まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:車

    1: まぜるな!キケン!! 2023/01/23(月) 15:09:08.13 ID:sOCoA9aa
    1月11日(現地時間)、米国と日本の外交・防衛担当閣僚4人がワシントンに集まり、俗に「2プラス2」と呼ばれる「米日安保協議委員会(SCC)」を開いた。その後に発表された共同声明を読みながら、韓国政府の関係者だけでなく、韓国の外交・国防政策を左右する政界の人々もこれを一度読んでみたらいいのにと思った。

     今年の共同声明で米日は、中国を「最大の戦略的挑戦」と規定し「日本の反撃能力の効果的な運用に向けて、日米間の協力を深化させること」で合意した。中国、北朝鮮、ロシアの脅威を評価し、それに対抗して何をするのかを、A4用紙7枚分の共同声明に細かく盛り込んだ。

     こうした合意事項は非常に立派なもので、一度読んだら十分というものではない。それよりは、共同声明を導き出す過程で表れた米日の政策樹立方式に注目したい。この共同声明を読んでみると、米日が国際社会の「形勢」をどう見ていて、その中で成就すべき「目標」を何に設定し、そのためにどんな具体的な「政策」を進めようとしているか、明瞭に見えてくる。

     さらに印象深いのは、今年の共同声明は短くて3年、長いと17年にわたる日本の対外政策の結果物だという点だ。故・安倍晋三元首相が「インド・太平洋戦略」を初めて提示したのは2006年のことだった。2012年の安倍内閣再発足と共に、この戦略も復活した。同盟を軽く見ていたトランプ政権時代も、日本は2年に1度は米国と2プラス2会談を開き、2019年の共同声明で遂に「インド・太平洋」という言葉を反映させた。

     その後任の菅首相、岸田首相もこれを引き継いだ。バイデン大統領が就任した2021年から、米日は2プラス2会談を毎年開催した。2021年3月の共同声明で両国は「日米同盟の役割・任務・能力について協議することによって、安全保障政策を整合させ(る)」ことを約束し、2022年には「今後作成されるそれぞれの安全保障戦略に関する主要な文書を通じて、同盟としてのビジョンや優先事項の整合性を確保すること」で合意した。これは昨年12月、反撃能力の保有を明示した日本の安保関連3文書の改定と米国の全幅の支持につながった。

     その歳月の間、韓国政界は何をしていたか。冷徹な情勢判断を基に超党派、中長期の戦略を立てるどころか、韓国の対外環境に関する基本的共通認識すら形成できなかった。政権が変わるたびに対外政策が揺れ動いた。2010年から2年ごとに開くこととしていた韓米2プラス2会談は、トランプ政権の期間中、一度も開かれなかった。

     米日会談の数日後、20年にわたり在米韓国人の権益運動を繰り広げ、ワシントン政界の雰囲気に明るいキム・ドンソク米州韓人有権者連帯代表と会った。「米中間の綱引きは既に始まり、米日は車に乗って出発しているとの印象」としつつ「韓国も30年1世代、もしくは少なくとも10年先を見越した中長期計画を立てるべき時期」と語った。深く刻むべき言葉だ。

    ワシントン=金真明(キム・ジンミョン)特派員

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2023/01/23 11:3
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/01/20/2023012080132.html

    引用元: ・【朝鮮日報コラム】「米国と日本は車に乗って出発してるのに…」[1/23] [仮面ウニダー★]

    【敵の味方する役立たず(笑) 【朝鮮日報コラム】「米国と日本は車に乗って出発してるのに…」[1/23] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/11/16(水) 10:05:51.84 ID:SjNwrpNC
    2022年11月14日、韓国・朝鮮日報は「韓国で売れる車はトップ10のうち7種が中型以上だが、日本は9種が軽・小型」だと伝えた。

    記事によると、今年1~9月に韓国で最も売れた車10種のうち、7種(ソレント、グレンジャー、カーニバル、パリセード、ソナタ、G80、K8)が中型以上だった。販売トップはソレント(準大型、2500cc)だった。同じく中型以上が7種で人気だったのは米国で、トップはフォードFシリーズ(大型、3300cc)となっている。

    一方、欧州では販売トップ10モデルがいずれも軽・小型で、中型以上はゼロ。日本ではトップ10中9種が軽・小型車で、中型は1種のみ。販売トップはホンダN-BOX(軽、660cc)となっている。日本では今年売れた乗用車の39%が軽だった。

    記事は、「韓国内では乗用車よりSUVが増えており、エネルギー効率化の面で逆行しているトレンドだ」と伝えている。排気量3500CC以上の大型SUVの販売も増えているという。米国で人気の大型ピックアップトラックの需要も増え、輸入業者が先を争って国内に持ち込んでいるという。

    韓国で「大きな車」が人気な理由はさまざまだとしながら、記事は「乗り心地」「広々とした空間」「周囲の視線」を挙げている。また、新型コロナの流行以来、レジャーでの車中泊が人気になっていることも一因だとしている。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは

    「見えのためだろうね」
    「虚勢だらけ」
    「身の程も考えず虚勢を張るカープア(身の丈に合わない高級車に乗る層)だらけの国と、カープアなんていない頭がまともな人たちの国の違い」
    「何も持ってないくせに車ばかりデカい」
    「駐車スペースも狭いのに、車はどんどん大きくなっていく。ここは米国か?。劣等感が強くて見えっぱりな国民性のせいだ」

    など、

    「韓国人が大きな車を好むのは見えのため」

    というコメントが多数寄せられている。

    また、

    「自分のお金で自分の物を買ってるんだから、大きなお世話」
    「各国、その国の環境に合った車を買ってるだけでしょ。そんなことより早く電気や水素自動車の商用化を実現すべきだ」

    という意見や、

    「だから日本を見習えと言いたいのか?」
    「貧しい日本と比較するな」
    「日本では軽自動車に乗ると恵沢が多いし、軽以外は税の負担も大きい。日本人だってお金があるなら大きい高級車に乗りたいさ。貧乏だから軽に乗ってるだけ。質素だからとか、環境に配慮しているとか誤解してる人が多すぎるな」

    などの声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)

    Record Korea 2022年11月16日(水) 6時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b904406-s39-c20-d0195.html

    引用元: ・日韓の車販売トップ10に大きな違い=韓国ネット「国民性のせい」「日本人だってお金があるなら…」 [11/16] [新種のホケモン★]

    【軽でも200万円以上する車あるけどね - 日韓の車販売トップ10に大きな違い=韓国ネット「国民性のせい」「日本人だってお金があるなら…」 [11/16] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/26(金) 15:10:54.48 ID:CAP_USER BE:253895759-2BP(1000)
    sssp://img.5ch.net/ico/2iyou_2.gif
    韓国LG製のバッテリーを搭載した電気自動車でまた火災が発生した。

    25日、韓国メディアなどによると、最近、忠清北道の忠州市にあるマンション地下駐車場において、充電中だったルノーサムスンの電気自動車「SM3」から火災が発生した。住民たちも緊急避難した。火災現場に到着した消防隊は火災車両を近くの忠州総合運動場に移して80分かけて消火した。

    消防隊関係者によると、火災による追加拡大被害を遮断するため、総合運動場に火災車両を移して火災鎮火作業を進めた。電気自動車火災はバッテリーから出る副産物や高い熱のため、一般火災より火災の鎮圧が難しいとされる。消防当局によると、現在合同調査が進められており、精密調査を行う関係上、火災源の究明には多少時間がかかるとのこと。

    SM3での火災は今回が初めてではない。これに先立ち、今年8月には一家4人が搭乗し高速道路を走っていたSM3から火災が発生し全焼したことがある。ただし、この時の火災原因はバッテリーではないことが明らかになっている。

    SM3は2013年に韓国で初めて発売され、昨年まで販売された後、廃止されたモデルだ。火災が発生した車両はいずれも第2世代モデルと伝えられる。第2世代モデルにはLGの電池専門企業であるLGエナジーソリューション(LGES)のバッテリーが搭載された。

    これまでLGエナジーソリューションのバッテリーを搭載した電気自動車では、現代自動車のコナEVや米GMのボルトEVなどで相次ぎ火災事故が発生しており、LG側は数千億円規模の賠償を行う予定だ。EVバッテリー市場で世界シェア1位を争っているLGとしては、火災事故という悪いイメージを早く払拭したいところだが、今回のSM3の火災事故の原因次第では再び悪材料に火が付く可能性が高い。

    一方、LGエナジーソリューションは来年1月末に有価証券市場(コスピ)に上場する予定であると伝えらえた。有価証券市場本部はLGエナジーソリューションの上場予備審査を推進中であるとされる。上場によって最高10兆円の市場価値が一時予想されていたが、相次ぐ連続悪材料により、より低い価値に留まるとみられる。今年9月にボルトEVで火災事故が発生した際には、「火災物語にさらに燃料を追加した」と米紙に報じられた。

    コリア・エコノミクス 2021年11月26日
    https://korea-economics.jp/posts/21112602/

    引用元: ・【韓国】LG製のバッテリー搭載車が炎上 今度はルノーのEVが全焼で住民避難 終わらない「火災物語」 [11/26] [新種のホケモン★]

    【なんですぐ燃やすんですか 【韓国】LG製のバッテリー搭載車が炎上 今度はルノーのEVが全焼で住民避難 終わらない「火災物語」 [11/26] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/06(水) 14:45:41.47 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会は6日、9月の輸入乗用車の新規登録台数は2万406台で前年同月比6.6%減少したと発表した。前年比マイナスは今年に入り2回目。ただ、1~9月の新規登録台数は累計21万4668台と、前年同期比12.0%増加した。

     同協会は9月の輸入車販売について、秋夕(中秋節)連休に伴う営業日数の減少や半導体不足による一部ブランドの在庫薄などが影響したと説明した。

     9月の輸入車登録をブランド別にみると、メルセデス・ベンツが6245台で1位を守り、次いでBMWが4944台だった。この2ブランドで全体の半分以上を占めた。ボルボが1259台、アウディが1150台、シボレーが1022台、ミニが961台、フォルクスワーゲン(VW)が817台、レクサス(トヨタ自動車)が644台と続いた。

     自動車市場調査会社カーイズユーデータ研究所の調査によると、韓国輸入自動車協会の統計に含まれていないテスラの新規登録台数は2206台だった。輸入車3位につけていることになる。

     ベストセラーモデルはベンツのEクラス(1859台)だった。

     国・地域別では欧州車が前年同月比6.6%減の1万6639台で、全体の81.5%を占めた。日本車は9.3%増の1593台で、シェアは前年9月の6.7%から7.8%に拡大した。   

     燃料別ではガソリン車が9689台、ハイブリッド車(HV)が5569台、ディーゼル車が2608台、プラグイン・ハイブリッド車(PHV)が2204台、電気自動車(EV)が336台だった。ガソリン車とディーゼル車がそれぞれ前年同月比で減少した半面、エコカーはそろって大幅に増加した。

    聯合ニュース 2021.10.06 13:30
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20211006001900882?section=economy/index

    引用元: ・【韓国輸入自動車協会】9月の輸入車販売6.6%減 日本車は9.3%増=韓国 [10/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【NO JAPAN は 口だけ【韓国輸入自動車協会】9月の輸入車販売6.6%減 日本車は9.3%増=韓国 [10/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/12/10(金) 09:24:08.64 ID:CAP_USER
    ※デジタルタイムスの元記事(韓国語)
    「不買」当たった日本車、もうないから売れない
    http://www.dt.co.kr/contents.html?article_no=2021120902101732031001

    2021年12月8日、韓国・デジタルタイムスは「日本製品不買運動の影響で販売実績が落ち込んでいた日本車メーカーが今年、本格的な復活を果たした」とし、「一部の人気モデルは在庫切れになるほどだ」と伝えた。

    トヨタコリアによると、RAV4などの人気車種は現在、車両が国内に入ってくるまで一時的に在庫切れとなっている。

    半導体不足や部品需給問題などによりRAV4ハイブリッドモデルは納車までに約4カ月、レクサスのES300hとUX250hは約4~5カ月かかる。ホンダコリアなど別の日本車メーカーも同じ状況だという。

    韓国で日本車の販売量は急速に回復している。特にレクサスは先月、ES300hの販売台数が698台を記録し、ベンツやBMW、アウディなど人気のドイツ車を抑えて「輸入車ベストセラーモデル」となった。

    ホンダも今年1~11月に4055台を売り上げ、販売実績が前年同期(2891台)比45.3%増加したという。

    あるディーラー関係者は「半導体問題などで車両の納車日が不透明になり、韓国メーカーや欧州メーカーの代わりに日本メーカーを選ぶ場合もある」とし、「(日本車の)品質が悪くて販売実績が落ち込んだわけではないため、回復が早いようだ」と話したという。

    これに韓国のネットユーザーからは

    「やっぱり韓国人は熱しやすく冷めやすい」
    「日本で韓国車は全く売れないというのに」
    「日本が韓国の半導体を滅ぼそうと経済戦争を仕掛けてきたことはもう忘れたの?」
    「途中でやめるくらいなら最初から不買運動なんてしなければよかった」

    など不満げな声が多数上がっている。

    また「たとえ最後の1人になっても日本製品不買運動を続ける」と意気込む声や、「現代自動車の品質がもっと向上すれば日本車を買わなくて済むのに」と嘆く声も見られた。


    2021年12月10日(金) 8時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b807563-s39-c30-d0191.html

    引用元: ・【車】 不買運動で全く売れなかった日本車、今は売れすぎて在庫切れ?=韓国ネット 「日本で韓国車は…」 [12/10] [荒波φ★]

    【はよ親日派を取り締まれよw 【車】 不買運動で全く売れなかった日本車、今は売れすぎて在庫切れ?=韓国ネット 「日本で韓国車は…」 [12/10] [荒波φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ