まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:靖国神社

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/10/09(火) 20:53:42.89 ID:CAP_USER
    no title


    日本の大塚製薬が日本靖国神社を参拝した国会議員を間接的に後援したことが分かった。

    大塚製薬は東亜大塚の株式を半分所有している。東亜大塚は毎年、大塚製薬に配当とロイヤリティーを支給している。「ポカリスエット」や「オロナミンC」等、東亜大塚製品を購入した場合、日本の右翼国会議員の靖国神社参拝を助けることになるわけだ。

    9日、イン・ジェクン共に民主党議員が日本総務省「政治資金収支報告書」を分析した結果、日本大塚製薬は「製薬産業政治連盟」を通じて逢沢一郎、額賀福志郎など靖国神社を参拝した日本国会議員14人を間接後援した。正確な金額は明らかになってはいないが、毎年、相当額の資金が渡されたことが分かった。

    問題は大塚製薬が国内会社の東亜大塚から配当やロイヤリティーなどの収益を得ている点だ。東亜大塚は1987年、東亜製薬と日本大塚製薬の内外国人合併法人としてスタートした。株式の50パーセントを大塚製薬が、49.99%を東亜ソシオ、ホールディングスが保有中だ。

    東亜大塚は毎年、着実に配当を払った。昨年も営業利益が135億ウォンで1年前(149億ウォン)より9.6パーセント減ったが大塚製薬に6億6000万ウォンを割り振った。1年前より二倍も増えた金額だ。過去5年間、大塚製薬は東亜大塚の配当で16億2000万ウォンを得た。

    ポカリスエットとオロナミンCなどに対するロイヤリティーも受け取った。この2つは日本大塚製薬が各々1980年と1965年に開発して発売した飲み物だ。売り上げが増えるほどロイヤリティーをより多く持っていく構造だ。

    東亜大塚は該当金額についてセキュリティ上の理由で公開していないが、業界では手数料が相当な水準だと見ている。日本で発売された飲み物をそのまま持ってきて販売しているからだ。

    ソース:東亜日報(韓国語) 「ポカリスウェトゥ・オロナミンC飲んだんですか?…靖国神社参拝支援しました」
    http://news.donga.com/list/3/all/20181009/92315833/1

    引用元: ・【韓国】 ポカリスエットやオロナミンCを飲みましたか?→日本の右翼議員の靖国神社参拝を支援したことになります[10/09]

    【新聞がこれかよwww 【韓国】 ポカリスエットやオロナミンCを飲みましたか?→日本の右翼議員の靖国神社参拝を支援したことになります[10/09] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 07:51:15.95 ID:???.net
    no title

    ▲クォン・チョル作家が海水浴場空地で作品を火に焼くパフォーマンスの背景を説明している。
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    光復70周年を記念し済州市(チェジュシ)でドキュメンタリー写真家クォン・チョル(48)の通り写真展
    が日本の靖国の亡霊写真を全部燃やすパフォーマンスで終わった。

    クォン・チョル氏は4日午後6時、済州市(チェジュシ)梨湖海岸海水浴場の空地で‘靖国-軍国主
    義の亡霊’展示会を通じて市民に公開した自分の写真作品40点余りを自ら焼いた。この行事は
    村住民と地域文化系人々の参加の中になされた。参加者らは写真作品を持って現場をひと回り
    回って作品を1カ所に集め、クォン・チョル氏が火をつけた。参加者らは燃え上がる作品と炎を見
    て軍国主義の亡霊が退くように願った。

    靖国神社は戦犯らが集まっている日本最大の神社だ。神社は日本皇室の先祖や神代の神また
    は、国家に大きな功労がある人を神としてまつった霊廟をいう。毎年、日本王を天皇と称し、その
    ために命を捧げなければなければならないと叫ぶ戦争狂信論者らが訪れる場所だ。日本総理の
    継続的な参拝に周辺国などから国際的非難を受けている。

    クォン氏は靖国神社参拝は単なる先祖の墓を訪れるのとは次元が違うと考える。戦争をあがめて
    彼らの精神を受け継ぎ軍国主義の亡霊を生き返らせようとする意図と見ている。クォン氏は「日本
    は0.5%の軍国主義者らが1億3000万人を動かす国」として「これらは靖国神社参拝の裏に軍国
    主義という亡霊の足の爪を隠して美化している」と強調した。

    彼は「日本は隠した足の爪を表わして戦争もできる。韓国を植民地化することもできる」として「日
    本は恐ろしい国だ。警戒心を呼び覚ましたくてこのようなパフォーマンスを準備した」と話した。引
    き続き「靖国神社を火に焼く心情で私の作品を全部焼いた」として「全国巡回を準備している。そこ
    で作品を展示してまた火に焼くだろう」と明らかにした。
    (後略:背景)

    ソース:済州の声(韓国語) 済州で灰に変わった日本軍国主義の亡霊
    http://www.jejusori.net/?mod=news&act=articleView&idxno=167875

    関連スレ:
    【靖国神社】 「靖国参拝は戦争に狂奔した日本人の精神を受け継ぐ行為」~済州で「靖国-軍国
    主義の亡霊」展開催[09/25]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1443181041/

    引用元: ・【韓国】 「靖国神社を燃やすつもりで作品に火をつけた」~済州で灰に変わった日本軍国主義の亡霊(写真)[10/04]

    【燃やしたくて仕方が無い【韓国】 「靖国神社を燃やすつもりで作品に火をつけた」~済州で灰に変わった日本軍国主義の亡霊(写真)[10/04]】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/05/30(金)20:00:47 ID:IAlpNOGjn
    靖国神社の大鳥居の柱でハングル文字による落書きが見つかった。
    通報を受けた警視庁が落書きについて捜査を行っているが、いつ書かれたものかは分からないという。
    中国メディアの環球網は29日、「靖国神社は日本と隣国の外交に直接関係する存在であり、
    靖国神社をめぐる話題には事欠かない」などと伝えた。

     報道によれば、落書きは大鳥居の柱に書かれており、
    靖国神社側には26日に落書きについての情報が寄せられたという。
    記事は「落書きについて確認を行ったところ、書かれていたハングル文字は“犬畜生”という意味であることが判明した」と伝えた。

     さらに、靖国神社は歴史的理由からアジア各国ひいては世界中の注目を集める存在だと指摘し、
    「日本政府の靖国神社に対する態度は日本と隣国の関係に直接的な影響を及ぼす」と主張。
    だからこそ靖国神社をめぐる話題は事欠かないと伝えた。

    さらに、日本の首相が多くの罪を犯したA級戦犯が祀られている靖国神社を参拝することは
    アジア各国の不満を招いているとし、だからこそ靖国神社は放火や放尿などの被害を受けるのだと主張した。(編集担当:村山健二)

    http://news.searchina.net/id/1533702

    【犯罪行為を平気で仕方ないという国民性 - 「靖国神社がハングルの落書きや放火・放尿を受けるのは、首相参拝でアジア各国の不満を招いているせい。被害も仕方ない」[5/30]】の続きを読む

    1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/22(木)20:47:35 ID:unOIN3Bmp
    中国誌・廉政瞭望は21日、「中国人の男、靖国神社への放火を語る」と題した記事を掲載した。

    2011年10月、東日本大震災のボランティアとして福島入りした劉強は当時、「日本や日本人を心から愛する中国人」としてマスコミにも
    取り上げられた。ボランティアの任務終了まであと半月となった同年12月18日、当時の李明博・韓国大統領が訪日し、日本に慰安婦問題
    の解決を求めたが、強く拒絶された。それと同時に日本の国会議員68人が靖国神社を参拝した。

    このニュースを見た劉は屈辱と怒りが沸き上がり、持っていた白いTシャツに赤いマジックで「謝罪」と書き込んだ。それから1週間、被災者の
    前では変わらぬ笑顔を見せていたが、ふとしたすきにニュース画面が頭をよぎった。福島の左翼の励ましを受け、劉は大胆な計画を立てた。
    毛沢東の誕生日で劉の祖母の命日でもある12月26日に靖国神社に放火するというものだ。

    劉の祖母は平壌で生まれ、後にソウルなどに移り住んだ。1942年に旧日本軍に慰安婦として中国に強制連行され、苦痛を強いられることに。
    第2次大戦後、祖母は名前を変えてそのまま中国で暮らした。1985年に亡くなる間際、数十年隠していた秘密を家族に打ち明けた。劉は当時、11歳だった。特殊な家庭環境のせいか、劉は日本に特別な感情を抱いていた。2005年に初めて訪日した時は早朝の靖国神社で「新四軍軍歌」を熱唱した。

    靖国神社に放火するために、ボランティアを装って福島入りしたのでは、との疑いには「それは違う。自分はずっと日本人と日本軍国主義を分けて考えてきた。(放火は)突然、思い付いたものだ」と反論した。

    事件後、ネットユーザーからは「抗日壮士」「英雄凱旋」と賛辞が贈られた。だが、劉は「ずっと恐怖に怯えている。日本のヤクザが中国まで仕返しに来るのではないかと、しょっちゅう悪夢にうなされている」と語っている。
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/383343/

    引用元: ・【新華】 靖国神社に放火した中国人の男、心境を語る・・「日本のヤクザの仕返しに怯えている」―中国誌 [05/22]

    【 普通の日本人を敵にしてることにがわかってない。 -【新華】 靖国神社に放火した中国人の男、心境を語る・・「日本のヤクザの仕返しに怯えている」―中国誌 [05/22]】の続きを読む

    このページのトップヘ