まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:資源

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/18(火) 12:48:05.47 ID:X4iCxT86
    ロシアとウクライナの戦争で各国のエネルギー自立の重要性が大きくなる中、韓国の海外資源開発が動力を失ったという指摘が出た。韓国と境遇が似た「資源貧国」である日本が政府次元の資源供給安定性を追求するのと対照的だ。

    産業通商資源部が17日に明らかにしたところによると、韓国の石油・ガス資源開発率は2015年の16%から2020年には12%と4分の1ほど減った。資源開発率は国の全エネルギー供給量のうち国内の機関・企業が開発・生産して確保した量の割合を示す。サプライチェーン不安や戦争などで資源危機が発生した時に独自に統制できる「資源自給率」と直結する。

    こうした状況が改善される可能性も小さい。今後の資源開発率を推し量る資源探査・生産・開発プロジェクトも2015年の166件から2020年には118件に減少したからだ。特に2020年基準で石油・ガス分野の新規海外資源開発事業は3件にすぎなかった。

    最近のエネルギー危機で価格が高騰する液化天然ガス(LNG)の場合、昨年韓国に導入された4593万トンのうち韓国ガス公社が権益の10%を持っているオーストラリアのプレリュードガス田で生産する36万トン、SKE&Sが開発に参加した北米のシェールガス田の70万トンなど100万トンほどだけが韓国企業が直接投資し実質的に確保した水準だ。

    江原(カンウォン)大学のキム・ヒョンゴン教授は「過去の資源外交失敗、公企業不良議論などにともなう基調変化により政策金融や税制優遇などが縮小され海外資源開発の生態系が萎縮した」と診断した。海外資源開発協会によると韓国の石油・ガス部門の海外資源開発投資規模は2014年の19億2800万ドルから2020年には2億7200万ドルに縮小した。

    同じ時期に日本の石油・ガス自主開発比率は27.2%から40.6%に高まった。日本は昨年「第6次エネルギー基本計画」を発表し、石油・ガス自主開発比率を2040年に60%以上まで増やすと宣言した。これに伴い、政府機関である石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が民間企業の海外資源開発時の出資・債務保証などを引き受けるようにした。自主開発比率は資源の輸入量と国内生産量の合計のうち自国企業が確保した資源の割合を意味するもので、資源開発率と同じ概念で使われる。

    「資源大国」である中国も資源安全保障の観点から国の力を集中している。シノペック(中国石油化工グループ)、CNPC(中国石油天然ガスグループ)など国営企業を中心に海外資産取得を積極的に推進しており、アフリカや東南アジア、南米の資源大国に大規模借款を提供した後に資源で償還を受けるプログラムを運営している。その結果、2022年のフォーチュングローバル500に入ったエネルギー企業77社のうち中国企業は18社で最も多かった。

    韓国輸出入銀行のソン・ドンウォン上級研究員は「エネルギー安全保障と原材料サプライチェーン安定に向け海外資源開発の正常化が要求される。韓国企業が海外資源確保に積極的に出られるよう一貫性ある政策推進と政策金融支援強化が必要だ」と指摘した。

    https://japanese.joins.com/JArticle/296675?servcode=300§code=300

    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1666049470/

    引用元: ・【中央日報】同じ「資源貧国」なのに…エネルギー自給率、韓国12%・日本41% ★2 [10/18] [昆虫図鑑★]

    【また負けたのかよw 【中央日報】同じ「資源貧国」なのに…エネルギー自給率、韓国12%・日本41% ★2 [10/18] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/10(火) 12:10:37.99 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が10日発表した国際収支(速報値)によると、3月の経常収支は67億3000万ドル(約8770億円)の黒字だった。2020年5月から23カ月連続の黒字ながら、前年同月(75億ドル)に比べると7億7000万ドル少ない。原油や原材料などの価格高騰により商品収支(貿易収支に相当)の黒字が大幅に減ったことが響いた。

     3月の商品収支の黒字は前年同月(78億5000万ドル)から25億4000万ドル減り、53億1000万ドルにとどまった。輸出額(645億1000万ドル)は石油製品や半導体などの好調を追い風に16.9%増加したが、輸入額(592億ドル)の増加率が25.1%と輸出の伸びを上回った。中でも原材料の輸入額(通関ベース)が52.3%急増した。ガスの増加率は163.8%、石炭は106.2%、原油は83.9%、石油製品は50.6%に上った。

     サービス収支は前年同月の赤字(11億ドル)から3億6000万ドルの黒字に転換した。

     輸送収支の黒字が15億5000万ドルと、前年同月(5億7000万ドル)から拡大したため。船舶コンテナの運賃指数が急上昇し、国際貨物収入が増加した。

     一方、韓国からの海外旅行が徐々に増えており、旅行収支の赤字額は前年同月(3億6000万ドル)を上回る4億7000万ドルとなった。

     給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支(第1次所得収支)は11億5000万ドルの黒字だが、前年同月に比べると1億4000万ドル少ない。外国親会社への配当金支払いが増えて配当所得収支の黒字が減ったことが影響した。

    聯合ニュース 2022.05.10 09:03
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20220510000400882?section=economy/index

    引用元: ・【韓国】3月の経常黒字67.3億ドルに減少 資源高で輸入額急増 [Ikh★]

    【内需ない国は大変やのー。(ハナホジ) 【韓国】3月の経常黒字67.3億ドルに減少 資源高で輸入額急増 [Ikh★]】の続きを読む

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 00:20:49.32 ID:CAP_USER.net
    このところいつになく人々の関心が健康に注がれている。『百歳人生』という歌が空前のヒットを記録したことだけ見てもそうだ。

    時代が時代であるから人々は単純に運動を「する」ことにとどまらない。腕時計型運動量測定機を通じて自身の運動量、心拍数、摂取・消費カロリーなどを具体的に測定して記録し、
    運動量の目標を設定して体系的に健康を維持する。
    われわれは健康をデザインする時代を生きているのだ。

    韓国系米国人ジェームズ・パクはすでに9年前にこうしたトレンドを看破し運動量測定機を専門にするフィットビットを創業した。現在年間売り上げ9000億ウォン(約816億円)規模の運動量測定機分野でトップ企業に成長した。
    運動量測定機だけはアップルやナイキのような世界的な企業の売り上げを上回る。年間2000万台以上の運動量測定機を売っている。

    ジェームズ・パクが韓国で創業したなら結果はどうだっただろうか。
    フィットビットの核心技術が事業初期に流出したり無断で複製され企業がまともに成長できたか心配が先に立つ。

    実際に韓国にはジェームズ・パクに劣らない情熱と実力を備えていても環境が不備で機会を失ってしまう中小企業が多い。
    韓国で知的財産権侵害を経験した中小企業の割合は2012年の4.3%から2014年には7.0%と持続的に増加しているということは懸念される部分だ。


    これといった天然資源のない韓国で国家発展の唯一の原動力は技術力だ。


    中小企業に対する技術侵害を放置したまま未来発展動力を論じるのは理屈に合わない。
    いまや情報技術(IT)、ベンチャー企業のためではなく、未来世代が生きていく土壌を用意するという次元で知的財産権をしっかり保護しなければならない時だ。
    知的財産権は国家産業の根幹となる高度な先端技術から、商標、デザイン、文学、音楽、美術作品など実に多様な分野にわたっている。

    われわれの生活とあまりにも深い関係を結んでおり、知らず知らずにその権利を害するケースが頻繁に発生する。
    したがってわれわれがその権利の重要性を理解し保護するためには政府・企業・消費者のすべてがともに努力しなければならない。

    まず韓国政府は技術を持つ中小企業を保護するために多様な技術保護制度と法律支援を拡大し、関連紛争が発生した場合には速やかに処理するための仲裁・調停制度など制度的装置を十分に用意しなければならない。
    中小企業に技術力はその企業のすべてだ。特に紛争発生時に解決時間が遅いほど企業の生存には致命的だ。

    中央日報
    http://s.japanese.joins.com/article/424/212424.html?servcode=100&sectcode=120

    引用元: ・【韓国紙】資源のない韓国で国家発展の唯一の原動力は技術力だ

    【人材資源ないじゃん 【韓国紙】資源のない韓国で国家発展の唯一の原動力は技術力だ】の続きを読む

    このページのトップヘ