まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:遺伝

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/03/28(火) 12:29:09.89 ID:CAP_USER
    韓国人と遺伝的類似性が高いと言われるインドの少数民族の写真が話題になっている。
    no title

    no title


    1. インド・ナガランド地方の男女/写真=whereabout

     韓国人と日本人が遺伝的に近いことは広く知られている。ところが、日本人と同じくらい韓国人によく似た遺伝情報を持つインドの少数民族がいるという。インドの北東部一帯にいるナガ(Naga)族の分派「アオ(Ao)・ナガ族」だ。

    2. 伝統的な衣装を着たアオ・ナガ族の男女/写真=flickr

    3. アオ・ナガ族のファッション・モデルたち。中央のモデルが着ている服はアオ・ナガ族の伝統衣装だ。/写真=wooplr

     人口25万人のアオ・ナガ族はナガランド地方やアッサム地方などに住むインドの少数民族だ。彼らは民族的にモンゴロイド系で、小さな目や高い頬骨などが韓国人によく似ている。アオ・ナガ族は人類学界では首狩りの風習や5月の季節祭などで知られている。
    4. ナガランド出身のアーチェリー選手/写真=flickr

    5. アオ・ナガ族の伝統衣装を着た子ども/写真=giskaa

     また、アオ・ナガ族の公式宗教はキリスト教で、彼らが使うモンセンアオ語は中国チベット語族に属する。好戦性が高いアオ・ナガ族は伝統的に父系中心文化が強く、女性の地位が非常に低いとのことだ。

    6. スクリーンショット画面の下部に、韓国人と遺伝的に近い民族が順に並んでいる。3行目の「Aonaga」はアオ・ナガ族を意味する。/写真=統計プログラムRのスクリーンショット

     韓国人とアオ・ナガ族の遺伝的類似性に関する情報は、ギリシャ系人類学者の「Dodecad Ancestry(血統) Project」に基づいたものだ。このプロジェクトでは、一般大衆に無料で配布した「The Dodecad Oracle」のデータベースを利用すれば、民族間の遺伝的類似性に関する資料が抽出できる。

    キム・ジョンチョル・インターン記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/28/2017032801157.html

    引用元: ・【朝鮮日報】インドに韓国人と遺伝的に近い少数民族がいた![3/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【次の寄生先はインドかw】朝鮮日報「インド人は韓国人と遺伝的に近い。文化も似てる」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/30(火) 05:21:18.65 ID:CAP_USER
    no title

    写真は朝鮮時代を表した展示。

    2016年8月27日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国ソウル地域に住む中学・高校生の平均身長が10年前と比べ縮まったことが分かった。
    専門家からは原因について、勉強によるストレスや運動・睡眠不足のほか、遺伝的な限界に達したとのではないかと指摘が出ている。

    このほど京仁地方統計庁が出した「ソウル地方の青少年統計」によると、14年の男子高校生の平均身長は172.7センチで、10年前より0.4センチ縮んだ。
    また、女子高生(160.9センチ)、女子中学生(157.8センチ)の数値も、04年と比べそれぞれ0.1センチ、0.4センチ縮小、唯一身長が伸びていた男子中学生(163.4センチ)でも、その伸びは0.1センチにとどまった。

    身長の伸びの主要素である栄養摂取については昨今肥満が懸念されるほどの過剰状態となっていることから、専門家からは子どもたちの身長が韓国人の遺伝的成長力の限界に到達したとの指摘が出ている。
    実際、過去10年間、男子高生の身長は172.7~173.2センチの間で伸び縮みを繰り返していた。

    また、子どもたちの身長が伸びない原因として多くの専門家が指摘するのが、運動や睡眠の不足だ。ソウル市の調べによると、市内の子どもたちの平均睡眠時間は昨年6時間6分で、10年よりも8分減っていた。
    「睡眠が十分に取れている」と考えている子どもは全体の27.8%にとどまった。さらに、余暇などに外で体を動かす機会が以前と比べ圧倒的に少なくなっていることも子どもたちの体の発育に大きな影響を及ぼしているとみられている。

    これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまな声が寄せられた。

    「ちゃんと寝られもしないで背が大きくなるわけがない」
    「子どもたちのストレスは世界一だ。遺伝的なこともあるだろうけど、ストレスが減るだけで平均5センチくらいは伸びるはず」
    「勉強のストレスより、スマホに夢中で夜更かしする子が多いからだと思う」

    「遺伝的な限界だろう。明け方まで起きてても大きい子は大きい」
    「李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)政権になってから子どもの身長も伸びなくなった」
    「猫がいくらたくさん食べたり寝たりしたからって虎には絶対になれない。それと同じ」

    「自分は180センチあると言う高校生はみんなうそだったのか」
    「給食のせい。家では給食に依存するし、学校の給食はいいかげんだし」
    「たくさん勉強する子は、ある意味体力との闘いを続けてるわけだから運動しているようなもの」
    「運動したからってみんな大きくはならないだろ。背の低いスポーツ選手だっているし」(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/a148873.html

    引用元: ・【韓国】子どもの平均身長が縮まる、遺伝的な限界との説も=韓国ネット「いいかげんな学校給食のせい」[8/30]©2ch.net

    【それでもまだ盛ってるけどなw 【韓国】子どもの平均身長が縮まる、遺伝的な限界との説も】の続きを読む

    このページのトップヘ