まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:輸出立国

    1: まぜるな!キケン!! 2023/05/09(火) 08:10:40.50 ID:OR/fJwRC
    韓国の貿易収支は4月も赤字だった。14カ月連続赤字だ。1995年1月から97年5月まで29カ月連続赤字を記録して以来26年ぶりの長さだ。韓国の輸出の5分の1を占めてきた半導体輸出が半減し、輸出は全体で7カ月連続、対中輸出は11カ月連続で減少した。一方、自動車と対米輸出が好調で、韓国の輸出の品目・地域別の二大軸が「半導体・中国」から「自動車・米国」にシフトするという観測が出ている。

     産業通商資源部(産資部)は1日、4月の輸出が前年同月比14.2%減の496億ドル、輸入は13.3%減の522億ドルだったと発表した。貿易収支は26億ドルの赤字だ。半導体の輸出は41.0%減の63億8000万ドルだった。9カ月連続のマイナスで、4月の輸出全体の減少分(82億ドル)の半分以上の44億ドルが半導体輸出減によるものだった。一方、自動車輸出は40.3%増の61億5600万ドルとなり、品目別で2位だった。半導体との差は2億ドルにすぎなかった。自動車は貿易収支で既に昨年第4四半期から月次、四半期ベースで1位となり、半導体を大きくリードしている。現在の傾向が続けば、自動車は輸出額でも半導体を抜いて首位に立つ見通しだ。

     韓国貿易協会のチャン・サンシク動向分析室長は「半導体輸出が急減し、自動車輸出が堅調な傾向を考慮すると、両品目はまもなく入れ替わるだろう」と述べた。自動車が輸出額1位となれば、2011年6月以来12年ぶりのことだ。半導体をリードするのも13年1月以来10年半ぶりとなる。半導体業界関係者は「下半期には半導体価格が回復するとみているが、減産が本格化し、量的拡大効果は大きくないのではないか。今のところ市況回復時期を見通すのは困難だ」と話した。

     地域的に見ると、4月の対米輸出は自動車、一般機械、家電の好調に支えられ91億8000万ドルとなり、4月としては歴代2位だった。一方、対中輸出は前年比26.5%減の95億2000万ドルにとどまった。これに伴い、対中、対米輸出の差は1月の11億5000万ドルから4月は3億4000万ドルへと大きく縮まった。03年1月以来20年間、中国が守ってきた輸出先1位の座を米国に譲りかねないとの見方が出ている。

    ■赤字幅縮小は好材料、見通しは不透明

     14カ月連続の貿易赤字を出したものの、赤字規模が縮小したことは好材料的だ。貿易赤字は1月の125億ドルから2月と3月にはそれぞれ53億ドル、46億ドルに縮小し、4月には26億ドルまで減少した。月間貿易赤字が20億ドル台となるのは昨年6月以来初めてだ。

     貿易赤字拡大の原因だった国際エネルギー価格が安定した結果と言える。4月の品目別エネルギー輸入額は、原油(30.1%減)、ガス(15.5%減)・石炭(21.1%減)で、エネルギー輸入は全体で25.8%減の109億ドルにとどまった。このため、輸入全体も10%以上減少した。しかし、エネルギー輸入は依然として過去10年間の平均に比べ19億ドル多い。エネルギーを除いた輸入額も半導体(16.0%減)、鉄鋼(12.8%減)など中間財を中心に9.2%減少した。

     輸出見通しは依然として不透明だ。4月は半導体、ディスプレーなどIT製品をはじめ、石油製品、石油化学、鉄鋼など15大輸出品目のうち自動車、船舶、一般機械を除く12品目で輸出が軒並み減少した。地域別でも欧州連合(EU)、中東向け輸出がそれぞれ9.9%、30.7%増加したが、中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)向けは20%台の減少だった。

     現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「中国経済がコロナ後にオープンしたことで消費は回復したが、現地企業はまだ以前の体力を回復できずにいる」とし、「今夏以後、韓国輸出にも恩恵が期待されるが、中国の不動産市場が不安を示しており、具体的な回復時期はもう少し推移を見守る必要がある」と話した。

    趙宰希(チョ・ジェヒ)記者
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/05/08/2023050880075.html

    【レコチャイ】 発売からわずか半年で…韓国ヒョンデの新型車に欠陥相次ぐ [5/8] [仮面ウニダー★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1683495395/

    引用元: ・【朝鮮日報】輸出立国・韓国の軸足、「中国向け半導体」から「米国向け自動車」にシフトか [5/9] [昆虫図鑑★]

    【相変わらず輸出頼みか 【朝鮮日報】輸出立国・韓国の軸足、「中国向け半導体」から「米国向け自動車」にシフトか [5/9] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2016/10/03(月) 09:55:26.13 ID:CAP_USER
    【社説】半世紀続いた輸出立国、崩壊を食い止めよ
    朝鮮日報日本語版 10月3日 9時32分配信

     昨年1月から今年7月まで19か月にわたり減少を続け、8月にようやく回復したかに見えた韓国の輸出が、1か月で再び減少に転じた。
    やっと浮上のきっかけをつかんだというかすかな望みは、ただの希望に終わってしまった。
    韓国産業通商資源部(省に相当)と関税庁が暫定的に集計した9月の輸出額は409億ドル。昨年9月(434億ドル)に比べ5.9%減少した。昨年よりも操業日数が少ないが、それを勘案しても3.7%の減少だ。

     とりわけ無線通信機器(-27.9%)、自動車(-24.0%)、船舶(-13.6%)、石油製品(-13.4%)など主力輸出品目が不振だった。サムスン電子のギャラクシーノート7のリコール問題、現代自動車のストといった悪材料が重なったせいだ。
    産業通商資源部は自動車業界のストが9月の輸出増加率を2.6ポイント引き下げたと分析している。携帯電話の輸出の減少は0.9ポイント、船舶の引き渡し物量の減少は0.8ポイント、それぞれ輸出にマイナスの影響を与えた。

     輸出はカネも資源もない大韓民国に「経済の奇跡」を呼び込んだ最大の原動力だ。1964年11月30日に輸出1億ドルを達成して以降、数々の困難を乗り越え、2011年12月5日には輸出入を合わせた貿易規模が1兆ドルを突破した。

    世界経済危機の真っただ中にあっても世界で9番目の「1兆ドル貿易大国」になったのだ。

    しかし4年にわたって維持してきた貿易規模1兆ドルは昨年、原油価格の下落などの影響で輸出入規模が縮小し、あっけなく崩れ落ちた。
    貿易1兆ドルは今年はいっそう遠のくとみられている。今年1-9月の輸出が前年同期比で8.5%減少し、輸入も10.7%減少したからだ。

     世界的に貿易が低迷していることは事実だ。しかし韓国のように輸出依存度の高い経済が受ける衝撃は、ほかの先進国とは大きく異なる。
    そうした点で、最終四半期(10-12月期)にも輸出の回復が見込めないということは、並大抵の深刻さではない。世界経済の低迷が続いている上、各国で保護貿易主義の声が日に日に高まっている。

     主力市場である米国・中国への輸出は一時的な危機ではなく構造的な危機にぶつかっている。
    米国経済は1-2年前から回復傾向にあるとはいえ、主に米国国内でのサービス産業が経済回復を主導しているだけで、韓国をはじめアジア各国からの輸入が増えているわけではない。
    中国の完成品輸出は減少し続けており、中国への中間財の輸出が多い韓国にとっては悪材料として作用している。今年9月も中国・米国・欧州連合(EU)地域への輸出はいずれもマイナスだった。

     このように外では波が荒れ狂っているにもかかわらず、年間1億ウォン(約920万円)近い収入を手にしている「貴族労組」は、危機から目をそらし、生産ラインを人質に「カネをもっとよこせ」とストを続けている。

    その結果、世界5位を維持していた韓国の自動車生産台数は今年に入ってインドに抜かれ6位に転落した。ドイツ・日本に次いで世界3位の自動車輸出国という地位もメキシコに明け渡した。

    今年に入って自動車輸出が昨年より14.4%減少し、メキシコに抜かれたのだ。半世紀続いた輸出立国は、こうして崩壊の道を歩んでいる。政界、企業、労働界、全てが犠牲にならなければこの崩壊には歯止めがかからないだろう。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000593-chosun-kr


    関連
    【韓国】9月の輸出額5.9%減 再びマイナスに[10/02]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1475383335/

    引用元: ・【朝鮮日報】輸出はカネも資源もない韓国に「経済の奇跡」を呼び込んだ最大の原動力だ。半世紀続いた輸出立国の崩壊を食い止めよ [無断転載禁止]©2ch.net

    【【言うだけなら簡単】朝鮮日報「半世紀続いた輸出立国の崩壊を食い止めよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ