まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:隣国

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/02(金) 03:32:53.92 ID:CAP_USER
    南官杓(ナム・グァンピョ)日本駐在韓国大使は1日、建国記念日にあたる10月3日の「開天節」を祝うメッセージをオンラインで公開し、韓日協力の重要性を改めて強調しました。

    南大使は、建国記念日にあたる「開天節」を2日後に控えて公開したレセプションメッセージで、「現在、韓日両国は厳しい時期を送っているが、日本は私たちのもっとも近い隣国であり、千年を超える交流を通じて協力関係を発展させてきた歴史がある」と述べました。

    そのうえで、「昨今の厳しい周辺環境により、韓日間の協力はいつにもまして不可欠な状況となっている」とし、「両国が互いに尊重し、対話を通じて厳しい状況を乗り越え、新たな挑戦に共に立ち向かうことにより成熟した関係に発展していくことを期待する」と述べました。

    在日韓国大使館は、「新型コロナウイルスの克服に向けた韓日協力の増進」というテーマで様々な動画を制作し、大使館のユーチューブチャンネル(www.youtube.com/kankantube)に掲載しており、この日「開天節」を祝うオンラインレセプションを開催しました。

    動画は、
    ▲新型コロナウイルスと関連した韓日協力
    ▲ドラマ「愛の不時着」の主演女優、ソン・イェジンさんの挨拶
    ▲日本の伝統楽器「琴」の紹介と日本の芸術家たちとの共演
    ▲新型コロナウイルスの影響で延期された東京オリンピックの成功を願う応援メッセージ
    などで構成されています。

    女優のソン・イェジンさんはお祝いのメッセージで、「最近日本で『愛の不時着』が多くの方に愛されていると聞いた」とし、「新型コロナウイルスの影響で全世界が非常に苦しい状況ではあるが、互いに協力すればこの困難も乗り越えられるはずだ」と述べ、感謝と応援のメッセージを送りました。

    KBS 2020-10-01 14:32:57
    https://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=77057

    駐日韓国大使「もっとも近い隣国、韓日協力は不可欠」 
    no title


    ★1が立った日時 2020/10/01(木) 16:09:15.00
    ※前スレ。
    【駐日韓国大使】「もっとも近い隣国、韓日協力は不可欠」 千年を超える交流を通じて協力関係を発展させてきた歴史がある ★4 [10/1]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601562466/

    引用元: ・【駐日韓国大使】「もっとも近い隣国、韓日協力は不可欠」 千年を超える交流を通じて協力関係を発展させてきた歴史がある ★5 [10/2] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【日本にとって迷惑だ 【駐日韓国大使】「もっとも近い隣国、韓日協力は不可欠」 千年を超える交流を通じて協力関係を発展させてきた歴史がある ★5 [10/2] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/07(土) 11:21:35.50 ID:CAP_USER
    【ソウル時事】

    韓国の丁世均首相は7日、大邱市で行われた新型コロナウイルスの対策会議で、「(感染拡大は)人類すべての危機で国際的な協力が重要だが、われわれの隣国は遮断し、目を背けることを選択した」と日本政府の韓国からの入国制限強化に不信感を示した。

    その上で韓国が日本からの入国制限措置を取ったことに関して「日本の不当な措置への対抗措置は避けられない」と主張した。聯合ニュースが伝えた。


    2020年03月07日11時06分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020030700378&g=pol

    【日本に行くなと煽っておきながら 【新型コロナ】 「われわれの隣国は遮断し、目を背けることを選択した」  韓国首相が日本政府に不信感 [03/07]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/15(木) 10:22:43.61 ID:CAP_USER
    夏休み期間中、地方都市の高層アパートに住む知人を訪問することがあった。エレベーターに乗ったところ、戦犯企業というレッテルを貼られている三菱の商標が数字の上についていた。

    団地内のコンビニエンスストアに日本ビールを売らないという案内文が張り出され、進入路周辺に「もう負けません」と書かれた垂れ幕を掲げていることとは違い、住民のその誰も三菱エレベーターは意に介さなかった。

    ビールとエレベーターの違いは何だろうか。それは代替可能なものとそうでないものの違いだ。正常に動いているエレベーターを交換することもできないし、アパートの住民が20階という高層を自分の足で歩いて上ることもできない。

    不買運動は衣類やビール、化粧品など代替可能品がある消費財に限定されている。自動車もこの範疇から出ない。公営放送ニュースを進めたアンカーの手に握られたボールペンが日本製ではないかと視聴者が抗議の電話をかけ、アンカーがわざわざ国産だと説明するハプニングが起きた。

    ボールペンは国産だとしても、アンカーの説明を居間に伝える放送装備の相当部分は日本製だ。国内で使う放送カメラのほとんどは100%日本製だと考えてもいい。日本企業の市場占有率やコストパフォーマンスなどを考慮すると、選択の余地が他にないためだ。

    不買運動は日本の経済報復に対する抗議手段だが、すべての日本製品を拒否することは中国産製品なく生きていくことと同じくらい不可能なミッションだ。

    では日本という国は我々にとってどのような存在なのか。言うまでもなく、代替不可能な存在だ。それも永久的にだ。エレベーターは故障したり耐久年限が過ぎればより良い製品に交換することができるが、隣国はそうはいかない。引っ越しすることもできない。

    隣国は醜かろうが美しかろうが、好むと好まざるに関わらず離れられない宿命だ。そのような大前提の下、共存・共生する戦略を立てて関係を設定しなければならない。韓国も日本も両国政府双方に該当する話だ。

    韓国の主力産業の急所を狙った日本の経済報復措置は撤回されるべきだ。安倍首相の言葉のように信頼が崩れたとすれば信頼を再構築しようとする努力からやることだ。隣の倉庫を潰して屈服させようとする目論見に誰がうなずくだろうか。

    だが、我々が「竹槍」を手に対抗することもまた賢明な対応とはいえない。今広がっている極限の対立は勝者も敗者もない、ただのどん詰まりゲームにすぎない。

    2019年08月15日10時04分
    https://japanese.joins.com/article/593/256593.html?servcode=100&sectcode=140
    https://japanese.joins.com/article/594/256594.html?servcode=100&sectcode=140

    引用元: ・【中央日報/コラム】 三菱エレベーターで浮かんだ考え  両国は互いに「代替不可能な」隣国 [08/15]

    【いつもの用日論 【中央日報/コラム】 三菱エレベーターで浮かんだ考え  両国は互いに「代替不可能な」隣国 [08/15] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン! 2019/06/15(土) 22:17:26.78 ID:CAP_USER
    日本と韓国の管理職は、欧米のそれに比べて短命とのリポートを、先ごろ東京大学が国際共同研究論文として発表した。言わんとしているところを要約すると、
    《欧米では、一般的に教育レベルや社会的階層が高い人ほど健康的で死亡率が低いといわれるから、管理職や専門職は、工場などで単純な作業に従事する労働者より死亡率が低い傾向にある。これは「健康格差」(死亡率格差)と呼ばれる現象で、かつて高度経済成長期の日本もそうだった》
    《ところが、バブルがはじけて深刻な経済不況に陥った1990年代後半からこの事象は逆転。管理職・専門職の死亡率が上昇して、一般労働者より高くなってしまった。韓国も同様で、リーマン・ショックに端を発した世界金融危機の2000年代後半から管理職・専門職の死亡率が高くなっている》

     日本と韓国における管理職と専門職の高死亡率は、両国が働き方の改革を進める上で共通の大問題となっているわけだ。

     ところが、日韓で全く逆なのがキャリア警察官だ。日本では警察官僚OBは企業の監査役などに、旧大蔵官僚を上回る歓迎ぶりで迎えられるが、韓国の警察庁長官経験者の哀れぶりは、韓国の大統領の末路に匹敵する。

     「朴槿恵(パク・クネ)前政権下で第19代警察庁長官に起用された姜信明(カン・シンミョン)が、5月15日に逮捕されています。後任の李哲聖(リ・チョルソン)前長官についても同様の容疑で逮捕状が出されていましたが、裁判所は却下しました。2人の先輩長官を逮捕した現長官は、文在寅大統領が昨年6月に第21代長官に任命した閔鉀龍(ミン・カプリョン)です。すでに閔長官の末路については、賭けの対象になっています。韓国の警察制度は、1948年の建国から90年までの軍事政権下までは、警務部部長が警察のトップでしたが、警務部から警察庁に改称したのが91年7月で、警察庁発足から長官に就任したのは計21人いますが、最後まで任期を全うし、退任できたのは今回、逮捕された姜元長官と逮捕状が出された李前長官、それに盧武鉉政権下の第13代の3人のみです。残り17人は任期を全うできず、21人のうち11人が被疑者として検察の調査を受け、このうち9人が逮捕、起訴され、8人は有罪宣告を受けています」(韓国ウオッチャー)

     大統領から警察のトップまでが退任後、本人や家族が収賄容疑などで逮捕されるこのありさまは、やはり“異常な隣国”と言わざるを得ないだろう。

    https://wjn.jp/sp/article/detail/3058175/
    週刊実話 2019年06月15日 07時00分

    引用元: ・【週刊実話】韓国はやっぱり“異様な隣国”!? 歴代警察庁長官21人のうち半数が「被疑者」[6/15]

    【犯罪に関わってない奴は皆無【週刊実話】韓国はやっぱり“異様な隣国”!? 歴代警察庁長官21人のうち半数が「被疑者」[6/15] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/04(木) 21:09:26.96 ID:CAP_USER
    先月、中国の朝中国境地帯を訪れた。豆満江(トゥマンガン)と鴨緑江(アムノッカン)を横切る多くの橋の上を貨物車と列車が行き来していた。最大の国境貿易都市の丹東では世界のブランド品で満たされている商店を目撃した。
    北朝鮮新義州(シンウィジュ)がはっきりと見える鴨緑江周辺からわずか300メートルほど離れた大通り沿いに最近できたという。指導部に圧力を加えるとして対北朝鮮ぜいたく品貿易を禁止した国連安全保障理事会の決議を無力化するような現場だった。
    ふろ敷包みを担いだ非公式の貿易商が禁止品目をいくつか持って鴨緑江を渡ることまで防ぐのは容易でないからだ。実際、丹東駅や周辺の商店で金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)親子バッジをつけた北朝鮮住民をすぐ見つけることができた。
    人間貿易船だ。中国は住民の生存を理由に対北朝鮮貿易の余地を残していて、北朝鮮は今までゆうゆうと持ちこたえている。
    中国の協力なしには対北朝鮮制裁も、脱北民の安全も、南北の和解進展も容易でないということをそのまま見せる冷酷なリアリズムの現場だった。

    このような状況で中国の一角では、在韓米軍のTHAAD(高高度ミサイル防衛)体系配備を受け入れた韓国に「経済報復」をするべきだという声が出ている。中国が北朝鮮ではなく韓国を経済的「打撃対象」に挙げているのだ。
    ところで中国は経済報復で韓国に一方的な打撃を抱かせることができるだろうか。韓国の立場で中国は輸出・輸入とも最も多い重要な貿易相手だ。韓国の輸出全体のうち中国は25.4%を占める。
    米国(5.6%)、香港(4.8%)、シンガポール(4.2%)が後に続き、1・3・4位が中華圏だ。ここまではよく知られている話だ。中国が足を引っ張れば韓国経済に打撃を与えることもできるだろう。

    重要なのは中国の輸出で韓国が占める部分だ。韓国は米国(16.9%)、香港(15.5%)、日本(6.4%)に次ぐ、中国の4番目(4.3%)の輸出市場となっている。韓国の輸入全体のうち中国は17.1%を占め、最も多い。
    日本(10.2%)と米国(8.7%)を合わせた数値と似ている。中国は韓国の主要顧客だが、韓国も中国の核心顧客だ。

    さらに重要なのは、韓国は中国の輸入全体の9.7%を占める最大輸入対象国という事実だ。日本(8.3%)、米国(8.1%)、台湾(7.8%)、ドイツ(5.4%)、豪州(5%)がその後に続く。
    注目すべき点は韓国から輸入する製品の相当数が半導体・部品・素材など中国の輸出商品を生産する必須中間財ということだ。両国は歯車がかみ合って動く経済的運命共同体といえる。
    このような状況で中国が韓国に経済報復をするのは仏教の『阿含経』でいう「風に向かって砂を投げる」結果を招くしかない。韓国に被害を与えるには中国も損失を覚悟しなければいけない。
    世界13位規模の韓国経済は中国経済と協力して相互シナジーを出すことができる、数少ないグローバル協力パートナーという事実も重要だ。韓国がふらつけば中国にもマイナスだ。
    過去に中国は「唇亡歯寒」論で北朝鮮をかばったが、経済協力が加速化した今、中国の唇は北朝鮮でなく韓国に変わっている。

    さらに中国経済は今年も見通しがそれほど明るくない。今年上半期の輸出額は9975億1300万ドルで前年同期比6.9%減、輸入額は7013億4699万ドルで9.6%減となった。こうした状況で中国が韓国と貿易摩擦を起こすのは「自害」に近い。
    体制安定のために経済成長が切実な中国がこのようなリスクを負う理由があるのだろうか。韓国も経済に政権の安定がかかっている。お互い利害が一致する部分だ。これに基づいて一緒に解決方法を探すのがよい。

    韓国政府は何よりも対中外交の自信を回復しなければいけない。中国に向かって「何が重要なのか」という質問を投げかける必要がある。
    中国は経済運命共同体である韓国と対立するより、核・長距離ミサイル挑発をする「国際社会の厄介な隣人」北朝鮮を説得するのに外交力を集中することが国益につながるだろう。
    中国が「韓半島の平和と安定が核心利益」という立場をまだ維持するなら、これは当然のことだ。韓国と中国はずっと共存しなければいけない隣国ではないのか。

    チェ・インテク論説委員

    http://japanese.joins.com/article/024/219024.html

    引用元: ・【中央日報】韓国と中国は経済運命共同体 韓国と中国はずっと共存しなければいけない隣国[8/04]©2ch.net

    【【ブスストーカー理論】中央日報「韓国と中国はずっと共存しなければいけない隣国」】の続きを読む

    このページのトップヘ