まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:過去最多

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/11(火) 08:53:56.28 ID:CAP_USER
    KOTRA「2020年上半期の対韓国輸入規制動向」報告書 
    輸入規制の発動、世界28カ国で計226件 
    新興国が主導し、鉄鋼・化学部門に“照準”


     今年上半期、韓国産製品に対する新規輸入規制の調査・発動件数は32件で、過去最多だった。インド、タイ、フィリピン、南アフリカ共和国など新興国が鉄鋼や金属、化学製品を中心に韓国産製品に対する反ダンピング、セーフガード(緊急輸入制限)措置に乗り出している。

     大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が5日に発表した報告書「2020年上半期の対韓国輸入規制動向」によると、今年上半期に新規で韓国産製品の輸入規制調査・発動が行われた件数は計32件(17カ国、反ダンピング17件、セーフガード15件)だった。米国とインドが各4件、フィリピン、マダガスカル、ウクライナが各3件、オーストラリア、南アフリカ、タイが各2件、トルコ、マレーシア、メキシコ、インドネシアが各1件だ。インド、南アフリカ、タイなどは自国製造業育成政策に基づき、韓国産の鉄鋼・化学製品に対する輸入規制調査を始めた。

     今年6月末現在、韓国産製品に対する輸入規制発動の総件数(調査進行中48件を含む)は、全世界28カ国にわたり計226件。米国が44件で最も多く、インド34件、中国17件、トルコ16件、カナダ14件、ブラジル9件の順だが、新興国だけで151件(67%)にのぼる。規制の種類別では、反ダンピングが165件、セーフガードが52件、相殺関税が9件などだ。

     各国が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による景気低迷に対応し、財政を総動員する中、新興国を中心に財政支出に向けた税収の確保のため、輸入関税を引き上げる(世界貿易機関の譲許関税率の範囲内)流れも現れている。今年上半期にサウジアラビア、トルコ、フィリピンが鉄鋼や繊維、自動車部品、精油製品などにわたって関税を引き上げており、インドは輸入産医療機器に「健康関税」を課した。

     輸入規制品目は鉄鋼・金属(108件)と化学製品(54件)に集中している。同報告書は「鉄鋼・化学製品がグローバル供給過剰傾向にあり、各国が韓国産の鉄鋼・化学中間財に照準を定めて、輸入を規制している」と指摘した。正常価格以下でダンピング輸出をする際に発動する反ダンピング関税のほか、正常価格でも特定品目の輸入が急増して自国の業者に深刻な被害が発生する恐れがある場合に輸入量を制限するセーフガード措置が、全体輸入規制で占める割合が2006年の2.6%から今年上半期には23%(52件)に急増したのも目を引く。2010年代半ば以降広がっている保護貿易主義の流れを示している。

    チョ・ゲワン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
    韓国語原文入力:2020-08-10 09:34
    ハンギョレ新聞
    http://www.hani.co.kr/arti/economy/marketing/957128.html
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/37450.html

    引用元: ・【ハンギョレ】上半期の韓国産製品の輸入規制、32件で過去最多 反ダンピング、セーフガード(緊急輸入制限)措置 [08/11] [新種のホケモン★]

    【世界中で嫌われるんだな 【ハンギョレ】上半期の韓国産製品の輸入規制、32件で過去最多 反ダンピング、セーフガード(緊急輸入制限)措置 [08/11] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/19(火) 13:35:11.84 ID:CAP_USER
    韓国、1~4月の失業者200万人超え=過去最多にネット悲痛

    2020年5月17日、韓国・東亜日報などによると、韓国で今年1~4月までに失業し、再就職できていない人が207万6346人に達し、統計庁が2000年から調査を開始して以来、最多となった。記事は「新型コロナウイルス感染症が与えた雇用への打撃が深刻であることを示している」と伝えている。

    今回の調査で、失業者のうち、自己都合によるものではない離職者は104万4720人で、昨年同期比70.1%増となった。このうち、仕事が無くなった、または会社の事業不振によって離職した人は34万4397人で最も多かった。その他、雇い止めとなった人は33万4397人、職場の休業または廃業による離職者は15万9932人だったという。

    記事は、「第2四半期(4~6月)は、より状況が悪化するだろうとの見方が支配的だ」と指摘。檀国(タングク)大学経済学部のキム・テギ教授は「世界経済が回復しなければ、輸出依存度が高い韓国経済は大きな打撃を受けるだろう。これによる雇用への影響は6月ごろ、製造業を中心に大きくなると見られる」と話しているという。

    こうした状況を受け、政府は来月初めに、雇用維持のための各種支援策を打ち出す計画という。

    これについて韓国のネットユーザーからは、「私も解雇された。どうやって生きていけばいいのか…」「今後がもっと心配だ」「全てコロナのせいだ」「コロナによって多くのものを失った…」などと、悲痛な声が多く上がっている。

    その他、「政府の支援が必要だ」「早急に雇用維持政策を」「みんなで力を合わせてつらい状況を乗り越えよう」などといったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)
    https://news.biglobe.ne.jp/international/0518/rec_200518_7138271681.html


    【話題】  韓国メディア「コロナ戦勝国」  [5/18]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1589794816/

    引用元: ・【コロナ戦勝国】韓国、1~4月の失業者200万人超え 過去最多に韓国ネット悲痛「全てコロナのせいだ」「どうやって生きていけば」 [鴉★]

    【と思ってる無能さが原因なの】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/24(金) 00:08:26.12 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国最大野党「自由韓国党」の解散を求める請願が青瓦台(大統領府)のホームページで受け付けられてから23日午前0時で丸1カ月となり、過去最多の183万1900人の賛同を得て締め切られた。

    請願は先月22日に投稿された。請願人は「韓国党は何かにつけ場外乱闘を繰り広げ、立法の足を引っ張っている」として、「政府が政党解散の審判を請求してほしい」と要請した。

    先月末には同党が強く反発している選挙法改正案や高位公職者不正捜査処の設置などに関する法案のファストトラック(迅速処理案件)指定を巡り、与野党の国会議員がもみ合う事態が発生。「動物国会」と揶揄(やゆ)されるなど批判が高まり、賛同者が増加した。

     また先月29日には与党「共に民主党」の解散を求める請願も投稿されるなど、与野党の支持者による「ネット合戦」が激化したことも賛同者の増加につながったとの見方もある。

     同請願に対する賛同者が20万人を超えたため、青瓦台は1カ月以内に回答を出さなければならない。

     青瓦台は共に民主党の解散を求める請願に対する賛同者も20万人を超えたことから、両請願に対する回答を一度に出す案を検討中であることが分かった。

     共に民主党の解散を求める請願の請願人は与党が野党第1党をないがしろにし、政治的利益のために法案をファストトラック指定し、国会における物理的衝突をもたらしたと主張している。同請願は29日に締め切られる。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190523003100882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.05.23 20:11

    no title

    最大野党「自由韓国党」の解散を求める請願が過去最多の183万1900人の賛同を得て締め切られた(青瓦台ホームページより)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【最大野党 自由韓国党の解散求める請願】 過去最多183万人が賛同して締切=韓国[5/23]

    【一党独裁楽勝だなw 【最大野党 自由韓国党の解散求める請願】 過去最多183万人が賛同して締切=韓国[5/23] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン! 2019/06/13(木) 15:04:51.42 ID:CAP_USER
    先月失業者が114万人を超え5月基準としては過去最多を記録した。経済の「屋台骨」である40代と製造業の雇用は14カ月連続でともに減少した。

    12日に統計庁が発表した「5月の雇用動向」によると、先月の就業者数は2732万2000人で1年前より25万9000人増えた。2月に26万3000人、3月に25万7000人だった就業者増加幅は4月には17万1000人と停滞したが、先月は再び20万人台を回復した。政府の財政投入などにより60代以上の就業者が35万人増えたのが主要背景だ。

    40代の雇用は17万7000人減り43カ月連続で減少傾向が持続した。この12カ月間は毎月10万人以上の雇用が減っている。製造業就業者も14カ月連続で減少した。労働時間帯別の就業者を見れば雇用の質がさらに悪化しているという評価が出ている。1週間当たり平均労働時間36時間以上の労働者は前年同月より38万人減ったのに対し、15時間未満の超短期労働者は29万人増えた。

    先月の15~64歳の雇用率(OECD比較基準)は67.1%で、昨年5月より0.1ポイント上昇した。1989年に関連統計を作成し始めてから5月基準としては過去最高だ。だが統計上の指標改善にすぎず雇用市場自体が改善したと判断するには無理があるという指摘が優勢だ。特に60代以上の就業者が35万人増えたのに対し経済の屋台骨である30~40代の雇用と製造業就業者が持続的に減っており雇用の質はさらに悪化したという評価が出ている。

    先月の30代の就業者数は前年同月比で7万3000人、40代は17万7000人減少した。20代の就業者も3万4000人の増加にとどまった。これに対し50代は10万9000人、60代以上は35万4000人増えた。

    製造業就業者数は7万3000人減少し昨年4月から14カ月連続でマイナスを記録中だ。雇用が大きく増えた業種は保健業と社会福祉サービス業(6万人)、芸術・スポーツとレジャー関連サービス業(10万7000人)だった。

    統計庁のチョン・ドンウク雇用統計課長は「40代の雇用悪化は製造業不振のため」と話した。続けて「(政府財政が投入された)公共雇用が多いのが保健業と社会福祉サービス業。芸術・スポーツとレジャー関連サービス業にも公共雇用が一部あり、この業種の雇用増加は50~60代が主導している」とした。

    自営業者の場合、従業員を置いた所が減り社長1人で経営する所が増加しており「自営業の構造調整が本格化するのではないか」という懸念が出ている。先月の従業員がいる自営業者の数は1年前に比べ5万9000人減った。昨年12月から6カ月連続の減少だ。従業員のいない自営業者は1万8000人増え4カ月連続で増加した。

    昨年は10月と12月を除くと従業員のいる自営業者が着実に増えた。従業員のいない自営業者は2017年11月から今年1月まで減少が続いた。当時韓国政府と青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこれを「雇用の質が改善されている」という根拠に挙げた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨年8月に「従業員のいる自営業者が増加するなど全体的に見れば雇用の量と質が改善された」と話したのが代表的だ。

    だが今年2月から従業員のいる自営業者の減少と従業員のいない自営業者の増加がともに続くと、「政府の自画自賛が色あせた」という指摘が出る。檀国(タングク)大学経済学科のキム・テギ教授は「最低賃金引き上げなどで人件費が増えたことで従業員を手放して『従業員のいる自営業者』から『従業員のいない自営業者』に変わった」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000015-cnippou-kr
    6/13(木) 9:22配信 韓経/中央日報記事

    引用元: ・【韓国】5月の失業者114万人で過去最多[6/13]

    【それが望みだったんだろ【韓国】5月の失業者114万人で過去最多[6/13] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/20(金) 03:33:30.15 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部は19日、韓国文化観光研究院と共同で行った2016年観光事業体基礎統計調査の結果を発表した。

    調査によると昨年の韓国観光市場の規模は25兆360億ウォン(約2兆5000億円)で、前年比12.0%成長した。

    昨年韓国を訪れた外国人観光客は1724万人と過去最多で、観光事業者の数も前年比16.0%増の2万7696社を記録した。

    業種別には旅行業が1万6605社で最も多く、観光便宜施設業(3708社)、観光客利用施設業(3168社)、遊園施設業(1782社)、観光宿泊業(1716社)、国際会議業(700社)、カジノ業(17社)などが後に続いた。

    昨年の観光事業従事者数は26万1978人で、前年比11.2%増加した。

    旅行業が9万8421人で最も多く、観光宿泊業(7万3631人)、観光便宜施設業(2万7110人)、遊園施設業(2万3683人)、観光客利用施設業(1万7421人)、国際会議業(1万2596人)、カジノ業(9115人)の順だった。

    観光事業者の売上額は観光宿泊業が8兆2683億ウォンで最も多く、旅行業(7兆6427億ウォン)、カジノ業(2兆9033億ウォン)、国際会議業(1兆8377億ウォン)、遊園施設業(1兆9292億ウォン)、観光便宜施設業(1兆5696億ウォン)、観光客利用施設業(8852億ウォン)の順となり、前年に比べ全業種で売り上げが増加した。

    従事者数と売上額は増加したが、1事業者当たりの平均従事者数は前年比4.0%、平均売上額は同3.5%それぞれ減少した。

    文化体育観光部は「小規模観光事業者の新規参入が増えたためとみられる」と分析した。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/19/2017101901711.html

    引用元: ・【韓国】昨年の観光市場2.5兆円に拡大、平均売上額は減少 昨年韓国を訪れた外国人観光客は1724万人で過去最多[10/20]

    【【そりゃ中国が来てたから】昨年の韓国観光市場2.5兆円に拡大、訪れた外国人観光客は1724万人で過去最多】の続きを読む

    このページのトップヘ