まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:造船業

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/18(水) 05:47:09.41 ID:CAP_USER
    近年、さまざまな産業で競争力を急激に高めている中国。造船業も成長著しい分野の1つだ。かつて日本のお家芸と呼ばれた造船業は韓国にシェアを奪われたが、今はその韓国が中国にシェアを奪われている。

    中国メディアの今日頭条は13日、海運・造船専門調査会社である英クラークソンのまとめを引用し、2017年1ー9月の国別受注量では中国が509万CGT(217隻)で1位となり、韓国を上回ったことについて「中国の造船業は世界一だ」と主張した。

    記事は、中国造船業の建造量は世界の約3分の1を占めていると主張し、世界一の立場にあると主張。中国はLNGタンカーを含め、民間で運航されているあらゆる船舶を建造することができると記載した。

    また、これまで建造経験の乏しかった大型砕氷船や大型客船もすでに中国国内で建造中であるため、中国造船業はまさにあらゆる船舶を建造できることになると論じた。

    さらに、かつて世界一だった韓国造船業を抜き去ることができたのは中国国内の整備された工業体系があってこそだとし、中国は船舶の建造に必要となる各種材料から設備まで全てを中国国内で調達することができると主張。大型船舶に搭載される動力系統の技術を掌握し、エンジンやガスタービンを自前で生産できるようになったことも中国造船業の飛躍的発展においては重要な要因だったとした。

    急激に技術力を高める中国。しかも生産コストは日韓に比べて相対的に安く、価格競争力もある。造船業で高い競争力を持つはずの韓国が国外の大型案件を中国に奪われるケースも見られるようになっている。(編集担当:村山健二)

    http://news.searchina.net/id/1645969?page=1

    引用元: ・【経済】韓国造船業を抜き去った! 中国の造船業が「世界一」に踊り出た理由=中国報道[10/18]

    【【価格競争力がものをいう産業】韓国造船業を抜き去った! 中国の造船業が国別受注量で「世界一」に】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/24(木) 09:28:18.09 ID:CAP_USER
    2017年8月22日、韓国・マネートゥデイによると、今年7月の世界の船舶受注競争で中国を抑え1位の座を奪還した韓国だが、造船業における年間労働災害死亡者数は先進国の3~4倍に達していることが分かった。

    韓国雇用労働部の「労働災害統計」によると、昨年、韓国の造船業従事者の死亡者数は31人だった。一方、日本では同条件での集計による死亡者数は7人(中央労働災害防止協会基準)で、韓国の死亡者数は日本の4倍以上に上る。

    他の先進国と比較しても韓国造船業の死亡者数は多い。英国での同条件の死亡者数は15人、オーストラリアは3人、イタリアでは25人となっている。

    また国際労働機関(ILO)によると、労働者10万人当たりの死亡者数を示す指標でも韓国は6で、フランス(3)、日本(2)、ドイツ(1.6)、イギリス(0.4)に比べて圧倒的に高い。

    マネートゥデイは、「問題は、これらの死亡事故が発生する度に雇用労働部で安全保健特別監督を行うが、『安全不感症』が毎年繰り返されるという点だ」と指摘する。

    韓国の造船会社「STX造船海洋」の造船所では20日午前、乾燥中の石油化学製品運搬船のタンクで爆発事故が発生し、内部塗装作業中だった下請け業者の作業員4人が死亡した。同社は2011年にも5件の労働死亡事故を起こし特別監督を受けたほか、昨年も作業員が転落死する事故が発生している。

    STX造船海洋に限らず、下請け業者の死亡事故の割合は韓国の造船業界で以前から高く、昨年の25人の死者のうち18人(82%)が下請け業者の作業員だった。

    業界関係者は今回のSTX造船海洋の事故を受け、「重大事故が発生した際に会社側に強力な処罰を下さない限り、事故は繰り返される」と述べている。

    この報道について、韓国のネットユーザーからは「危険は全部下請け業者に『外注』されている」「労働者全体の意識に変化が必要だと思う」「造船業界の構造が問題だ。ほとんど外注に回してしまうので、管理もいいかげん、仕事は何でもどんぶり勘定」など、造船業界への厳しい声が寄せられた。

    また、「造船業だけの問題じゃないと思う」「韓国はいいことで1番になった試しがない」との指摘もあった。(翻訳・編集/三田)

    http://www.recordchina.co.jp/b188255-s0-c30.html

    引用元: ・【韓国】世界1位を誇る韓国造船業、労働災害による死者は日本の4倍=韓国ネット「韓国はいいことで1番になった試しがない」[8/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【一等賞おめ!】世界1位を誇る韓国造船業、労働災害による死者は日本の4倍】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 19:52:16.33 ID:CAP_USER
    今年下半期、造船業種は受注急減と大規模な構造改革の余波で前年同期比3万3000人の雇用が消えると予想された。繊維、金融・保険業種も雇用が減少する半面、機械・半導体・建設業は雇用が増える見込みだ。

    韓国雇用情報院と韓国産業技術振興院が30日に発表した「2017年下半期雇用展望」によると、最も厳しい業種は造船だった。

    造船業は世界景気の減速、船舶の供給過剰、原油安などによる沈滞が続く状況で、受注急減と構造改革の余波までが重なり、今年下半期の雇用が前年同期(16万12898人)比20.2%(3万3000人)減少すると予想された。

    繊維と金融・保険も成長鈍化で該当分野の雇用が前年同期比それぞれ1.7%(3000人)、3.6%(2万9000人)減少すると予想された。鉄鋼は市況不振で1.4%(2000人)減、ディスプレーは部品素材市場の低迷で0.9%(1000人)減が見込まれる。

    一方、機械・半導体・建設業は雇用が増える見通しだ。機械は米国と新興国のインフラ投資拡大で1.8%(1万3000人)増、半導体はパソコン高仕様およびスマートフォンメモリー高容量化による好況が続き2.5%(3000人)増が予想される。

    建設業も受注額減少にかかわらず投資の増加が続き、雇用が2.9%(5万5000人)拡大する見込みだ。自動車は内需増加を輸出不振が相殺し、0.6%(2000人)増にとどまるという。

    今回の予測値は雇用保険データベース、事業体労働力調査、経済活動人口調査と各界専門家の意見に基づいて作成された。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/844/231844.html

    引用元: ・【経済】韓国造船業、下半期に雇用3万3000人消える[7/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【公務員として雇ってくれるさ】「韓国造船業、下半期に雇用3万3000人消える」2017年下半期雇用展望】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★@無断転載は禁止 2017/05/12(金) 13:33:15.54 ID:CAP_USER
    先月、韓国の造船所が世界で最も高い受注実績を上げていたことが分かった。

    10日、英国の造船海運市況分析機関クラークソンリサーチによると、韓国は4月に計34万CGT(標準貨物船換算トン数)・12隻を受注して国別で最も高い実績を上げた。中国が26万CGT(13隻)で韓国の後に続いた。日本は受注を記録することができなかった。

    4月の世界の船舶発注量は75万CGT(28隻)で、3月の95万CGT(59隻)に比べて約20万CGT(31隻)減少した。

    また、ことし1~4月の世界の累積発注量は471万CGT(179隻)で、前年同期451万CGT(179隻)と大きな差はないことが明らかになった。国別受注実績は中国143万CGT(78隻)、韓国123万CGT(34隻)、イタリア74万CGT(8隻)、フィンランド33万CGT(2隻)、日本25万CGT(11隻)の順となっている。
    中央日報 latest news
    2017年05月11日06時39分
    http://japanese.joins.com/article/936/228936.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp

    引用元: ・【韓国造船業】4月の受注実績が世界1位に…中国13件・日本0件[05/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【納品できるとは言ってない】韓国造船業、4月の受注実績が世界1位に…中国13件・日本0件】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/01/31(火) 17:23:22.92 ID:CAP_USER
    仕事がないためクレーンは止まったままで、作業員の姿も見られない。この産業団地には大宇造船海洋とサムスン重工業の協力会社が密集しているが、造船業の不況で二社が大規模な人材構造調整に入ったため、協力会社の相当数は廃業したり工場を止めたりした。

    ことし上半期、造船業種だけで2万7000件の働き口が消える。電子・鉄鋼・半導体・ディスプレイなど残りの輸出主力業種も雇用が伸び悩むことが予想されている。韓国雇用情報院は31日、このような内容を取りまとめた「2017上半期 主要業種雇用展望」を発表した。機械・電子・造船・自動車のような国内8つの輸出主力製造業や建設・金融保険業など10業種の雇用保険被保険者、職種別事業体労働力調査、経済活動人口調査を基に分析した。

    これによると、全体雇用規模は昨年上半期より0.7%(5000人)ほど増加することが予想された。だが、従業員30人未満の企業の雇用は増加するが、1000人以上の企業は減少するという。低賃金の働き口が増えるということだ。

    昨年に続き、造船業種の雇用ショックは収まらない見通しだ。世界景気が鈍化しているうえに船舶供給過剰の余波で不況が続いているからだ。ことし上半期の造船業種の雇用規模は昨年上半期に比べて15%(2万7000人)ほど減少するとみられている。構造調整がどのように進められるか次第では減少幅はさらに拡大する可能性もある。このような現象は大・中小企業に関係なく現れる。

    鉄鋼業種や繊維、ディスプレイ分野も雇用減少が予想された。鉄鋼業種は保護貿易主義にともなう規制強化が足を引っ張るが、原材料の上昇にともなう製品価格の上昇、中国内での減産が好材料として働き、0.7%(1000人)減に踏みとどまる見通しだ。繊維は中国などからの逆輸入の増加、低価格繊維素材の需要増加で打撃を受けるものの、為替レートの上昇、基底効果で輸出が増えて雇用は0.3%減の水準が続く。ディスプレイは投資拡大で装備市場が成長するとみられているが、LCD市場の縮小によってグローバル部品素材市場そのものが小さくなる見通しだ。これに伴い、雇用は0.8%減少するものとみられる。

    半導体業種は小幅(0.8%)増加する展望だ。メモリー半導体価格の安定が持続し、情報通信(IT)機器に搭載される容量の増加が成長を牽引するとみられているからだ。米国の保護貿易の強化が、急成長を遂げる中国半導体産業を牽制する効果を生むことも韓国企業には有利に働く。

    機械業種は上半期に設備投資の増加が予想される。しかし雇用は投資分ほど増えないとみられている。保護貿易主義で改善幅が制限されるうえ、中国の自国企業育成政策、ブレグジット後の欧州の自国優先主義感情の強まり、米国の利上げとシェールガス生産の増加が雇用に否定的な影響を及ぼしかねないためだ。ことし上半期の機械業種の雇用増加は0.7%(5000人)にとどまる見込みだ。

    電子業種は従業員300~999人以下の企業では雇用が減少する反面、1000人以上と30人未満の企業では雇用増加が予想される。電気自動車の需要増加、次期スマートフォンモデルの発売にともなう好材料が待っているからだ。増加幅は0.8%(5000人)程度でほぼ横ばいを維持するものと予想される。

    自動車部門は内需販売の減速が輸出増加率を上回ると予想されているが、雇用は小幅で増加傾向(1.1%)を維持するだろうと雇用情報院は予想している。

    建設業では社会間接資本予算の減少と住居用建築物の過剰供給で受注額が減る見通しだが、建設に対する投資はある程度続くものと見られている。これに伴い、昨年上半期に比べて雇用は1万7000人(0.9%)増となり、ほぼ横ばいとなる見通しだ。

    金融保険業も0.6%(7000人)増で前年度とほぼ同じ水準を維持する見通しだ。住宅と不動産景気の落ち込み、融資増加率の鈍化という悪材料があるものの、市中の金利上昇が銀行の収益性を改善するものとみられている。

    中央日報 2017年01月31日15時55分
    http://japanese.joins.com/article/252/225252.html?servcode=300&sectcode=320&cloc=jp|main|breakingnews

    引用元: ・【経済】韓国、ことし上半期に造船業だけで2万7000件の雇用消える[1/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【楽天的すぎて恐ろしい 】韓国、ことし上半期に造船業だけで2万7000件の雇用消えるが、全体雇用規模は横ばいを維持】の続きを読む

    このページのトップヘ