まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:閉店

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/18(土) 02:08:09.61 ID:CAP_USER
    崩れた `Kファッション`生態系... 東大門の商店街は20%が空室
    2020.01.17

    不況・中国産の攻勢重なり
    問屋廃業相次ぐ
    縫製・物流まで連鎖打撃
    アパレル業界の生態系、試練の危機

    ◆崩れた東大門ファッション生態系◆

    東大門で20年以上にわたり衣類卸売をするチ ン某氏は、最近従業員1人をまた解雇した。
    長くなった不況に最低賃金引き上げまで重なり、人件費の負担は余裕がないほど大きくなったからである。
    チ ン氏は3人を雇用していたが、順次、すべて解雇した。今後、他の店舗と同じように、
    従業員を雇用していない夫婦が交互に勤務する覚悟もしている。
    彼は「10年前と比較すると、収入が10分の1に減った」とし「東大門で長く働いてきたが、今が文字通り最悪」と述べた。

    「Kファッション」の成長を導いた東大門ファッション業界の生態系が崩壊している。
    生態系の核心は、この地域の問屋だ。 問屋が縫製メーカー、物流業者、デザイナーはもちろん、
    小売店まで密接な関係を結び、生態系を形成してきた。最近の不況と人件費などで各種コストが急増するうえ、
    中国の産低価格製品攻勢まで重なり、問屋は急速に売上が墜落している。

    業界関係者は、「卸売市場の売上高80%に属する商人はすべて危機と見れば良い」と口をそろえた。
    売上高が減少してビジネスを折りたたむ者が続出し、商店街で10?30%ほど空室が発生した。中略
    ハン・ヨンスン東大門ファッションタウン商人会長は「(中略)今年の空室率は歴代最高レベルを記録する見通しだ」と伝えた。
    中略

    縫製メーカーも直撃弾を受けた。イ韓国縫製ファッション協会長は「数年前に新しい注文が減り始め、昨年は30%以上減少した」とし
    「縫製業者は、毎年10%程度廃業をして、残りの企業も多くが開店休業状態」と述べた。
    縫製メーカーのほか、デザイナー、生地市場、物流サービスなど、東大門の生態系での卸売業者と接続されたすべての業種に連鎖衝撃が起きた。以下略

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D009%26aid%3D0004502611 ate%3D20200117%26type%3D1%26rankingSeq%3D6%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhgoe8JyN9F-F8Y_MXaMfJsoeiRSRQ

    引用元: ・【閉店ガラガラ】韓国ファッション業界 倒産・閉店ラッシュ

    【ダサかったからなー 【閉店ガラガラ】韓国ファッション業界 倒産・閉店ラッシュ】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/28(木) 18:17:57.89 ID:CAP_USER
    機械翻訳

    梨泰院21%・東大門14%「ガラガラ」繁華街「空屋」ますます増える

    文化日報 2019-03-27 12:01

    no title


    不況の余波で、ソウルの代表商圏に空き店舗が増えることが分かった。 特に龍山区梨泰院商圏と江南区清潭商圏などの中・大型商店街、空室率は5年ぶりに急増した。

    27日、国会国土海洋委員会ソンソクジュン(自由韓国党)議員が国土交通統計贅沢資料を分析した結果、2018年第4四半期ソウル中大型商店街の平均空室率(7.0%)は、5年前の2013年第2四半期(5.5%)に比べ1.5 %ポイントほど高くなったことが分かった。

    中大型商店街空室率が急増したのは、龍山区梨泰院商圏で、2013年第2四半期3.3%で、昨年第4四半期の21.6%に拡大した。 梨泰院商圏空室率が増加したのは、景気低迷と米軍部隊前の影響などが大きく作用したと分析された。

    鍾路区東大門商圏も中大型商店街空室率が2013年第2四半期7.1%で、昨年第4四半期14.6%に増加した。 また、江南圏は江南区新沙駅商圏空室率が5.7%で7.9%に拡大され、街路樹の道人気が下火になった清潭洞商圏の中大型商店街空室率も2013年第2四半期1.4%で、昨年第4四半期11.2%に増加した。

    大学生はもちろん、一般人流動人口が多い西大門区新村商圏も中大型商店街空室率が同期間に3.3%から10.8%に高まり、陽川区木洞商圏も2.3%から7.5%に拡大した。 龍山駅を中心とした龍山商圏も同じ期間4.7%から9.7%に増加し、江東区千戸商圏は3.3%で6.6%であり、鍾路区恵化洞上巻(大学路)も3.6%から9.6%に、空の商店街が増えた。

    宋議員は「5年前の2013年に比べて、ソウルの主要な商圏の空室率が増え、商店街空洞化現象が発生する兆しを見せている」とし「消費の減少を解消する政府の政策的対応が急がれる」と強調した。 ただし、瑞草区瑞草商圏は、2013年第2四半期中大型商店街の空室率が17.1%に達したが、昨年の第4四半期5.6%に低下した。 また、江南大路商圏も同じ期間4.8%から2.6%に空室率が減り、江北区授乳商圏は6.6%で1.8%に減少した。 このほか、銅雀区祠堂商圏も3.6%から1.6%に減少した。

    一方、昨年の第4四半期ソウルのオフィスビルの平均空室率も11.4%に達し、2013年第2四半期6.2%、2017年第2四半期11.3%より増加したことが分かった。 空室率が急増した地域は、龍山区に2013年第2四半期空室率が5.0%に過ぎなかったが、2018年第4四半期17.5%に増加した。

    https://news.nate.com/view/20190327n18306?mid=n1006

    引用元: ・【閉店ガラガラ】韓国ソウル各地で空き店舗が増加

    【さすがにそろそろ限界で【閉店ガラガラ】韓国ソウル各地で空き店舗が増加 】の続きを読む

    このページのトップヘ