まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:電気自動車

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/02/04(月) 08:44:23.72 ID:CAP_USER
    ストーリー by headless 2019年02月03日 17時26分渋滞 部門より

    中国・北京で電気自動車を試乗中の客が誤ってシステムアップデートを開始してしまい、1時間ほど路上で立ち往生して渋滞を引き起こしたそうだ(South China Morning Postの記事、 The Vergeの記事、 車家号の記事、 NIOのWeibo投稿)。

    この電気自動車は「Teslaへの挑戦者」としてマーケティングを行う中国の電気自動車メーカーNIO(蔚来)の製品だ。トラブルが発生した長安街は天安門などがある北京の要所で、厳しい交通取り締まりが行われている。

    同乗者によると、画面に表示されたアップデート通知に対し、運転者が実行を選択してしまったのだという。その結果、画面が真っ暗になって1時間のアップデートが始まり、道の真ん中で車が動かなくなってしまう。車外には警官が続々集まってきたが、ドアも開かなくなって外に出ることもできなかったとのこと。NIOの電気自動車は先進運転支援システムを搭載しているが、自動運転中だったのかどうかについては触れられていない。

    NIOはWeiboの公式アカウントで問題が発生したことを認め、交通渋滞を引き起こしたことを謝罪。アップデート実行前の確認処理などを改善すると述べたうえで、アップデートは駐車場や車庫など適切な場所で実行するよう呼び掛けている。

    https://idle.srad.jp/story/19/02/02/2237246/

    引用元: ・【テクノロジー】 中国・北京の大通りを通行中の電気自動車、システムアップデート開始で立ち往生 2019/02/03

    【「仕様です」 【テクノロジー】 中国・北京の大通りを通行中の電気自動車、システムアップデート開始で立ち往生 2019/02/03 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 23:19:04.97 ID:CAP_USER
    LG電子が米国ミシガン州に電気自動車用部品工場を設立する。

    LG電子は23日、米国ミシガン州デトロイト近郊のヘーゼルパークに約2500万ドルを投資して電気自動車用部品工場を設立すると明らかにした。LG電子は電気自動車用バッテリーパックを生産することになり、モーターなど主要電気自動車部品に生産品目を拡大していく計画と明らかにした。

    主要完成車メーカーが密集したミシガン州で電気自動車用部品を直接生産し、現地のパートナーシップを強固にすることが目的だ。

    ミシガン州の電気自動車用部品工場は、延面積21万5000平方メートルで来年第1四半期までに構築を完了するとLG電子は明らかにした。この地域の工場敷地および建物を賃借して、生産設備を構築する。

    LG電子とミシガン州は、今回の工場設立により約300の新規働き口が創出されると期待している。

    LG電子が家電工場に続いて米国に電気自動車用部品工場を作ることにしたのは、同社が自動車部品事業に集中しているためだ。

    LG電子の自動車部品事業を担当しているVC事業本部は、今年前半期に昨年同期に比べて42.7%成長した1兆7590億ウォン(約1700億円)の売上を記録した。

    LG電子はGMの純粋電気自動車シボレーボルトEVに駆動モーター、インバータ、バッテリーパックを供給した実績がある。

    イ・ワン記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/28264.html

    no title

    LG電子が米国ミシガン州に電気自動車用部品工場を設立する。写真はミシガン州政府庁舎でLG電子電気自動車部品工場設立を協議しているLG電子VC北米事業センター長のチャン・ウォンオク専務とミシガン州のリック・スナイダー州知事=LG電子提供//ハンギョレ新聞社

    引用元: ・【経済】LG電子、米に電気自動車部品工場建設 ミシガン州に2500万ドル投資 現地完成車メーカーとの協力強化[8/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国から逃げるフラグ?】LG電子、米ミシガン州に電気自動車部品工場建設 2500万ドル投資】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/03/21(火) 07:47:03.91 ID:CAP_USER
     石油自給率の低下や大気汚染対策の切り札として、電気自動車(EV)をはじめとした「新エネルギー車」の製造・普及を後押しする中国政府だが、国内外からの評判は芳しくない。参入企業がライバルメーカーから技術者を引き抜いたり、購入補助金の詐欺事件が発生したりしているからだ。

     新規参入のIT企業が次々と華やかなEVを披露する舞台裏で、中国政府の“EV至上主義”はゆがんた現象を招いている。

     中国政府は2018年から、自動車メーカー各社に対し、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)の新エネ車の生産目標を義務付けるなどの新しい規制を実施する計画だ。これに対し、目標が野心的すぎるとして業界団体が反対している。

     ブルームバーグによると、中国の工業情報相は3月5日、新エネ車の新規制案の導入時期延期と審査基準引き下げを検討していることを明らかにした。

     中国政府は、20年に新エネ車の生産台数を市場全体の7%に相当する200万台超、30年には40%の1500万台以上に引き上げる目標を掲げた。

     この目標を実現するため、新規制案ではメーカー各社の中国での生産・輸入台数のうち新エネ車が占める割合(義務比率)を規定する計画だが、この割合が厳しすぎると反発を招いているのだ。

     中国における2015年の新エネ車の生産台数は、33万1000台にすぎない。みずほ銀行産業調査部が昨年9月に発表したレポートでは、「今後2年で急速な新エネ車の投入拡大が実現されない限り、市場全体が大幅なクレジット不足(義務比率を達成できないこと)に陥ることが見込まれる」としたうえで、「完成車メーカーは大幅な商品戦略の見直しを余儀なくされる」と指摘している。

     中国政府は今年1月から、EV、PHV購入者への補助金を大幅に引き下げたこともあり、中国自動車工業協会が発表した同月の新エネ車の生産台数は前年同月比69.1%減だった。現地の自動車業界では、補助金なしで新エネ車の需要を維持できるかどうか、懐疑的な見方が広がっているという。

     本来なら、環境保護につながる中国の“EV至上主義”は海外から称賛されると思いがちだが、今ひとつ称賛されていない。

     ウォールストリート・ジャーナル日本版は昨年4月20日、独BMWが、EV「i3」「i8」の開発を担当していた主要幹部を新興中国EVメーカー、フューチャー・モビリティに引き抜かれたとする記事を掲載した。また、中国のIT企業、楽視グループが投資している米EVメーカー、ファラデー・フューチャーも昨年8月、米ゼネラル・モーターズからエンジニアを引き抜いた。

     中国では近年、IT企業がEV製造に参入するケースが相次いでいる。楽視や前途、蔚來、雲度が発表したEVは、加速や充電時間などの性能が高いとされる。

     とはいえ、急ごしらえの新興企業の中には蓄電池や車づくりの蓄積がないところも。欧米や日本のライバル勢に追いつくために技術者を引き抜く中国勢に対し、日欧米のメーカーは技術流出を懸念している。

     中国国内では、中央政府や地方政府による手厚い補助金を狙った詐欺行為も横行した。補助金を受け取って購入したEVを解体し、蓄電池などを別の車に移し、再度補助金を受け取るケースもあった。中国政府は昨年後半以降、悪質な事例を相次いで摘発したほか、EV生産ライセンスの申請に対する審査を厳格にするなど、重い腰を上げている。

     そもそも中国では2010年ごろから、農村部を中心に最高時速50~70キロ程度で鉛蓄電池を使った“低速EV”が普及しており、今後数年でハイスペックのEVが普及するのは難しいだろう。実態を無視した中国政府の新エネ車普及策は、すでにほころびが見え始めている。(経済本部 鈴木正行)

    http://www.sankei.com/premium/news/170321/prm1703210003-n1.html

    no title

    楽視グループが投資している米新興企業、ファラデー・フューチャーがCES(国際家電見本市)で公開したEV「FF91」=1月5日、米・ラスベガス(AP)
    no title

    排気ガスから身を守るためマスク姿で電動バイクを運転する北京市民(AP)

    引用元: ・【経済】“EV至上主義”の中国、賞賛されないこれだけの理由[3/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【チャリに戻れ 】実態を無視した中国政府のEV(電気自動車)普及策は、すでにほころびが】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/09(水) 20:11:15.27 ID:CAP_USER
    韓国政府は来年、電気自動車の充電設備を現在の倍に拡充することにした。

    韓国環境部は現在全国に設置されている急速充電設備750基と緩速充電施設9258基を、来年6月までにそれぞれ1915基と1万9579基に拡充すると8日、明らかにした。

    環境部は来年までに急速充電施設が1915基に拡大すれば、急速充電施設1基あたりの電気自動車の台数は15.6台と、日本(21.1)と似た水準になるとみている。

    環境部の関係者は「充電インフラが整えば、米国、中国、日本、ノルウェーなど先進国のように韓国でも電気自動車の普及が大きく進む可能性があると」と伝えた。

    http://japanese.joins.com/article/459/222459.html

    引用元: ・【韓国】電気自動車の充電設備を大幅拡大へ…日本と似た水準に[11/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本がー、日本がー】韓国政府、電気自動車の充電設備を大幅拡大へ…日本と似た水準に】の続きを読む

    このページのトップヘ