まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:逮捕

    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/04/05(水) 11:41:14.41 ID:CAP_USER
    2001年から韓国で暮らしているコロンビア国籍のレオ・メンドーサさん(43)は先月31日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック」に「(韓国在住)外国人たちへ。警察に逮捕されないよう警告する!」と書き込んだ。

    メンドーサさんと韓国人の妻は先月30日午後、釜山市水営区内の大型スーパーで買い物を終えて駐車場に行こうとして驚いた。
    駐車場の1階から2階に上がってくる道に1台の車が進入しようとしていたのだが、ドライバーにはその前を走り回る男の子(5)が見えていない様子だったからだ。

    メンドーサさんの妻は悲鳴を上げた。幸いなことに、ぎりぎりでドライバーが気付いて車を止め、事故には至らなかった。
    韓国語があまり話せないメンドーサさんは男の子の母親に英語で「子どもをきちんと見ていなければならないのでは」と忠告した。

    すると、男の子の祖父(60)がやって来て、「この野郎、お前の子でもないのに、あっち行け」と怒鳴った。言い争う中で「×××」などのののしり言葉も浴びせた。
    揚げ句に体当たりしてメンドーサさん床に押し倒し、押さえ付けた。

    メンドーサさんの妻がこの様子をスマートフォンの動画で撮影し始めると、子どもの母親はスマートフォンを奪った。
    店員が仲裁に入ったが、祖父はずっとののしり言葉を発し続けた。
    メンドーサさんの妻はとうとう警察に通報した。

    2人とも交番を経て蓮堤警察署(釜山市蓮堤区)に連行され、事情聴取された。
    同署によると、祖父は「(メンドーサ夫妻が)大声を上げたので孫が驚いているのを見て腹が立った」と話したという。
    この祖父は交番でもメンドーサさんのことをポーランド人だと勘違いして、「ポーランド野郎」と言い、メンドーサさんがコロンビア人だと知ってからは「もっとひどい所から来たな。最低のコロンビア野郎」とまで言った。

    メンドーサさん夫妻は警察に「人種差別的な言動は自制させてほしい」と要請した。
    しかし、警察は「『カムドゥンイ(日本語のクロンボに当たる、黒人をさげすんで言う語)』と呼んだわけでもないのに、なぜ人種差別発言だと言うのか」と対応に消極的で、双方に和解を促したという。

    メンドーサさんの妻は本紙の電話取材に「相手側は謝罪し、慰謝料を払うと言ったが、私たちは謝罪だけしてもらって出てきた」と語った。
    夫妻はその後、フェイスブックに今回の騒動の一部始終について説明する文章を掲載、「(韓国では)他人の生活に介入したり、他人を助けようとしたりしてはいけない」と外国人たちに伝えた。
    この記事は1700回以上「シェア」され、2000件以上の「いいね!」を得て、共感と慰めのコメントが800件以上書き込まれた。

    メンドーサさんは3日、フェイスブックに「(蓮堤警察署の)署長が昨夜と今朝、直接電話して謝罪し、外国人の人権を守るための教育にもっと力を入れると言ってくれた」と報告した。
    メンドーサさんの妻は「横行していたり、無感覚のまま受け入れられていたりする韓国社会の人種差別や外国人に対する偏見を示した小さな事件。

    韓国で人種に対する差別や偏見がなくなるきっかけになればうれしい」と語った。
    メンドーサさんは釜山外国語大学の教授を務め、韓国に来る前は米アトランタでCNNの記者をしていた。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/05/2017040501269.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/05/2017040501269_2.html

    ■関連スレ
    【話題】 韓国で人助けしないで!人種差別を受けた外国人がSNSで訴え=韓国ネット「韓国人として恥ずかしい」「民度が明らかに」[04/04]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1491283272/

    引用元: ・【朝鮮日報】子供を助けてもらったのにお礼を言うどころか人種差別発言を浴びせる韓国人[04/05] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【関わると不幸になる】韓国在住外国人「警察に逮捕されないよう警告する!」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/12/07(水) 23:07:25.88 ID:CAP_USER
    友人の女性実業家による国政介入事件で辞任表明まで追い込まれた韓国の朴槿恵大統領。支持率は1桁台を緩やかに下降し、レームダック化している。実は韓国大統領が悲惨な末路を迎えるのは初めてではなく、もはやお約束といってもよいほどの出来事だ。新興国とはいえ、国家元首が国民から糾弾されるという尋常ならざる事態がなぜ相次ぐのだろうか。

    ■側近に殺された朴大統領の父親

    最初に歴代大統領の末路をおさらいしたい。初代の李承晩氏は大規模デモによって国を追われてアメリカに亡命。次の尹●(=さんずいに普)善氏は軍部クーデターで辞任したが、そのクーデターを主導したのが朴大統領の父親、朴正煕氏だった。朴氏は3人目の大統領となり長期政権を築いたが側近に暗殺された。

    短命に終わった4人目は飛ばして、5人目の全斗煥氏は引退後に内乱罪と不正蓄財罪で死刑宣告を受けた後に恩赦された。6人目の盧泰愚氏も不正蓄財で収監。2人を断罪した7人目の金泳三氏だが、退任後に不正蓄財で次男と妻の親族が逮捕され晩節を汚した。

    拉致事件で知られ、長年アメリカに亡命していた8人目の金大中氏もやはり任期中に息子や親族の不祥事が発覚。退任後には息子と妻の親族が収賄罪で逮捕された。9人目となる弁護士出身の盧武鉉氏に至っては、退任後に兄が収賄罪で逮捕され、自身にも嫌疑がかかっただけで飛び降り自殺してしまった。

    現職・朴氏の前任に当たる10人目の李明博氏は、任期中に兄が収賄で逮捕されたが本人はまだ無事だ。しかし、これまでの歴史を振り返るといつ司直の手が伸びても不思議ではない。

    ■行き過ぎた縁故主義とコネ社会

    朴大統領のスキャンダルが発覚して以来、連日のように大統領府(青瓦台)に国民が大挙し、その数は200万人を超えたとも伝えられる。

    「選挙のたびに『この人こそ清廉潔白だ』と確信できるような人を選んでいるにもかかわらず、蓋を開ければ『お前もか!』というわけです」

    All About社会ニューガイドで作家の松井政就氏が呆れたように述べ、「裏切られた感が強く、あのような大きな怒りが爆発するといえます」と付け加える。

    クリーンなイメージが支持され、大統領に就任するなり、前任の不正を暴くことが韓国政界では常態化していたわけだが、政権末期には自らの周辺に不祥事が発覚してしまう。国民の失望も大きいだろう。

    松井氏は、腐敗が繰り返される最も大きな理由として「韓国の縁故主義」、つまり「コネ社会」を挙げる。今回、朴大統領を食い物にしたとされる被告たちも、正規のルートで採用したブレーンではなく個人的な知人だった。コネによる政治介入が大問題をもたらしたのだ。

    「日本にもコネ採用は存在するが、度が過ぎると組織が崩壊するのは同じ」と松井氏。「行き過ぎた縁故主義やコネ社会がなぜ腐敗につながるかというと、身内しか信用しないという意識が、やがて、身内だけで甘い汁を吸ってしまおうという発想を招いてしまう」と指摘する。さらに身内以外のその他大勢のモチベーションはダダ下がりだろう。

    ■「自由に意見を言えなくなっている」

    一部の財閥に依存した経済体質、エリート官僚を目指す受験戦争の激しさ、整形が当たり前という就活戦線……。韓国の風潮には背景に縁故主義、コネ社会をうかがわせるものが多い。松井氏も「こうした縁故主義、コネ社会は(政治以外の)また別のところにも悪影響を及ぼしている」とみる。

    松井氏は「韓国では人が自由に意見を言えなくなっている」と危惧し、「現実社会で発言が不自由になると、その捌け口としてネットでの乱暴な言動につながります」と嘆く。

    http://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/1fda8acba1ef60d79c2ffe7e45d9c5a0/

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】逮捕、自殺、暗殺も…韓国大統領の末路がことごとく悲惨なワケ[12/07] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ハッキリ言ってやれよ】逮捕、自殺、暗殺も…韓国大統領の末路がことごとく悲惨なワケ】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/30(水) 03:14:37.01 ID:CAP_USER
     2016年、韓国アダルト業界最大の事件といえば、大手アダルト投稿サイト「ソラネット」の閉鎖だ。

     これにより、ネット上ではそのパイを奪うべく同様のサイトが雨後のたけのこのようにあふれ出しているが、特に問題視されているのは、金儲けを企む動画配信者「BJ」たちの存在だ。

     彼らの番組はソラネットより気軽に視聴できることから人気も高いが、その過激な内容は、多くの逮捕者を生む事態となっている。

     11月24日にも、インターネット配信を通じてわいせつ行為や、ほかのBJへのセクハラ行為でチョ容疑者(29)と、その妻であるチョン容疑者(30)など4人がわいせつ物頒布等の罪で逮捕された。

     チョ容疑者はもともと、韓国版ニコニコ動画「アフリカTV」でゲーム実況BJとして精力的に活動していた。しかし、その裏で不法賭博サイトのPRを行っていたことが発覚し、退会させられている。以降は、妻・チョン容疑者が運営する動画サービスを通じて、ゲーム実況を行っていた。

     そんな中、今年1月に有名女性BJにコラボ企画を持ちかけ、多くの視聴者が見守る中、全裸ダンスを披露。さらに、彼女に一緒に踊るよう強要した。しかし、拒否されると、逆ギレ。コメント欄を乗っ取り、視聴者を強制退場させるという暴挙に出た。

     また7月には、別の女性BJに対してセクハラ発言を繰り返す放送を行ったとされる。

     警察の取り調べに対し、チョ容疑者は、自身の放送はあくまでも「エンタテインメント」の範疇であり、性犯罪ではないと主張しているという。そしてチョ容疑者は、こうしたセクハラ放送を通じて、毎月数千万ウォン(数十万円)の収益を叩き出していた。

     しかし冒頭でも触れたように、チョ容疑者の逮捕は、ほんの一例にすぎない。

     8月には、扇情的なダンスなどわいせつなコンテンツを配信していたBJたちが一斉に逮捕されている。こうしたBJが後を絶たないのは、放送を通じて得られるサイバーマネーを換金することができるため。

     実際、逮捕されたBJの多くは、生活費や遊ぶ金欲しさの、主婦や女子学生などが多い。もはや、こうした放送は、AV出演や性風俗よりも手っ取り早く稼ぐ手段として広がっているのだ。

     また、児童ポルノ問題も深刻だ。11月21日、韓国警察は「ソラネット閉鎖以降、わいせつ物流通経路や、インターネット放送が多様化しており、児童ポルノに対する、さらなる取り締まりが必要」と発表。

     児童ポルノ配布や所持による摘発件数が、昨年に比べて2倍近くまで増加したことを受け、2カ月間の集中取り締まりを実施する予定だ。もちろん、インターネット放送やBJたちも最大のターゲットとなっている。

     「ソラネット」の閉鎖が招いた一連の問題。なまじ大本を叩いた結果、アダルトコンテンツの大氾濫を招いてしまうとは、なんとも皮肉だ。必要悪が失われたことで、問題は、さらに深刻化しているのかもしれない……。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12348832/

    引用元: ・【韓国】有名動画配信者が続々逮捕!大手アダルトサイト「ソラネット」閉鎖がもたらした“エロの大氾濫”[11/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ニコ動もどき】韓国有名動画配信者が続々逮捕!大手アダルトサイト「ソラネット」閉鎖がもたらした“エロの大氾濫”】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/09/29(木) 12:11:18.99 ID:CAP_USER
    no title

    朴大統領に近い、2つの財団が疑惑視されている(AP)

     自由な体制のなかに巣食う腐敗を剔抉(てっけつ=えぐり出す)することが、自由な体制の護持につながる-。造船疑獄事件(1954年)を手掛けた「鬼検事」河井信太郎氏が講演会で述べたことを思い出した。

     韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権の行動がまったく逆だからだ。腐敗を批判する声は、国の根幹を覆そうとする左翼による陰謀だ、との状況認識はさておく。1つの問題は「だから、体制内の腐敗分子を守る」と動いていることだ。

     しかし、最近明るみに出た2つの財団による金集めが、体制の中心が腐敗していることを示すとしたら、「左翼による陰謀論」も自己防衛のための詭弁(きべん)となる。

     疑惑の財団とは「ミール財団」と「Kスポーツ財団」だ。ミールは韓国料理の世界への普及、Kスポーツは韓国の伝統スポーツの世界普及を掲げている。

     これまでに韓国メディアが伝えた疑惑の主な内容は、(1)韓国の認可事務は時間がかかるのに、2つの財団が申請翌日に認可を得ている(2)大統領のフランス訪問ではミールが、イラン訪問ではKスポーツが記念イベントに出場した。実績もない財団が選ばれたのは不可解(3)全経連(=日本の経団連に該当)の主導で、財閥企業が自主的に出捐(しゅつえん=金銭の寄付)しているが、ミールが486億ウォン(約44億2600万円)、Kスポーツが288億ウォン(約26億2280万円)も短期間で集められたのは政権の圧力があったからではないのか-といった点だ。

     とりわけ、Kスポーツについては、朴氏の「最側近」とされる女性が、話を持って回ったことが明らかになっている。女性は「空白の7時間」で、秘線(密会相手)とされた男性の元妻だ。その女性が通うスポーツマッサージ店のオヤジが、288億ウォンもの大金を握る理事長になっている。いかにもダミーではないかというわけだ。

     もう1つ。2つの財団の事務所が、朴氏の私邸から近い位置にあることも疑惑を高めている。

     つまり、大統領退任後、これらの財団を操り、時に目立つイベントをするだけで、企業からの出捐金を自在に懐に入れようとしているのではないか、ということだ。

     そうした風評を意識したのだろう。朴氏は22日の首席秘書官会議で「このような非常事態の時に、乱舞する誹謗と、確認されない暴露性発言は私たちの社会を揺るがして混乱を加重させる結果を招くことになるだろう」と述べた。

     民情首席秘書官とは「司直の総元締め」だが、その座に「疑惑の百貨店」のような人物が座っている。が、大統領は彼を守り続けている。逆に2つの財団の疑惑を調べた特別監察官を辞任に追い込んだ。

     現在の人脈配置なら、腐敗している検察が2つの財団の疑惑を取り上げることはないと見なければなるまい。韓国・CBS放送が22日、「この事件は、次の政権で捜査対象になるしかないというのが法曹界の大半の意見だ」と伝えたのは、そんな背景からだろう。

     ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160929/frn1609291140001-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160929/frn1609291140001-n2.htm

    【【韓国の伝統】朴大統領退任後の逮捕確定事案】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/26(金) 08:19:49.39 ID:CAP_USER
    no title

    韓国・朴槿恵大統領(「Wikipedia」より/Chuck Hagel)

     韓国・朴槿恵大統領の妹、朴槿令(クンリョン)元育英財団理事長が、ソウル中央地検から詐欺容疑で捜査されていると複数の韓国メディアが報じました。

     地検は詳細を明らかにしていませんが、聯合ニュースによると、槿令氏は1億ウォン(約900万円)の借金のうち一部を返済できず、詐取したとみなされているようです。
    槿令氏は昨年12月に、自身の管理する財団の駐車場賃貸契約金名目で数千万ウォンを詐取した罪に問われ、500万ウォン(約45万円)の罰金刑が確定しています。

     韓国では、大統領の在任期間満了が近づくと、大統領の親族や側近が逮捕されるという流れが定番化しつつあります。そのため、「クリーンさをウリにしてきた朴大統領もカネの問題が噴出する兆し」と見るむきも少なくないようです。

     しかし、今回の事案が歴代の汚職と趣を異にしているのは、槿令氏が大統領の権力を傘にきて賄賂を受けているわけではないという点です。

     むしろ槿令氏は、朴大統領との不仲がたびたび報じられてきた人物です。昨年には、慰安婦問題に関して「日本に謝罪を要求し続けるのは不当」と語り、日本の政治家による靖国神社参拝について韓国が批判するのは「内政干渉」だとして日本を擁護しました。
    そのため、韓国メディアや世論から激しい非難を浴びました。

     また、公然と「私たちは親日をしなければ(ならない)」と言うほどの親日家です。反日によって国民の支持を得ている朴大統領にとっては、いわば敵対的存在です。その槿令氏が地検から捜査を受けているため、「反日勢力による陰謀」との説もあります。

     他方、大統領所属特別監察官室の特別監察官が大統領の側近2人に対しても取り調べを行ったとの報道もあり、にわかに大統領周辺が慌しくなっています。

     韓国の法律では、特別監察官の監察対象は大統領の配偶者及び4親等以内の親族、大統領秘書室首席秘書官以上の公務員と定められており、監察官が刑事処分の必要があると判断すると刑事告発します。

    暗殺、逮捕、自殺、家族の死…悲運だらけの韓国大統領

     韓国では、歴代大統領が在任後期から退任後に悲惨な人生を送ることが運命的です。参考までに歴代大統領の退任前後を見てみると、下のようになっています。

     初代~第3代大統領の李承晩氏は4選を決めた後、不正選挙があったとして国民が蜂起し、米ハワイへ亡命した。養子で長男の李康石は一家心中した。

     第4代の尹ボ善氏は、大統領辞任後に野党の総裁となったが、政府から「憲法秩序を破壊しようとした」として立件され、実刑判決を受けた。

     朴槿恵大統領の父で第5~9代の朴正煕氏は、親日政策に不満を持つ側近に暗殺された。妻も射殺されている。

    http://biz-journal.jp/2016/08/post_16465.html
    http://biz-journal.jp/2016/08/post_16465_2.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】異常国家・韓国、歴代ほぼ全大統領が暗殺・自殺・逮捕・汚職の悲惨な人生[8/26]©2ch.net

    【異常国家・韓国、歴代ほぼ全大統領が暗殺・自殺・逮捕・汚職の悲惨な人生】の続きを読む

    このページのトップヘ