まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:非常識

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/07(木) 16:13:03.46 ID:CAP_USER
    no title


     今年4月に封切られた映画『あの日、海』は貨客船「セウォル号」が沈没した原因の解明を目指したドキュメンタリー映画だ。インターネット放送「ナヌン・コムスダ(私は小ざかしいの意、通称ナッコムス)」の一人のメンバーが製作した。この映画は「徹底してファクトのみに基づいた事故原因の再構成」を目指したそうだ。ナレーションを担当したある俳優は映画の後半に低い声で「沈没原因は左側のアンカー(いかり)だ」と語った。船のアンカーが原因不明の理由で海底に引っ掛かり、船全体が一気に傾いて沈没したというのだ。映画の製作者が過去に主張した内容そのままだ。

     これはいわゆる「セウォル号アンカー沈没説」と呼ばれている。事故当時、セウォル号は予定された航路よりも島近くを航行していたが、船から降ろされたアンカーが水深の浅い海底面に引っ掛かり、船がバランスを失ったというのだ。ただそれだとアンカーを誰がなぜ下ろしたのか、あるいは沈没は誰かが意図して行ったのかといった疑問が残る。映画はこの根本的な疑問には何も答えず「政府が解明せよ」と言いたいのだ。この映画は封切りから1カ月で50万人以上の観客動員を記録した。

     この主張が虚偽であることは先日明らかになった。公開されたセウォル号船体の内部を見ると、アンカーを下ろす装置には鎖やロープがしっかりと固定されていた。もちろん少しでも常識があれば「アンカー沈没説などあり得ない」と考えるのが普通だ。ところがこの国ではこのような非常識が大きな力を持つ。「潜水艦衝突説」なるものもあった。これは「アンカー沈没説」よりも幅広く信じられた。あるテレビ局がこの潜水艦衝突説を特集で取り上げると、ある有力政治家は「これで真実は明らかになった」と語った。しかし今月初めに横倒し状態のセウォル号が立てられると、船体の左側に外部と衝突した痕跡はなかった。セウォル号沈没という悲劇にコメディーレベルのデマが最後まで付いて回ったのだ。

     セウォル号沈没を取り扱ったもう一つの映画『ダイビング・ベル セウォル号の真実』が5月24日に封切られた。監督は4年前にも『ダイビング・ベル』という映画を製作した人物だ。沈没直後に救助作業が行われていた当時、ダイビング・ベルは潮の流れが早い海では役に立たなかったが、監督は「ダイビング・ベルが使われなかったので救助が失敗した」とする陰謀論を主張した。世界のどこの国に意図して人の命を救おうとしない政府があるだろうか。あり得ない考え方や発想が今も常識以上に強い影響力を持っているのだ。

     もちろんどこの社会にもデマはあり得るだろう。しかしそれが間違いと分かれば謝罪するのが普通だ。ところが韓国社会ではデマを主張した人間の方が逆に「もっと詳しく調べよ」と堂々と声を上げる。彼らは最初から「ファクト」には関心がない。全国教職員労働組合(全教組)の教師たちは自分たちの勝手な主張を集めて生徒たちに教えている。本来デマというものはひそかに広まるものだが、韓国では映画館で上映され、学校で堂々と教えられている。現職の海洋警察庁長は幹部らと共にアンカー沈没説を主張する映画を団体で観覧したそうだ。これもまた一つのコメディーだ。

    アン・ソクペ論説委員

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版【萬物相】常識ではなく非常識を信じる韓国社会のコメディー
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/06/2018060600686.html

    引用元: ・【萬物相】 常識ではなく非常識を信じる韓国社会のコメディー~彼らは最初から「ファクト」には関心がない[06/06]

    【【萬物相】 常識ではなく非常識を信じる韓国社会のコメディー~彼らは最初から「ファクト」には関心がない[06/06] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/18(日) 01:10:03.55 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ドナルド・トランプ大統領

     他人の不幸や痛みの前で笑わないのが人の基本的な美徳だ。残念なことに米国のトランプ大統領にはそのような人徳を見い出し難い。彼は旧正月の直前に韓国GMが群山(クンサン)工場閉鎖の方針を明らかにして1万人余りが失業の危機にあっているというのに「GMはデトロイトに戻るだろう」と喜んで、法人税を減免した自身の功績を訴えている。どんなに国際関係は情けがないとしても、常識から大きく逸脱した発言だ。

     トランプ政権の貿易政策はますます目の前の自国の利益だけ追求する道に向かっている。自国の企業の市場の位置づけ強化や米国内の雇用拡大に役に立つ措置ならば国際法や慣行、他国との信頼関係をいとも簡単に無視している。特に対米貿易の黒字が大きな国をターゲットとして、各種の貿易報復措置を総動員している。近い将来中国産と韓国産の鉄鋼・アルミニウム製品に対するダンピング調査結果を発表する予定で、韓国産などの洗濯機とソーラー製品について16年ぶりに緊急輸入制限措置を発動している。

     トランプ氏は12日には中国、日本、韓国を名指しして米国産製品に他国が付けている税金ほどの関税を付ける「互恵税」をまもなく導入すると明らかにした。我が韓国との自由貿易協定(FTA)については交渉が不調なら廃棄すると話している。どこまで実行に移すかは不明なものの「貿易では同盟ではない」というトランプの話は今後どんなことが起きるか予断を許さない。

     米国の措置は長い目で見て同国内の消費者にも大きな害を及ぼすことになるはずだ。現在はこのような説得が通じると期待しにくいが、それでも両者の協議を強化せねばならない。不合理な措置については世界貿易機構(WTO)への提訴などで対処し、同じ立場の国家と協力を模索すべきだ。最悪の場合、米国の措置に正面から対抗する報復措置も綿密に検討しておかなければならない。

    韓国語原文入力::2018/02/14 17:42
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/832315.html原文:訳T.W

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版[ 社説 ]「GMアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/29806.html

    関連スレ:【経済】 「私が大統領になったから韓国GM工場は閉鎖され、彼らはデトロイトに戻ってくる」…トランプ氏、業績自慢[02/14]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1518610395/

    引用元: ・【韓国】 「GMがアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ~他人の不幸や痛みの前で笑わないのが人の基本的な美徳だ[02/15]

    【【韓国】 「GMがアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ~他人の不幸や痛みの前で笑わないのが人の基本的な美徳だ[02/15] 】の続きを読む

    yaru


    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/06/21(日)02:49:33 ID:Y0f
    前略:済州新羅ホテルが18日からMERSのため営業を停止し、従業員、宿泊客が隔離されることと
    なった。宿泊客の一人が感染していたことがわかったためだ。

     この男性患者は141番目の感染者で、先月27日にサムスン・ソウル病院に知人の見舞いに訪れた
    際、MERSに感染していたことが分かった。済州島旅行中に自覚症状はなかったらしいが、ソウル
    に戻った後、10日ごろから発熱やせきなどの症状が出始め、13日に江南セブランス病院でMERSに
    感染していることが確認された。男性は12日、保健所に感染が疑われると届け出たが、保健所が
    手配する救急車による搬送を拒否し、自らタクシーに乗って病院に向かった。病院では隔離され
    た上で治療を受けていたが、突然診療室の鍵を壊し、病院の入り口にいた職員にマスクを投げつ
    け「ウイルスをばらまいてやる」と叫んで出て行ったという。このように常識外れの行動が原因
    で、タクシー運転手や病院の職員4人も隔離されることになった。

    中略:その後、済州島旅行が発覚。追跡調査が行われた。男性は従業員12人の衣料店を経営。
    航空機ではビジネスクラスを利用するなど経済的に恵まれていたが、非常識な行動で周囲に多大
    な迷惑をかけた。

     大邱では役所の職員が、MERSの自覚症状が出ていたにもかかわらず、複数の集会に参加し、
    銭湯にも通っていた。海外出張中のある大手企業社員の中には、現地の空港職員から検査と隔
    離を求められた際、これに反発するケースが相次いでいる。国民の多くは国と医療機関から求
    めがあった際、自ら行動を慎んで感染拡大阻止に協力しているが、MERSについてよく理解して
    いるはずの公務員、企業経営者、大手企業の社員などが自分勝手に行動し、周囲に多大な迷惑
    をかけているのだ。一定の教養や知識を身につけているはずの彼らが、自分たちの身勝手な行
    動故に周りの人たちが多くの被害を受けている事実から顔を背け、自制しないのが韓国社会の
    現実なのだ。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/20/2015062000616.html

    【韓国】 MERS1カ月、わが共同体のDNAを信じる~それはいかなる危難も賢く克服するDNAと共同体精神/中央日報社説[06/20]
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1434796429/

    引用元: ・【朝鮮日報社説】市民の非常識な行動が広めるMERS[6/20]

    【朝鮮人が常識を語るwwwww【朝鮮日報社説】市民の非常識な行動が広めるMERS[6/20]】の続きを読む

    このページのトップヘ