まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:配慮

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/29(月) 12:35:10.98 ID:CAP_USER
    和田春樹東京大学名誉教授ら日本の知識人が韓国に対する安倍晋三首相の輸出規制措置を批判する署名運動を開始した。
    両国関係が報復が報復を呼ぶ最悪のどん底だけは避けなければならないというのが彼らの主張だ。

    和田春樹東京大学名誉教授、内田雅敏弁護士、岡田充共同通信客員論説委員、田中宏一橋大学名誉教授をはじめとする、教授、
    弁護士、ジャーナリスト、元外交官、医師、作家ら77人はインターネットサイト(https://peace3appeal.jimdo.com)で
    25日から8月15日を第一次締め切りとして輸出規制撤回要求署名運動を進めている。

    彼らは該当サイトに公開された声明を通じ、「韓国は敵なのか」という題名で「昨今の日韓関係の悪化を憂慮する有志が執筆し、
    日本の市民に賛同を求めるものです」とし、「私たちは、7月初め、日本政府が表明した、韓国に対する輸出規制に反対し、即時撤回を求める」と明らかにした。

    また、「半導体製造が韓国経済にとってもつ重要な意義を思えば、この措置が韓国経済に致命的な打撃をあたえかねない、敵対的な行為であることは明らか」と強調した。

    続けて「特別な歴史的過去をもつ日本と韓国の場合は、対立するにしても、特別慎重な配慮が必要になります。
    それは、かつて日本がこの国を侵略し、植民地支配をした歴史があるからです」とし、「日本の圧力に『屈した』と見られれば、いかなる政権も、国民から見放されます」と説明した。

    声明はまた、安倍首相が今年初めの国会施政方針演説で韓日関係については一言もふれず韓国を「相手にせず」という姿勢を誇示し、
    主要20カ国(G20)首脳会議でも文在寅(ムン・ジェイン)大統領だけ無視したと指摘した。

    その上で「まるで韓国を『敵』のように扱う措置になっていますが、とんでもない誤りです。韓国は、自由と民主主義を基調とし、
    東アジアの平和と繁栄をともに築いていく大切な隣人です」と強調した。

    また、日本の措置は日本の経済にも大きなマイナスになるだろうとし、普通五輪主催国は周辺国とごたごたが起きてほしくないと考えるが、
    日本は主催国自身が周辺と摩擦を引き起こしていると指摘した。

    声明は1965年の韓日請求権協定で過去の問題がすべて解決されたという日本政府の立場を批判したりもした。
    声明は「日韓請求権協定は尊重されるべきです。しかし、安倍政権が常套句のように繰り返す『解決済み』では決してないのです」と明らかにした。

    最後に声明は「ネトウヨやヘイトスピーチ派がどんなに叫ぼうと、日本と韓国は大切な隣国同士であり、韓国と日本を切り離すことはできないのです」

    「日本政府が韓国に対する輸出規制をただちに撤回し、韓国政府との間で、冷静な対話・議論を開始することを求める」と明らかにした。
    https://japanese.joins.com/article/009/256009.html?servcode=A00&sectcode=A10

    引用元: ・【日韓】「対韓規制撤回せよ」 日本の知識人77人の叫び「韓国には特別な配慮が必要。かつて侵略し、植民地支配をした歴史があるから」

    【77人の おつむの悪い人【日韓】「対韓規制撤回せよ」 日本の知識人77人の叫び「韓国には特別な配慮が必要。かつて侵略し、植民地支配をした歴史があるから」 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/11(金) 00:50:07.94 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核・ミサイルなど大量破壊兵器(WMD)の脅威に対抗し韓国軍が構築を進める防衛・反撃システム「3軸体系」などの用語が正式に廃棄され、呼称が変わったことが10日、分かった。

    3軸体系は、北朝鮮にミサイル発射の兆しがあれば先に破壊する「キルチェーン」、発射されたミサイルを迎撃する「韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)」、北朝鮮が攻撃してきた場合に指導部などに報復攻撃を行う「大量反撃報復(KMPR)」の戦力を備えるという国防力増強計画。用語は現政権発足以前に確立されていた。

    軍当局によると、3軸体系は対象範囲と能力を広げた「核・WMD対応体系」に、キルチェーンは「戦略標的攻撃」に、KMPRは「圧倒的対応」に用語が変更。KAMDは「韓国型ミサイル防衛」に変わる。

     軍は2019~23年の国防中期計画から新たな用語を使ったことが分かった。「北の核とWMDの脅威への対応」は「北」が削除され、「核とWMDの脅威への対応」と表現されたという。

     これに先立ち、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は先月20日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に「2019年国防部業務計画」を報告した際、3軸体系などの用語を変えることにしたと説明した。

     3軸体系などの用語を巡っては、昨年行われた3回の南北首脳会談や、昨年9月の「板門店宣言の履行に向けた軍事分野合意書」の採択などで朝鮮半島の軍事的緊張が緩和され、軍事分野合意書の履行が進むなかで北朝鮮を刺激する可能性のある用語は変える必要があるとの指摘が一部から出ていた。 

     国防部の関係者は「3軸体系などの用語が廃棄され、別の用語に変わったが、これに関連して計画された戦力確保の計画は正常に推進されるだろう」と話した。  

     一方で、朝鮮半島の緊張緩和により、北朝鮮による核・ミサイルの使用という脅威は減ったものの、脅威となる兵器は今も存在することから、軍の用語変更を批判する声もあるものとみられる。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190110004900882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.01.10 20:41

    no title

    韓国軍が構築を進める防衛・反撃システム「3軸体系」などの用語が変更された(資料イラスト)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【聯合ニュース】韓国軍が国防計画用語を変更 北朝鮮に配慮「北」が削除され「核とWMDの脅威への対応」と表現[1/10]

    【アホなことは間違い【聯合ニュース】韓国軍が国防計画用語を変更 北朝鮮に配慮「北」が削除され「核とWMDの脅威への対応」と表現[1/10] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/13(木) 15:13:09.63 ID:CAP_USER
    中国の国営メディアは、米中首脳が12日の電話会談で韓半島情勢について意見を交わしたと明らかにした。
    通常、電話をかけた首脳側から報道が出ることを考慮すると、習近平主席がトランプ大統領に電話をかけた可能性が高いと見える。

    米原子力空母「カールビンソン」が韓半島に向かっている差し迫った状況の中、先週の首脳会談で7時間も膝を突き合わせた両首脳が
    北朝鮮核問題で4日後に電話会談したことは、状況が急変しているということだ。

    中国のあごの下に米国の戦略兵器が配備される状況で、米国の対中圧迫が単なるこけおどしでは終わらない可能性が高い。

    米紙ウォール・ストリート・ジャーナルも、トランプ大統領が北朝鮮に軍事的手段よりも経済・政治的圧迫を高める方向に対北朝鮮政策の方向を定め、
    中国が北朝鮮を圧迫しない場合は「セカンダリー・ボイコット(北朝鮮と取引する第3国の企業を制裁すること)」を導入することを承認したと伝えた。

    トランプ大統領は2日、米国の独自行動を強調したのに続き、11日にも「もし中国が(米国を)助けると決心するなら実にすばらしいことであり、
    米国との貿易取引ははるかに良くなるが、助けなければ中国の助けなく問題を解決する」と再度強調した。

    有事の際、軍事行動に出るというムチと経済問題で中国を配慮できるというアメを含んだ圧迫メッセージだ。

    米中首脳会談後、中国の微妙な立場の変化も感知される。

    中国共産党機関紙「人民日報」の姉妹紙「環球時報」は10日、「米空母の再出動はこけおどしではないため、
    北朝鮮は情勢判断を誤ってはならない」と強調したことに続き、11日には「北朝鮮が今月マジノ線を再び越えるなら、
    北朝鮮に対する原油供給の中止などを含む国連の追加制裁に賛成票を投じるほかない」と北朝鮮に強く迫った。

    金章洙(キム・ジャンス)駐中大使には会うこともなく、武大偉・韓半島問題特別代表を急派して
    韓国外交部と北朝鮮の核実験時に強力な措置を取ることで合意したことも方向転換の可能性がある。

    中国の対北朝鮮政策に変化があるなら、米国の圧迫に押されて一時的にするのではいけない。

    北朝鮮非核化政策が失敗したのは中国の責任が大きい。中国は、病気にさせて薬を与えるといったやり方の「制裁ショー」で北朝鮮を庇護してきた。

    米国の金融制裁分析会社によると、中国の企業約600社が北朝鮮外貨の40%を稼いでいる。
    これらの企業に対する制裁だけでも北朝鮮の金脈に致命傷を与えることができる。

    もはや習主席をはじめとする中国指導部は、韓国と北朝鮮のどちらと21世紀を開くのか悩まなければならない。
    頭の痛い北朝鮮をかばって中国の核心利益が侵害されないか熟考しなければならない。

    中国が態度の変化を見せるなら、韓国も北朝鮮政権の崩壊で米軍と国境で接する状況を心配する中国の立場を十分に理解し、配慮することだろう。


    April. 13, 2017 08:33
    http://japanese.donga.com/List/3/0501/27/896397/1

    引用元: ・【東亞日報】習主席は南と北のどちらと未来を共にするのか考えなければ 中国が態度の変化を見せるなら韓国も配慮することだろう[04/13]©2ch.net

    【【属国の態度とは思えない】東亞日報「中国が態度の変化を見せるなら、韓国も配慮する」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/05/26(木) 05:06:40.63 ID:CAP_USER
    最近、中国の友人から不平をよく聞く。韓国の商人にだまされたということだ。その反対の声も多い。中国の商人にやられて怒りが爆発するという。
    韓国企業の中国駐在員として20年間勤務し、中国人と数多くの交渉をした経験がある筆者が見るに「だます」には2種類ある。一つはどこにでもある詐欺師の詐欺行為だ。もう一つは異文化に対する理解不足が「だまされた」につながるケースだ。
    どうすれば中国でだまされないのだろうか。

    「絶対的合理性のようなものは存在しない。自分の文化圏の合理性は他の文化圏の合理性とは違う」。オランダの心理学者ホフステッドの名言だ。これは、中国は隣国ではあるが、我々とは違う文化と基準を持っていることを気づかせる。
    中国のビジネス現場で、中国商人に意図はないものの我々が中国人特有の文化を正しく理解できず、結果的にはだまされるという状況を、どうすれば避けることができるだろうか。

    含蓄と隠喩で綴られた中国人特有の話法、他人に無関心として映る中国人の実利主義、そして中国人が時には命よりも大切に考える体面重視思想、この3つを理解するだけでも、多くの場合「だまされた」という言葉は言わなくなるだろう。

    まず中国人特有の話法を見てみよう。中国で韓国の会社を離れる現地の中国職員は静かに離れるケースが少ない。ほとんどの場合、会社または上司の約束不履行を理由にあげて「私をだました」と怒る。

    韓国人の上司が「あなたは中国人だが、頑張って仕事をすれば給料も上がり社長になることができる」と「我々式」の一般的な激励をしたのを「約束」と受け止めることで生じる。逆に、中国人は言うべきことを言ったが、我々が理解できない場合も多い。
    中国人は「その弓を引き絞る方法を教えるだけで、 矢を放ちはしない」(引而不発)という中国式の話法をよく使う。特にこうした表現が故事成語などと交わればさらに難しくなる。米中首脳会談であったという話が伝説のように伝えられている。

    中国最高指導者が「自分勝手に行動する」という話をしようとした。これを中国式に婉曲に「僧侶が傘を差す(和尚打傘)」と言った。すると相手は「髪もなく天もない(無髪無天)」と言葉を受けて「自分勝手だ」という意味で理解しなければいけない。
    なぜなら僧侶はもともと髪がないが、傘を差した(打傘)ため天も遮られた。すなわち天もない(無天)になるからだ。さらに髪と法は中国語の発音が同じだ。髪がない(無髪)は無法を意味する。
    したがって「僧侶が傘を差す」という言葉の対句は「法も天もない(無法無天)ならず者」にならなければいけない。当時、通訳がこのような中国式表現を知らなかったため、とんでもない対話になったという。

    問題は重要な対話であるほど中国の含蓄的話法が増え、誤解の余地も増えるという点だ。したがって中国のビジネスで「だまされない」ためには、中国人の言葉よりも脈絡(context)をよく理解する必要がある。

     2つ目は、他人事には無関心な中国人の実利主義を理解する必要がある。中国メディアによく登場する記事がある。ひき逃げが発生して人が倒れているにもかかわらず、通行人は眺めているだけで何もしないことを嘆く内容だ。
    これは中国人がよく言う「自分と関係がないことには関与しない」(事不関己 高高掛起)の典型だ。自分のことでなければ動かない中国人の無関心が我々には故意的な嘘として映る場合が多い。中国で男性は絶対に緑の帽子をかぶらない。
    「私の妻が浮気した」という表示であるからだ。唐の時代、近所の男と愛し合った女が夫が遠く出かける時に緑の帽子をかぶせたためという説などがある。

    しかしこれを全く知らずに緑の帽子をかぶって笑い者になった韓国人事業家がいた。多くの人々が参加する大きな行事で一日中、緑の帽子をかぶっていたが、彼を補佐すべき中国人職員さえも緑の帽子の意味を知らせなかった。
    中国人の職員が自分とは関係がないと考えたからだ。では、こうした失敗を避けるためには、その中国人の「関係がないこと」を「関係があること」に変える知恵が我々には必要だ。どうするべきか。中国人と友達になればよい。
    知らない人が多い江湖で生き残るために、中国人は古くから心を交わせる友人を最も重要視した。

    http://japanese.joins.com/article/131/216131.html
    http://japanese.joins.com/article/132/216132.html
    http://japanese.joins.com/article/132/216133.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【中央日報】中国企業がだましているのか、韓国企業がだましているのか[5/26]©2ch.net

    【【中央日報】どうすれば中国企業にだまされないか。全面的に中国の文化に配慮しよう】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/05/25(水) 01:50:33.29 ID:CAP_USER
    オバマ大統領の訪問控える広島

    no title

    オバマ米大統領が献花する予定の広島の原爆死没者慰霊碑の下には、原爆で死亡した人の名簿が保管されている。名簿(109冊)の犠牲者数は29万7684人。18日、1年に一度の名簿の風通しがされた=キル・ユンヒョン記者//ハンギョレ新聞社

    現地では謝罪が必要との意見が圧倒的
    安倍政権支持率の反転を狙った日本政府と謝罪を要求する広島との間に深い溝

    韓国世論の「日本の責任論希薄化」に批判
    オバマ大統領の韓国人慰霊碑への献花なければ韓日の歴史認識をめぐる葛藤が再発するおそれ

     「いたずらに幻想を持つ必要はない。みんな自分らの政治判断だよ!」

     18日、広島で在日同胞が多く住む福島町の居酒屋。記者に会った広島県朝鮮人被爆者協議会のキム・ジンホ理事長は、アサヒスーパードライをコップに注ぐとがぶがぶ飲み始めた。夕闇迫る午後6時のことだった。

     キム氏は、1945年8月6日に広島に原子爆弾が落とされた時に母親のお腹の中で被爆した「被爆一世」だ。爆心地から北東へ15キロほど離れた可部町に住んでいたキム氏の親は、原爆投下後、爆心地近くに住んでいた2人の娘を探すため、市内へと向かった。
    このためキム氏の親、母親の背中におんぶされた2歳上の姉、お腹の中にいたキム氏が被爆。市内に住んでいた上の姉まで合わせると、4男5女の9人のうち4人が被爆者となった。

     生涯にわたり広島の総連(在日本朝鮮人総聯合会)組職に携わったキム氏は、バラク・オバマ大統領の27日の広島訪問について冷淡な反応を示した。
    「2009年のプラハ演説から7年もの歳月が流れているのに、オバマ大統領は非核化に関連してさしたる成果も出せなかった」という理由からだ。

    no title


     オバマ大統領の今回の訪問を見守る広島の視線は複雑である。広島では、オバマ大統領は「謝罪すべき」という意見と、「被爆地訪問だけでも意味がある」という世論で割れている。
    だが「謝罪は必要ない」という意見も現実的な妥協論に過ぎず、本心では謝罪を必要とする意見が圧倒的多数だった。
    1991年から8年間、広島市長を務めた平岡敬氏(89)はハンギョレとのインタビューで、「オバマ大統領には米国大統領として立場もあるから謝罪はしないはずだ。自分の政治的名誉だけのために来るなら、ちょっと広島に失礼じゃないか」と語った。
    日米同盟の強化と安倍首相の支持率引き上げのため今回の訪問を利用しようとする「東京の視線」と、罪のない人命を犠牲にした原爆投下に対する謝罪を望む「広島の視線」の間には深い溝がある。

     しかし、被爆の悲惨さを訴える広島の視線にも、韓国・朝鮮人被爆者問題に対する積極的な配慮は見当たらない。
    キャロライン・ケネディ駐日米国大使に「オバマ大統領は被爆者と面談すべき」と要請した松井一実・広島市長は、韓国・朝鮮人被爆者に関連し、オバマ大統領が「外国人の被害に対しても」言及することを望むという趣旨の発言をしただけだ。
    中国新聞など広島の主要メディアも、韓国・朝鮮人被害者のインタビューを載せてはいるが、世論を主導しているとはいえない。

     原爆被害に対する広島の公式記憶においても、広島の「加害の責任」に対する省察の痕跡を見つけるのは難しい。ハンギョレ取材陣は18~19日の両日、オバマ大統領が視察することになる広島平和記念資料館の展示物を入念に確認した。
    しかし、日本のアジア侵略▽朝鮮・台湾に対する植民支配▽7万人と推定される韓国・朝鮮人の被爆問題を一目瞭然で把握できる案内を見つけることはできなかった。
    しばらく探し回った末、記念館とは別に設けられた国立広島原爆死没者追悼平和記念館で、「原子爆弾が落とされた時、広島には35万人前後の人がいたと推定される。
    そうした人たちの中には、当時、日本の植民地だった朝鮮半島の出身者も多数いた」という文章が確認できるだけだった。もちろん、記念館の外の記念公園には1999年5月に公園の外から現在の位置に移転された「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」が設置されている。
    たまに日本の小学生たちが訪れ、「広島には韓国人被害者もいた」という教師の説明を聞いて頷いている光景を見ることができた。

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24224.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】韓国人被爆者への配慮なく米大統領に謝罪求める日本 韓日の歴史認識をめぐる葛藤が再発するおそれ[5/25]©2ch.net

    【韓国人被爆者「オバマは俺たちに配慮しろ。配慮しないと歴史問題化させるぞ」】の続きを読む

    このページのトップヘ