まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:逆転

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/01/24(火) 01:32:14.73 ID:CAP_USER
    昨年の船舶受注、目標のわずか20%
    ドック半数稼働中止の可能性
    手持ち工事量で今治造船に抜かれ世界3位転落

    「仕事量が減り、今年だけで少なくとも3-4基のドック(船舶を建造するための施設)の稼働を中止しなければならない。余剰人員も6000人に達する」

    昨年、操業以来初めてドック1基の稼働中止に踏み切った現代重工業は20日、カン・ファング社長の名義で全社員に向けた談話を発表し、ドックのさらなる稼働中止に言及した。

    実際にドックの稼働が中止されれば、現代重工業が保有するドック計11基のうち約半数が稼働中止という史上初の事態となる。

    カン社長は「今年の予想売り上げは15兆ウォン(約1兆4600億円)で、10年前の2007年と同じ水準まで落ち込んでいる。

    好況のときには1億6000万ドル(約181億円)だった大型原油タンカー(VLCC)の価格も、最近は7900万ドル(約90億円)とほぼ半額になってしまった」と述べた。

    売り上げ、利益構造とも泥沼にはまっているというわけだ。カン社長はさらなる人員削減にも言及した。

    カン社長は「ドックが稼働中止になれば6000人の余剰人員が出る」として「債権団がリストラを求めてくるのは間違いない」と述べた。

    現代重工業は昨年も希望退職などにより4000人以上の大規模な人員削減を実施したが、今年も事情が好転しないというわけだ。現代重工業は現在、2万3000人の社員を抱えている。

    現代重工業の昨年1年間の受注実績は船舶約20隻で、年初の受注目標のわずか20%にとどまった。海洋プラント部門は2年で1件も受注していない。

    受注不振は世界的な造船不況によるものだが、現代重工業はライバル企業より深刻な打撃を受けている。

    世界の造船・海運市況を調査する英クラークソンがこの日発表した昨年末基準の手持ち工事量で、現代重工業は日本の今治造船所に抜かれ、世界3位に転落した。

    現代重工業が手持ち工事量で3位に転落したのは、激しい労使紛争が発生した1989年以来のことだ。

    全洙竜(チョン・スヨン)記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/23/2017012302864.html

    引用元: ・【韓国】受注低迷の現代重、手持ち工事量で今治造船に逆転許す 昨年の船舶受注、目標のわずか20%[1/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ダンピング受注をやってきたツケ】昨年の船舶受注、目標のわずか20%の現代重工業、手持ち工事量で今治造船に逆転許す 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/01(水) 02:38:14.06 ID:CAP_USER
    昨年、韓国よりも日本を訪れた海外の観光客が多いことが分かった。

    31日韓国の全国経済人連合会の発表によれば、昨年日本を訪れた海外の観光客は1974万人を記録したが韓国を訪れた観光客は1323万人にとどまった。
    また昨年、日本は約11兆ウォン(約1兆円)の観光収支黒字を記録した一方で韓国は約6兆ウォンの赤字を記録した。

    韓国は2014年まで日本よりも海外観光客の誘致で先んじていたが逆転された。全国経済人連合会は円安傾向にともなう為替レート効果と韓国で発生したMERS(中東呼吸器症候群)の影響もあったが、
    2011年の東日本大震災後の速やかで体系的な危機対応とち密で戦略的な外国人観光客の誘致プロモーションなどで逆転されたと説明した。

    全国経済人連合会は2011年の東日本大震災後に日本を訪れた中国人の増加率(48%)が、韓国を訪れた中国人(28%)よりはるかに高いとし、
    今年も訪日中国人観光客の増加率によって全体の韓日観光客の誘致実績の逆転が長期間続く可能性が高いと指摘した。

    http://japanese.joins.com/article/369/216369.html

    引用元: ・【韓国】昨年の海外観光客誘致、日本に逆転される[6/01]©2ch.net

    【韓国の海外観光客誘致、日本に逆転される。観光収支も赤字】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 23:04:45.31 ID:CAP_USER.net
    昨年の日本の海軍戦力が増加しながら韓国の軍事力を上回ったと評価された。

    韓国日報は米国の民間軍事力評価機関である「Global Firepower」の資料を引用して2015
    年の韓国の総体的軍事能力は0.2824(0に近いほど強い)で11位を、日本は0.2466で7位を
    記録したと伝えた。2014年の評価によれば韓国が7位、日本が9位だった。

    韓国日報によれば「Global Firepower」は各国の順位の変動について別途の詳しい説明を出
    していない。しかし2014年と2015年の戦力を比較すると順位変動の原因を察することができる。
    日本は航空母艦級の艦船が3隻に増えるなど海軍戦力が増強し、北朝鮮は前方投入の兵力が比
    較的大きく増えた。

    一方、米国・ロシア・中国が並んで1~3位を記録した中で、北朝鮮の兵力増強も目についた。
    北朝鮮の前方配備兵力が69万人から70万人に増え、保有戦闘機も516機から672機に増えた。
    これに伴い2014年に36位だった北朝鮮の軍事力は25位へと11ランクも上がった。

    ソース:中央日報日本語版<韓国の軍事力、日本に逆転された>
    http://japanese.joins.com/article/410/214410.html

    関連記事:Global Firepower(英語)The complete Global Firepower list puts the military powers of
    the world into full perspective.
    http://www.globalfirepower.com/countries-listing.asp
    1) US, 2) Russia, 3) China, 4) India, 5) France, 6) UK, 7) Japan, 8) Turkey, 9) Germany, 10) Italy,
    11) South Korea, 12) Egypt

    引用元: ・【軍事】 韓国の軍事力、日本に逆転された~韓国:7位→11位。日本:9位→7位[04/12]

    【かけてる金は日本の4倍以上【軍事】 韓国の軍事力、日本に逆転された~韓国:7位→11位。日本:9位→7位[04/12]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/02/10(水) 20:41:40.80 ID:CAP_USER.net
    サムスン電子・現代(ヒョンデ)自動車など韓国内の主な業種の代表企業の営業利益率が停滞・
    悪化している。一方で中国と日本の競争企業は改善されており、世界市場で韓国企業が追いやら
    れている。

    韓国経済研究院が9日、電気・電子や自動車、鉄鋼、石油化学など4大業種の韓中日の代表企
    業の営業利益率を比較分析した結果このようにあらわれた。

    自動車業種で現代車の営業利益率は2011年に10.3%を記録した後、毎年下がって昨年(1
    -9月期)は7.2%にとどまった。日本のトヨタ自動車は2013年9.8%で現代車を追いやり、昨年
    (1-9月期)には円安を背に10.5%を記録した。中国の上海自動車の営業利益率は2%台でま
    だ低い水準だ。しかし売り上げが毎年大幅に増加し、利益規模がいち早く大きくなっている。

    鉄鋼業種でポスコは2010年に11.7%だった営業利益率が昨年1-3月期基準で4.7%へと
    大きく下がった。日本の新日鉄は昨年1-3月期に6.6%の営業利益率を記録してポスコを追い
    越した。中国の宝山鋼鉄も6.0%でポスコより高かった。電気・電子、石油化学の業種では韓国企
    業の営業利益率がまだ優位にあるが、その格差がいち早く狭まっている。

    石油化学業種で日本の三菱は営業利益率が2010年に6.3%を記録して以降ずっと下方曲線
    を描いて2012年(1.0%)を底に上昇傾向へと持ち直した。2013年1.9%、2014年3.3%に続
    き昨年7-9月期まで7.2%の営業利益率を達成した。中国石油化工(シノペック)の改善も引き立
    って見える。2014年は赤字だったが昨年7-9月期の累計で7.1%に高まった。一方でLG化学
    は2010年に営業利益率14.2%を記録して以降は下り坂を歩んでいる。昨年7-9月期累計で9.
    7%と競争企業との格差が大幅に減った。

    電気・電子業種では中国の躍進が目立つ。サムスン電子は2010年以降30%台後半の営業利
    益率を着実に記録している。日本のソニーは同期間20%台初中盤の営業利益率を維持している。
    一方、中国華為(フェーウェイ)は2010年22.0%だった営業利益率が昨年7-9月期は36.9%
    に上昇した。

    韓国経連の関係者は「グローバル景気低迷の中でも日本企業は円安の恩恵を受けており、中
    国企業は技術格差をいち早く縮めて成長している」として「韓国の代表企業の利益率が停滞して
    おり、新事業など突破口を見出すことが急務だ」と話した。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    ソース:中央日報日本語版<韓経:電子・化学も中国・日本に逆転される危機…営業利益率の格
    差、急激に縮小>
    http://japanese.joins.com/article/885/211885.html

    引用元: ・【韓国】 電子・化学も中国・日本に逆転される危機…営業利益率の格差、急激に縮小[02/10]

    【パクリゴールデンタイム(笑)はとっくに過ぎたんだよ 【韓国】 電子・化学も中国・日本に逆転される危機…営業利益率の格差、急激に縮小[02/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ