まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:輸出規制

    1: まぜるな!キケン!! 2019/12/05(木) 12:22:33.01 ID:CAP_USER
    記事入力2019.12.05 午前11:34

    ムン・ジェイン大統領が5日、「私たちは、企業と科学技術、国民が団結して日本の輸出規制も勝ち抜いている」と述べた。

    ドア大統領はこの日、第56回貿易の日記念式に出席し、「素材・部品・機器の国産化と輸入の多様化を達成しながら、むしろ我々の業界の競争力を高める機会としている」と述べた。 この日の行事は先月22日、政府が韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了条件猶予の決定を発表した後、ドア大統領が初めて参加する経済のより。

    ドア大統領は「素材・部品・機器産業の育成は、技術自立を実現する道」と経済分野の克日基調を再度明らかにした。 ドア大統領は「素材・部品・機器の特別法の改正が国会で通過さ支援対策・推進システムが法制化された」とし「多くの企業が国産化を超えて、世界市場に進出することになるだろう」と述べた。

    ドア大統領は「米中貿易紛争と世界経済の減速困難の中で、世界の10大輸出国のすべての輸出の減少を経験しているが、我々は今年「3年連続の貿易1兆ドル」を達成し'11年連続の貿易黒字「?は貴重な成果を成し遂げた」と評価した。 続いてドア大統領は「貿易1兆ドル以上を達成国の製造業をベースに黒字を達成した国は、韓国とドイツ・中国、三国に過ぎない」とし「それだけ韓国経済の基礎が丈夫であるということだ」と述べた。

    ドア大統領は「幸いなことに、あちこちで底力が発揮されている」と主力産業の競争力の回復、新規輸出動力成長、貿易市場の多様化、中小企業躍進などを、その証拠として打ち出した。 続いてドア大統領は、「自由貿易と規制改革は、新産業の競争力強化のために必要である」とし「規制サンドボックスと規制の自由特区を通じて新技術革新と新製品の成功の基盤を広げていくだろう」と明らかにした。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm id1%3D100 id%3D032%26aid%3D0002978877&usg=ALkJrhgPzJ0EIsQ2SnZfukvqJRhyF-cKng

    引用元: ・【韓国】文大統領「我々は日本の輸出規制を勝ち抜いている」「韓国経済の基礎は丈夫。あちこちで底力を発揮」

    【ホントに手を打たない所が素晴らしいw 【韓国】文大統領「我々は日本の輸出規制を勝ち抜いている」「韓国経済の基礎は丈夫。あちこちで底力を発揮」 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/26(火) 12:31:10.51 ID:CAP_USER
    日本も輸出規制の緩和に誠意を示すべきだ


    韓国政府が22日、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)の終了カードを留保することにした後、
    両国の間で交渉内容をめぐる真実攻防が繰り広げられている。

    GSOMIAを巡る論議が大きな山場を越えた後なので、両国政府がそれぞれ自国世論を意識して有利な主張をすることはありうる。
    しかし、その後の交渉を考えて、その内容と度合いは調節すべきだ。

    両国は、状況を再び悪化させる狙いがなければ、口喧嘩のような攻防を中止し、せっかくの対話の火種を蘇らせなければならない。
    韓日間の対立は、昨年10月に最高裁の徴用判決に対する政府の対応から出発して、7月に日本の突然の輸出規制とホワイト国排除措置、
    8月に韓国政府のGSOMIA終了通知に続き、糸巻きのようにこじれている。問題を解決するためには、逆の順序で解決しなければならない。

    韓国政府が出したGSOMIA終了カードは、日本の輸出規制への対抗措置の性格が強かったが、
    今回、GSOMIA留保措置とともに、世界貿易機関(WTO)への提訴も停止して、日本に対して輸出規制の撤回に向けた道を開いた。

    これからは日本政府が、誠意と真剣さを示すべき番だ。
    http://www.donga.com/jp/List/article/all/20191126/1911509/1/%E6%A5%E6%9C%AC%E3%82%E8%BC%B8%E5%BA%E8%A6%8F%E5%B6%E3%AE%E7%B7%A9%E5%8C%E3%AB%E8%AA%A0%E6%8F%E3%92%E7%A4%BA%E3%99%E3%B9%E3%8D%E3%A0

    【GSOMIA延長】韓国「韓国は誠意を見せた。次は日本が輸出規制を撤回する番だ」★5
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574592894/

    引用元: ・【韓国】 日本も輸出規制撤回の誠意を示せ

    【南朝鮮が誠意なんか見せたこと無いくせに【韓国】 日本も輸出規制撤回の誠意を示せ 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/24(日) 14:41:51.91 ID:CAP_USER
    日本が韓国に対する3個核心素材の輸出規制措置を断行してから約5ヶ月間、国内の半導体・ディスプレイ業界に生産の躓きが事実上全く無かったことが把握された。

    これは韓日軍事情報保護協定(GSOMIA・ジーソミア)終了の『条件付き延期』決定によって進行される両国通商当局間の対話で韓国側に有利に作用するという分析が出ており、今後交渉の去就が注目されている。

    ただし、日本が今もなお3品目に対する個別審査体制を維持するという立場を明らかにしており、業界の不安はしばらく続く見通しだ。

    24日産業通商資源部や関連業界などによれば、サムスン電子、SKハイニックス、サムスンディスプレイ、LGディスプレイなど4企業は去る7月初め、日本の輸出規制発表以降にこれによる生産の躓きが全く発生しなかったという立場を最近政府に伝えた。

    当初フッ化水素、フッ素ポリイミド、フォトレジストなど3品目の対日依存度が余りにも高くて、輸出規制が2~3ヶ月以上持続した場合は生産ラインの全面中断など『致命傷』を負うだろうという憂慮が大きかったが、結果的には心理的な不安感を除いて『別無神通(大したことがない)』になったわけだ。

    各企業が『Contingency Plan(非常計画)』を通じてこれまで確保していた在庫の生産ライン投入を効率化する一方、これらの品目の輸入チャンネルをヨーロッパなどで多変化して、国産化の努力も並行したのが功を奏したという分析だ。

    特に韓国政府が世界貿易機関(WTO)紛争の手続きに突入して、日本が『不適切な輸出統制』という国際社会の批判から逃れるために部分的にもこれらの品目に対する輸出許可を相次いで出したことも『息の根』を開かせる要因になった。

    サムスン、SK、LGなど複数の業界関係者は「半導体・ディスプレイの4個代表企業の中で日本の輸出規制によって当初予定された生産量を満たすことができなかった所は只の1ヶ所も無いと認識している」として「影響が無かったというよりは、被害が無いように緻密に対応したおかげ」と説明した。

    そして「今年第3四半期と第4四半期の実績に日本の輸出規制による『マイナス要因』は全く無い」と強調した。

    韓国政府の立場では製造業革新のために核心課題の1つとして『素材・部品・装備産業の自立化』を推進する中で日本の今回の輸出規制がむしろ『呼び水』の役割をしたという評価も出ている。

    昨年末に産業部が『2019年新年業務報告』を通じて素材・部品・装備産業の競争力強化を今年の核心政策課題に提示して、当時はこれと言った注目を受けることはなかったが、最近になって汎国民的な関心事として浮上して政策推進に力を受けるようになったというのだ。

    実際、日本の輸出規制を契機に『素材・部品・装備産業競争力強化のための特別措置法』が21日に国会常任委を通過したりもした。

    匿名を要求したある政府関係者は「ある側面では日本にアリガトウと言わなければならないほど」として「意図した事ではないだろうが、韓国の未来製造業の競争力を高めるのに大きく寄与した訳だ」と話した。

    しかし、業界では日本政府が3品目を個別的に審査して、ホワイト国(輸出手続き優待国)から除外した措置も維持するという方針を明らかにしたことに対して『不確実性』は変わらないという憂慮を出している。

    ある業界関係者は「今まで生産の躓きが無いと言っても、今後ずっと無いという保障は無い」として「韓日局長級の政策対話を通じて輸出規制と関連した妥結策を見付けることを期待する」と話した。

    政府関係者も「直接的な生産の躓きは無かったかもしれないが、物量の確保などのために使わなくてもよい費用を投入するなど、機会費用は悪材として作用しただろう」と指摘した。

    2019-11-24 06:11
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20191123024300003

    半導体・ディスプレー生産 日本の輸出規制後も支障なし=韓国
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191124000400882

    引用元: ・【ホワイト国】「むしろ感謝したいほど」…日本の輸出規制による生産の躓きは事実上『ゼロ』[11/24]

    【なら二度とホワイト要求すんなよ? 【ホワイト国】「むしろ感謝したいほど」…日本の輸出規制による生産の躓きは事実上『ゼロ』[11/24] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/06(水) 15:38:40.53 ID:CAP_USER
    2019年11月4日、韓国・JTBCは、日本による対韓国輸出規制の強化後、韓国の半導体輸出は「むしろ増加している」と伝えた。

    報道によると、韓国の10月の半導体輸出は前年同月に比べ16%増加した。日本が輸出規制強化を発表した7月以来、増加率は毎月2桁を維持しているという。これは「規制強化により韓国の半導体生産に不確実性が生じたことで、あらかじめ物量を確保するために主要取引先が注文を増やしたため」と分析されている。

    また、規制強化後も「韓国の半導体生産に支障は生じていない」といい、7~9月の半導体生産量は前年同期より8.3%増加したという。韓国政府関係者は「主要国内業者がいち早く在庫確保に動いたため」と説明し「日本以外からの輸入や国産素材を日本製の代替とする動きも急速に進んだ」と説明したという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「この機会に、眠っていた韓国の底力を存分に見せてやろう」「このままでは半導体産業は滅びる、日本に許しを請うべきだ、素材を輸入する必要があると主張する専門家たちがいたな。この記事を読んで何と言うだろう?」「サムスンなどの大企業がどれだけ頼もしく力のある企業かを示す事例となったな」「日本ボイコットは継続しなければならない」「日本が頭を下げ膝を突いて助けてくださいとすがってくるまで、不買運動を続けるべき」「買いません、行きません」「日本製品不買は、いまや生活になりつつある。本当にどうしようもないケースでなければ、日本製品は買わない、日本には行かないことだ」など、称賛の声と不買運動継続を呼び掛けるコメントが殺到している。

    一方で「日本の心配をしている場合ではない。中国がサムスンやハイニックスの社員を引き込んで半導体の量産に入った。政府の支援もあって、サムスンとハイニックスが潰れるまで半導体を生産すると言っているぞ」との意見も見られた。
    Record china
    2019年11月6日(水) 10時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b757433-s0-c20-d0144.html

    引用元: ・【日本の輸出規制強化後】韓国の半導体輸出は「むしろ増加」、その理由は?=「この機会に眠っていた韓国の底力を見せてやろう」[11/06]

    【もう日本人に頼るなよ【日本の輸出規制強化後】韓国の半導体輸出は「むしろ増加」、その理由は?=「この機会に眠っていた韓国の底力を見せてやろう」[11/06] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/25(月) 23:45:21.56 ID:CAP_USER
    軍事情報保護協定(GSOMIA)の「条件付き終了延期」につながった韓日政府間の水面下交渉の過程で、
    日本側が「ホワイトリスト(輸出審査優待国家)復元に必要な手続のために一カ月程度の時間がかかる」という趣旨の説明をしていたことが分かった。

    韓国政府は、日本がこのように具体的に協議を提案しておきながら、「韓国に何の譲歩もしていない」との言論プレーをしていることに対して、真っ向から対抗している。
    韓国政府は、今後1,2カ月程度の協議状況を見守った後、輸出規制問題が解決されないと判断されれば原則に則り「GSOMIA終了」を検討するとの立場だ。

    25日、韓国政府消息筋によれば、日本はGSOMIA終了(23日0時)を一週間程度後に控えた時点で、
    韓国に対しホワイトリストの復元をはじめとする輸出規制撤回を議論する局長級協議を提案してきた。

    当時日本側は「ホワイトリストを含む輸出規制を戻すには、1カ月余りの時間が必要で、韓国の輸出入管理体制に問題がないことを確認する手続きが必要だ」
    という説明をしたと、複数の当局者が伝えた。韓国政府の関係者は「日本側はホワイトリストから(日本を)除くのにも1カ月余りかかったので、
    復元するのにもその程度の時間が必要だという趣旨の説明をした」と話した。

    また、別の韓国政府関係者も「半導体の材料・部品3品目の輸出規制は直ちに撤回できるが、ホワイトリストは立法予告期間などが必要だという話をした」と述べた。
    「輸出規制に関連する日本の立場に変化がなければGSOMIAを終了する」という原則に則り終了を準備していた韓国政府は、
    日本側がこのような具体的説明と共に提案をしたため、交渉を条件にGSOMIAの終了を延期する側に旋回したという説明だ。

    したがって、協議を始めてもずっと時間がかかり、日本が問題を解決しなければGSOMIAの終了を検討するということが韓国政府の説明だ。

    キム・ジュンヒョン国立外交院長は、「日本も米国の圧迫のために本来の立場をたたんで交渉に出てくることになったので、
    輸出規制を解くのに中途はんぱである可能性もある」としながら「交渉を始めた後、1,2カ月程度待っても、日本が時間を引き延ばすばかりだと判断されれば、
    私たちも原則に則りGSOMIA終了で対応しなければならない」と話した。

    韓国政府消息筋は「米国も韓日の合意事項をよく知っている。韓国は現金を与えて手形を受け取ったというような評価もあるが、
    米国が保証人になった手形を受け取ったこと」とし「日本が交渉を始めた後、輸出規制の撤回をせずに時間がかかれば、韓国政府はGSOMIAを終了するという立場」と話した。
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/35065.html

    引用元: ・【韓国政府】 「日本が1~2カ月後にも輸出規制を解かないならばGSOMIAの終了を検討」

    【まだ言うか 【韓国政府】 「日本が1~2カ月後にも輸出規制を解かないならばGSOMIAの終了を検討」 】の続きを読む

    このページのトップヘ