まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:輸入

    1: まぜるな!キケン!! 2022/11/22(火) 13:13:51.87 ID:OGB/VbBJ
    米国の貿易当局である国際貿易委員会(USITC)が、韓国産の高吸収性樹脂(SAP)について、同品目の輸入により米国企業が実質的な被害を受けたという判断を下した。韓国企業に関税が課される。

    ITCは17日(現地時間)に開かれた表決において、韓国産SAPの輸入により米国産業が被害を見ているという最終判定を下した。デビッド・ヨハンソン委員長などITC委員4人が全会一致でこのように判断した。

    今回の判定により、米商務省は7日以内に反ダンピング関税の賦課を命じることになる。

    米国は自国石油化学事業社たちの提訴を受け、昨年11月から韓国産SAPに対する調査に開始していた。 そして1ヵ月後、ITCが被害判定を下しており、今年6月に28.74%の予備関税を課していた。

    SAPの主要輸出企業はLG化学であり、同社は損失が避けられなくなった。最終判定で予備判定と同様の規模の関税が賦課されると、同社の価格競争力は落ちることになる。

    SAPは自己重量の約200倍に達する水を吸収できる高吸収性樹脂であり、おむつや生理用ナプキンなど衛生用品に使用される。グローバル市場調査会社アイマーク(IMARC)グループは、全世界のSAP市場は年平均10.69%成長し、2027年に156億ドルに達すると予想している。

    LG化学は韓国の麗水と金川で年間50万トンを生産している。米国への輸出物量の割合は全体の約10%とされる。

    2022年11月22日
    https://korea-economics.jp/posts/22112201/

    引用元: ・米貿易当局「韓国産SAP(高吸収性樹脂)輸入は自国企業に被害もたらした」 SAPの主要輸出企業はLG化学 関税賦課へ [11/22] [新種のホケモン★]

    【懲罰されてて笑える - 米貿易当局「韓国産SAP(高吸収性樹脂)輸入は自国企業に被害もたらした」 SAPの主要輸出企業はLG化学 関税賦課へ [11/22] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/12/10(土) 13:14:11.32 ID:oQiNNJvh
    (台北中央社)中国の税関業務を担当する税関総署が、台湾産のビールやコーリャン(高梁)酒などの輸入を一時停止したことが9日、分かった。

    輸入が停止されたのは、金門酒廠(KKL)、キングカー(金車)、タイフーブルーイング(台虎精醸)、台湾煙酒(TTL)、レジェンドブルワリー(伝奇酒業)、雲山酒廠などが手掛ける商品。

    中国は昨年から、パイナップルや高級魚のハタなど、台湾産農水産物の禁輸を相次いで発表。今月に入ってからもイカやサンマ、ミナミコノシロの輸入が新たに停止されたことが分かっている。

    (編集:齊藤啓介)

    フォーカス台湾 2022/12/10 11:39:39
    https://japan.focustaiwan.tw/cross-strait/202212100002

    引用元: ・【中国】台湾産ビールやコーリャン酒などの輸入一時停止…イカやサンマも禁輸 [12/10] [ばーど★]

    【セルフ制裁にしかならんだろw 【中国】台湾産ビールやコーリャン酒などの輸入一時停止…イカやサンマも禁輸 [12/10] [ばーど★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/11/27(日) 15:10:46.92 ID:RpJd03/8
    ロイター通信は25日、韓国がチュニジアからナフサの輸入を増やし、ロシアのナフサ輸出が急増したと国際金融情報会社リフィニティブの報告書を引用して報じた。対ロシア制裁を避けた迂回輸入である可能性が浮上している。

    リフィニティブが示した貿易統計によると、2021年に世界最大のナフサ輸入国である韓国はロシアからナフサ59万トンを買い入れたが、西側の制裁以後は購入量が大幅に減った。

    韓国石油公社(KNOC)によると、10月にチュニジアから輸入されたナフサは74万バレル、重量は約8200トンだった。リフィニティブの資料によると、韓国は11月にチュニジアからナフサを約27万4000トン輸入する予定だ。

    Rystad Energy社の市場分析担当副社長であるManish Sejwal氏Sejwal氏はロイターに対し、「ルートを変更するのは、主に欧米の監視を避け、より安いロシア産エネルギー使用するためだ」と述べている。

    ロイター通信は、リフィニティブが昨年8月から今年1月までロシアからナフサ41万トンの供給を受けた事実を確認したと報じた。チュニジアは昨年、欧州諸国に平均2万1000トンのナフサを輸出した。

    ロイターに対し韓国の貿易当局はコメントを控えた。

    一方、チュニジア当局はロイターに対し、国際企業がチュニジアの貯蔵施設を利用して、ロシア産を含むナフサを韓国に供給している可能性があるが、チュニジア政府はそれに対して何の役割も担っていないと述べている。

    2022年11月27日 2022年11月27日 通商
    https://korea-economics.jp/posts/22112702/

    引用元: ・韓国がチュニジア経由でロシア産石油を輸入 対ロシア制裁を避けた迂回輸入である可能性が浮上 ロイター報じる [11/27] [新種のホケモン★]

    【ばれるようなことやるなよ。 - 韓国がチュニジア経由でロシア産石油を輸入 対ロシア制裁を避けた迂回輸入である可能性が浮上 ロイター報じる [11/27] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/08/29(月) 13:40:33.21 ID:CAP_USER
    韓国の輸入品のうち特定国に対する依存度が75%以上の品目が600を超え、その半分以上は中国に依存していることが分かった。

    共に民主党の金会在(キム・フェジェ)議員が産業通商資源部から提出を受けた資料「2022年上半期の特定国依存品目」によると、今年上半期、1000万ドル(約133億ウォン、約13億6700万円)以上の輸入品のうち特定国からの輸入額が75%以上となったのは計636品目だった。

    国別の輸入依存度をみると、中国が全体の55.2%の351品目で最も多く、次いで日本(83品目、13.1%)、米国(49品目、7.7%)、ベトナム(20品目、3.1%)、ロシア(12品目、1.9%)などの順だった。

    これら輸入品のうち特定国への依存度が90%以上となったのは339品目。

    このうち中国への依存が178品目で52.5%を占め、日本(48品目)、米国(27品目)、ベトナム(9品目)、ロシア(8品目)などが後に続いた。

    自動車バッテリーの核心素材と半導体の素材・部品・装備の場合、中国と日本への依存度が高かった。

    半導体製造装備の場合、半導体ウェハーを個別チップに切断する機器は日本に100%依存し、ウェハー製造用ルツボ(99%)、半導体核心品目のフォトレジストを塗布・現像・硬化させる機械(98%)なども日本への依存度が高かった。

    金議員は「まだ素材・部品・装備の自立は遠い」」とし「輸入多角化などサプライチェーン体系構築、素材・部品・装備の国産化のための支援に政府がさらに積極的に取り組む必要がある」と強調した。


    中央日報日本語版 2022.08.29 11:41
    https://japanese.joins.com/JArticle/294903

    引用元: ・【中央日報】 韓国の素材・部品・装備輸入依存、中国・日本の順…半導体関連は日本依存度高い [08/29] [荒波φ★]

    【国産化したんだろ 国産品を使え 【中央日報】 韓国の素材・部品・装備輸入依存、中国・日本の順…半導体関連は日本依存度高い [08/29] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/08/25(木) 08:19:00.26 ID:CAP_USER
    ウォン相場が急落し産業界の「為替リスク」が可視化している。原材料輸入の割合が大きい企業は収益性の悪化が予想される。一部輸出企業は恩恵が予想されるが、世界的な景気低迷で以前のような「為替特需」は期待しにくい状況だ。

    24日の産業通商資源部と産業界によると、新型コロナウイルスによる衝撃から抜け出し始めたばかりの航空会社は再び経営の足を引っ張られないか懸念している。燃料費と航空機リース料などをドルで支払わなければならず、それだけコストが増えるためだ。大韓航空の場合、ウォン安が10ウォン進めば約350億ウォン、アシアナ航空は約284億ウォンの帳簿上損失が発生する。ここに上昇したドルがようやく回復しはじめた海外旅行需要を再び萎縮させかねないという分析も出ている。

    鉄鋼業界も泣き顔だ。内需消費はそのままなのに、ドル高で鉄鉱石など原材料調達費用が上がり原価負担が大きくなる。業界では輸出の割合が相対的に高いポスコや現代製鉄など大手鉄鋼会社を除くとウォン安で影響を受ける企業が多いだろうとみている。

    石油化学も収益性悪化が懸念される。国際原油価格の上昇傾向は徐々に収まっているが、石油化学製品の基礎原料に使われるナフサの輸入価格が上がったのが負担だ。ロッテケミカルが4-6月期に営業損失214億ウォンを記録して赤字に転落するなど大手石油化学会社の業績も悪化した。

    バッテリー業界も緊張状態だ。LGエネルギーソリューションとサムスンSDI、SKオンのバッテリー3社は北米地域にバッテリー工場の新増設を推進しているが、ウォン急落で投資規模が急増しかねないとの観測が出ている。実際にLGエネルギーソリューションは投資費用上昇を理由に米アリゾナに1兆7000億ウォンをかけてバッテリー工場を作ることにした投資計画を再検討している。バッテリー業界関係者は「売り上げ増大効果はありえるが、反対に投資額と人件費が増加する部分がある。為替相場変動の影響を綿密に点検している」と話した。

    一般的にウォン下落は他国通貨建ての韓国の輸出品価格を下げる点で輸出企業の価格競争力を高める。だが今回のウォン下落は過去のように輸出企業に有利に作用しないという分析が多い。韓国企業がこれまで海外から原材料を調達して加工して輸出したり、中間財を送って現地で完成品を生産する形に輸出方式を変えてきたためだ。結局価格競争力強化の効果は減り、原材料などを高く調達する負担が大きくなった格好だ。

    国際貿易通商研究院によると、国際原油価格とドル相場が10%上昇する場合、輸出単価は0.04%上がり、輸出量は0.01%減少し、輸出金額は0.03%の増加にとどまる。これに対し輸入金額は3.6%増加する結果につながる。研究院は「(ウォン下落は)貿易赤字拡大を招くことになる」と懸念する。

    続きはソース
    https://japanese.joins.com/JArticle/294756?servcode=300§code=300
    https://japanese.joins.com/JArticle/294757

    引用元: ・【韓国】ウォン10%下落すれば輸入額3.6%増えるが輸出増加は0.03%だけ [8/25] [昆虫図鑑★]

    【ドル建て債返せんの? 【韓国】ウォン10%下落すれば輸入額3.6%増えるが輸出増加は0.03%だけ [8/25] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ