まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:返上

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/25(金) 17:07:23.13 ID:CAP_USER
    no title


    韓国政府は25日、貿易面で優遇措置を受けられる世界貿易機関(WTO)の「発展途上国」としての待遇を放棄することを決定した。韓国はこれまで農業分野で関税や補助金などに関する優遇措置を受けてきたため、国内の農業団体は政府の決定に強く反発している。ソウルの政府庁舎前で撤回を要求する農業団体=25日、ソウル(聯合ニュース)

    https://m-jp.yna.co.kr/image/photo-view?type=today#2
    聯合ニュース 2019.10.25 10:36

    関連
    【韓国】WTO新交渉から途上国恩恵を主張せず 韓国政府が決定[10/25]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1571972227/

    引用元: ・【土一揆】WTO「途上国」返上に農業団体が反発[10/25]

    【都合が悪くなると暴れ出す民族 【土一揆】WTO「途上国」返上に農業団体が反発[10/25] 】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/12/06(日)11:46:19 ID:xTr
    前略:実際に詐欺にあったというA氏の話。詐欺は刑事と民事の中間と言われる。刑事告訴すれば民
    事解決しろと言われ、民事訴訟を起こせば刑事処分があれば有利と言われる。数十万円の窃盗なら厳
    罰だが数百から数千万円の詐欺は処罰が難しい。被害者が自発的に財産を差し出すため騙す意図の立
    証が難しいからだ。「魂を破滅させる犯罪」とも呼ばれる。

     こうした状況であるがゆえに、詐欺犯罪は増える一方だ。不況もこれに拍車をかけている。昨年の
    詐欺犯罪の発生件数は24万件余りと、5年前に比べ17.1%増加した。ここ3年間の詐欺による被害額が
    43兆ウォン(約4兆6000億円)に達するという統計もある。犯罪類型別の国別ランキングで、韓国は詐
    欺犯罪で世界1位だ。「元大統領の裏金」をエサにした詐欺からボイスフィッシング(電話を使った金
    融詐欺)まで、ありとあらゆる詐欺が横行している。数年前には地方都市の住民が集団で保険金詐欺
    に関与する事件が起こり、社会に衝撃が走った。言ってしまえば、詐欺は韓国の代表的な犯罪になっ
    てしまったのだ。「詐欺犯の天国」という汚名をいつになったら返上できるのか。

     一番問題なのは、警察、検察、裁判所の手ぬるい対応だ。昨年に詐欺罪で起訴された人は約6万4500
    人で、立件された人のうち22%にすぎない。残りの78%は不起訴処分を受けた。20万人を超える詐欺被
    害者が、国の刑法的保護対象から外されたと言っても過言ではない。また、1億ウォン(約1060万円)
    未満の財産上の利益を得た詐欺犯への刑罰が懲役6カ月-1年6カ月にすぎないのが韓国の量刑基準だ。
    被害額が5億-50億ウォン(約5300万-5億3000万円)に達する場合でも懲役4-7年、減刑されれば懲役
    2-5年となる。初犯であったり、反省を見せたりすればさらに減刑されるか、あるいは執行猶予が付い
    て釈放される。

     米国は保険金詐欺を重犯罪とみなし、懲役20年に処する。韓国はわずか懲役1-2年だ。詐欺被害者の
    自殺が相次いでいるにもかかわらず、詐欺犯たちは刑務所で数年間「アルバイト」すれば終わりだと考
    えているのが現実だ。甘すぎる処罰が詐欺犯罪を逆に助長してはいないか、振り返ってみる必要がある。

     韓国国民は、だまされる人が悪いという消極的な態度と、他人をだましても構わないという意識を変
    えていくべきだ。詐欺の被害者が救済を受け、詐欺犯が適切に処罰される社会にならない限り「詐欺犯
    の多い国」という恥ずかしい指摘を繰り返し聞くことになるだろう。

    キム・ホンジン・読者サービスセンター長

    詳細はソースで
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/05/2015120500504.html

    引用元: ・【朝鮮日報コラム】韓国はいつ「詐欺犯天国」の汚名を返上できるのか[12/5]

    【犯罪と思ってないんだから無くならないやな【朝鮮日報コラム】韓国はいつ「詐欺犯天国」の汚名を返上できるのか[12/5]】の続きを読む

    このページのトップヘ