まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:違い

    1: 荒波φ ★ 2018/02/22(木) 11:43:28.75 ID:CAP_USER
    韓国とは違い、日本公営放送NHKの娯楽番組には芸能人のつまらない話題よりも、重みのある外交・経済イシューが頻繁に登場する。最近、よく見かける場面は、1980年代米国デトロイト自動車工場の労働者がハンマーで日本産自動車を破壊して、地面に埋める「日本車葬式」の様子だ。

    30年前の日本に対する敵がい心に燃えている米国人を見た司会者やパネラーは皆「ああ…」と短く溜息をつくだけだ。米国に対する批判も、自国企業に対する憐憫や弁明もなく、ただ厳かな雰囲気だけが漂う。警戒心は高めるものの、政府の対応策を堅く信じているためだろうか。

    1980年代プラザ合意以降、経済が失墜した経験がある日本は、米国との長きにわたる通商摩擦の経験を活かし、事前準備を徹底させている。ドナルド・トランプ米国大統領が日本に攻撃的な一言を放つたびに安倍晋三首相は卑屈に映るほど米国とのスキンシップを強化する。

    そのためかトランプ大統領就任以降、米国が世界を相手にかけている通商攻勢の中、日本は相対的「安全地帯」に分類されている。米国が先月発動した洗濯機セーフガード(緊急輸入制限措置)はもちろん、最近の鉄鋼・アルミニウムに対する「関税爆弾(または、輸入量割当)」攻勢もかわした。

    同じ同盟関係だが、対米貿易黒字規模が日本の3分の1にしか及ばない韓国がメッタ斬りにされている姿とは対照的だ。

    日本の通商関連主務部署である経済産業省は「(同盟国にも非同盟国と同じように一括的に関税を課すのは)つじつまが合わない」とし、もしかしたらありえるかもしれない追加攻勢にも備えている。

    「低姿勢的」でありながら実利をつかむ自国政府の30年余りの対米通商ノウハウについて、ケチをつける日本人はあまりいない。

    韓国政府は今月19日、米国に対して「世界貿易機関(WTO)提訴を検討するなど、決然と対応する」と決起を表わした。米国製品への報復関税賦課もありえるという構えだ。

    中国のTHAAD(高高度ミサイル防衛体系)報復には“決然と”対応したという記憶を残すことができなかった韓国政府。対米強硬モードが「無鉄砲だ」と言われないよう願うばかりだ。


    2018年02月22日11時03分
    http://japanese.joins.com/article/905/238905.html?servcode=100&sectcode=100

    引用元: ・【中央日報】 「日本鉄砲」と「韓国無鉄砲」の違い  [02/22]

    【【中央日報】 「日本鉄砲」と「韓国無鉄砲」の違い  [02/22] 】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 13:46:03.08 ID:???.net
    広東省深セン市羅湖区内で18日午前6時ごろ、埋設されている電力ケーブルが爆発した。
    「最初はガス爆発と思ったが、音が違うのでそうではないと分かった」と話す周辺住民もいる。
    深セン商報などが報じた。

    「ババババン! バババン!!」――。爆発音が立ち並ぶマンション建物にこだました。
    早朝、午前6時ごろ。多くの人々が起きたばかりだった。驚いて建物外を見た。あたりが白煙
    に包まれていた。爆発音は続いた。爆竹のような音でもあったが、火薬臭はしなかった。
    別の、鼻を刺す臭いがただよってきた。

    中国のマンションなど集合住宅では、ガス爆発が多発している。ガス器具の不適切な使用
    だけでなく、ガス管に不備があった場合、住人が自分自身でガス管を改造した場合、ネズミ
    がゴム製のガスホースのかじった場合など、原因はさまざままだ。酒に酔った住人が高層階
    からガスボンベを投げ落とし、地上に激突した瞬間に爆発したこともある。

    住人のひとりは「最初はガス爆発と思いました」と述べた。だが、しばらくして違いに気づいた。
    「ガス爆発なら、『ドン!』と1発来ておわりでしょ。ところが、ずっと続いたんですよ。だから、
    ガス爆発ではないと分かりました」と説明した。爆発音は十数分も続いたという。

    マンション2棟が停電し、入居している店舗も、営業ができなくなった。空調が使えなくなり、
    「朝から(部屋の中が)暑くて暑くて参りました」と述べる住人も多い。

    消防が駆けつけた。前後して電力会社の係員がやって来た。爆発した電力ケーブルは地中
    に埋設していたもので、取り出したところ、黒く焼け焦げて切れていた。電力会社のスタッフは
    「火が出た原因は2つあります」と説明。まず、猛暑の影響で各家庭の空調機を使用し、
    電力使用量が急増したこと。次に、電力ケーブルが老朽していたことがあるという。

    電力会社係員は「このケーブルは1996年に敷設したもので、20年近くが経過しています
    からね」と述べた。復旧については「さしあたっては、焼けたケーブル2本を新しい物に交換
    するだけの簡単な工事ですからね。早ければ夜になる前に終わるでしょう」と説明した。
    (編集担当:如月隼人)

    ソース:サーチナ 2015-07-20 21:23
    http://news.searchina.net/id/1582021?page=1

    引用元: ・【中国】「ババババン! バババン!!」、深センで電力ケーブルが爆発…周辺住民「ガス爆発ではない、音の違いで分かった」[07/21]

    【住民の慣れが半端ないなw 【中国】「ババババン! バババン!!」、深センで電力ケーブルが爆発…周辺住民「ガス爆発ではない、音の違いで分かった」[07/21]】の続きを読む

    BlogPaint


    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) 2015/05/03(日) 09:29:39.90 ID:???.net
     先日ソウル市瑞草区の方背警察署近くの図書館で、ある高齢男性と若者が口論からもみ合いになり、通報を受けた警察官が出動する騒ぎが起こった。
    ほぼ毎日この図書館に通っていたこの高齢男性と若者が、閲覧室で席の取り合いをしたのが騒ぎの発端になったようだ。
    男性は毎日同じある席を利用していたが、つい油断して筆記具だけを残して外出したところ、この若者がその席に座っていたという。
    ちなみに図書館ではこのハプニングを「方背警察署図書館襲撃事件」と呼んでいる。

     最近公営の図書館では高齢の利用者がよく目に付くようになった。
    国立中央図書館から資料を取り寄せたところ、これと関連する二つの傾向が目に付いた。
    一つは10年前に比べて利用者全体に占める60歳代以上の割合が2倍に増えたという点。
    もう一つは高齢の利用者は主に男性ばかりで、女性は非常に少ないという点だ。60代以上の利用者の男女比はほぼ96対4だった。

     2006年の国立中央図書館訪問者に関する統計資料によると、60代以上の割合は12.44%だったが、14年は21.72%とほぼ2倍に増えていた。
    もちろんこれだけなら「人生100年時代」に伴う自然な傾向かもしれない。
    しかし男女の割合を見ると、06年は60代以上のうち男性が占める割合は98.71%、女性は1.29%で、14年は男性95.71%、女性4.29%だった。高齢女性の割合も増加はしているものの、まだまだ少ない。
    この極端な男女比が生じる理由は何だろう。高齢になると図書館を利用するのは男性ばかりになるのか、あるいは女性は何か他に楽しみがあるのだろうか。

     これにはさまざまな見解がある。
    男性で年齢は70代、今も現役の小説家でもある鄭昭盛(チョン・ソソン)壇国大学名誉教授は「図書館以外の観光バスツアーや飲食店に集まるグループなどには男性よりも女性が多く、
    これは高齢者になっても同じような傾向が見られる」とした上で「生活における役割の違いと関係があるのではないか」と指摘する。
    鄭氏のこの見方には、図書館をよく利用することへの何か自負心のようなものも感じられる気がする。
    ちなみにこの見方を裏付けるものかどうかは分からないが、中高年の男性は東洋の古典など、主に人文系の学問分野への関心が高いようで、これは図書館で開催される公開講座受講生の性別や年齢構成などにも表れているという。

     これに対して「高齢女性は社交性に富み、高齢男性は社会性に欠けている」と指摘する見方もある。
    ある女性小説家は「高齢男性は仕事を辞めてから余った時間を持て余す傾向があるようだ。
    これに対して高齢女性たちは親しい友人も多く、また旅行などで行きたい所も多い」と語る。
    さらに「女性は孫の面倒を見るなど日常生活でも非常に忙しく、これも図書館の利用者に高齢女性が少ない理由の一つだ」とも指摘する。

     西大門区立李珍阿記念図書館のイ・ジョンス館長によると、図書館を利用する高齢者の様子を観察すると、男性と女性ではやはり非常に大きな違いがあるという。
    コミュニティー文化になじみのない高齢男性の場合は一人で静かに読書にふけるか、あるいは黙々とパソコンなどを利用するケースが多いのに対し、高齢女性たちは童話や自叙伝の執筆など、何人かで一緒に楽しむ講座を利用するケースが多いようだ。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/02/2015050200530.html

    引用元: ・【韓国】図書館利用者、男女の違いが鮮明[05/03]

    【アメリカのマクドナルドと同じか【韓国】図書館利用者、男女の違いが鮮明[05/03]】の続きを読む

    このページのトップヘ