まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:開発会社

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/26(日) 00:31:03.18 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title

    ▲ 24日発売されて盗作論議が起きている鬼殺の剣(写真出処:グーグル プレーストア)
    no title

    ▲鬼に家族を殺された主人公の話を扱う鬼滅の刃(写真出処:アニメマックスTV)

    24日発売された国産モバイルゲームが日本の有名マンガ/アニメ「鬼滅の刃(グィミョルウィカルナル)」をコピーしたと盗作論議に包まれた。

    論議の主人公は国内ゲーム会社テンナインが自主開発して24日、グーグル プレイストアで発売したアクションRPG 「鬼殺の剣(グィサルウィコム)」だ。

    家族をヒョルグイ(血鬼?)によって失った悲運の主人公タツヤがヒョルグイを狩る剣士になって世の中を救う、という話を含んでいる。このゲームはタイトルからストーリー、キャラクターまで日本の人気マンガ、鬼滅の刃を盗作したという指摘を受けている。

    鬼滅の刃は吾峠呼世晴が2016年から週間少年ジャンプに連載中の漫画で、家族を鬼に殺された主人公カマド・タンジロが家族を殺した鬼を懲らしめるために冒険に旅立つ話だ。鬼とヒョルグィの差があったりするが、非常に似た展開だ。

    キャラクターもやはり類似性が濃厚という評価だ。額に傷がある主人公タツヤは鬼滅の刃の主人公タンジロに似ており、頭に角がはえた女性キャラクター、カスミは鬼に変わった主人公の妹、ネズコを連想させる。

    一部では、ゲーム システムが既存のモバイルゲームであるソードマスター ストーリーに似ているという指摘も出ている。
    (中略:ソードマスター ストーリーの説明)

    鬼殺の剣公式カフェではコンセプトやキャラクター、ゲーム性に対する盗作疑惑を指摘したところ、カフェから追い出されたという情報提供が上がっている。

    盗作論議に対して、開発会社であるテンナインはこれを頑強に否定した。テンナイン関係者は24日、ゲームメカとの電話通話で盗作論議について「鬼と戦うという世界観と、キャラクターが日本式の服装を着ている点で似ていると判断するようだ」として鬼滅の刃とは関連性がない作品であり盗作でもないと主張した。

    テンナインは鬼殺の剣が初めての作品である新生開発会社だが、グーグル プレイに登録された住所および報道資料に明示された代表名を見ればジャスティスソフトと同じだ。ジャスティスソフトはロスト社サバイバル プロジェクト開発者であるクォン・テユン代表が2014年、独立してたてた開発会社で、社名である「ジャスティス」のように正しいゲームを開発しようというモットーで設立された。

    リュ・ジョンファ記者

    ソース:ゲームメカ(韓国語)国産新作ゲーム'貴殺意コム',日本漫画クィミョルの刃盗作論議
    https://www.gamemeca.com/view.php?gid=1629439

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1587818340/
    ★1のたった時間:2020/04/25(土) 21:39:00.85

    引用元: ・【ゲーム】 韓国の新作ゲーム「鬼殺の剣」、日本マンガ盗作疑惑を開発会社が否定(画面あり)★2[04/25]

    【ここまでやって盗作じゃないと言い切れる所が凄い】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 12:31:35.00 ID:CAP_USER.net
    2016年3月29日、韓国・MBCテレビによると、韓国政府が開発した消防ロボットが
    現場では使えない失敗作であったにもかかわらず、全国の消防署に追加配備されていたことが分かった。

    このロボットは、消防士の代わりに火災現場に入り生存者を捜索するというもの。
    大邱市消防本部が政府の支援を受け、20億ウォン(約1億9500万円)の予算を費やし開発した。

    09年に45台が各地の消防署に配置されたが、火災現場への投入実績はなんとこれまでゼロ。
    1センチの高さの障害も越えることができない上、衝撃にも弱いという致命的な弱点のためだ。

    さらに、通信が切れる地下や煙が充満した場所では使い物にならない。

    しかし問題はこれで終わらなかった。

    11年、韓国消防産業技術院は問題だらけの消防ロボット42セットを追加購入し、全国の消防署に配備したのだ。

    この追加購入には4億ウォン(約3900万円)の費用がかかったが、やはり現場への投入は行われず、
    開発会社が営業を終了した今となっては修理も不可能な状態となっている。

    これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。


    「そのお金で現場の消防士の装備を少しでも買い足してあげて」

    「使い物にならないロボットを42セットも買うなんて、癒着だろう」

    「やはり、国に金がないのではなく、泥棒が多いということだ」

    「まるでお金を捨ててるみたい」

    「これが韓国の無能な公務員の実態」

    「政府の研究開発で使える物を見たことがない」

    「高卒で分かる程度の常識さえ守れば国がちゃんと回るだろうに。裁判官や検事、政治家はその常識すら分かってないんだろうな」

    「韓国で100億規模の事業の実際の価値はたぶん20億くらい。80億はどこかに…」

    「ちゃんと調べることを調べてくれ!」

    「うちのロボット掃除機の方が良さそう」

    「必要な予算は使わず不要な予算は使う。これが創造経済!」


    2016年3月30日(水) 12時10分
    http://www.recordchina.co.jp/a132178.html

    引用元: ・【韓国】1センチの障害物にお手上げの消防ロボットを全国に配備 開発会社が営業終了で修理も不可能[03/30]

    【伝統芸だな【韓国】1センチの障害物にお手上げの消防ロボットを全国に配備 開発会社が営業終了で修理も不可能[03/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ