まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:電気

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/09/15(金) 06:19:59.03 ID:CAP_USER
    ムン大統領「韓日の電力網つなごう」、安倍に「スーパーグリッド」提案

    年内に首脳会談で経済協力を議論
    21日ごろ韓米日会談を検討
    トランプ11月に韓中日歴訪

    ムン・ジェイン大統領が安倍晋三首相に韓日の電力網の統合を提案したことが確認された。

    北東アジア経済協力の地平を広げるために、今後、中国との電力網接続案も検討されていることが分かった。ムン大統領は年内に安倍首相との二国間首脳会談が実現すれば、このような経済協力プランを議論する見通しだ。

    北朝鮮の挑発で韓半島の緊張が高まる中、ドナルド・トランプ米国大統領は11月初め、韓国と中国、日本など北東アジアの3国を順次訪問する日程調整をしている。これに先立ち、国連総会期間である21日ごろ、ニューヨークで韓米日3カ国首脳会談の開催も検討されている。

    13日、大統領府関係者は「ムン大統領が7日、ロシアのウラジオストクで開かれた韓日首脳会談で、安倍首相にいくつかの国の電力網を連携する「スーパーグリッド」事業を提案した」と述べた。安倍首相は、これに検討の意思を明らかにしたという。

    青瓦台の別の関係者は、「韓国は内陸と済州島間に海底ケーブルを敷いて電力網を接続した経験があり、関連技術も備えた」、「日本とも海底ケーブルで電力網を接続すればよい」と説明した。歴史問題で韓日関係がギクシャクした状況で、両国間の経済協力に突破口を見出すという意味だ。

    安倍首相は、ムン大統領に年内の訪日を要請した。年内に東京で韓日首脳会談が実現すれば、スーパーグリッドが主要議題として議論されるものと思われる。ムン大統領はすでに、ロシアとモンゴルの首脳会談でも、電力網の接続を提案して反響を得た。

    ムン大統領の構想が実現すれば、韓国はロシア、モンゴルの安価な電気を導入して、中国・日本などに供給する「極東エネルギーのハブ(中心地)」の役割を果たすことになる。

    こうなれば、韓国としては少なくとも3つの効果を期待することができる。つまり、電力生産コストの削減と供給の安定化、関連産業の成長と景気浮揚の機会の確保、関連投資国間の友好増進である。政府のある関係者は「韓中日は、電力の供給が不足しているのに対し、ロシアとモンゴルは、天然ガス(LNG)・石油・風力などが豊富で、電力を安価に供給することができる」、「5カ国が電力網を連携すると、エネルギー需給の安定を図ることができる」と述べた。

    当該分野の技術力を持つサムスン・LG・SKグループとソフトバンク・日本電気など韓日両国の主要企業の協力も期待される。

    電力供給地となるシベリア・モンゴルに韓国・日本の資本が直接投資してガス・石油などのエネルギー源を調べて発電所を建設、スーパーグリッドに送電することも可能と予想される。

    海外では、すでに北欧スーパーグリッド(総事業費4,991億ドル)、南欧・北アフリカ・中東スーパーグリッド(7,727億ドル)、南部アフリカ・スーパーグリッド(総3,475億ドル)などが推進されている。

    ソース:ソウル経済 2017-09-13 17:46:25(韓国語)
    http://www.sedaily.com/NewsView/1OL0FPWJ8G/
    前トレ
    【日韓】ムン大統領、安倍首相に韓日電力網の統合を提案。韓国は安価な電気を導入して供給する「極東エネルギーのハブ」に[09/14]★5
    https://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1505399142/

    【【先に北と韓朝電力網の統合すれば?】ムン大統領、安倍首相に韓日電力網の統合を提案。韓国は安価な電気を導入して供給する「極東エネルギーのハブ」に】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/07(月) 22:28:39.07 ID:CAP_USER
    2017年8月5日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本の電気料金について紹介する記事が掲載された。

    記事は、日本で生活する中国人が実際に受け取った電気使用量のお知らせの紙を紹介。それには1カ月分の使用量が276キロワットアワーで、請求額が6843円と記されている。

    日本では、電気料金は先に使用して後に支払うと記事は紹介。基本料金が設定されていて、電気の使用の有無にかかわらず基本料金は支払わなければならないと伝えた。

    また、1段料金、2段料金と使用量によって値段が異なると紹介。火力発電を主としている日本では、燃料代が常に変化しているため、燃料費調整があり、再エネ発電賦課金として一定額徴収されると伝えた。

    では、日本の電気料金は中国と比べてどうなのだろうか。記事は、中国に住む友人の1カ月の電気使用量がちょうど276キロワットであったため、比較してみたという。

    それによると、中国では276キロワットで138元(約2270円)の請求であり、日本では6843円であるため、約3倍の違いがあるという。

    中国でも地域によって電気料金に違いがあるため一概には言えないが、日本では基本料金があるので電気を使用しなくても支払いが必要だが、中国ではその必要がないと日中の違いを強調した。

    これに対し、中国のネットユーザーから「日本の給料は俺の6倍、電気代は3倍。ということは日本の電気代は中国の半額じゃないか」「日本は1時間で1000円稼げるのに、わが国では1日で1000円しか稼げない。電気代が高いのはどっちだろう」と、相対的に中国の電気代の方が高いとの意見が大半を占めた。(翻訳・編集/山中)

    http://www.recordchina.co.jp/b186644-s0-c60.html

    引用元: ・【経済】日本の電気料金と中国の電気料金を比べてみた―中国ネット[8/07] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【田舎は電気通ってなさそう 】日本の電気料金と中国の電気料金を比べてみた】の続きを読む

    1: ◆iTA97S/ZPo 2017/08/08(火)21:44:58 ID:xZr
    韓国政府が企業に電気使用量を減らすよう指示したことに対する
    産業界の反発にもかかわらず、7日に約3000社にまた「急電指示」を出した。

    政府はこの日、電力取引所を通じて「午後2時45分から5時45分までの
    3時間、電気使用量を減らすべき」という指示を企業に送った。
    大企業と中堅・中小企業3195社が対象だった。

    政府は先月の12日と21日にも「急電指示」を出している。
    2014年の制度導入から昨年まで3回の「急電指示」があったが、今年の夏は
    すでに3回も発動された。企業関係者は「電力最大需要が上がれば
    原発をなくしても問題はないという脱原発政策が批判を受ける可能性があり、
    企業の電気使用量への干渉が増えるのではないだろうか」と話した。

    政府が7月の2回の「急電指示」に続き、この日3回目の急電指示を出したことを
    受け、企業からは不満の声が出ている。「急電指示」とは、電力の需要が
    増えて予備率が落ちることに備えて政府が企業に電気使用量を減らすよう
    指示することだ。該当企業は工場の生産ラインを一部停止する形で対応する。

    政府が今年に入って急電指示の回数を増やす中、産業界では「電力予備率が
    落ちれば政府の脱原発政策がより多くの批判にぶつかるため、政府が企業を
    締めつけて電力使用量を最大限に減らしている」という批判が出ている。
    急電指示があった7日、電力予備率は11-12%をかろうじて維持した。
    電力予備率が1けたに落ちれば「危険水位」と見なされる。

    電力取引所の関係者は「この日の急電指示は正式に発動されたのではなく
    一種のテストの減縮試験」と釈明した。しかし電力市場運営規則によると、
    「減縮試験」は春・夏・秋・冬季にそれぞれ1回に限り可能だ。今年の夏季は
    先月20日と24日にすでに施行されている。

    (略)

    続きはリンク先で
    中央日報 2017年08月08日13時05分
    http://japanese.joins.com/article/144/232144.html

    引用元: ・【国際】韓国政府、また「電気使用量減らせ」…3000社に指示 [H29/8/8]

    【【なんか天災でもあったんすか?】「電気使用量減らせ」韓国政府、電力予備率11-12%で3000社に指示】の続きを読む

    このページのトップヘ