まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:販売台数

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 22:12:10.77 ID:CAP_USER
    韓国自動車メーカーの海外工場における先月の販売台数が15%近く減少したことが分かった。

    12日、産業通商資源部が集計した8月の韓国自動車産業実績によると、海外工場の販売台数は昨年同じ月(39万3733台)に比べて14.7%減少した33万6012台を記録した。

    特に、現代・起亜車は中国のTHAAD(高高度ミサイル防衛体系配備)報復などの影響で、現地での販売が昨年の50%水準にとどまった。米国でも現地の需要減で毎月2ケタ減少率を示している。

    現代自動車の事業構造を改編し、今回の危機を乗り越えなければならないという声も上がっており、韓国自動車メーカーがこの危機をどのようにして克服していくのか注目される。

    http://japanese.joins.com/article/357/233357.html

    引用元: ・【経済】韓国自動車メーカー、海外工場の8月販売台数が約15%減…米中で不振[9/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【国外じゃHyondaだったっけ? 】韓国自動車メーカー、海外工場の8月販売台数が約15%減】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/06/09(金) 06:26:10.53 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=180314&ph=0

    2017年6月6日、中国のポータルサイト・今日頭条に、5月の米国自動車市場で、韓国車の販売台数が落ち込んだと伝える記事が掲載された。

    記事は、5月の米国自動車市場は、乗用車の販売台数が昨年同期比で0.5%減少し、約152万台だったと紹介。これは5カ月連続の減少だという。

    自動車グループ別にみると、5月の販売台数トップ5は、フォード、GM、トヨタ、フィアット・クライスラー、ホンダの順だったが、記事は7位のヒュンダイ・起亜に注目。これまで米国市場でよい成績を収めてきたものの、販売台数は55万5890台にとどまり、前年比で7.1%減少したという。

    記事は、中国では「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の影響で販売台数が落ち込んでいるといわれるが、米国市場でも販売台数が落ち込んでいると指摘した。

    これに対し、中国のネットユーザーから「韓国車はTHAADだけのせいにはできないんだよ」、「中国車は韓国車より安いが同じように走れる。今の中国車は以前の品質とは違う」などのコメントが寄せられた。

    しかし、「韓国車は7位だが中国車は?姿が見えないのですが」、「よそさまのことをよくもあれこれと言えるな。中国車はいったい何位なんだ?」、「米国車は米国で販売台数1位。日本車は日本で販売台数1位。韓国車は韓国で販売台数1位。いつになったら中国車が中国で1位になるのだろう」との意見もあり、中国車の頑張りに期待したい人が多いようだ。

    引用元: ・【車】「反韓」ではないはずの米国で、韓国車の販売台数が減少[06/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ホンディがホンダじゃないってバレた?】「反韓」ではないはずの米国で、韓国車の販売台数が減少】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/05/11(木) 07:36:22.72 ID:CAP_USER
     自動車産業ポータル「MARKLINES」によれば、中国自動車市場における2016年12月の韓国車の乗用車販売シェアは前年同月比3.77%増だった。しかし、17年1月は前年同月比11.14%減、2月は同1.72%減、3月は同52.66%減となっており、中国市場で韓国車は急激に販売台数を減らしていることがわかる。

     中国メディアの牛車網は5日付で、韓国車の販売台数が減少している背景について考察する記事を掲載し、その原因は「高度ミサイル防衛システム(THAAD)」が原因なのか、あるいはマーケティングのミスが原因なのかを論じる記事を掲載した。

     記事はTHAAD問題に起因する中韓関係の悪化が韓国車の販売に悪影響を与えているとう見方について、中国財政部の関係者の話として、「政治的要因が自動車メーカーのセールスに与える影響はゼロではないが、決して大きくはない」と指摘。日中関係も決して良好ではないが、日系車の販売が好調であることこそ、その証拠だと論じた。

     むしろ「自動車メーカーが真剣に考えなくてはならないのは、最終的にはやはり製品の競争力と市場における代替品との関係である」と主張。かつて韓国車の強みだったコストパフォーマンスの高さは中国車の台頭によって失われつつあると指摘したほか、外観のデザインは今なお魅力的であるとしながらも、技術力では他社に大きく水をあけられていると論じた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://news.searchina.net/id/1635423?page=1

    引用元: ・【経済】韓国車の販売が激減! その理由はTHAADか、戦略のミスなのか[05/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【もう出番はない】中国市場での韓国車販売台数急減、52.66%減】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/11/23(月) 04:28:19.42 ID:CAP_USER.net
     【ソウル聯合ニュース】

     韓国のサムスン電子が7~9月期にスマートフォン新興市場15カ国(Next fifteen、ネクストフィフティーン)のうち
    14カ国で販売台数トップを記録した。米調査会社のストラテジー・アナリティクス(SA)が18日までに伝えた。

     ネクストフィフティーンには東南アジア諸国とナイジェリア、コロンビア、ポーランド、オーストラリア、オランダなどが含まれる。

     サムスンは15カ国のうちフィリピンの現地メーカーに1位の座を奪われたものの、14カ国で首位に立った。

     特に、エジプト(シェア53.6%)、トルコ(45.2%)、ルーマニア(44.2%)、オランダ(43.3%)、ポルトガル(42.2%)では
    2位に圧倒的な差をつけた。

     15カ国中、最も市場規模が大きいインドネシアでは、7~9月期だけで1000万台のスマートフォンを売り上げた。

     SAは特に東南アジア諸国の成長に注目している。同期の東南アジアスマートフォン市場の規模は前期より10%拡大した。

     こうした成長をけん引しているのは、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイ、マレーシア(市場規模順)の5カ国だ。

     5カ国の7~9月期スマートフォン販売台数はアジア・太平洋地域の販売台数の13%を占めるほど、急成長を見せている。

    Yahoo!ニュース 聯合ニュース 11月18日(水)12時13分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00000019-yonh-kr

    引用元: ・【スマホ】サムスン スマホ新興市場14カ国で販売台数首位[11/18]

    【昨日は2兆円以上の在庫抱えてると報道してたろ 【スマホ】サムスン スマホ新興市場14カ国で販売台数首位[11/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ