まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:豚足

    1: まぜるな!キケン!! 2023/03/26(日) 06:56:29.71 ID:5whC1ekR
    従来のセットメニューの名前を変える所も

    ソウル市松坡区のあるカフェでは、1人当たり4万-7万ウォン(約4000-7000円)の「コーヒーおまかせ」メニューを販売している。
    バリスタが産地と加工方式、品種などの異なるコーヒー豆を選んでさまざまな抽出方式で入れたコーヒーを3杯、または9杯提供するコースだ。
    ソウル市麻浦区のある飲食店は、スンデ(腸詰め)おまかせを平日の昼食は1人当たり4万9800ウォン(約4980円)で、平日の夕方と週末は6万9800ウォン(約6980円)でそれぞれ販売している。
    2-3種のアペタイザー(前菜)と食事を含め、伝統アバイスンデ(咸鏡道式腸詰め)など、さまざまな種類のスンデを味わえるメニューだが、飲み物や酒類の注文が必須なので値段はさらに高騰する。

     若年層を中心に「おまかせ」がブームを呼んでいる。もともとおまかせは和食すし店で「シェフによるおまかせ」を意味するが、
    最近はスンデや天ぷらのような軽食類から牛肉や三枚肉、豚足、飲み物やデザートに至るまで、ありとあらゆる種類のおまかせが登場している。
    牛肉をテーマにおまかせを出す飲食店が多くなると、最初から「牛(韓国語で「う」)マカセ」という言葉が生まれ、三枚肉や肩ロースのような豚肉を使ったおまかせは「豚(とん)マカセ」と呼ぶようになった。

     いったんおまかせという名前が付くと、値段はぐんと上昇する。ソウル市江南区のあるカフェで販売しているデザートのおまかせは、ケーキやプリン、マドレーヌのような4種類のデザートを含め、
    1人当たり3万ウォン(約3000円)を受け取っている。飲み物は別料金だ。おまかせが流行し、従来の飲食店の中には「コース」や「セットメニュー」で提供していた食べ物におまかせという名前だけを付けている所もある。
    京畿道高陽市のある飲食店は「豚足・ポッサム・お盆冷麺セットメニュー」という名前で販売していたメニューを「豚足おまかせ」に変えた。一種のマーケティングというわけだ。

     おまかせブームを巡り、「小確幸」(ささやかだが確かな幸福)を追求する若者層に便乗した金もうけだと批判する声もある。
    おまかせを打ち出した少なからぬ店舗が、顧客にあらかじめメニューを教えることもなく、選択できないようにしたことで、適切な値段以下の料理を提供しているというのだ。
    単品数個をまとめて割引するセットメニューとは違って、値段を上げているだけだといった不満もある。韓国のおまかせブームを報じた日本のメディアは、
    高価なおまかせが人気を集めていることについて「(おまかせを食べて)SNS(交流サイト)に写真と動画をアップして、他人に自慢するまでがセット」とし「おまかせは韓国の若者にとってぜいたくの象徴」と批判した。

    イ・ミジ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2023/03/26 06:32
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/03/24/2023032480122.html

    引用元: ・【おまかせ】 コーヒーから豚足まで…韓国で日本の「おまかせ」が大ブーム [3/26] [仮面ウニダー★]

    【おまかせ でまかせ ごまかせ 【おまかせ】 コーヒーから豚足まで…韓国で日本の「おまかせ」が大ブーム [3/26] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: 依頼@マドハンド ★@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 03:17:19.79 ID:???.net
    豚足に工業用カセイソーダ=卸売市場で販売-中国

    【北京時事】
    北京市の食品卸売市場で、工業用カセイソーダを使い重量を水増した豚足が売られていたと、9日付の中国紙・新京報が伝えた。

    豚足は漂白作用のある過酸化水素水で「美白」もされていた。

    市公安局や食品安全当局は、市場内の店舗と、出荷していた無許可の加工場を立ち入り調査、豚足や薬品を押収した。
    同紙が検査機関に豚足を持ち込んだところ、カセイソーダや過酸化水素水が検出された。

    これらは日本でも食品添加物として認められているが、厳しい使用基準がある。
    最終的な食品に残留してはならないと規制されている。

    カセイソーダを使うと、豚足が水を含み、大きくなるという。
    同紙記者が調べたところ、これらの豚足は本来の黄色みがかったものに比べて白く、薬品の臭いがした。
    店では市場の検査で不正が発覚するのを防ぐため、通常の豚足も用意していた。

    問題の豚足は小売店や料理店に卸されていた。
    市場内の店員の一人は「これらは『美白豚足』と呼ばれ、この商売をしている者は皆知っている」と話したという。

    時事ドットコム (2014/09/09-16:29)
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014090900665

    引用元: ・【時事通信】豚足に工業用カセイソーダ=卸売市場で販売-中国[09/09]

    【間違った工夫にはホントに余念が無いな【時事通信】豚足に工業用カセイソーダ=卸売市場で販売-中国[09/09]】の続きを読む

    このページのトップヘ