まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:販売

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 21:39:58.22 ID:???.net
    ■イ・フンス、仁川東区庁長"ブンオパン召し上がってみてください"奨学基金準備先頭

    no title

    no title

    ▲イ・フンス東区庁長が、最近、東仁川駅北広場で開かれた分かち合い市場で、地域の
    青少年の学基金を調達するための、ブンオパンの販売ブースを運営している。

    イ・フンス仁川東区庁長が、地域の分かち合い市場で奨学基金を調達しようと、ブンオパンを
    作り販売して注目を集めている。

    イ区長は、最近東仁川駅北広場で開かれた分かち合い市場で、ブンオパンの販売ブースを
    直接運営して80万ウォンに達する収益を上げた。

    特にイ区長は、収益金全てを夢ドリーム奨学財団に寄贈することにして、寄付文化を広める
    一助となった。

    イ区長は「直接、汗を流して稼いだ収益全てを地域の青少年と学生の学費を支援する
    夢ドリーム奨学財団に寄付する予定」とし「任期中、分かち合い市場で地域の青少年に
    夢と希望を与えることができるブンオパン店を引き続き開く予定だ」と述べた。

    ソース 京畿日報
    http://www.kyeonggi.com/news/articleView.html?idxno=964752

    引用元: ・【韓国】 「ブンオパン(ふなパン)、召し上がってみてください」 区長が直接作って販売、奨学基金調達のために一汗。仁川東区[05/19]

    【のり巻きもおでんもたい焼きも食うなよ 【韓国】 「ブンオパン(ふなパン)、召し上がってみてください」 区長が直接作って販売、奨学基金調達のために一汗。仁川東区[05/19]】の続きを読む

    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) 2015/05/01(金) 17:52:48.58 ID:???.net
    no title

    韓国食品医薬品安全庁は28日、同国で食品輸入を手掛ける清海鎮社が販売していた中国産キムチの販売を停止し、回収することを発表した。
    製品からキムチへの使用が禁止されている赤色合成着色料、ニューコクシンが検出されたためとしている。中国サイト・廈門技術性貿易措施信息網が4月30日伝えた。

    回収対象製品の製造日は今年3月22日。

    同庁は品質検査で不合格となる製品の流通を防ぐための対策をとっており、消費者からの情報提供も求めている。
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/416792/

    引用元: ・【韓国】中国産キムチ回収、禁止着色料の使用発覚で販売停止に[05/01]

    【キムチ戦争の始まり(笑) 【韓国】中国産キムチ回収、禁止着色料の使用発覚で販売停止に[05/01]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 11:35:22.06 ID:???.net
    過熱防止機能のない温度調節装置が付いた不良品の電気毛布を大量に生産し、流通させていた業者が警察に検挙された。

    ソウル地方警察庁知能犯罪捜査隊は23日、京畿道広州市の電気毛布製造業者「オファロス」の社長(35)と専務(58)を電気用品
    安全管理法違反容疑で書類送検したと発表した。

    警察によると、オファロス社は2012年4月から先月にかけ、温度ヒューズのない温度調節装置が付いた電気毛布約4万枚を製造し、
    オンライン・ショッピングモールなどに納品して計6億1000万ウォン(約6600万円)相当の利益を得た疑いが持たれている。
    温度ヒューズとは、特定の温度に達した時点で電気回路を遮断し、電気毛布が過熱するのを防ぐ部品だ。

    オファロス社は問題の電気毛布を、温度ヒューズが付いた正常な製品として国家技術標準院傘下の韓国機械電気電子試験研究院
    から安全認証を受けたが、販売する際には温度ヒューズを取り外した上、温度調節装置には工業製品品質認証マーク(Qマーク)を
    付けて納品していた。正常な温度調節装置は1個当たりの単価が4600ウォン(約490円)だが、温度ヒューズを取り外せば3200ウォン
    (約340円)に抑えられるという。

    韓国機械電気電子試験研究院の関係者は「不適合な温度調節装置が付いた電気毛布を高温で長時間使用すると、やけどを負う
    危険がある」と話した。実際、オファロス社が製造した製品の中で、温度調節装置の故障や過熱現象により、3000件もの修理や
    返品の要請があったという。

    警察は「不適合な温度調節装置を納品した側を処罰する規定がないため、制度の改善が必要だ。管轄する地方自治体に通告し、
    すでに販売された製品を回収、廃棄する方針だ」と説明した。

    ユ・ソヨン記者

    ソース:朝鮮日報 2015/02/24 11:15
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/24/2015022401359.html

    引用元: ・【韓国】過熱防止機能のない電気毛布を大量に販売、6億円ぼろ儲け…ヒューズ付で安全認証を受け、販売時に取り外す[02/24]

    【詐欺を考えさせたら右に出るものはいないな 【韓国】過熱防止機能のない電気毛布を大量に販売、6億円ぼろ儲け…ヒューズ付で安全認証を受け、販売時に取り外す[02/24]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 10:50:04.59 ID:???.net
    仁川市に住む男子中学生(15)は昨年12月、学校を欠席した。ソウルに行って麻薬を購入するためだ。インターネットの検索を通じ、
    新種の麻薬「ハーブ」を知った男子中学生は昨年11月20日、初めて「ハーブ」1パックを10万ウォン(約1万1000円)で購入した。
    「ハーブ」は麻薬の成分を水に溶かし、エゴマの葉やヨモギなどの植物に混ぜて乾燥させ吸引するもので、大麻よりも中毒性が強い。
    10回吸引できる量を3日間で全て吸入した男子中学生は、再び「ハーブ」を購入しようとしたのだ。

    「ハーブ」販売業者のJ容疑者(43)に再び会った男子中学生は、1パックを買うと同時におまけとして3パックを受け取り、J容疑者
    についてホテルに行って、薬物を「おいしく吸う方法」まで教わった。それから5日後、J容疑者が検挙され警察の捜査を受けていた
    ときにも、男子中学生はJ容疑者の携帯電話に「(薬物を)早くください」「どうして連絡がないのですか」といったメールを送り続けた。
    警察はJ容疑者に協力を求め、3回にわたって待ち合わせの日にちと場所を決め、その場で男子中学生を検挙した。

    ソウル地方警察庁広域捜査隊は、「ハーブ」とその原材料を韓国に持ち込んだJ容疑者とL容疑者(44)、そのほかの販売業者
    など25人を逮捕し、「ハーブ」7キロと大麻500グラムなどを押収した。容疑者らが製造、流通した薬物は約6万人が同時に吸引
    できる量だった。警察はまた、薬物を購入した61人も立件した。その中には前出の男子中学生など8人の中高生も含まれていた。

    警察によると、日本で宿泊業を営んでいたJ容疑者は、日本人の薬物製造業者(34)を通じて「ハーブ」やその原材料を韓国に
    持ち込んだ疑いが持たれている。J容疑者らは昨年10月から月に4回、日本から「ハーブ」10キロを密輸するとともに、製造業者
    をソウル市江南地区のホテルに呼んで、10キロの麻薬を作らせた。この麻薬は貿易会社に勤務するL容疑者が、緑茶の
    パッケージを発送するように見せ掛け韓国に持ち込んだ。容疑者らはインターネットのコミュニティーサイトに薬物を販売する
    内容の書き込みをし、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて連絡してきた購入希望者に3グラム当たり5万-15
    万ウォン(約5400-1万6000円)で販売していた。

    ユ・ソヨン記者

    ソース:朝鮮日報 2015/02/26 09:59
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/26/2015022601234.html

    引用元: ・【韓国】薬物販売業者など25人を逮捕、日本から「ハーブ」を密輸して麻薬を製造・販売した疑い[02/26]

    【容疑者が日本人なら絶対に日本人容疑者と書くんだろうな 【韓国】薬物販売業者など25人を逮捕、日本から「ハーブ」を密輸して麻薬を製造・販売した疑い[02/26]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/08(日) 12:24:31.05 ID:???.net
    ウインドウズなしのノートPC、定価より20万ウォン安く販売
    PC修理店、低価格でウインドウズを違法インストール

    ソウル市内に住むあるサラリーマン(28)は今月24日、ソウル市竜山の電気街で定価よりも20万ウォン(約2万1000円)ほど安く最新型
    のノートパソコンを購入した。価格が安い理由は、外見は間違いなく新製品だが、ウインドウズなどの基本ソフト(オペレーティングシステム
    =OS)がインストールされていないため、このままでは使用できないからだ。

    サラリーマンはこのノートパソコンを自宅近くのパソコン修理店に持ち込み、3万ウォン(約3200円)でウインドウズやワープロソフトなど希望
    するソフトをインストールしてもらった。OSを含むこれらのソフトはもちろん全てが違法コピーで、純正品を購入すれば60万ウォン(約6万4000円)
    相当になるという。

    最近はこのサラリーマンのように、OSを含むソフトが全く入っていないノートパソコンを購入し、違法コピーされたソフトをインストールして
    使用するケースが増えている。

    ソウル都心・光化門のあるパソコン修理店の社長は「昨年の初めごろから、OSのないノートパソコンにウインドウズのインストールを求める
    客が増え始めた。今も1日5-6人は来ている」と話す。この経営者によると、違法な形でOSを含む複数のソフトをインストールして手にする
    収益は、通常の修理による収益をはるかに上回っているという。

    記者がソウル市内のパソコン修理店20カ所を回って実際に確認したところ、どこの店でも3万ウォンから5万ウォン(約5300円)を支払えば、
    違法な形でOSを含む複数のソフトをインストールしていた。

    これらの業者は、純正品を購入する場合の20分の1ほどの低価格で、複数のソフトを違法にコピーしインストールする商売をしているわけだ。
    また上記の20カ所のうち6カ所では、ウインドウズをインストールした客にはワープロソフトも無料でインストールしていた。法律では、パソコン
    などのソフトウエアを購入者以外の人物がインストールして使用することは、見返りがあるかどうかに関係なく違法とされており、5年以下の
    懲役あるいは5000万ウォン(約530万円)以下の罰金に処せられる。

    町のパソコン修理店などでソフトウエアの違法コピーが盛んに行われている理由は、取り締まりが非常に難しいからだ。ソフトウエアなどの
    違法コピーに対する取り締まりを担当するのは著作権特別司法警察だが、担当者はソウル・京畿道でわずか8人、全国でも27人しかいない。

    ソウル市麻浦区のあるパソコン修理店の社長は「官公署や外資系企業、あるいは公企業相手でなければ、取り締まりに引っ掛かることは
    ほぼない。安心して大丈夫だ」と語った。

    違法コピーの取り締まりを担当する文化体育観光部著作権保護課の関係者は「小規模修理店の場合、違法コピーの証拠を確保するのが
    難しく、取り締まり要員も不足している」とした上で「現時点では個別の通報があった場合にのみ取り締まりを行っているのが実情だ」と述べた。

    イ・ジュンウ記者

    ソース:朝鮮日報 2015/02/08 07:06
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/07/2015020700785.html

    引用元: ・【韓国】「通報があった場合のみ取り締まる」OSなしのノートPCを安く販売、PC修理店でウインドウズを安く違法インストール[02/08]

    【ワレワレハ朝鮮人ニダ 【韓国】「通報があった場合のみ取り締まる」OSなしのノートPCを安く販売、PC修理店でウインドウズを安く違法インストール[02/08]】の続きを読む

    このページのトップヘ