まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:闘争

    1: まぜるな!キケン!! 2019/12/15(日) 18:14:58.69 ID:CAP_USER
    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/MHQX4XqcLuk


    ____________________________________________________________

    <アンカー>
    日本軍慰安婦を否定している日本の右翼を相手に、厳しい闘争を続けている日本人がいます。

    去る1991年、日本軍慰安婦被害者の証言を世間に初めて伝えた植村隆さんです。

    朝日新聞社記者だった植村さんは、28年経った今でも、この記事が捏造だと主張する日本の右翼と訴訟を繰り広げています。

    キム・ジスク記者です。

    <レポート>

    <植村隆(カトリック大学校招聘教授・元朝日新聞記者)>
    「 “思い出すと今も涙” 、“ 朝鮮人従軍慰安婦” のうち、1人がソウル市内に生存していることが分かり、“韓国挺身隊問題対策協議会” が聞き取り作業を始めた」

    植村さんは現在、カトリック大学校の招聘教授です。

    1991年8月、故・金学順(キム・ハクスン)さんの証言を基に、日本軍慰安婦の存在を初めて世間に伝えて以降、韓国との絆を続けています。

    「ご苦労様です。それでは記念写真を撮ります(韓国語)」

    休みを迎え、自身の故国である日本に帰りますが、そのまま法廷に向かう必要があります。

    彼が書いた記事を『捏造』と主張した日本の右翼を相手に、真実のための法廷闘争中だからです。

    <植村隆(カトリック大学校招聘教授・元朝日新聞記者)>
    「私の娘が高校生だったのですが、インターネットに顔写真が晒されて、“自 するまで追い込むしかない” とか、様々な批判の誹謗中傷の言葉が寄せられました」

    <植村隆(カトリック大学校招聘教授・元朝日新聞記者)>
    「私だけではなく、故・金学順さんの名誉も汚されたわけです。慰安婦問題が否定されてるわけですから。これは歴史の真実を伝える戦いだと思っています」

    植村さんは右翼の暴力的な脅しに屈せず、真実を報道した功労として、第7回・李泳禧(リ・ヨンヒ)賞を最近受賞しました。

    <植村隆(カトリック大学校招聘教授・元朝日新聞記者)>
    「過去をきちんと直視して、記憶して、そして一緒に東アジアの平和を作って行く、そういう関係を中国や韓国、隣国と作って行かなければならないと思います」

    <植村隆(カトリック大学校招聘教授・元朝日新聞記者)>
    「日本と韓国が仲良くなるため橋を作ろうとした人、という風に記憶されたいです。作った人ではなく、“ハリョッゴ ヘッドン サラム(しようとした人)”」

    植村さんが日本の右翼を相手に起こした民事訴訟は、東京と札幌の2か所で行われていますが、1審ではいずれも敗訴しました。

    植村さんは来る16日、東京の裁判所の控訴審法廷に向かいます。

    KBSニュース、キムジスクでした。

    ソース:KBS(韓国語)
    http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4343182

    (前)
    【韓国KBS】『慰安婦を最初に告発』植村隆の闘争・・・「歴史の真実を伝える戦い」[12/15]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1576374408/
    ★1投稿日:2019/12/15(日) 10:46ごろ
    ____________________________________________________________

    oikora!

    引用元: ・【韓国KBS】『慰安婦を最初に告発』植村隆の闘争・・・「歴史の真実を伝える戦い」★2[12/15]

    【最初っからウソw 【韓国KBS】『慰安婦を最初に告発』植村隆の闘争・・・「歴史の真実を伝える戦い」★2[12/15] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/25(火) 09:22:50.35 ID:CAP_USER
    日本大使館前の平和の少女像守護の座り込みを続けていた学生団体が、安倍晋三総理の長期政権および日本の軍国主義復活に反対する闘争を行う事にした。

    『日本軍性奴隷制問題の謝罪賠償と売国的韓日合意廃棄のための大学生共同行動』は24日、ソウル 鍾路区(チョンログ)の少女像前で記者会見を開き、「少女像座り込み1000日を基点に団体名称を “反安倍反日青年学生共同行動” に変更する」と宣言した。

    (写真)
    no title

    ▲ 座り込み1000日記念の記者会見を開く『反安倍反日青年学生共同行動』の関係者(24日)

    これらは、「2015年12月28日に締結された売国的韓日合意の糾弾から始まった我々の座り込みが、いつのまにか1000日を迎えた」とし、「売国的韓日合意の廃棄と日本軍性奴隷制問題の解決のため、独島(トクド)と歴史教科書の歪曲を正すために、安倍の平和憲法改正と侵略戦争を阻止するために、今日から新たな闘争を始める」と述べた。

    続けて、「長期政権を狙う安倍は今、“戦争可能な日本” のため、平和憲法を戦争憲法に改正する試みを露骨に現わしている」とし、「安倍晋三総理と日本の軍国主義復活に反対して、北東アジアの平和と民族的自尊のための闘争をして行く」と強調した。

    ソース:NAVER/アイニュース24(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=031&aid=0000464914

    引用元: ・【韓国】『少女像守護』座り込み1000日・・・「これからは反安倍闘争をします」=大学生団体[09/25]

    【【韓国】『少女像守護』座り込み1000日・・・「これからは反安倍闘争をします」=大学生団体[09/25] 】の続きを読む

    このページのトップヘ