まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:集団訴訟

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 00:01:15.61 ID:CAP_USER.net
     【ソウル聯合ニュース】

     ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題で、新たに別のモデルでも不正が発覚したことを受け、
    韓国の車両所有者が来月、米国の裁判所に集団訴訟を起こすことが分かった。業界関係者が26日、明らかにした。

     関係者によると、韓国の法律事務所が米国で新たに不正が認められた同社の3000CCのディーゼル車に関し、
    2月中に米国で集団訴訟を起こし、その後、韓国でも集団訴訟を起こすという。

     法律事務所の弁護士は「米国では3000CCのディーゼルエンジンに対しても不正を認めたため、国内被害者を集めて
    先に米国の裁判所に集団訴訟を起こすことにした」とした上で、「米国ではこの問題に関して訴訟がすでに進行しているため、
    国内被害者を追加するだけで良い状況」と説明した。

     海外メディアなどによると、VWは先ごろ、米環境保護局(EPA)に対し、3000CCのディーゼル車についても排ガス量を
    不正操作していたと認めた。 

    聯合ニュース

    朝鮮日報 2016/01/26 07:47
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/26/2016012600539.html

    引用元: ・【裁判】VW排ガス不正 韓国の所有者が米国で集団訴訟へ その後、韓国でも集団訴訟を起こす予定[1/26]

    【金くれなきゃ世界中で騒ぐぞってやつ【裁判】VW排ガス不正 韓国の所有者が米国で集団訴訟へ その後、韓国でも集団訴訟を起こす予定[1/26]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 12:22:58.79 ID:???.net
    <アンカー>
    メニューに表記された魚の名前の誤記を問題視されて、集団訴訟の危機に置かれた韓人
    (コリアン)の日本食レスロランが雪だるまのように増えています。

    現在まで、集団訴訟の手紙が送られた南カリフォルニア一帯の韓人の日本食レスロランは
    50ヶ所以上と判明して、これらの韓人の事業主たちは共同対応の模索に乗り出しました。

    キム・ヘジョン記者が報道します。

    <レポート>
    アルハンブラで10年以上日本食レストランを運営して来た韓人のパク某さん。ロングビーチ
    地区のある弁護士事務室から手紙を受けました。

    手紙には、「昨年の11月、パクさんの食堂でホワイトツナ(White Tuna)を注文するとメニュー
    の表記とは異なり、エスカラー(Escolar=アブラソコムツ)という魚であると判明した」という
    内容と共に、成分の分析をした結果報告書まで同封していたのです。

    (録音)
    インターネットを通じて誤っていた点を伝え、去る数年間にパクさんのレストランでホワイト
    ツナを食べた顧客たちに全ての費用を賠償しなければならないという内容も含まれていま
    した。

    この弁護士から手紙を受けたのはパクさんだけではありません。

    一時期に横行した障害者訴訟のように、魚の名称表記が間違っているという集団訴訟の
    脅威を受けた韓人の日本食レストランは、ウェストウッドからガーデン・グローブ、パーム・
    スプリングス、サンディエゴなど、50ヶ所以上と判明しました。

    (録音)
    特にこれらの日本食レストランの事業主が全員韓人の上、全く同じ手紙を受けたという点
    から合意金を狙っているのは確実だと事業主は口を揃えて話しました。

    この弁護士は訴訟を起こさない代わりに、1店舗に付き8万~20万ドル相当の補償を要求
    した事が分かりました。

    しかし現在、手紙を受けたこれらの韓人事業主たちは、該当の魚が業界では数十年間
    エスカラーという難しい名称ではなく、一般的に『ホワイトツナ』と呼ばれて来て悔しいという
    立場です。

    (録音)
    現在これらの事業主たちは、情報を互いに交換しながら共同での法的対応を模索して
    います。

    まだ訴状を受けた店舗はありませんが訴訟に繋がった場合は弁護士雇用などの費用が
    掛かるため、スモールビジネスの事業主たちに今度の争いは容易ではない状況です。

    (録音)
    これらの韓人事業主たちは、とりあえずロングビーチ弁護士事務室から受けた手紙を含め、
    できるだけ多くの情報を共有しながら万が一の事態に備えています。

    専門家たちは、魚の名称の誤記を問題視した集団訴訟が南カリフォルニア地域の他の韓人
    事業主に急速に拡大しているだけに、とりあえずは事業主がメニューからホワイトツナを除い
    たり、エスカラーに変えるなど名称を直す事を助言しました。

    ラジオコリアニュース、キム・ヘジョンでした。

    ソース:ラジオコリア(韓国語)
    http://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=165753

    引用元: ・【米国】「魚の名前を誤記」~韓人(コリアン)の日本食レストランが集団訴訟の危機[02/06]

    【日本も名誉棄損で訴訟してみては? 【米国】「魚の名前を誤記」~韓人(コリアン)の日本食レストランが集団訴訟の危機[02/06]】の続きを読む

    souiu


    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/07/13(日)23:59:52 ID:hJaApJRkW
    カネボウ化粧品の美白製品をめぐる「白斑被害」問題で、
    海の向こう韓国からも集団訴訟の動きが出ている。

    「日本の被害者の一部は、カネボウが提示した補償額が少なすぎると集団訴訟を起こしている。
    しかし韓国では、その(少なすぎる)水準の補償さえも受けるのが難しい状況だ、
    と韓国の被害者は主張する」(韓国・ファイナンシャルニュース)

    2014年7月13日、複数の韓国メディアは、カネボウ製品を使用して肌がまだらに白くなる、
    いわゆる白斑症状を起こした女性らが、日本での集団訴訟の準備を進めていると報じた。

    「白斑」問題は2013年7月に発覚、被害者は約1万9000人に上る。
    カネボウでは原因となった美白成分「ロドデノール」が含まれる製品の回収を進めるとともに、
    6月には、比較的症状が重い被害者4000人に一時金として、
    1人当たり数十万円の慰謝料・休業補償などを支払う意向を発表した。また後遺症への慰謝料を上積みすることも検討中だ。

    しかし治療法がはっきりわかっていないこともあり、なおも約1万1800人に症状が残っている。
    また各地では、1人当たり数百万~数千万円の補償を求める裁判が起こされるなど、
    カネボウにとってはなおも厳しい局面が続いている。

    そこに追い打ちをかけるように、韓国での訴訟報道だ。

     問題の「美白」製品は、韓国では約1万3900個販売されたと推計され(発覚時点)、
    現地法人が被害者の調査、補償などに当たっている。
    しかし一部の被害者との間では交渉が不調に終わり、今回の訴訟となった。

    弁護士は韓国メディアの取材に、現地法人の提示する補償額は、
    日本の「10分の1」程度に過ぎないと主張、日本で訴える方がより高額の補償を受けられるだろう、
    との見通しを述べている。今後は韓国内の被害者に参加を呼び掛けるといい、訴訟の規模はさらに拡大する可能性がある。

    http://topics.jp.msn.com/wadai/j-cast/article.aspx?articleid=5068470

    引用元: ・【韓国】「日本人の10分の1しか補償がない、安すぎる」 カネボウ白斑問題で集団訴訟の動き[7/13]

    【【韓国】「日本人の10分の1しか補償がない、安すぎる」 カネボウ白斑問題で集団訴訟の動き[7/13]】の続きを読む

    nakamaware


    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 22:51:59.75 ID:???.net
         1人当たり15万-30万円の損害賠償求める

     韓国内外の自動車メーカーによる燃費水増し問題をめぐり、被害を受けたという消費者約1800人がメーカーを
    相手取って集団訴訟を起こした。

     法曹界の関係者によると、現代自のサンタフェ、双竜自のコランド、ドイツ・フォルクスワーゲンのティグアン、同BMWの
    ミニクーペ、米国クライスラーのジープ・グランドチェロキー、ドイツのアウディの計6車種のユーザー1785人は
    「燃費の水増しによって生じた燃料代10年分などを補償してほしい」として、ソウル中央地裁に提訴した。
     原告は「水増しされた燃費表示による車両価格の違い、燃料代、精神的な被害などを考慮した」として、それぞれ
    賠償金150万-300万ウォン(約15万-30万円)を請求した。

     集団訴訟で原告の代理人を務める弁護士法人「イェユル」は「これまでに訴訟を起こす意向を表明した被害者は
    約3000人に達する。ひとまず書類が整った1785人の訴状を提出したが、来月までにさらに原告を募る方針だ」と説明した。

     昨年12月、消費者が現代自を相手取って起こした燃費をめぐる訴訟では、裁判所は「メーカー側が道路の状態などにより、
    実際の走行での燃費と告知した燃費に違いが生じる可能性があると通告しているため、『燃費を水増しし消費者の合理的な
    選択を妨害した』と見なすのは困難だ」との判決を下していた。

     ところが最近、国土交通部と産業通商資源部(いずれも省に相当)が燃費水増しの問題を指摘し、メーカーに過料を
    科したため、消費者たちは再び訴訟を起こした。先月24日にはサンタフェの購入者3人が「イェスル」を通じ、1人当たり
    60万ウォン(約6万円)の損害賠償を求める訴訟を起こした。

    崔燕真(チェ・ヨンジン)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/07/08 10:11
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/08/2014070801179.html

    引用元: ・【韓国】自動車の燃費水増し:消費者1785人が集団訴訟 弁護士「来月までにさらに原告を募る方針」[07/08]

    【慰安婦みたいな手口 -【韓国】自動車の燃費水増し:消費者1785人が集団訴訟 弁護士「来月までにさらに原告を募る方針」[07/08]】の続きを読む

    このページのトップヘ