まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:連想

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)15:00:32 ID:HcI
    韓国で男性誌の表紙グラビアが物議、米国本社への抗議運動を展開・・
    韓国ネット「世の中がどんどん狂っていく」「韓国人男性のレベルが…」
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20150902/Xinhua_27611.html
    no title


    韓国・京郷新聞は31日、韓国の男性誌が女性の拉致や殺害を連想させるグラビア写真を掲載し、物議を醸していると報じた。
    記事によると、問題となっているのは「マクシム・コリア」9月号。
    その表紙には、黒い車のトランクから両足首を縛られた女性の足が出ており、悪役俳優キム・ビョンオクが
    タバコを吸いながらその横にたたずむ「一目で女性拉致や殺人を連想させる」写真が使われている。
    さらに「本当に悪い男はこうだ。好きだろう?」というキャッチコピーが添えられている。
    表紙だけでなく、中のグラビアもキム・ビョンオクが女性が入ったトランクを開いたり、
    黒いビニールを引きずったりといったシーンが盛り込まれている。

    マクシムはグラビアについて「誰も真似ることができないユニークな『本当の悪』、
    『本当に悪いグラビア』を表現したかった」などと説明している。
    だが、これに対して市民団体「韓国女性の電話」が25日に
    「女性に対する犯罪をコンセプトとし、加害者をカリスマ性を持った『頂点に立つ男性』とイメージしたグラビアは、それ自体が暴力。
    暴力性と犯罪を美化している」などと批判する声明を発表。オンラインコミュニティを中心に米国のマクシム本社に抗議運動を展開している。
    30日までに7780人がオンライン署名に参加したという。
    それでもマクシム側は「問題ない」という立場だ。同誌はホームページに掲載した声明の中で、
    「性犯罪的要素はどこにもない」「性犯罪を性的ファンタジーに美化したことはない」と主張している。

    引用元: ・韓国の男性誌が女性の拉致や殺害を連想させる表紙グラビア→米本社に抗議

    【韓国のほのぼの日常風景 - 韓国の男性誌が女性の拉致や殺害を連想させる表紙グラビア→米本社に抗議】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 19:12:19.68 ID:???.net
    Record China 6月26日(金)18時1分配信

    no title

    no title


    2015年6月26日、韓国・聯合ニュースによると、日本の「旭日旗」を連想させると指摘されていた韓国・釜山市民
    公園にある歴史館の天井の模様が変更されることになった。

    釜山市民公園は同日、「問題となっていた天井を変更することに決めた。早ければ7月、関連計画を確定する」
    と明らかにした。また、「専門家と協議した結果、日本と関連性はないとの結論を出したが、誤解の余地があると
    判断したため改善することを決めた。既存の模様はそのまま残し、追加で手を加える」と説明した。

    これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

    「意識して見てみると、韓国の至る所に旭日旗を連想させる模様がある」
    「なんでそんなデザインにしたの?旭日旗よりも韓国国旗のデザインの方が優雅で美しい。ただ赤いだけの国旗のどこがいいんだ?」

    「白い天井に赤い線が放射状に描かれている。誰がどう見ても旭日旗!」
    「マケドニアの国旗とそっくり」

    「旭日旗ではなく戦犯旗や侵略旗と呼ぶべきだ。日本人はいまだに戦犯旗を掲げて、他国を侵略することを夢見ている」
    「よりによって歴史館の天井に旭日旗?一体どこの国の歴史館だ?」

    「ここまできたらもう病気だよ(笑)赤い放射柄アレルギー」
    「はあ…。縞模様を見たらすべて旭日旗と関連付けて批判するの?韓国の国旗も、真ん中の部分が日本の国旗と
    似ているから変えようとか言いだすのか?」(翻訳・編集/堂本)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000066-rcdc-cn

    引用元: ・【韓国】「旭日旗を連想させる!」韓国釜山市民公園、歴史館の天井を変更へ

    【はい。病気ですね 【韓国】「旭日旗を連想させる!」韓国釜山市民公園、歴史館の天井を変更へ】の続きを読む

    このページのトップヘ