まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:青年

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/13(火) 14:54:12.67 ID:CAP_USER
    17日に釜山(プサン)商工会議所で海外就職説明会が開かれる。日本のピコットジャパンが社員10人を採用する。 

      ピコットは旅客・貨物サービス、機体整備など空港関連業務に従事する労働者を派遣(アウトソーシング)する会社だ。成田・関西・中部空港などから請け負っている。今回採用された合格者はピコットの正社員として採用され、8月初めから成田空港で勤務する。青年の海外就職の道が広くなるもので喜ばしいことだ。 

      ところで韓国・仁川(インチョン)空港では派遣職を正規職に転換する作業が進んでいる。先月12日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が訪問し、「公共部門の非正規職ゼロ時代を開く」と宣言した後だ。雇用安定と格差解消のためにだ。こうした趣旨に反論する人は多くない。 

      ところで海外で韓国の青年が派遣職として勤務するのは良く、韓国で派遣会社の社員として働いてはいけないのだろうか。日本の派遣会社は専門企業で、韓国の派遣会社はただ請け負いで延命する中小企業程度と扱われているのが正しいのだろうか。 

      最近になり韓国では派遣労働者をめぐる議論が起きている。すべての派遣労働者を元請けの正規職として受け入れるべきという要求があふれている。入社試験のような正式採用過程を踏んでいなくてもだ。企業は苦しい。人材運用の弾力性が落ちるためだ。大企業や公企業だけ苦しいのではない。派遣業者のような中小企業は従業員が元請け業者の正規職に転換されれば廃業しなくてはならない。彼らが支えて作った雇用も一緒に消える。雇用減少効果がさらに大きくなることもありえるという話だ。

    そこで過去の政権が考えたのは、派遣会社の規模を拡大し専門性を高める案だった。これを通じて企業間格差を減らし、雇用安定を試みる方式だ。 

      先進国も以前からこうした方式を選んでいる。フランスのMIDETによると2007年に欧州連合(EU)主要15カ国の中小企業のうち社内下請け業者は27万社に達する。ここで発生した売上額は168兆ウォンに上った。日本の造船業界も67.2%が社内請負だ。専門性を備えた中小業者の社員が製造業種を支えているわけだ。さらにドイツ・ニーダーザクセン州の金属労組はフォルクスワーゲン、ウォルフスブルク市と組んで派遣会社を設立し青年を教育している。そしてフォルクスワーゲンに派遣職として就職させる。このように専門的派遣業者が脚光を浴びるのは大企業と中小企業がウィンウィンする構造が作られているためだ。大企業は核心に集中し、残りは外部業者に任せて効率性を最大化する経営戦略だ。そのためどの国でも派遣を防ぐ国はない。 

      すべての従業員を正規職で採用するなら労働硬直性は高まる。定年まで彼らがその席を守れば青年が入る穴は当然狭くなる。各種規制のため構造調整をするのも大変だ。それなら経営陣の選択は簡単だ。最初からあまり採用しないことだ。雇用創出、特に青年に関連した新規雇用を「適当に」するしかない。 

      結局中小業者の専門性を備えるよう配慮して生存力を育てなければならない。これを通じて労働者の雇用安定を試みるのが望ましい。強小企業を育てる効果もある。もちろん政府は「同一価値労働同一賃金」の原則が現場でしっかり適用されているかを徹底的に監督し権益を保護しなければならない。 

      正規職転換政策も精巧化する必要がある。外国では政策的インセンティブ制運営を通じ正規職として直接採用するよう誘導する。規制をしたり公開的に恥をかかせる方法を使う国は見つからない。 

    http://s.japanese.joins.com/article/101/230101.html?servcode=100&sectcode=120
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年06月13日 11時26分

    引用元: ・【現場からピコット】韓国は空港非正規職ゼロ、日本の空港は韓国青年アウトソーシング[6/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【危機管理がなってない】ピコットジャパン、成田空港に韓国青年を10人採用】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/14(月) 08:13:59.76 ID:CAP_USER
    崔順実(チェ・スンシル)国政壟断をめぐり各大学の「時局宣言」が野火のように広がっている。大学生だけではない。若い会社員も土曜日ごとに同僚や友人とともに光化門(クァンファムン)広場へ向かう。さらに制服を着た中学・高校生もろうそく集会に出て「大統領下野」を叫ぶ。1980年代や90年代のように各大学を一つにまとめる学生運動勢力はないが、自発的な学生の叫びはさらに大きくなっている。87年6月の民主化抗争以降の最大の規模だ。

    その間、青年世代は政治イシューに無関心だった。2000年代初期に各大学に「非運動圏」勢力が登場し、学生運動のテーマは政治ではなく半額授業料、アルバイトの権利、性的少数者など「生活密着型」に移った。しかし玉ねぎの皮の剥くように次々と表れる国政壟断疑惑に学生たちは衝撃を越えて憤怒で戦慄した。怒りは大統領支持率0%で表出した。韓国ギャラップが8-10日に実施した世論調査で19-29歳のうち朴槿恵(パク・クネ)大統領の国政遂行を肯定的に評価する回答者は0%だった。統計上、640万人にのぼる19-29歳の青年のうち誰も大統領を支持していないということだ。12日に開かれたろうそく集会である大学生が「学生の大統領支持率は1%でもなく0%」と叫ぶと、座っていた参加者全員が歓呼するほどだ。

    87年の民主化後の80-90年代に生まれた青年世代は親の世代に比べて民主化と経済的豊かさを享受して育った。韓国経済が高速成長したおかげだ。政治に対する関心も自然に消えた。しかし2010年代に入って状況が変わった。経済は2-3%台の低成長の沼に落ち、雇用は急減した。社会に進出しようとする青年層が最も大きな打撃を受けた。青年層は低成長の荒野で失業という突風に耐えなければならなかった。今年10月の全体失業率は3.4%だが、青年失業率(15-29歳)は全体失業率の2.5倍の8.5%にのぼる。特に20代(20-29歳)は10月現在370万人だけが就職した。270万人が就業戦線に出られずにいる。

    政界は選挙の時だけ青年失業にトーンを高め、選挙後には関心も向けなかった。青年は政治無関心層だったからだ。朴槿恵政権でもこれという青年失業対策がないのもこうした理由からだ。しかし履歴書に数十件のアルバイト経歴ばかり書くしかない青年に、自分たちの生活を厳しくさせたのは政治だという認識が定着し始めた。「お金も実力だ。自分の親を恨むべき」という秘線の娘の言葉に怒り、権力とお金さえあれば不公正と反則で望む大学に入り、高い地位も簡単に得られるという事実に爆発した。今回の事件は「沈黙する青年」を「行動する青年」に変える「トリガー(引き金)」の役割をした。いま青年発の政治革命が始まった。

    キム・チャンギュコリア中央デイリー経済産業部長

    http://japanese.joins.com/article/559/222559.html

    引用元: ・【韓国】青年世代の大統領支持率が0%の理由[11/14] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世界初の快挙】「いま韓国青年発の政治革命が始まった」青年世代の大統領支持率が0%の理由】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/10/17(月)12:23:58 ID:???
    【寄稿】韓国の青年を苦しめる「やればできる神話」

    (略)

     韓国人が「世界最高」と自慢する韓国の大学進学率は、今や少しずつ下がる傾向にある。
    大学進学が難しいからではなく、大学を出ても就職が難しいとの認識が広まりつつあるからだ。
    幸い入試という画一的な基準も多少緩和され、さまざまな分野で夢を追い求める子供たちも増えつつある。
    しかしわれわれが力を入れて推進すべき教育の多様化、大学数と大学定員の削減、
    さらに大学院の大幅な削減などは、まだ始まったばかりだ。
    大学入試はもちろん、それ以外の分野でも、ただ無条件に「やればできる」という神話について
    まずは冷静に考えなければならない。その上で各自の適性と能力の限界を合理的に判断し、
    どのように社会の一員になるかを思い定め、それをサポートできる制度を作り上げるべき時を迎えている。
    この国は非常に長い間、子供たちに過酷な精神的暴力を加えてきた。今こそそのような現状を見直すべき時だ。

    全文 朝鮮日報 全3ページ
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/14/2016101401776.html


    ◆◆◆ 東亜+ スレ立て依頼所 ★4 ◆◆◆
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1469348990/646

    引用元: ・【コラム】韓国の青年を苦しめる「やればできる神話」 [H28/10/17]

    【【韓国人には精神的暴力】韓国の青年を苦しめる「やればできる神話」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/09(金) 08:37:56.22 ID:CAP_USER
    映画『トンネル』の終わりの部分で主演のハ・ジョンウ氏はトンネルに入っていく時にとても緊張する。トンネルが崩れ30日以上閉じ込められていたトラウマのせいだ。こうした経験がない人々も、トンネルを通り過ぎる時はたいてい緊張する。陰湿さのためだ。
    トンネルを通り抜けたのに続いて再びトンネルが現れると、なぜか不安になる。日本経済がこうだった。いつも悪かったわけではなかった。たとえば2003~2007年は大丈夫だった。グローバル金融危機が迫りながらつまずいたのだ。
    トンネルを通過したと安心すると、再びトンネルに入ることが繰り返された。トンネル、すなわち景気低迷が日常化したのだ。経済が良くなってもすぐに再び悪くなるだろうと思いながら日本人たちが備えていた理由だ。
    トンネルが相次いで出てきたら車のヘッドライトをつけっぱなしでいるように。消費不振が長期化した理由だ。物価がもっと落ちるはずなのに、なぜ今消費するのかと言いながら。日本経済が何と20年も失われたのはこうした自暴自棄と無気力のためだった。

    経済はもともと好況と不況を繰り返す。今は大変でも近い将来に良くなるという信頼があるのはそのためだ。だが日本経済にはそれがなかった。韓国の経済も大きく異ならない。良くなったかと思えばすぐにトンネルの中に入ることが繰り返されている。
    深くて陰鬱なトンネルがすぐに出てくると考える人々がどんどん増えた理由だ。やはり無気力と自暴自棄が広がっている。

    青年失業も同じだ。明確な解決法がない。せいぜい青年人口が減るまで持ちこたえろという。海外の仕事を探せ、目の高さを下げて中小企業に行け、企業家精神で武装して創業戦線に出ていけなどなど。
    要するに「青年たちよ、現実を直視して自ら生きる道を探せ!」ということだ。間違った話ではないが、中高年世代の無責任さを表わした事例でもある。

    日本も青年失業が深刻だった。長期停滞が始まった1990年代から青年失業率が急激に高まった。2~3%に過ぎなかった青年(25~29歳)の失業率が95年に4.3%、2000年には6.2%に上昇した。20~24歳の失業率も同じだった。
    韓国も2014年から青年失業率が急激に高まった。25~29歳の失業率は8%台、20~24歳は10%台に上った。さらに今年に入ってからは青年(15~29歳)の失業率が二桁を行き来している。ここ数年間で青年失業がどんどん増えた理由はだいたい2つだ。

    最初は青年人口の増加だ。20~29歳の人口は94年から減ったが2年前からはむしろ増え始めた。25~29歳の人口も同じだ。99年から減り続けて今年は増え始めた。
    人口が多いベビーブーマー(1955~63年生まれ)の2世、いわゆるエコー(echo)世代の影響のためだ。いずれにせよ今後4~5年間は年平均20万人程度の青年が雇用市場にさらに出てくる。

    2つ目は今年から始まった定年延長だ。定年延長は高齢化時代には避けられないが、問題はタイミングだった。なぜか青年人口が増える今年から始まった。定年が延びれば雇用供給が急激に減るのは聞くまでもない。
    定年延長の恩恵が公共部門と大企業の正規職に集中するということを考慮すれば「良質な雇用」の供給縮小は一層深刻化する。このため青年失業率は今年、史上最高値である10%台を行き来するのは自明の話だ。
    今後数年間は青年失業が非常に深刻な話題として浮上するだろう。政府と中高年世代が自分たちにとって有利な雇用政策を施行しておいて青年たちに自ら解決方法を探せということ自体が間違っているということだ。

    http://japanese.joins.com/article/468/220468.html
    http://japanese.joins.com/article/469/220469.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【コラム】「失われた日本」よりも深刻な韓国の青年失業[9/09]©2ch.net

    【【コラム】「失われた日本」よりも深刻な韓国の青年失業[9/09]©2ch.net 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 16:30:01.14 ID:CAP_USER.net
    2016年02月03日09時14分[? 中央日報/中央日報日本語版]

    朴槿恵(パク・クネ)大統領が2日、「働きたいという青年たちの絶叫と求職が難しくなった親世代の涙、人材を得ることができずに気が焦る業界のため息が毎日耳元に鳴り響いて心が真っ黒焦げになりそうだ」と述べた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた閣僚会議で経済活性化法案の迅速な処理を強調しながらだ。

    特に、朴大統領は「大・中小企業ともに切実に訴えている企業活力向上特別法(ワンショット法)を1月29日に通過させることで与野党が合意までしておきながらその約束を破った」として野党である「一緒に民主党」側を批判した。

    また、「国民は与野党が国民の前で誓約までした立法を一瞬のうちに破るという状況を目の当たりにして心からあきれているだろう」としながら「韓国経済に赤信号が灯っているが、回復の足を引っ張ることは企業や個人創業者の未来を遮ること」と強調した。

    朴大統領は「これまで数えきれないほどお願いしてきたサービス産業発展基本法の制定と勤労基準法・雇用保険法・産災保険法・派遣法など労働改革法案は大韓民国の未来競争力のために必ず通過させなければならない法」と述べた。

    また、21分間に18件の法案をひとつひとつ列挙して国会での法案通過を求めた。朴大統領は「15年ぶりに訪れた寒波の中でも70万人を越える方々が民生を救うための立法要求署名運動に参加しながら民意を伝えてくれているが、国会と政界からは返事がない」とし「国会が国民の切実な念願にしっかりと耳を傾けているのかと問いたい」と述べた。

    これについて「一緒に民主党」の金聖洙(キム・ソンス)報道官は公式論評で「『野党のせい、法案のせい』は止めていただき、国政運営の総責任者として絡みあった政局をほぐし、経済を回復させる実質的なリーダーシップを示していただくよう訴えたい」と明らかにした。

    朴槿恵大統領が2日、青瓦台閣僚会議で「国会が真の民意の殿堂であるなら、署名運動にまで発展した国民の切実な呼びかけに今すぐ応えなければならない」と述べ、経済活性化法案の迅速な立法処理を求めた。左側から黄教安(ファン・ギョアン)首相、朴大統領、柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官。(写真=青瓦台写真記者団)
    no title


    http://japanese.joins.com/article/615/211615.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【韓国】朴大統領「働きたいという青年たちの絶叫で私の心は真っ黒焦げ」

    【女王様が僕たちのこと思って悲しんでくれてるよ【韓国】朴大統領「働きたいという青年たちの絶叫で私の心は真っ黒焦げ」】の続きを読む

    このページのトップヘ