まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:輸出管理

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/26(金) 09:15:01.43 ID:CAP_USER
    .
       ↓
    ザ・スクープの元記事(韓国語)
    対日部品の輸入の割合見てみると... 打撃はなかったが、危機は変わらない
    http://www.thescoop.co.kr/news/articleView.html?idxno=39874

    2020年6月25日、日本政府による半導体材料(フッ化水素・フォトレジスト・フッ化ポリイミド)の韓国向け輸出管理の強化措置から約1年が過ぎた。韓国メディア・ザスクープは「国難と言われた危機は意外と簡単に克服された」としつつも「残された難題」について報じている。

    記事によると、日本による輸出管理強化直後、韓国の半導体・ディスプレー業界では素材の供給不足により生産に支障が出ることが懸念されていた。しかし、韓国政府が迅速に「素材・部品・装備の競争力強化対策(管理強化対象となった3品目に加え、半導体・ディスプレー・自動車・電気電子・機械金属・基礎科学の6大産業の100品目の競争力を上げ、供給安定性を確保することを骨子とする)」を打ち出したことで大きな影響はみられなかった。

    サムスンディスプレーやLGディスプレーなど業界を代表する企業は「持続的な国産化と輸入先の多角化で安定的な供給網を確保したため、日本の措置による打撃は大きくない状況」と話しているという。

    国産化では、SKマテリアルズが最近、韓国内で初めて気体の高純度フッ化水素の量産に成功したと発表した。業界関係者は「検証を経て歩留まりを向上させる過程が残っているが、代替が難しいとされていた高純度フッ化水素ガスの量産に成功したことで素材・部品・装備産業に明るい未来が期待できる」と話したという。

    記事は「懸念に反し、韓国の素材・部品・装備産業の自立化は順調だということ」としつつも、「産業育成を急ぎ過ぎて楽な近道を選んでしまってはいないか」と指摘している。昨年に韓国政府が対策を打ち出した際、一部から「企業間の不均衡拡大を警戒すべき」との指摘が出ていたという。

    記事は「韓国では大企業が需要を独占しており、直接コントロールできる専属取引企業を中心に排他的な生態系が形成される可能性が高い」とし、「実際に昨年の1年間に分野で成果を上げたのは大企業のみで、中小企業がどれだけ支援を受けているかは確認できない」としている。

    専門家も「韓国で中小企業は自ら研究・開発(R&B)することが難しく、大企業の指示で開発するか、大企業が開発して設計図を渡すシステムがほとんど。専属的な取引をしてきた企業でなければ、自ら技術を開発しても大企業に使ってもらえない。両極化が深刻で、これが素材・部品・装備産業が成長できない理由だ」と指摘したという。

    最後に記事は「短期的に供給安全性を高めるよりも、素材・部品・装備産業が長期的に成長できる健全な生態系を作ることが重要」とし、「韓国で最終財を作る産業のみが発展し、素材・部品・装備産業が発展できなかった理由をもう一度考えてみるべきだ」と呼び掛けている。

    これについて韓国のネットユーザーからは

    「克服したと言うのはまだ早い」
    「今は克服したように見えても、基礎産業に投資しないとまた同じ危機に直面することになる」

    などの声が上がっている。その他

    「政府はなぜ『韓国の完全勝利』と言いつつ日本に『規制を戻そう』と催促しているの?実際は日本の優秀な素材が必要なのでは?」
    「日本以外の国から輸入することで価格的な損害は出ていないの?」

    などの声も上がっている。


    2020年6月26日(金) 6時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b816347-s0-c10-d0058.html

    引用元: ・【韓国】 日本の輸出管理強化を 「楽々克服」 したが、一方で残された 「難題」 も [06/26] [荒波φ★]

    【瀕死状態で強がり言ってる姿が笑えるぞw 【韓国】 日本の輸出管理強化を 「楽々克服」 したが、一方で残された 「難題」 も [06/26] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/11(金) 22:24:19.06 ID:CAP_USER
    日本が輸出管理を厳しくしてから100日となる11日、韓国政府は、部品の生産などでの競争力を高めるための委員会を立ち上げました。

    一方で、事態が長期化すれば、両国に被害が発生するとして、日本に対して改めて措置の撤回を求めました。

    日本政府がことし7月に韓国向けの半導体の原材料など3品目の輸出管理を厳しくしてから100日となる11日、韓国政府は、外国への依存を弱め、素材や部品などの生産における競争力を高めるための委員会を初めて開催しました。

    委員会には、政府の担当者のほか、民間企業も参加し、競争力の強化に向けた対策や支援の在り方などについて議論しました。

    委員会を開いたホン・ナムギ副首相兼企画財政相は、冒頭、これまでのところ生産への影響はないとする一方で、「事態が長期化すれば、両国に被害が発生することは避けられない」と述べ、日本に対して、措置を撤回するよう改めて求めました。

    そのうえでホン副首相は、重点的に力を入れる100以上の戦略品目を今後選んでいくほか、毎年2兆ウォン、日本円にして1800億円以上の予算を準備することなどを説明し、全力を尽くす姿勢を強調しました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20191011/k10012123431000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_005
    NHKニュース 2019年10月11日 19時49分

    引用元: ・【韓国】輸出管理100日 競争力高めるための委員会立ち上げ 両国に被害が発生するとして、日本に対して改めて措置の撤回を求め[10/11]

    【日替わりで主張を変えるなよ 【韓国】輸出管理100日 競争力高めるための委員会立ち上げ 両国に被害が発生するとして、日本に対して改めて措置の撤回を求め[10/11] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/29(日) 14:36:33.61 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の産業通商資源部は29日、オーストリア・ウィーンで23~27日に開かれたワッセナー協約の専門家会合で2国間協議を通じ、日本の対韓輸出規制の不当性を指摘し、国際社会の関心を促したと明らかにした。

    ワッセナー協約は1996年に設立された通常兵器や関連技術の輸出管理を目的にする国際枠組みだ。

    韓国代表団は参加国に対し、輸出規制に関する国際的な取り決めを忠実に履行してきたが、日本側が政治的な目的で韓国に対し、一方的かつ恣意(しい)的な規制措置を取ったと説明。

    日本の措置は輸出管理に関する国際枠組みの根本的な目的や趣旨に反するだけでなく、国際的な取り決めを悪用し貿易制限措置を行う悪い前例になったと懸念を示した。

    また、多国間協力に基づいた輸出管理の発展のため、日本の措置は撤回されなければならず、2国間の問題を超え、国際的な枠組みでの議論が必要だと訴えた。

    会合にはワッセナー協約に加入する韓国や日本など42カ国が参加し、通常兵器や関連技術の輸出管理基準の改定について議論した。

    産業通商資源部の関係者は「政府は今後もワッセナー協約など四つの輸出管理に関する国際枠組みを中心に日本側の措置の問題点に対する加盟国の理解を高め、共感を得ることに注力する」との方針を示した。


    2019.09.29 13:59
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190929000600882

    引用元: ・【韓国政府】 日本の輸出規制の不当性指摘 輸出管理に関する国際会合で [09/29]

    【頭悪いし図々しい 【韓国政府】 日本の輸出規制の不当性指摘 輸出管理に関する国際会合で [09/29] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/22(木) 04:06:18.74 ID:CAP_USER
    【ソウル=名村隆寛】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は21日の日韓外相会談で、日本政府による韓国への輸出管理厳格化に深い遺憾を表明し、改めて撤回を強く求める一方、日中韓外相会談後には「歴史を直視することが重要」と強調した。いわゆる徴用工や慰安婦の問題で妥協しない姿勢を示し、韓国ペースの対話で関係悪化を解消したい意図がうかがえる。

     「対話を通じ合理的な方法を見いだそうとしているが、日本が応じず困難な状況だ」。康氏は20日に会談した中国の王毅外相に対し、日韓問題についてこう説明した。韓国側の主張の正当性を強調し、「一方的で恣意的な貿易報復措置の排除」(康氏)を日本側に強く求めた格好だ。

     韓国では最近、文在寅(ムン・ジェイン)大統領をはじめ、日本との対話を求める声が多く上がるが、歩み寄りの動きはみえない。韓国食品医薬品安全庁は21日、日本産の一部の加工食品や農産物計17品目に対する放射性物質の検査を、23日からサンプル量と検査回数を2倍に強化することを発表した。

     対象は水産物やお茶、ブルーベリー、チョコレート加工食品、インスタントコーヒー、食品添加物など。過去5年間の検査で放射性物質が検出され、日本に返送された品目で、同庁では「輸入食品の放射能汚染に対する国民の不安が高まっている」と説明する。

     福島など8県産の水産物の輸入を禁止する従来の規制を強化し、日本の輸出管理厳格化に対抗する事実上の「カード」として東京電力福島第1原発事故への対応を活用する動きを強めた形だ。韓国政府は同様の趣旨で、火力発電の廃棄物でセメントの材料に使われる「石炭灰」や、廃プラスチックなどリサイクル用廃棄物を輸入する際の検査強化についてもすでに発表している。

    https://www.sankei.com/world/news/190822/wor1908220003-n1.html
    産経ニュース 2019.8.22 00:13

    no title

    河野外相との会談を終え、会場を後にする韓国の康京和外相=21日、北京郊外(共同)

    引用元: ・【輸出管理厳格化に対抗】日本産食品の放射性物質検査強化 歩み寄らない韓国[8/22]

    【露骨に嫌がらせをしたいだけ【輸出管理厳格化に対抗】日本産食品の放射性物質検査強化 歩み寄らない韓国[8/22] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/14(水) 23:24:57.80 ID:CAP_USER
    自分たちは「輸出管理」で「韓国はWTO違反」という日本の自己矛盾

    政府が、「戦略物資輸出入告示」を改正し、ホワイト国(輸出手続き簡素化対象国)から日本を除外することを決めた。政府は、ワッセナー体制など4大国際輸出管理体制に加盟する国家を「カ」地域(ホワイト国)に分類し、その他の国家はすべて「ナ」地域に含めてきた。今回「カ」地域を「カの1」と「カの2」に分けて日本を「カの2」に含めたのだ。これにより、韓国から日本に輸出される戦略物資の審査期間と申込書類が増える。政府は日本の戦略物資に対する輸出管理体系が適切でないため、原則に則った定例の措置だと説明した。

    今回の措置は象徴的な宣言に近い。日本のように特定品目を指定して輸出規制を強化する措置も下さなかった。関連業界では今回の措置で日本企業が受ける被害は大きくないと見ている。日本が輸出規制をするフッ化水素など3品目で国内の関連企業が非常事態になったのとは対照的だ。

    にもかかわらず、日本の佐藤正久外務大臣は、「日本による輸出規制強化への対抗措置であれば世界貿易機関(WTO)協定違反だ」と主張した。自分たちは経済報復ではなく適切な輸出管理のために韓国をホワイト国から除外したが、韓国は日本の輸出規制強化への対抗措置をとったという主張だ。輸出規制品目を特定して発表し、先に韓国をホワイト国から除外した日本政府が、韓国に対してWTO違反を云々することは自己矛盾であり、国際版「ネロナムブル(私がすればロマンス、他人がすれば不倫)」と言わざるを得ない。

    韓国が日本をホワイト国から除外したのは、その実効性がどうであれ国際関係で相手の正当でない行動に相応の措置をとったもので、避けられなかったとみえる。ただ、感情的な対応を自制するという政府の対応基調が揺らいではならない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領も、「日本の経済報復への対応は感情的ではいけない」と述べた。現場で被害を受けることを心配する企業関係者らは、落ち着いて対応しようという大統領の発言を喜びながら、与党一部で強硬な発言が出ていることに混乱している。中小企業中央会のアンケート調査で、企業関係者の多くは、外交的解決と国際的協力を望んでいることが明らかになった。両国いずれも政治的扇動ではなく、自由貿易と国際分業の基本精神に合う解決策を模索しなければならない。
    http://www.donga.com/jp/home/article/all/20190814/1817356/




    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1565786614/

    引用元: ・【東亜日報】自分たちは「輸出管理」で「韓国はWTO違反」という日本の自己矛盾★2 [8/14]

    【スゲーバカだ。 呆れる 【東亜日報】自分たちは「輸出管理」で「韓国はWTO違反」という日本の自己矛盾★2 [8/14] 】の続きを読む

    このページのトップヘ