まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:関係改善

    1: まぜるな!キケン!! 2022/09/14(水) 17:24:37.00 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官は14日、テレビ会議形式でアジア地域の公館長会議を開き、日本との関係改善が価値を共有している国との協力に欠かせないとして、歴史問題など懸案解決のためさまざまなレベルで対日協議を加速化させる一方、徴用被害者など国内の各界各層の意見を積極的に聞いていると強調した。

    また、域内の重要なパートナーであるインドやオーストラリア、ニュージーランドとの関係強化に加え、南西アジア・太平洋諸国との実質的な協力拡大を強調した。

    文在寅(ムン・ジェイン)前政権に続き、現政権でも東南アジア諸国連合(ASEAN)は韓国外交の重要なパートナーとし、ASEANとの互恵的・実質的・戦略的な協力を通じ、現政権の構想「韓・ASEAN共生連帯」を実現させる方針も明らかにした。

    会議には日本やベトナム、オーストラリアなどアジア太平洋地域の公館長44人が参加した。


    2022.09.14 16:40
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220914003200882

    引用元: ・【韓国外相】 対日関係改善  価値共有国との協力に欠かせず [09/14] [荒波φ★]

    【価値観を共有していない韓国 【韓国外相】 対日関係改善  価値共有国との協力に欠かせず [09/14] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/08/29(月) 08:28:36.79 ID:CAP_USER
    中国青年報は25日、日本と韓国について「関係改善に温度差が少なからずある」とする記事を掲載した。

    記事が日本の産経新聞や朝日新聞などの報道を引用する形で伝えたところによると、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は就任から100日を迎えた17日の記者会見で、日韓関係について「歴代最悪の日本との関係を早く回復させ、発展させている」とし、関係改善に強い意欲を表明した。歴史問題については「両国が譲歩と理解を通じて円満に解決できると信じている」と述べた。元徴用工訴訟については「日本が憂慮する主権問題の衝突なく、債権者(勝訴した原告)が補償を受けられる方策を検討中だ」と述べた。

    韓国側は4日にカンボジアで行われた日韓外相会談で、輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国(優遇対象国)」への復帰を日本側に求めたが、日本側は徴用工問題とホワイト国復帰は別問題として要請に応じない姿勢を示した。

    尹大統領は15日、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説し、日本について「今や世界市民の自由を脅かす挑戦に立ち向かい、共に力を合わせていかなければならない隣人だ」と述べて日韓関係改善に意欲を示したが、元徴用工や慰安婦など歴史問題に沈黙したことで、韓国国内では「低姿勢」「屈辱外交」などと反発世論が高まった。

    自民党の衛藤征士郎・元衆院副議長は4日の党会合で、日韓関係について「日本は兄貴分」と主張し、韓国国内で反発を招いた。衛藤氏は記者団の取材に対し、「日本は兄貴分」と発言した真意について、「わが国はかつて韓国を植民地にした時がある。そこを考えた時に、韓国は日本に対してある意味、兄貴分みたいなものがある」と説明。日韓は対等ではないのかと問われると、「日本国民は日米関係を対等だと思っているか。僕は思っていない。同じように日韓関係は対等だと韓国が思っていると、僕は思っていない」と述べた。

    記事は、韓国側の「低姿勢」にもかかわらず、日本側は、日韓関係改善において韓国側が期待する積極性を見せておらず、双方の間にはとても大きな温度差があると指摘した上で、「日韓関係は今後、どちらの方向に進むのか。冷え込んだ関係の氷は溶けるのか。注目していきたい」とした。(翻訳・編集/柳川)

    https://www.recordchina.co.jp/b900124-s39-c100-d0192.html

    引用元: ・【中国メディア】日本と韓国、関係改善に温度差 韓国側の「低姿勢」にもかかわらず… [8/29] [昆虫図鑑★]

    【姿勢だけでゼロ回答だけどなw 【中国メディア】日本と韓国、関係改善に温度差 韓国側の「低姿勢」にもかかわらず… [8/29] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/08/16(火) 16:53:06.96 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国企業の半数以上が韓日関係の改善と経済協力の模索を望んでいることが16日、経営者団体の韓国経営者総協会が発表したアンケート結果で分かった。

     アンケートは「韓日関係、経済協力の展望と課題」をテーマに、先月27日から今月2日まで全国の従業員30人以上の企業207社を対象に実施された。

     韓日の対立を解消し、経済協力を模索する必要があるかとの質問に対し「そう思う」との回答が57.0%で最も多かった。「そう思わない」は6.8%、「普通だ(どちらでもない)」は36.2%だった。

     両国間の経済協力が必要な分野(複数回答)として、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)やインド太平洋経済枠組み(IPEF)など大規模な多国間貿易協定を挙げた企業が53.4%で最も多かった。次いで「新産業および先端技術交流」が35.8%、「グローバル供給網(サプライチェーン)問題への対応」が23.3%、「国外の経済危機への備え」が22.3%などだった。

     また、37.7%は「両国関係が改善されれば、企業の投資と雇用の拡大に役立つ可能性がある」と答えた。

     両国関係の悪化による企業にとってのネック(複数回答)は、「売り上げ減少」(14.5%)、「素材・部品・装備(装置や設備)需給の支障」(13.5%)、「人の往来の難しさ」(11.6%)、「輸出入通関の遅延など物流の支障」(9.2%)、「ブランドおよび企業イメージの悪化」(4.8%)、「経営および投資環境の予測可能性の低下」(4.3%)などが挙がった。

     両国関係の改善に向けた政策課題(複数回答)としては「日本の対韓輸出規制の早期解除など貿易紛争の解決」(35.9%)、「多国間貿易協定参加を通じた貿易活性化」(32.5%)、「政府間対話と意思疎通の強化」(31.1%)などの順だった。

     同協会の関係者は「韓日関係の悪化で売り上げ減少や通関遅延など企業活動にさまざまな困難があったが、5月の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の就任式に日本代表団が出席し、両国関係改善に対する企業の期待が大きい」との見方を示した。

    hjc@yna.co.kr

    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220816002700882?section=news

    引用元: ・【聯合ニュース】韓国企業の57%「韓日関係改善・経済協力必要」 [8/16] [昆虫図鑑★]

    【ノージャパンはどうした?【聯合ニュース】韓国企業の57%「韓日関係改善・経済協力必要」 [8/16] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/30(土) 00:01:04.13 ID:CAP_USER
    【韓国紙】関係改善を急ぐ韓国と冷淡な日本

    両国の温度差解消できるか
    朴振外交部長官(外相)は18日、東京、羽田空港で記者らに韓日関係改善に対する強い意志を明らかにし、「過去を直視しながら未来を志向する真のパートナーシップを作るためのシャトル外交が本格的に始まる時だ」と語った。

    このメッセージの基調は訪日の間中維持され、最終日の20日、韓国特派員らとの懇談会では、「日本も関係改善のための韓国の努力に誠意をもって呼応する用意があると感じた」と述べた。訪問成果についての自評であり、今後、日本の態度がどのようであるべきかについての強い願いであり要求だった。

    日本の反応は韓国の積極的な意志に比べると冷たかった。朴外相と面会した岸田文雄首相は、「懸案解決のために(韓国政府が)引き続き努力してほしい」と語り、関係改善のためには韓国側の解決法提示が先行すべきだという日本政府のいわゆる“一貫した立場”から少しも退かなかった。

    尹錫悦大統領が当選して韓日関係改善に積極的に乗り出し始めた後、今まで両国のこうした温度差はずっと続いている。4月、日本に派遣した政策協議団の団長、鄭鎭碩国会副議長は、「一人では事を成し遂げ難い」という意味の四字熟語「孤掌難鳴」に何度も言及し、日本の呼応を要求した。

    先月スペインのマドリードで北大西洋条約機構(NATO)首脳会議が開かれる前、韓国政府は尹大統領と岸田首相の単独首脳会談を期待したが実現しなかった。NATO首脳会議の夕食会、多国間会談などを通じて初めて会った岸田首相に対する「共同利益のために両国関係を発展させされるパートナーになれると確信した」という尹大統領の評価は、今回の朴外相の訪日期間でも表現された。

    首脳会談の開催についても韓国政府は、「お互いが気楽な時期に自然に会えるだろう」と積極的だが、日本政府からは何の反応もない。朴外相を迎えた日本政府の態度を伝えた日本メディアの報道を見れば、侮辱感まで感じる。日帝強制占領期の強制動員被害補償判決(いわゆる元徴用工訴訟問題)について、「韓国政府が解決意志を表現しているが、(日本が受け入れ可能な)解決策を提示することができるかは疑問」という外務省幹部の話や、「韓国側が岸田首相との会合を希望したが(日本政府は)外相会談の結果が出るまでは決めなかった」として、「関係改善を急ぐ韓国と慎重な日本の考えが今回も食い違った」との評価などが報じられた。

    両国政府の温度差が当惑するほど鮮明なことは明らかだ。この隙間を韓国政府は国民にどのように説明し、解決策への同意を求めていくのか、という疑問を感じる。強制動員被害補償判決、慰安婦問題は日本の加害から始まったことである以上、外交分野に限定されない正しい歴史の定立、国家的な自尊心がかかった懸案だ。関係改善という当為に執着して国民的同意・支持を受けられない結果が出るなら、今のような論議がいつでも再発する恐れがある。韓日両国政府が今の違いをどのように解消しつつ交渉を展開していくか注目しなければならない。

    (カン・グヨル東京特派員、7月25日付)

    世界日報
    https://www.worldtimes.co.jp/global/korean-peninsula/20220728-163756/

    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1659098590/
    ★1:2022/07/29(金) 21:43:10.08

    引用元: ・【世界日報】 関係改善を急ぐ韓国と冷淡な日本★2[07/29] [LingLing★]

    【韓国人は謝り方も知らんのか。【世界日報】 関係改善を急ぐ韓国と冷淡な日本★2[07/29] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/14(木) 16:03:58.15 ID:CAP_USER
    韓国が「クアッド」に合流するとみられ、この過程で韓日間の緊張緩和の道が用意されるという見方が出ている。クアッドは米国が主導する中国牽制安全保障協議体であり、現在のところ米国のほか日本、オーストラリア、インドが参加している。元NATO(北大西洋条約機構)連合軍最高司令官ジェームズ・スタブリディス氏は3日、日経アジアへの寄稿でこうした「クイント(Quint)」の展望と韓日関係改善のアイデアを出した。

    海軍で37年間を過ごした元提督のスタブリディス氏は米軍で「最も長く勤務した戦闘司令官」の一人に挙げられる。2009年からNATO連合軍を4年間指揮した後、タフツ大学国際大学院で5年間学長を務めるなど、軍事・外交・安全保障分野で多様な道を歩んだ。

    2016年の大統領選挙当時はヒラリー・クリントン候補のランニングメイトに挙がった。放送出演やコラムなどで活発に対外活動をしてきた。スタブリディス氏の父も海兵隊将校だった。父は朝鮮戦争にも参戦した経歴がある。韓国とも縁があるということだ。

    ◆「韓日、葛藤から協力へ」

    スタブリディス氏はコラムで韓日関係についてよく把握していることを示唆した。スタブリディス氏は「太平洋艦隊で長く勤務する間、私は韓国と日本の間に流れる『敵対感』を実感した」とし「歴史的に韓国と日本の深くて複雑な葛藤の歴史を考慮しても、韓日間の葛藤は太平洋地域で米国の軍事計画に多くの残念な点を残した」と主張した。

    そして尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の登場を韓日関係の変化のきっかけとして期待を表した。スタブリディス氏は「韓国の新政権からは変化が感知される」とし「北が核実験を準備するなど安保の脅威が高まる中、韓国は軍事力強化の側面で日本とさらに高い水レベルの安保協力が必要な時期であり、このような時こそ韓国がインド太平洋安保体系のクアッドに合流する時点ではないだろうか」と提案した。

    スタブリディス氏は韓国の原子力潜水艦保有の可能性について、米国のどの当局者より前向きに言及した。「(尹錫悦政権は)さらに広い射程圏の弾道ミサイルの保有を望み、『さらに大きなサメ』となる原子力潜水艦もこれに含まれるはず」とし「もちろんこれは今まで米国の反対にぶつかったが、最近、米国がオーストラリアに原子力潜水艦を黙認しながら状況は変わった」という考えを示した。

    続いて日本も国防力強化で韓国と似た状況だという論理を持ち出した。スタブリディス氏は「日本も国防費を増やし、攻撃的打撃能力と弾道ミサイル防御に集中する新しい国家安全保障戦略を立てている」とし「こうした点で韓日首脳会談の席では双方の『国防協力』が主な議題になるだろう」と予想した。

    続いて「韓国が日本、オーストラリア、インドなど他のインド太平洋国家と軍事的同盟を結べば、韓米間の同盟の強度はさらに高まる」とし「これは韓国・日本はもちろん米国にもよいことだ。こうした点で韓国はいつか『クイント』のメンバーになる可能性がある」とした。

    韓国と日本は最近まで歴史問題などいくつかの側面で衝突してきたが、双方が軍事力強化を政策目標に掲げただけに協力の余地が生じたという意味と解釈できる。この過程で韓国の「クアッド」加入は両国軍事協力の試金石になるということだ。

    全文はソースで
    https://japanese.joins.com/JArticle/293200
    https://japanese.joins.com/JArticle/293201?servcode=A00§code=A10

    引用元: ・【中央日報】クアッドに韓国を追加する「クイント」 韓日関係改善の転機になるのか [7/14] [昆虫図鑑★]

    【よく自分の都合よく喋れるよな 【中央日報】クアッドに韓国を追加する「クイント」 韓日関係改善の転機になるのか [7/14] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ