日本に対しては、「ハンギョレ」も「朝鮮日報」も「反日」一色なのだ。
    このため日本に対しての世論は「オール反日」の世論が形成されやすく、「反日」を疑問視する情報や論考はまったくと言っていいほど、流通しないのである。

    これこそが「反日」同調圧力を最大化させる大きな原因だと筆者は考えている。

    こうした状況は、日本に対する過去の「事実関係」についての検証を弱体化させている要因ともなっている。
    つまり「フェイクニュース」が横行する一つの原因でもあるわけだ。

    その実態は『韓国「反日フェイク」の病理学』に詳しく書いたが、とくに顕著な例が戦時中の長崎県端島炭鉱を描いた映画
    『軍艦島』(17年公開)に関する韓国メディアの数々のフェイクニュースだった。

    当初からこの映画については韓日双方で「事実だ」「歪曲だ」との論争が起きていた。
    日本側の反発を受けて、韓国メディアは一斉に日本を批判する報道を垂れ流した。

    その際にほぼすべてのマスコミで紹介されたのが、上半身裸の労働者が狭い坑内で石炭を掘る写真や、
    上半身裸でガリガリに痩せた労働者が無力な表情で並んだ写真だった。

    写真に写る労働者は朝鮮人であり、強制労働の証拠として日本の「歪曲」との主張を「日本がまた歴史を捻じ曲げた」と報じたのである。

    ところがこれらの写真についての報道はすべてが「フェイク」だったのだ。
    写真に写る労働者たちは朝鮮人ではなくいずれも日本人であり、しかも撮影された時代も強制労働が行われていた時期とずれていた。

    また朝鮮人労働者が「お母さんに会いたい」「おなかが減った」と炭鉱の壁面につづったとする写真も報じられたが、
    これにいたっては、過去に映画撮影のために創作された虚偽の落書きだった。

    事実確認を怠り、フェイクニュースをなかば確信犯的に垂れ流す。
    メディアの自殺にも等しいが、これを大手新聞やテレビ局のほとんどが疑いもなく配信したのである。
    https://news.livedoor.com/article/detail/17017039/

    引用元: ・【日韓】 文在寅と韓国メディアがまき散らす 「反日フェイク」のおぞましい実態 ・・・ピークに達する 「反日同調圧力」

    【韓国のナチズムの証明【日韓】 文在寅と韓国メディアがまき散らす 「反日フェイク」のおぞましい実態 ・・・ピークに達する 「反日同調圧力」 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/11/20(月) 13:56:56.52 ID:CAP_USER
    「韓国はベトナムに心の負い目を持っている。」

    11日、ベトナム戦争韓国軍派兵についてムン・ジェイン大統領が言ったと伝えられるこの発言でまたベトナム民間人虐殺問題が浮上した。派兵当時の大衆雑誌を分析した研究『大衆メディアに現れたベトナム戦争とジェンダーイデオロギー-1964~1973年「サンデーソウル」、「ヨウォン」を中心に』(イ・ジンソン、2017年)によれば当時、メディアはベトナム女性だけでなく韓国女性も韓国軍人を慰めるための手段に動員した。

    同論文は大衆雑誌「サンデーソウル」と「ヨウォン」をベトナム派兵期間の1964年から1973年まで分析した。「ベトコン」(共産陣営)相手に戦う韓国軍、韓国女性の支援を受ける韓国軍、実際には暴力も振るわれたが韓国軍を「慰労」するベトナム女性、韓国軍の専有物になったベトナム民衆などがメディアに登場した。

    政府は反共体制を維持するために家父長制と軍事主義などを適切に活用し、メディアはこれを広めた。韓国軍派兵は共産主義で廃虚になったベトナム民衆を救うための過程とイメージ化した。自然に「救援者」が行った虐殺はメディアから消えた。

    no title

    ▲ベトナム派兵当時ポスター。パク・チョンヒ政府は「打倒しようベトコン」、「平和の十字軍」などのポスターを通じてベトナム戦参戦を促した。(記者注:日本刀らしきものをふっている)

    朝鮮戦争で米軍が韓国で行ったことに似ていると著者は指摘した。韓国女性は韓国軍を助ける役割に描写される。主に「賢母良妻」、軍人らを慰めるお母さんの温み、夫や父がいない家庭の女性の困難などを強調し後方で戦場を助ける国民の役割を示す姿が見られた。

    no title

    ▲サンデーソウル1969年3月30日付。ベトナム慰問公演に行った韓国女性たちの姿

    慰問公演・慰問手紙などはやはり性愛化した形で軍人を慰めた。サンデーソウルは主な読者層が男性だから扇情的なイメージを表面に出し女性を性的対象化する傾向が強かったし、ヨウォンは主読者層が女性だから「手紙を送って欲しい」という要請が主だったという差もある。
    (中略)

    以下は1967年7月号ヨウォンにのせられた小説形式の記事の一部門だ。「コンガイ」はベトナム語で女、少女という意味で性差別的な単語だ。

    「今日ホ・キルジュ軍曹の分隊はベトコン・コンガイを一つはさらってこなければならないぞ」
    「ご安心ください。口で強く噛んで食べても生臭い臭いもしない新鮮な処女を引っ張ってきます」

    女性のからだは男性の植民地であり、ベトナムは「韓国内部の植民地」だった。論文はベトナム戦争当時、メディアはベトナム女性はベトコンの不道徳さを表わすために使われたり韓国軍のチアリーダーの役割として活用されるなど「性的な動物」以下に表現されたと指摘した。劣等なベトナム女性が韓国男性との結婚を通じて文明化されるファンタジーもある。

    http://ph.mediatoday.co.kr/news/photo/201711/139864_204650_1819.png
    ▲ヨウォン1967年2月号.越南(ベトナム)の新婦

    韓国軍がベトナムで行った数多くの性暴行と良民虐殺はこの様な土台の上で発生した。韓国軍は80件以上かけて約9000人の民間人を集団虐殺した。ベトナムには3基の韓国軍憎悪碑と50基以上の慰霊塔が立っている。
    >>2-5あたりに続く

    チャン・スルギ記者

    ソース:メディアトゥデイ(韓国語) 「新鮮な娘を引っ張ってきます」ベトナム戦争の韓国メディア
    http://www.mediatoday.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=139864

    関連スレ:【文氏】ベトナム戦の虐殺で遺憾表明「韓国は心の負い目をもっている」[11/16]
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1510869175/

    引用元: ・【韓国】 「新鮮なベトナム娘を連れてきます」~ベトナム戦争時の韓国メディアを分析、性暴行や良民虐殺の土台になっていた[11/19]

    【【まだ謝罪も賠償もしてないんだが?】 「新鮮なベトナム娘を連れてきます」~ベトナム戦争時の韓国メディアを分析、性暴行や良民虐殺の土台になっていた】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/12/14(木) 12:01:39.13 ID:CAP_USER
    2017年12月13日、環球網によると、韓国人の父親から捨てられた子どもがフィリピンに多数存在するとの記事を韓国のサイトが掲載した。

    記事によると、仕事や留学などでフィリピンを訪れ、現地女性と関係を持ち、子どもをつくりながら、母子ともに置き去りにし帰国してしまう韓国人男性は少なくない。ある統計では、そうして捨てられた子どもは少なくとも3万人はいるという。

    こうした子どもは、現地では「コピノ」(コリアンとフィリピノの合成語)と呼ばれ、増加の一途をたどっているという。養育費や国籍を手に入れるにはさまざまな障害があり、多くは貧しい生活を強いられているようだ。

    コピノが増加する背景について、記事は1990年代からフィリピンを中心とした東南アジア向けの貿易や投資が韓国で急増し、出張や駐在するビジネスマンが増えたことを指摘。また、フィリピンは英語学習や大学の学費が割安なことから、留学する韓国人も多いという。

    フィリピンのある非営利団体(NPO)はこうした母子の生活支援や、父親から養育費が得られるように支援したり、情報提供に力を貸したりしている。成長した子どもが父親探しをするケースもあるという。


    2017年12月14日(木) 11時50分
    http://www.recordchina.co.jp/b230602-s0-c30.html

    引用元: ・【比韓】韓国人の父親に捨てられたフィリピンの子ども「コピノ」、3万人とも―韓国メディア[12/14]

    【【卑劣だねええ】韓国人の父親に捨てられたフィリピンの子ども「コピノ」、3万人とも―韓国メディア】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/11/26(日) 08:06:26.90 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年11月26日 07時50分 (2017年11月26日 07時53分 更新)
    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171126/Recordchina_20171126005.html

    2017年11月24日、星島環球網は記事「関億ゲーム会社、中国のパクリゲームに“全面的宣戦布告”―韓国メディア」を掲載した。

    韓国紙・朝鮮日報によると、韓国ゲーム会社最大手ネクソンは22日、中国の代理運営企業テンセントを通じて、中国ゲーム会社7社を告訴すると発表した。人気ゲーム「アラド戦記」の模倣を取り締まるのが目的だ。

    中国企業による模倣はこれまでも横行してきたが、裁判に至った事例は極めてまれだ。なぜネクソンはこのタイミングで告訴に踏み切ったのか。韓国メディア「News1」は「中国で知的所有権保護の環境が大きく改善したことが要因だ。

    しかし中国政府との摩擦を避けるべく、中国の提携企業を通じて告訴する方式を取った」と解説している

    引用元: ・【韓国】韓国のゲームを中国がパクる、韓国が宣戦布告―韓国メディア

    【【パクつて起源 パクられて不機嫌 】韓国のゲームを中国がパクる、韓国が宣戦布告―韓国メディア 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/05/31(水) 17:33:27.56 ID:CAP_USER
    今回の大統領選挙で話題になった問題の一つは「フェイクニュース」だった。ムン・ジェイン候補の当選で、新政府がスタートした後もフェイクニュース論議が続いている。その主体は主に「文飛御天歌(ムンビオチョンガ)」(訳注:朝鮮王朝を賛美する「龍飛御天歌」をもじって文大統領を賛美すること)を叫ぶ「自称中道左派メディア」だ。
    (中略:フェイクニュース事例としてヘイリー米国国連大使の発言歪曲、トランプ大統領への悪意等)

    「フェイクニュース」を大量生産する韓国メディア

    今まで言及した事例は氷山の一角である。特に2015年末から始まった韓国メディアの特定企業や特定機関への攻撃にはぞっとした。韓国メディアが「事実」を編集・歪曲して世論を誤導しようと試みたのは昨日今日のことではない。過去、韓国国民の教育水準が低く、海外旅行が難しく、外国情報を得られる経路に制限があった時はメディアが世論を操縦できた。フェイクニュースを作っても読者がこれを区別できなかったからだ。

    しかし、今は2017年、旅行が自由化されて28年目になる年だ。毎年1000万人以上の韓国国民が海外旅行で直接、現場を目撃し、700万人に達する在外国民と僑胞(海外在住韓国人)が各国の現地状況を韓国に伝える。インターネットは時間と空間の制約を越えて韓国人の間の情報交換に大きな助けになっている。

    それでも韓国メディアらは相変らず「取捨選択した一部事実を巧妙に編集したフェイクニュース」を通じて国民世論を歪曲し、誤導しようと試みている。韓国内でおきることには限界があるだろうが、米国や日本、中国、EU、中南米、アフリカ、東南アジアなどの各国政界の動きは韓国国民もよく知らないだろうという前提でだましている。

    その中でも米国と日本は韓国メディアが作り出すフェイクニュースの主な攻撃目標だ。韓国メディアが米国と日本について作り出すフェイクニュースを見ればTHAADの韓国配備を無くすことと、2014年12月28日の「韓日慰安婦合意」廃棄などを目標にしているように見える。特にトランプ大統領と米国政府に対する不信感造成、無条件な反日感情助長などは韓米日三角同盟の弱化を狙っているのではないかという疑惑を持たせる。

    北朝鮮の核兵器および弾道ミサイル開発とTHAADを口実にした中国政府の圧迫、安倍日本政府の最近の動向などを見ると、トランプ大統領と日本政府に対する韓国メディアのフェイクニュースが韓国の安保を最悪の危機に陥れる可能性もある。

    韓国社会では米国政府ではなくトランプ大統領個人に対する嫌悪感や憎しみがあふれているだけで、韓国政府は「国民が米国を嫌うのではない」と主張できるだろうが、米国政府の受けとり方は違う。2002年12月のように反米感情が高まったと見る可能性が高い。特に現在の米国政府の首長が「もう一度、偉大な米国を建設しよう」と主張するトランプ大統領なのだから。

    トランプ大統領は他の国で自分と米国が侮辱し非難されることに非常に敏感な反応を見せる。必要なら既存の国家間協定にも手をつけると公言している。韓米FTAなどが代表例だ。韓国メディアが今のように米マスコミの報道の中から枝葉的な事実だけを抜き出して針小棒大に報道し、韓国国民がこれをそのまま「事実」として受け入れる状況が続けば、韓米間の葛藤は政治的対立でなく両国国民間の感情の戦いになりうる。

    そうなれば韓米FTAが壊れるのにとどまらず、韓米同盟自体が崩れることもありうる。すなわち「メディアの自由」を「国民の知る権利」という変な言葉で包装して主張する韓国メディアは自分たちの権利とつまらない感情を守るという美名の下、国を滅ぼした「逆賊」として歴史に残ることになるかもしれないという意味である。

    チョン・ギョンウン未来韓国客員記者

    ソース:未来韓国(韓国語) [問題]「米国発フェイクニュース」作る韓メディア
    http://www.futurekorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=40801

    引用元: ・【韓国】 「フェイクニュース」を大量生産する韓国メディア~標的は米国と日本、このままでは国を滅ぼす逆賊になるかも[05/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【馬鹿が書いて馬鹿が信じるw 】 「米国発フェイクニュース」を作る韓国メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ