1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/11/01(土)15:06:44 ID:???
大田(テジョン)竹洞(チュクトン)金星白鳥アパート『コンクリート強度基準未達』
安全性に深刻な問題…1棟撤去後再施工するように


大田(テジョン)の中堅建設業者である(株)金星白鳥住宅が大田(テジョン)儒城区(ユソング)竹洞(チュクトン)に施工中であるアパートがコンクリート圧縮強度未達で安全性に深刻な問題があらわれて撤去中だと確認された。

31日、大田(テジョン)儒城区(ユソング)によれば(株)金星白鳥住宅が儒城区(ユソング)竹洞(チュクトン)に建設中であるアパートに対する壁体コンクリート圧縮強度試験の結果、1棟のコンクリート圧縮強度が設計当時の基準である27MPa(メガパスカル)に達さず26.84MPaと出てきた。

金星白鳥住宅は昨年末、竹洞(チュクトン)に998世帯規模(13棟)のアパートを分譲した。このアパートは2016年5月完工する予定だ。

壁体コンクリート圧縮強度が基準に至らなくて安全性に深刻な問題を表わし、この会社は該当アパート同を撤去している。

この棟のアパートは地上2階骨組工事を終えて、3階工事が進行中だった。

コンクリート圧縮強度試験は建物の安全性を確保して施工されたコンクリートの品質を管理するために実施することで、コンクリート圧縮強度が落ちれば建物の安全性に深刻な問題が発生する可能性がある。

コンクリート圧縮強度はセメントの品質に問題があったりセメントと水の配合比率が合わない時大きく落ちる。

金星白鳥住宅のある関係者は「セメントに問題があったものと推定している」として「入居者の安全のために撤去を決めて再施工することにした」と話した。

デイリー韓国(韓国語)
http://daily.hankooki.com/lpage/society/201410/dh20141031050223137890.htm

引用元: ・【韓国】金星白鳥住宅が建築中のアパートが『コンクリート強度基準未達』で再施行(儒城)[10/31]

【地震ないからヘーキヘーキw 【韓国】金星白鳥住宅が建築中のアパートが『コンクリート強度基準未達』で再施行(儒城)[10/31]】の続きを読む