まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:起源

    1: LingLing ★@無断転載は禁止 2016/05/11(水) 07:21:05.82 ID:CAP_USER
    [読者コラム] 八方美人 私たちの豆、自給率もっと高めよう
    2016-05-09 17:27

    2016年は、国連食糧農業機関(FAO)が定めた「世界豆の年(lnternational Year of Pulses)」だ。
    国連が「豆の年」を指定したことは豆が人類にどれほど重要な作物であるのかを象徴的に
    示していると言える。

    筆者は長い間、国産在来大豆で豆腐と清麹醤などの豆製品を作りながら豆について
    研究した。

    この過程で豆の原産地が満州一帯我が国であることを知った。 「豆満江」という名前が
    これを証明する。

    豆満江は豆をいっぱい積んだ船が出入りする港であり、全世界に豆を輸出していた拠点の
    役割をした場所だ。6・25以前には、大韓民国が世界的に豆生産量が多い国だった。

    農業がうまくいけば豊年だというが、ここでいう「豊」は豆農業を基準とし、豆農業がうまくいくと
    豊年だと称えた。また、「頭」、「體」でも「豆」の字を使い、私たち人間にとって豆がどれほど
    重要であるかを示している。

    豆は人にのみ利するものではなく、汚染された空気を浄化させる作用もある。地球上の大気は
    窒素78%、酸素21%、その他1%で構成されている。豆科の植物は必要な窒素を自ら供給する
    能力がある。

    したがって、不毛な地に根付いて、生存・繁盛して他の動植物に窒素たんぱく質を供給してくれる。
    結果的に豆は生態系保全型の窒素たんぱく質工場であるわけだ。

    我が国は、豆の原産地国らしく豆食物が発達した。
    特に、発酵食品であるテンジャン、醤油、清麹醤は単純な食品次元を越えた薬だ。
    その卓越した秘密を現代科学で解き明かすことができないほどだ。

    また、私たちの伝統食品は韓国でばかり自然発酵が可能な天然食物である。
    隣接したアジア国家の中で、日本は島であるため濃度が濃い塩基が大気中に一杯で、
    中国はほこりが多くて良質の発酵が難しい。

    しかし、豆の原産地、大韓民国は豆自給率が10%にも及ばず、遺伝子組み換えで議論されている
    輸入豆に依存している。

    「世界豆の年」を迎え、豆原産地の名誉を取り戻して「必ずやって来る幸せ」という豆花の
    花言葉も広く知られてほしい。

    国産豆で作った発酵食品が私たち国民はもとより、世界人の健康にも貢献できるよう願っている。

    [ハム・ジョンヒ ハムシネ土種豆食品代表]

    ソース 毎日経済(韓国語) 
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=110&oid=009&aid=0003728362
    no title


    【韓国起源説】大豆の韓国起源説を裏付ける根拠=韓半島5000年前の畑遺跡から大豆を出土[06/28]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1340853937/
    【韓国】タカノ納豆召し上がれ(写真)[05/10] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1462854171/

    引用元: ・【韓国】 我が国は「豆」の原産地、自給率をもっと高めよう [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国人「豆の起源は韓国。島国の日本は塩分が多いからだめ」】の続きを読む

    1: きゅう ★@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 13:43:54.47 ID:CAP_USER.net
    2015年11月27日、韓国・聯合ニュースによると、
    韓国紙文化財団は、韓国折り紙が日本の折り紙を抜いて、世界の文化に広く根付くことを目指している。

    日本は第2次世界大戦後、国際交流基金などによって着物、茶道と共に折り紙を
    積極的に世界に広めており、
    現在では「origami(折り紙)」は日本のものとして認知されるようになった。
    これに対して、「折り紙の起源は韓国にある」と主張する韓国紙文化財団は、
    「折り紙の宗主国」としての地位を取り戻すことを目標としている。
    同財団のノ・ヨンエ理事長は、1987年に「韓国折り紙・紙文化再創造運動」を提唱して以来、
    韓国折り紙協会、紙の国博物館、紙文化財団、世界折り紙連合などを相次いで設立し、
    韓国の伝統折り紙の復活、近代化、普及に力を入れている。

    この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

    「どっちが宗主国か?歴史歪曲(わいきょく)は韓国が元祖、ベテランだからな…」

    「紙を折ったら折り紙だ。どちらが先なんて判断しようがないだろう。
    肉を最初に焼いた原始人がいた所が、焼き肉の発祥地と言っているようなものだ」

    「日本との不必要な論争は止めてほしい。それでなくても論争が多いのに…」

    「紙自体、中国から韓国に伝わり、そして日本に伝わったから、折り紙も韓国で生まれ、
    日本に伝わったと考えている訳だな。
    合っているような気もする。韓国の折り紙も、世界に知られるようになるといいね」

    「明確な根拠はないようだ。まず根拠を用意するのが必要じゃないのか?」

    「折り紙は唐から日本に伝わり、韓国には日本の植民地時代に小学校で体系的に教育したと聞いた」

    「国際的に通用するのは韓国の折り紙ではなく、日本の『ORIGAMI』だという事実を認めろ」

    「千羽鶴は日本のものだから、『億羽鶴』を作って折り紙宗主国の座を射止めよう」(翻訳・編集/三田)

    http://www.recordchina.co.jp/a124112.html

    引用元: ・【韓国】「折り紙の起源は韓国にある」 日本から「折り紙宗主国」の地位を取り戻したい韓国紙文化財団[11/29]

    【1987年からでっち上げ【韓国】「折り紙の起源は韓国にある」 日本から「折り紙宗主国」の地位を取り戻したい韓国紙文化財団[11/29]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 21:39:24.35 ID:???.net
    no title


    最近の遺伝学は私たち民族のルーツがバイカル湖にあったことを見せてくれる。その後、南下し
    て遼河文明とアルタイ語を誕生させた。このように遺伝学の発達は化石からDNAを抽出し、人類
    の遺伝子地図を作成しながら人類の起源と移動経路について説得力ある仮設を提供している。
    (中略:氷河期やバイカル湖の話し等)

    紅山文明は中国の黄河文明より約2千ないし1千年ほど昔と見られる。その後、朝鮮族と匈奴族
    に分かれる。朝鮮族が建国した国が古朝鮮だ。朝鮮時代に蛮夷と呼ばれた満州一帯の民族は実
    際のところ全部一つの血筋だ。シン・チェホ先生の‘朝鮮上古史’に朝鮮族と匈奴族は3000年前
    には兄弟同族という内容がある。

    ○ モンゴリアンは全て兄弟民族
    歴史的にバイカル湖はユーラシア遊牧民族の発源地で彼らは全部モンゴリアンの子孫だ。紀元
    前200年から漢を圧迫し、北側草原地帯に大きな国を建てた匈奴族はもちろん中国に北魏、北周、
    随、唐を建設した鮮卑族の故郷もバイカル湖周辺だ。また、4世紀後半、ローマを脅かしたフン族、
    6世紀後半20年ぶりに満州から西側ビザンチン帝国の北方地域、南側ではヒンズークシに達する
    世界で初めてユーラシア東西南北にかけた大帝国を作った突厥族も同じだ。
    (中略:その他の民族興亡史)

    これらは根本的に遺伝子がほとんど同じ人々だ。ただし地域により時代により自らを呼ぶ呼称や
    中国人がこの民族を示す時使った漢字の発音が違っただけだ。数千年間、人類の生活と文明に
    最も躍動的な遊牧民族の拠点、核心地域がバイカル湖地域だ。すなわちバイカルがすべてのモ
    ンゴル人種の根源地であった。

    ○ 私たち韓民族が遺伝学的にもモンゴリアンの原形質を最もよく継承している
    中国東北3省と雲南省一帯の少数民族、チワン族(壮族)もモンゴリアンだ。モンゴル、中南米の
    インディオ、ベトナムもモンゴリアンだ。中国南部に降って行ったモンゴリアンは南方系民族と共に
    中国文明を作る主流勢力になった。

    no title

    ▲東アジアの遺伝子地図

    遺伝的に見て、我が民族のルーツは大きく二つだ。約70%は北方系、30%は南方系で、ごく一部に
    ヨーロッパ人とその他のグループが混ざっている。しかし、今はすでにこの二系列の人々が完全
    に結合し、もはや我が国の人々は一つの新しい民族になったと見られる。

    氷河期が終わって遼河付近に南下したモンゴリアンがこの地域に住んでいた南方系の人々と混
    ざりながら新しい文明を発達させた。その頃、食べ物が豊富な渤海湾と韓半島海辺と川岸に多く
    の人々が暮らしていた。その後、彼らが遼河文明とアルタイ語を誕生させた。

    遺伝子追跡による人類移動の道を見れば韓国人と日本人、モンゴル人、チベット人、トルコ人は
    エスキモー、アメリカインディアンと遺伝的にも言語学的にひとつだ。いわゆるアルタイ語族だ。言
    語学的に見る時、これらは約8000年前に分かれたと見られる。

    そして特徴的なのは韓半島とインド南部人の遺伝子地図が似ている点だ。古代から二カ所の間
    に人の移動が多かったことを意味する。それだけ両地域間に海上往来が多かった証拠だ。伽揶
    王国に嫁いできたインド公主(王女)ホ皇后の話は神話だけではない。

    私たち韓民族が遺伝学的にモンゴリアンの原形質を最もよく継承、発展させたという。人類が持つ
    ミトコンドリアDNA遺伝子を活用して糖尿病を研究し、このDNAから人類の移動が分かる事実を
    知って韓民族の起源を追跡したイ・ホンギュ医学博士の言葉だ。韓国人とバイカル湖周辺に住む
    ブリヤート人が血縁的に非常に近い事実は、モスクワ遺伝学研究所のチャカロフ博士によっても
    究明された。

    文|ホン・イクヒ世宗大教授 <このコラムはコラムニスト個人の見解です。>

    ソース:朝鮮pub<DNA遺伝子を活用して韓民族の起源を追跡して...韓民族の話(6)-バイカル湖のモンゴリアン>
    http://pub.chosun.com/client/news/viw.asp?cate=C03&mcate=M1004&nNewsNumb=20151018575&nidx=18576

    引用元: ・【韓国】 韓民族の起源を遺伝子で追跡~遺伝学的にモンゴリアンの原形質を最もよく継承しているのは韓民族[10/26]

    【モンゴル人に火病遺伝子は無かったと思うが 【韓国】 韓民族の起源を遺伝子で追跡~遺伝学的にモンゴリアンの原形質を最もよく継承しているのは韓民族[10/26]】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/08/03(月)16:50:39 ID:???
     愛国論調で知られる中国メディア「環球網」が7月29日、
    「日本人はなぜ切腹自尽を好むのかを明らかにする。実際には起源は中国にあった」
    と題する文章を発表した。同文章は清末から民国初期に政治家や思想家として
    活躍した梁啓超(1873-1929年)の著書「中国の武士道」を引用したが、
    「愛国心にもとづく痛切な反省」の面で、大きく「劣化」していると言わざるをえない。

     環球網の文章は冒頭で、日本人の切腹について「武士道精神と関係がある」、
    「日本で創造されたものでない。舶来品」などと紹介。日本人の切腹は中国から伝わったと主張した。

     同文章には大きな欠点が2つある。

     まず、中国に「腹切り」の古い記録を紹介したが「日本に伝わった」経緯の記述がない。つまり「論拠の科学性」に欠ける。

     さらに問題なのは、「古いものはとにかく自国起源」との、東アジアの他の国でもしばしばみられる
    「自国の優位性」を印象づける論調になっていることだ。

    続き Yahoo!ニュース/サーチナ 8月3日(月)14時23分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00000112-scn-cn

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 25◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438054546/423

    引用元: ・【中国】日本人の「切腹」 起源は中国にあった!・・・かつては中国人にも武士道精神=中国メディア、100年前より「劣化」した論調 [H27/8/3]

    【羨ましいなら見習えばいいのに【中国】日本人の「切腹」 起源は中国にあった!=中国メディア [H27/8/3]】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 12:44:14.23 ID:???.net
    ■兵営通信「ケバブ・清麹醤・ホットク・シャブシャブ」…戦争が生んだ食品(イーデイリー)
    http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=JF31&newsid=01302166609438456&DCD=A00603&OutLnkChk=Y
    -ケバブ草原駆け巡ったオスマントルコ戦士たちが開発して
    -匈奴から入ってきたホットク 長期保管可能に戦闘食糧愛用
    -高句麗騎兵、茹でた豆発酵させて栄養補充しながら戦闘

    19世紀初頭のヨーロッパ全域を号令したフランスの皇帝ナポレオン・ボナパルトは、「軍隊はよく食べてこそ
    よく戦う(An army marches on its stomach)」と述べた。文字通り、飢えてひもじい兵力では戦闘を十分に遂行
    することはできないものだ。しかし、敵の挑発がいつでも起こりうる状況でのんびりと食事をすることはできない。
    このため、人類は戦争で栄養を満たしつつ速やかに食べられる戦闘食糧を考案した。私たちが何気なく
    口にする食べ物の中には戦争から始まったものが、かなりある。

    ◇ソウルの梨泰院や弘益大学など若者が多く訪れる街ではトルコ式ケバブを売る店がよく目に留まる。
    トルコの代表的な食べ物であるケバブはトルコ語で「串に刺して焼いた肉」を意味する。中央アジア草原と
    アラビア砂漠を駆け巡っていた遊牧民が手軽に肉を焼いて食べていたことから由来した。ケバブはオスマン
    トルコの兵士たちが肉を薄くスライスして剣に差し込んだ後、火の上で回しながら焼いて食べる戦闘食糧
    から始まったという説がある。

    肉を丸ごと焼こうとすると中まで調理するのに時間がかかることに比べ、スライスした肉を剣に幾重にも刺し
    焼けば調理時間を短縮することができるので、ケバブを作って食べたということだ。特に草原や砂漠など
    燃料が不十分な地域では、薄くスライスして肉を焼く方が丸焼きをするより燃料が節約できる方法だ。

    ◇臭いがするという理由で、外国人は避けるが、私たちの国の人々にとって人気の食べ物である「清麹醤」
    チゲ。清麹醤チゲの主材料である清麹醤も戦争から始まった食べ物という説がある。戦争中も早く作って
    食べられる「醤」に由来するという意見だ。

    私たちの文献で清麹醤が初めて言及されているのは『三国史記』だ。三国史記によると清麹醤は王家の
    幣帛の品目の一つだった。以後、朝鮮・粛宗の時、1715年実学者の洪萬選が書いた『山林経済』、
    1766年、英祖の時、柳重臨が山林経済を補強した『増補山林経済』には「戦国醤」という名前が登場
    する。戦時に作って食べる醤という意味だ。本は「よく洗った豆を茹でて、わらに包んで温めて3日間おくと
    生津が出る」と説明している。

    清麹醤の起源は高句麗時代にさかのぼる。当時、満州地方に渡って馬を馳せ征服戦争を続けていた
    高句麗騎馬兵たちが食べていた戦闘食糧という説だ。私たちの先祖は、茹でた豆を鞍下に保管したが、
    食事をするたびに取り出して食べたという。馬の体温が37~40℃の間なので自然発酵が可能だったのだ。

    ◇冬の通りを行き交う人々を誘惑するフードのホットクも過去の兵士たちが愛用した食べ物の一つだという。
    中国の文献『夜航船』は、匈奴の王子である金日テイが漢に帰化するとホットクの作り方を伝えたと記録
    している。当時の中国人は茹でたり蒸した饅頭を主に食べたが、これは戦場で調理して保管するのが難し
    かった。一方、かまどで焼いて水分気が少なくて長い間保管が可能なホットクは、優れた戦闘食糧だったと
    いう。no title


    ◇汁に薄切り肉を軽く、くぐらせて食べる料理のシャブシャブ(しゃぶしゃぶ)も野戦料理から始まったと
    いう説がある。シャブシャブは日本語で「軽く洗ったり濯ぐ様」を意味する擬態語だ。

    13世紀チンギス・ハンが征服戦争を広げていた時期には軍人の士気を高揚させるために、脱いだ兜を
    釜のように火にかけた後に食料として持っていた刻んだ羊肉を湯掻いて食べるようにしたということだ。
    これをきっかけにモンゴル人の間で汁に肉を湯掻いて食べる調理方式が流行したと伝えられる。中国の
    火鍋、日本のシャブシャブなどもモンゴル式鍋料理に起源を置いているという。

    一方、我が国の歴史学者の中には、チンギス・ハンのモンゴルより先んじて三国時代当時、兜を釜にした
    兵士たちの調理方式が「トリョム」文化に変わり、モンゴルがこれを真似たものだと主張する人もいる。
    トリョムは冷えたご飯や麺が盛られた器に熱い汁を注いだ後、取り出して、ご飯や麺を温める方式をいう。
    特にシャブシャブという日本語は「ご飯に熱い茶をそっと注ぐ様」を意味しトリョム方式を示すという主張も
    ある。

    引用元: ・【韓国】 ケバブ・清麹醤・ホットク・シャブシャブ…戦争が生んだ食べ物。しゃぶしゃぶの起源は韓国、との説も[07/28]

    【本当に病気だな 【韓国】 しゃぶしゃぶの起源は韓国、と歴史学者[07/28]】の続きを読む

    このページのトップヘ