まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:開催地

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 10:51:39.20 ID:CAP_USER
    来年2月に江原道(カンウォンド)・平昌(ピョンチャン)で開かれる平昌冬季オリンピックは、経済的な効果だけでなく、韓国のスポーツの発展など、多くの効果をもたらすものと期待されています。

    このうち、経済的効果について、平昌冬季オリンピック組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)委員長は、平昌オリンピック開催による経済効果は、10年間で32兆2000億ウォンに上るとの見方を示しました。

    すでに大会に向けた準備の段階で、競技場をはじめとする関連施設の建設などで多くの雇用を生み出しています。大会後は、大会で使われた施設が観光資源となり、大きな経済的効果を生み出すものと期待されています。

    平昌大会には、海外から39万人、国内から220万人が訪れると予想されています。

    豊かな自然に恵まれた江原道(カンウォンド)は、平昌大会をきっかけに休養地としての価値を世界の多くの人に認められるようになり、旅行先としての認知度が向上するとみられています。

    また、韓国の冬のスポーツの発展につながることが期待されています。

    韓国の選手は、ショートトラックやスピードスケート、フィギュアスケートなど氷の上で行われる競技では力を発揮していますが、雪の上で行われる競技では、まだ、世界レベルに届いていないのが現状です。

    それが、今回の平昌大会の開催により、韓国の冬のスポーツの全体的なレベルが向上するものと期待されています。

    さらに、平昌大会は、平和の大会として行われることが期待されています。北韓による核・ミサイル挑発により韓半島ではかつてないほど緊張が高まっています。

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「北韓が参加する平昌平和オリンピックを成功させる」と表明しており、平昌大会は、世界を一つにまとめ上げるとともに、世界に向けて平和のメッセージを発する大会になるでしょう。

    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Sp_detail.htm?lang=j&id=Sp&No=65329


    韓国の憂うつ、冬季五輪開催地の寂しい実態

    大関嶺面(テグァンリョン村)に入ると、そこここで工事が行われており、村内にはホコリが舞っていた。

    韓国・ソウルから東方面へ、車で約2時間半。

    2018年平昌冬季オリンピックを4カ月後に控えて、地元はどんな様子なのか。10月に入り、そろそろ盛り上がりを見せる頃かもしれないと思い、現地を訪ねた。

    工事が進行中の中心地には切迫した雰囲気が・・

    人口6110人(2016年10月時点)のテグァンリョン村は韓国北東部の江原道(カンウォンド、日本の都道府県に相当)平昌(ピョンチャン)郡に属する小さな面(村)、竜平スキーリゾートや羊牧場、高冷地野菜などで知られる。

    この村は、2018年2月から始まる平昌オリンピックの開・閉幕式が行われるスタジアム(2017年9月30日完工)、スキージャンプ台(2016年完成)、アルペンスキー場(1998年完成)、選手村(建設中)などが集積するオリンピックの中心地。

    開催期間中は平昌郡の郡守(郡の長官を指し日本でいう市長)が常駐するそうで、テグァンリョン村の事務所には新たに郡守室が設けられるという。

    テグァンリョン村内は歩道の整備や看板の交換作業など村全体が大きな工事現場のような状態で、盛り上がりというよりは少し切迫した雰囲気が漂っていた。韓国にとって初の冬季オリンピック開催という高揚したにおいはあまり感じられない。

    昼食を取りに入った食堂で店主に話を聞こうと話しかけると、もごもごと歯切れが悪い。話せない事情でもあるのかと思い、店を出て外でキムチ用の大根の葉を準備していたおばさんに声をかけると、

    「この店は、平昌オリンピック開催が決まった後、3年ほど前によそから来て商売を始めたところさ。オリンピックについて聞かれても答えられないよ、稼ぎに来ているんだから。この店のほかにも同じように商売を始めたところがあるよ。オリンピックで景気がよくなると思って来たんだろう」と言う。

    そのおばさんも料理の下ごしらえをするアルバイトで、韓国南部からはるばる仕事を見込んで移り住んできたと笑った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13715790/

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】平昌五輪の経済効果は10年間で32兆2000億ウォン しかし現地に漂う切迫した雰囲気 冬季五輪開催地の寂しい実態[10/07]

    【【ようやく気づいたか】「朴槿恵のせいで」平昌五輪、現地に漂う切迫した雰囲気 冬季五輪開催地の寂しい実態】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/01(水) 02:08:25.72 ID:CAP_USER
    no title

    平昌五輪の開・閉会式のイメージ図(聯合ニュースのホームページから)

     開催まであと1年9カ月を切ったというのに、平昌五輪では開・閉会式を実施するメインスタジアムがまだ着工もされていなかったというのだ。5月22日付の朝鮮日報(電子版)は「早ければ」という条件付きで6月末に始まると報じた。
    財政支出を抑えようとして事業計画が二転三転した杜撰さが影響し、着手がドンドン遅れた結果だ。開会式の予行演習のために来年9月までに完成させなければならない。猶予は1年2カ月。
    ところが、私有地の44%近くが買収できておらず、強制的な手段で接収すれば所有者などからの反発が予想されるという。突貫工事では逆に経費がかさむうえ、安全を軽視した、いい加減な工事で事故を招いたら、それこそ世界の笑いものになる。

     平昌五輪では競技場12カ所のうち、6カ所が新設だが、事業計画や用地買収の遅れなどで工事の遅延が社会問題になっている。
    新設するメインスタジアムも15年1月に工事が始まるとされたが、建設場所の紆余曲折や、事業費の削減検討、設計の変更などの諸問題で着工時期が遅れた。

     このため、当初計画から収容人員は4万人から3万5000人に減り、施設規模も縮小された。事業費は1477億ウォン(約130億円)で、国が558億ウォン、組織委が327億ウォンを拠出し、開催地の江原道は524億ウォンを支出しなければならない。

     メイン会場が建設される横渓里の人口はわずか4000人しかおらず、ここに収容人数4万~5万人規模の競技場やスポーツ施設を建設しても、その後の維持が大きな難題になると批判が絶えない。

     平昌五輪の事業費は当初の8兆8000億ウォンから13兆8000億ウォンに膨張。
    このうち地元・江原道は25%を負担するが、文化日報(15年1月付)は江原道の負債率が韓国でも4番目に高く、1000億~1200億ウォン規模の五輪関連の地方債をすでに発行している状況だとする。近い将来の財政破綻は必至な情勢だ。
    膨大な税金が投入されることに国民からは「たった一瞬の(五輪の)ために莫大な税金を投入するのは売国行為」などの厳しい声は多い。

     それだけの巨額な投資をしているにもかかわらず、国民の関心は10%に満たない。「国民の妹」と称され、いまだに絶大な人気を誇るキム・ヨナを活用して雰囲気醸成に懸命だが、効果は芳しくないようだ。

     厳しい財政状況に拍車を掛けるように、メインスタジアムの建設地の買収が順調ではない。朝鮮日報などによると、国・公有地は事前協議で確保したが、私有地4万2328平方メートルのうち1万8727平方メートルは協議中とか。
    江原道が5月末まで補償協議を終える予定のようだが、まとまらなければ行政手続きにより確保をする方針という。

     ここまで協議に応じていない住民が簡単に折れるとは思えない。強制執行には当然、強い抵抗行動が予想され、韓国の国民性からいって激しい乱闘シーンが懸念される。
    五輪問題だけにメディアには大きく取り上げられ、ますます“世界の祭典”は汚されることになる。

     3代目の平昌五輪組織委員長に就任した李煕範氏は5月20日の就任会見で「平昌五輪が歴史に長く残る大会になるよう全力を尽くす」と力説した。しかし、目標額8530億ウォンの企業スポンサー契約は昨年末で57%と目標の70%に達しなかった。
    首都圏から遠く、投資価値が薄いと企業側に判断されている状況で、今年末までに90%とする目標は厳しいだろう。

     2014年仁川アジア大会は事業計画の指揮を執る市長が3人代わり一貫性を欠き、本番では杜撰な運営で世界的な不評を買った。
    前任の趙亮鎬・五輪組織委員長が就任した際、体育会関係者は「仁川組織委の失敗を踏襲しないためにも、新任の組織委員長中心で準備が進められなければならない」と強調したが、
    ネットユーザーが以前に投稿していた「競技場の手抜き工事で選手たちがけがをしないように祈るしかない」状態は今も変わらないのかもしれない。

    http://www.sankei.com/premium/news/160530/prm1605300001-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/160530/prm1605300001-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/160530/prm1605300001-n3.html

    引用元: ・【韓国/平昌五輪】間に合うのか? メインスタジアムは今なお着工できず 私有地の44%は未買収 突貫工事でまたも手抜きか[6/01]©2ch.net

    【【韓国/平昌五輪】開催地自治体の財政破綻確定】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2014/12/05(金) 09:45:10.91 ID:???.net
    国際自動車連盟(FIA)が大会開催が不透明だったフォーミュラワン(F1)コリアグランプリを来年シーズン日程に含ませた。
    これに対しF1開催を事実上あきらめた全羅南道(チョンラナムド)では国際訴訟に飛び火しないか神経を尖らせている。

    FIA理事会は今月3日(現地時間)、カタール・ドーハで会議を開いて2015年のF1日程を最終確定した。
    合計21ラウンドのレースのうち全羅南道霊岩(ヨンアム)で開かれてきたコリアグランプリは5月3日に決まった。

    全南道はFIA決定に当惑しているという反応だ。
    1900億ウォン(約204億6300万円)を越える累積赤字によってF1追加開催をあきらめることに方向を定めたためだ。

    まず来年大会を行うための運営費700億ウォン(75億3900万円)が全南道予算案から抜けている。
    残った5カ月間、スポンサーを見つけてチケットを売ることも事実上不可能だ。
    通常50~60人だったF1組織委の人材は現在9人まで減らした状態だ。

    全南道は来年大会が成就する可能性が大きくないと見ている。
    大会を行うために先月29日まで出さなければならない開催権料を支払わなかったためだ。

    全南道はF1主管社であるフォーミュラワン・マネジメント(FOM)に開催権料を支払うための信用状も発行していない。

    来年のF1日程のうち韓国大会にだけ唯一但し書きがついた点も開催が難しいと見る要因だ。
    FIA側はコリアクランプリ日程の後にTBC(To Be Confirmed)という条件を付けた。

    「確定予定」という話はFOMの最終開催確定が必要だということを意味する。
    シーズン日程を目にした海外メディアも韓国大会の成功の有無に懐疑的な反応を見せている。

    一部ではFIA側が霊岩大会を日程に含めたことはプレッシャーを与えるため切り札という分析が出ている。
    開催中断を要求してきた全南道との契約関連交渉を有利に導くための心理戦ということだ。

    これまでFIAやFOMは韓国大会が失敗に終わることを既定事実として受け入れる雰囲気であった。
    今年3月、バーニー・エクレストンFOM会長も「韓国は2015年開催が難しい」と明らかにした。

    今年9月にはFIAが来年F1カレンダー暫定案(provisional plan)を発表し、韓国大会を除外した。

    それでもFOM側が来年の韓国大会に固執した場合、F1組織委は大規模な国際訴訟に巻き込まれる可能性がある。
    契約書上大会開催を拒否すれば1000億ウォン(約107億7千万円)以上の違約金を払う可能性もある。

    全南道はF1組織委の法人資産が5000万ウォン台に過ぎず訴訟の可能性を低く見ている。
    法的に全南道とは連帯責任を負わなくても良いため交渉を通じて状況を解決する方針だ。

    2010年から4回開かれたコリアグランプリは開催権料交渉が不発となり今年の大会は失敗に終わった。
    当初2016年まで毎年1回ずつ、7回開催することで契約がなされていた。

    F1組織委関係者は「FOMから公式立場を伝達されなかったが全南道の財政条件や
    韓国の景気状況などをあまねく考え合わせると大会開催が難しいということに納得する」と話した。


    2014年12月05日09時33分 [中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/593/193593.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【韓国】「あきらめたのに… F1開催地含まれ当惑」 国際訴訟に巻き込まれる可能性も[12/05]

    【やりたいって言うから入れたらこの始末w 【韓国】「あきらめたのに… F1開催地含まれ当惑」 国際訴訟に巻き込まれる可能性も[12/05]】の続きを読む

    このページのトップヘ