まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:追及

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/25(日) 08:22:42.81 ID:CAP_USER
     今年4月の韓国総選挙後、民主党議員が提案した企業規制法案は300本に迫る。致命的なポイズン条項を含む法案があまりに多く、大韓民国の主敵が北朝鮮から企業に変わったかように錯覚するほどだ。

     民主党から提出が相次ぐ法案の中身を見ると、結局は企業という少数をたたき、支持層を結集させ、腹をすかせた多数の歓心を買おうとするものだ。

     企業と労働者、大株主と少数株主、大企業と中小下請け業者、大企業と消費者を対立させ、少数勢力を崖っぷちに追い込む内容を盛り込んでいる。少数側はどんな過ちを犯したのかも分からないままたたかれる。あえて罪を探すとすれば、彼らの票が少数であることだけだ。

     李洛淵(イ・ナギョン)民主党代表は先週、反企業の決定版である「企業規制3法」問題で韓国経営者総協会(経総)を訪れた。院内代表や広報担当者がマイクを握り、「3法はこのまま行く」と発表すればそれまでなのだが、党代表が直接企業経営者を訪ねて説明する格式を整えた。このため、もしかすると改善案が示されるのではないかという期待もあった。しかし、李代表は「3法は先送りできない」と断言した。企業経営者の面前でくぎを刺すイベントを行った格好だ。政権与党の代表が直接少数をたたく様子を多数に見せつけた。

     大企業の利益を下請け企業に強制的に配分する利益共有制、1カ月働いただけの労働者にも退職金を支払う制度、大型商業施設と従来型商圏の距離を1キロメートルから20キロメートルに拡大する法案も全て票集めのための少数たたきだ。企業に取っては怪物のような法案が相次いで国会を通過する勢いだ。

     「まさか?」というのは純真な考えだ。過去には想像もできなかったことが過去3年余りで現実になった事実を覚えておく必要がある。少数を狙った一連の反企業、反市場政策で多くの人が失業と所得現象に苦しんでいるにもかかわらず、政府は全く動じない。かえって少数をもっと締め付け、税金を無差別にばらまき、多数を権力側に再び引き込もうという「反転」に動いている。それが与党の総選挙での圧勝につながり、その後の少数たたきはさらに激しさを増した。あらゆる法規を改正し、企業経営者を監獄に入れられる条項は2600に増えた。この国で企業経営を行う人間は「予備犯罪者」になった。

     数日前、大手格付け会社のフィッチは韓国経済に関する報告書で「民主党」に言及した。「4月の総選挙での圧勝により、民主党と衛星政党の共に市民党の議席が60%を占め、他の政党の支援なしでも法案を成立させられる」と指摘した。その上で、巨大な政権与党による無理な財政赤字拡大を懸念した。既に韓国の政府債務比率はフィッチが警告した46%に迫っている。この線を超えれば、格付け引き下げの危機を迎える。民主党には大きな悪材料にほかならない。この状況を避け、多数の歓心を買うばらまき財政を続ける方法はただ一つだ。巨額の税金を納めてきた少数からもっと税金を取ることだ。現在政府は企業の内部留保への課税のほか、大株主の基準を保有株式3億ウォンに引き下げ、株式譲渡所得税を課税しようとしている。他の増税も検討しているはずだ。

     朴槿恵(パク・クンヘ)政権下で伸びていた経済成長率は文在寅(ムン・ジェイン)政権の3年間で低下傾向だ。韓国経済の競争力を高めるには、労働改革と規制革新が必須だが、それも無視している。多数が反対するからだ。

     現在の危機も過去の危機のように企業が突破するほかない。ところが文在寅政権は企業をそういう存在とは考えていないようだ。ただ、「積弊としての追及対象」「税金ATM」として利用しているだけだ。少数への寛容は決してないだろう。

    ユン・ヨンシン論説委員

    朝鮮日報日本語版 10/25(日) 8:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a56bb40bb899cf8f1a363144bcdd4bc5ce6073ef

    引用元: ・【朝鮮日報】大韓民国の主敵は企業に変わったのか 文政権にとって企業は「積弊としての追及対象」「税金ATM」 [10/25] [新種のホケモン★]

    【北と統一するってそういうことだぞ?wwww 【朝鮮日報】大韓民国の主敵は企業に変わったのか 文政権にとって企業は「積弊としての追及対象」「税金ATM」 [10/25] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/09/23(水) 16:06:16.37 ID:CAP_USER
     【ソウル共同】韓国のソウル市や南東部、大邱市など複数の自治体が23日までに、新型コロナウイルスの感染を拡大させた宗教団体や個人を相手取って、経済的損失や、防疫と治療にかかった費用の賠償を求める訴訟を相次いで起こした。

     各自治体は感染拡大の責任を厳しく追及し、防疫措置の順守を徹底させる狙い。請求金額が最も大きいのは大邱市で、2月に大規模な市中感染を招いた新興宗教団体「新天地イエス教会」に対し、約1千億ウォン(約90億円)の賠償を求めている。

     ソウル市も今月18日、宗教団体「サラン第一教会」に約46億2千万ウォンの賠償を請求する訴訟に踏み切った。

    共同通信 9/23(水) 15:36
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1e6c853f16d6cf19d2cfc486485545ddf8c00193

    引用元: ・【共同通信】韓国でコロナ訴訟相次ぐ 「新天地イエス教会」に約1千億ウォン 「サラン第一教会」に約46億ウォン 感染の責任追及 [09/23] [新種のホケモン★]

    【おっ、魔女狩りか 【共同通信】韓国でコロナ訴訟相次ぐ 「新天地イエス教会」に約1千億ウォン 「サラン第一教会」に約46億ウォン 感染の責任追及 [09/23] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    このページのトップヘ