まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:輸出規制

    1: まぜるな!キケン!! 2021/12/06(月) 08:50:33.37 ID:CAP_USER
    <啓明大学校・キム・グァンオク公共人材学部・政治外交学専攻教授>
    no title

    _______________________________________________________

    最近、中国が韓国に尿素水の輸出を中止して、社会が混乱に陥っている。中国の輸出規制が政治的目的によるものではなかったとしても、もその効果は混乱そのものだった。このような経験は初めてではない。2019年に日本は韓国の日帝強制徴用裁判の結果に反発して、韓国の半導体生産に欠かせない素材に対する輸出を禁止した。半導体が韓国経済と輸出に占める比重が絶対的という点で、韓国経済の心臓を刺したのである。経済的かつ心理的な打撃は大きくて市民は動揺したが、同時に敵がい心も増幅して日本製品不買運動などで表出して、両国間の対立は深まった。

    特定の輸入品は一国家と社会運営に不可欠な要素(尿素と同音異義でややこしい)であり、特に特定国家の輸出に全面的に依存しているとすれば、輸出規制の効果は致命的である。輸出規制は相手国の特定産業、または相手国を麻痺させるという意図が含まれているものと見なされる。例えば1973年、中東諸国を中心び構成された石油生産機構(OPEC)は、第四次中東戦争の渦中にイスラエルを孤立させるため、親イスラエル諸国への石油輸出を禁止して原油価格を大幅に上げた。対象の諸国は経済に深刻なダメージを受け、最終的にイスラエルとの断交を選択した。すなわち石油輸出規制は、中東戦争の補助的手段として活用された。

    輸出規制が戦争を引き起こしたケースもある。1941年に日本はフランス領だったインドシナに進駐し、アジア覇権の掌握に乗り出した。これに対して米国は、日本に対する石油輸出禁止措置を断行した。また、日本が異なる経路で石油を輸入できる迂回手段も全て遮断した。米国の全方位輸出規制は、日本に米国との戦争を選択させた。1914年、イギリスもドイツに対して全面的な輸出禁止措置をとり、これはドイツが『無制限潜水艦作戦』で第一次世界大戦を開始する要因として作用した。輸出規制が必ず戦争につながるという因果関係を法則化することはできないが、国家間の対立状況で必須品目の輸出規制は、軍事的攻撃に準ずる致命傷を相手に与える手段であることは明白だ。過去の事例からも、特定国家の輸出規制を乗り越える代案が存在しない場合、戦争の要因になり得る。

    問題は、このような国家間の対立と危機的状況を誘発する輸出規制が現在、貿易戦争を展開している米国と中国の間でも起きているということだ。石油と同様、半導体は経済活動と全ての製品生産に欠かせない核心要素になって久しい。米国はこのような半導体技術と部品、そして素材の中国輸出を規制し始めた。米国政府は、中国最大のIT企業であるHUAWEI(ファウェイ)に対する半導体の輸出を禁止した。バイデン政権は米国企業だけでなく、外国企業の中国の半導体生産技術、装備、部品の輸出も規制を開始した。例えば米国はオランダの半導体装置メーカーであるASLMに圧力をかけ、半導体生産の精密工程に不可欠な極端紫外線リソグラフィ(EUV)の中国輸出を禁止させた。昨年12月1日、中国も輸出規制法を発行した。この法律は輸出規制の条件として、特定品目の輸出が中国の国家安保と利益に潜在的な危険要因となったり、他国の対中国輸出規制に対する報復の目的と規定しているのだが、事実上全ての品目に対する包括的な輸出規制を可能にした。

    もはや米国と中国は輸出規制により、相手国の急所を突いている。多国的に複雑に繋がっている先端技術品目の生産網で、韓国はやむを得ずこのような輸出規制措置に被害を受けたり関わる以外にない。尿素水と半導体素材の輸出規制はきっかけかもしれない。有備無患(備えあれば患いなし)が頭をよぎる。

    キム・グァンオク(啓明大学校・公共人材学部・政治外交学専攻教授)

    ソース:嶺南日報(韓国語)
    https://www.yeongnam.com/web/view.php?key=20211205010000422

    引用元: ・【韓国】輸出規制は戦争の前兆現象である[12/06] [ハニィみるく(17歳)★]

    【こいつらダメだw 【韓国】輸出規制は戦争の前兆現象である[12/06] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/06(水) 07:12:39.81 ID:CAP_USER
    2021年10月5日、韓国メディア・ニューシスは、「日本による対韓国輸出管理強化措置が素材分野に与えた影響は少なく、両国間の貿易額が10%近く減少する結果を生んだのみ」と報じた。

    記事によると、韓国の全国経済人連合会は5日、岸田文雄内閣の発足を機に、2019年7月より始まった日本による半導体・ディスプレイ素材の輸出規制が、日韓経済関係に与えた影響を分析した結果を明らかにした。

    これによると、韓国における半導体・ディスプレイ素材であるフォトレジスト、エッチングガス、フッ素ポリイミドの対日輸入総額は、規制前の2年間(17年下半期~19年上半期)が累計7億2950万ドル(約810億8757万円)であったのに対し、規制後の2年間(19年下半期~21年上半期)は累計7億2460万ドル(約805億4291万円)となり、0.67%減少。これら3素材の対日輸入依存度も75.9%から74.6%へと1.3ポイント減少したものの、大きな構造変化は見られなかった。その理由について記事は、「政府政府と企業が規制措置に迅速に対応した一方、日本政府も19年8月にフォトレジストの対韓輸出を2度許可し、同年12月にフォトレジスト1種の輸出規制を個別解除したことが要因」と伝えている。

    一方で記事は「むしろ輸出規制の影響は、両国間の全体的な貿易の減少に現れている」と分析。輸出規制以降2年間における韓国の部品や素材の輸入額は0.23%増加する中、日本からの輸入額は4.1%減少している。また、新型コロナウイルスの影響もあり、両国間の貿易総額は輸出規制前と比較し9.8%減少を見せたという。

    全国経済人連合会のキム・ボンマン国際協力室長は「19年7月以降、約2年間にわたる史上初の日韓経済対立は、3大輸出規制品目の対日輸入に与えた影響は微々たる一方で反日・嫌韓感情を生み、両国間の交易・直接投資・人的交流を減少させ経済的な被害のみもたらした」と指摘。「新内閣の発足を機に、実効性のない相互輸出規制については外交問題とは分けて交渉を行い、早急に撤廃すべき」と語っている。

    この報道に対し韓国のネットユーザーからは、「対日貿易が10%減少しても、輸出額は過去最高を記録した。無用の心配だと思う」「この貿易戦争を始めたのは日本のほうでしょ。それに今や日本と韓国の経済ランキングは逆転している。なぜ全経連はいまだに日本に依存するの?」「規制を解除する必要はない。さらに広範囲で規制を行い、水産物の輸入も減らそう」「韓国はもう日本に関心はない」など、反発の声が多く寄せられている。

    また、「貿易を再開したところで嫌韓感情は減らないと思う」「日本の首相が変わってもきっと何も変わらない」などの意見も見られた。(翻訳・編集/丸山)

    Record China    2021年10月6日(水) 6時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b883226-s25-c20-d0201.html

    引用元: ・【韓国・経営者団体】「日本の輸出規制が素材分野に与えた影響は微々、早急に規制の撤廃を」[10/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【馬鹿なのか?w 【韓国・経営者団体】「日本の輸出規制が素材分野に与えた影響は微々、早急に規制の撤廃を」[10/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/02/07(日) 21:01:13.55 ID:CAP_USER
    no title


    日本最大の経済紙、日本経済新聞が日本の半導体核心素材輸出規制1年半で韓国の半導体産業国産化が定着段階に入ったと診断した。

    日本経済新聞は7日、総合5面のトップニュースで「新種コロナウイルス感染症(コロナ19)対応に苦慮する日本政府内で韓国輸出規制が過去のものになるなか、韓国では半導体先端素材および装置の国産化が着々と進行している」と報道した。

    韓国貿易協会が先月末に発表したフッ化水素輸入統計が根拠に示された。2020年、韓国半導体業界の日本産フッ化水素輸入量は前年より75%減少した。2019年7月、日本政府が輸出規制を始める前と比較すると90%減少した。2019年6月3026トンだった日本産フッ化水素輸入量は輸出規制施行直後である8月、ゼロに減った。日本政府が一部輸出を許可しながら同年12月、輸入量は793トンに増えたが輸出規制以前に比べては依然として大きな差がある。昨年にも月平均輸入量が400トンに終わった。

    日本産だけでなく全世界のフッ化水素輸入量が50%ほど減った。日本産輸入が中止された時、一時的に増えた台湾産フッ化水素輸入量も昨年54%減少した。日本の強硬策が導火線になって韓国が半導体関連素材と装置の国産化を加速化した結果だ、と同紙は分析した。

    サムスン電子が出資したソウルブレーンが日本産と同水準の超高純度フッ化水素の供給を始め、SKマテリアルズも半導体生産工程に使われるフッ化水素の量産を始めた。サムスン電子とSKハイニックスは韓国政府の要請を受け入れる形で生産工程の一部に国産製品を導入した。

    サムスン電子関係者は「今まで使ってきた日本産素材と装備をずっと使いたいという声もあったが、政権の意向を無視できなかった」と話した。打撃はそっくりステラケミファや森田化学工業など日本のフッ化水素製造業者に返った。

    韓国への輸出が減少し、二つの会社は年間60億円(約638億ウォン)の損失をこうむっている。ステラケミファの2019会計年度(2019年4月~2020年3月)の半導体およびディスプレイ用フッ化水素の出荷量は26%減少した。昨年4~9月の出荷量も2019年と似た水準に減った。森田化学は「韓国以外の地域に出荷量を増やす方式で損失を補充している」と明らかにした。

    フッ化水素とともに輸出規制対象だったフォトレジストとフッ化ポリイミドの輸入量は減少しなかった。日本政府が二つの素材に対して早期に輸出許可を出したため、という分析だ。

    輸出規制後、韓国政府は半導体供給網全体の「脱日本」および国産化に速度をあげている。今年は昨年より30%多い2兆2000億ウォンの予算を半導体関連研究開発費補助に配分した。先端開発地域を指定して税制優遇を与え、米国デュポンが新工場建設を決めるなど成果が出ていると同紙は伝えた。

    東京=チ ン・ヨンヒョ特派員

    ソース:韓国経済(韓国語)"韓国半導体脱日本…かえって私たちが当てられた"日本の後悔
    https://www.hankyung.com/international/article/202102076019i

    関連記事:日経<韓国、半導体で「脱日本」着々 先端材料の国産化進む>
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM041HU0U1A200C2000000/

    関連スレ:【中国メディア】どうして韓国は、日本から制限された半導体材料をいまだに代替できないのか [1/5] [昆虫図鑑★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1609830656/
    【韓国】 ダイキン工業、韓国・忠清南道に半導体材料(フッ化水素)の工場建設へ[01/19] [蚯蚓φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1611070157/

    引用元: ・【韓国】 「韓国半導体の『脱日本』…輸出規制で逆に私たちがやられた」~日本の後悔[02/07] [蚯蚓φ★]

    【自己過大評価に起因する事実誤認【韓国】 「韓国半導体の『脱日本』…輸出規制で逆に私たちがやられた」~日本の後悔[02/07] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/28(水) 18:12:33.31 ID:CAP_USER
    2020年10月27日、韓国メディア・韓国経済は「韓国がこれまでは日本・欧州製を使っていた水力発電の主要部品の国産化に成功した」と伝えた。

    韓国水資源公社によると、50MW級規模の水力発電設備の主要部品「ランナ(羽根車)」を100%国産技術で開発することに成功した。

    今回の国産化開発は韓国エネルギー技術評価院の「エネルギー技術開発事業」の一環で行われ、2015年から今年まで5年4カ月かけて完成した。計80億6100万ウォン(約7億4770万円)の研究費が投じられたという。

    今回開発された50MW級の水車ランナは関連設備の中で国内最大容量で、水車効率が94.7%に達する。これまで使用していた日本や欧州など外国製設備より高い水準を誇るという。

    現在、韓国内で使用されている中規模(25MW~60MW)級の水力発電用水車の多くは、1970~90年代に設置された日本や欧州企業の製品。

    今回の開発により、関連設備の取替えの際、外国製設備との競争において性能や価格、設置の面で優位を占めるものとみられている。

    水資源公社側は「海外水力発電市場への進出とこれによる雇用創出も期待できる」とも説明している。さらに今後は100MW級水車の開発も計画しているという。

    なお、水資源公社は2030年までに事業費6428億ウォン(約596億2120万円)を投じて水力発電所10カ所の老朽設備を徐々に交換していく計画だと記事は伝えている。

    これを受け、韓国のネット上は

    「うれしい知らせ」
    「韓国はますます発展している」
    「科学こそ国力!」
    「おめでとう!。苦労して開発した技術だから、輸出もして外貨も稼いでほしい」
    「これこそ日本の輸出規制の逆効果」

    など喜びの声であふれている。また

    「開発が遅れた感がある」
    「韓国は政治家を除けば先進国」
    「おめでとうございます。でも韓国における技術の待遇は変わらないだろう。だって韓国は公務員が最高だから」

    など皮肉を込めたコメントも多く寄せられている。


    2020年10月28日(水) 13時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b847987-s0-c20-d0127.html

    中央日報からの参考画像

    韓国水資源公社関係者が今年6月、100%国産化開発に成功した50メガワット級水車ランナーの実証のために水資源公社陜川(ハプチ ン)ダム支社の陜川水力発電所にランナーを設置している。[写真 韓国水資源公社]
    no title


    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1603864130/

    引用元: ・【韓国】 日本から輸入していた水力発電の主要部品(羽根車)の国産化に成功=ネット歓喜 「日本の輸出規制の逆効果」★2 [10/28] [荒波φ★]

    【昭和初期の技術じゃん 【韓国】 日本から輸入していた水力発電の主要部品(羽根車)の国産化に成功=ネット歓喜 「日本の輸出規制の逆効果」★2 [10/28] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/10(土) 09:12:02.11 ID:CAP_USER
    ◆日本が常に首位の座をキープしている、ザンネンな統計

     韓国に「今年も日本が1位になった」という統計がある。日本が常に首位の座をキープしている統計のテーマが観光客数や貿易量などであればよいのだが、ザンネンながら日本は毎年、「国外刑務所に収監された韓国人が最も多い国」なのだ。

     韓国外交部が最近発表した統計によると、2019年に外国で逮捕されて収監された韓国人は1244人であり、このうち最も多い441人が日本国内の受刑施設に収監されていることがわかった。

     日本の刑務所にいる韓国人の数は、2位の中国(280人)と3位の米国(184人)を合わせた数とほぼ同じだ。

     2018年の統計でも日本は533人で1位となり、2016年470人、2014年474人に達した。


    ◆日本の輸出規制に「世界経済に大きな被害を及ぼす利己的迷惑行為」と叫んだ文大統領

     特に2016年の470人は2011年に比べて5倍近く増加した。

     内訳を見てみると、日本の刑務所に収監された韓国人犯罪者の約30%が麻薬関連容疑だということだ。

     暴行や強盗、詐欺、強姦容疑よりも麻薬に関する容疑が圧倒的に多く、これも毎年の統計で1位となっている。

     注目すべき点は、このような統計を発表する人物の共通点があるということだ。それはすべて親文在寅派政治家という事実だ。

     2019年の統計を発表した人物は、文在寅大統領を支持する与党「共に民主党」所属の国会議員・尹建永(ユン・ゴンヨン)氏、そして2014年と2016年、2018年の統計を発表した人物は元民主党所属の国会議員であり、現国会議長の朴炳錫(パク・ビョンソク)氏であった。

    ◆文在寅側近の尹建永議員

    「日本は子どものように振る舞うな」「韓国の国際的地位が高まるのを防ごうと…」
     尹建永氏は、今年4月に行われた総選挙で国会議員に当選する前は青瓦台に勤務し、大統領府国政企画状況室長を務めた。

     同氏は青瓦台で文大統領の腹心であり最側近と呼ばれ、昨年8月に日本政府が韓国輸出規制に乗り出すと、これに対処するため青瓦台で組織されたタスクフォースのチーム長に任命された。

     残念ながら、彼はチーム長として日本の輸出規制解除や、安倍晋三前首相からの謝罪を引き出すなどの結果を残すことはなかった。

     だが、その後はSNSを通じて地道に反日発言を続けてきた。

    ◆韓国国民の血税27億円を投じたのに北朝鮮に爆破された「連絡事務所庁舎」

     今年6月、日本政府がG7(先進7カ国)への韓国の参加反対を示唆すると、尹氏は自身のフェイスブックに「日本は子どものように振る舞うな」、「大韓民国の国際的地位が高まるのを防ごうとしているのか」と書き込みをアップし、ガチガチの反日感情と愛国心をアピールした。

     また先月には、菅義偉首相就任について「心配だ。全く変化がなさそうだ」「日本政府は問題解決のためのいかなる措置も取っていない」と指摘した。

     朴炳錫氏の反日発言も尹氏に引けを取らない。

     彼は2013年に行われた駐ニューヨーク総領事館に対する監査時、米国内の美術館展示行事などで旭日旗を使用した作品が展示されるのを防ぎ、「日本海」の名称が書かれた地図を「東海」に変えなければならないと主張した。

    ◆「中国でも韓国人の麻薬逮捕者は少なくない」と伝えるニュース

     朴氏は昨年、日本が展開する輸出規制について、「1941年の真珠湾攻撃のようなもう一つの奇襲」、「日本の措置は二枚舌のような偽善」、「自由貿易主義を守らないという国際的烙印を押されるだろう」と非難した。

    (続く)

    韓永(ハン・ヨン)
    検察担当記者などを経て現在フリー

    週刊新潮WEB取材班編集

    2020年10月10日 掲載
    2020年10月10日 5時59分デイリー新潮
    https://news.livedoor.com/article/detail/19032892/

    引用元: ・【文在寅】日本の輸出規制は「迷惑」、日本に収監された韓国人問題に「謝罪」しないの不実 韓国人犯罪者の約30%が麻薬関連容疑 [10/10] [新種のホケモン★]

    【日本にきて犯罪もするな 【文在寅】日本の輸出規制は「迷惑」、日本に収監された韓国人問題に「謝罪」しないの不実 韓国人犯罪者の約30%が麻薬関連容疑 [10/10] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    このページのトップヘ