まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:論文

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/25(土) 11:05:41.76 ID:CAP_USER
     ソウル大学研究真実性委員会が、チョ・グク前法相の修士・博士論文について「研究不正または不適切な行為に該当する」と判定し、事実上、盗作を認めた。だが違反の程度は軽微だとして、懲戒など制裁要請は行わないと決定した。

     24日に公開された研究真実性委員会の決定文によると、チョ・グク・ソウル大学法学専門大学院教授が米国カリフォルニア大学バークレー校(UCB)ロースクールで書いた博士論文は、計13ページにわたって、英国オックスフォード大学の教授の論文など6件の記述を引用表示なしに引用していたことが確認された。同委は、ソウル大学研究倫理指針第11条「研究不正行為」のうち「他人の文章をまるで自分のものであるかのように使用する行為」に該当すると判断した。ただし、「違反の程度は軽微」と結論付けた。

     修士論文については「123カ所にわたり、日本の文献などから適切な引用表示なしに引用していた事実が認められる」として、研究倫理指針第12条「研究不適切行為」のうち「他人の文章を正確な引用表示なしに使用する行為」に該当すると判断した。しかし、これもまた「違反の程度は軽微」だと決定した。韓国教育部(省に相当)の「研究倫理確保のための指針」は、他人の文献を引用表示なしに持ってきて使うことを「剽窃(ひょうせつ)」だと規定している。

     チョ・グク前法相の盗作疑惑を提起した郭尚道(クァク・サンド)議員=保守系最大野党「未来統合党」所属=などは「剽窃を認めつつも違反が軽いという異常な決定を下した。異議申し立てを行う計画」と表明した。修士論文の盗作疑惑を提起した民間団体「研究真実性検証センター」も、「異議申し立てを行いたい」とコメントした。ソウル大学の規定によると、研究真実性委は異議申し立てに対し、最大90日以内に決定を行わなければならない。

    郭守根(クァク・スグン)記者

    ソース
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版  記事入力 : 2020/07/25 09:00
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/25/2020072580012.html

    引用元: ・【論文盗作】「チョ・グクの論文盗作は軽微、懲戒せず」 ソウル大学で免罪符論争[07/25] [Ikh★]

    【ムンに事大しておけば何やってもセーフ 【論文盗作】「チョ・グクの論文盗作は軽微、懲戒せず」 ソウル大学で免罪符論争[07/25] [Ikh★]】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 09:32:12.04 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/V0y9Oel.jpg
    19日、韓国経済新聞は、研究中心の大学院を育てるとして韓国政府が1999年から18年間で4兆5600億ウォン(約4400億円)を投じたにもかかわらず、韓国の大学は今や単なる「論文工場」に転落したと酷評した。写真はソウル大。

    2017年9月19日、韓国経済新聞は、研究中心の大学院を育てるとして韓国政府が1999年から18年間で4兆5600億ウォン(約4400億円)を投じたにもかかわらず、韓国の大学は今や単なる「論文工場」に転落したと酷評した。

    記事は、出版社エルゼビアが提供する抄録・引用文献データベースの「スコーパス(Scopus)」に基づき、過去20年(1997~2016年)の韓国を含めた上位20カ国の論文の成果を分析し伝えている。

    これによると、韓国の論文件数は1997年には1万3050件だったが、2015年には7万7362件となりピークを迎えた後、昨年は7万6733件とわずかに減少した。世界での順位は06年に12位に上がった後、停滞している。

    一方で、論文の質は「平均以下」との厳しい評価だ。相対的なインパクトファクター(FWCI、引用された頻度を測る指標)は1であれば平均だが、1998年は0.8だったが、2009年に1に達した後、16年に再び1以下に低下した。同指標の世界ランクも16年に13位と、1997年の「スタート地点」に戻ってしまった。

    エルゼビアの関係者は、「論文の被引用指数は、アジア諸国には相対的に不利な面がある」としながらも「上位10%のジャーナルに発表された論文の割合を基準に、韓国が、日本はもちろん台湾にも劣るという点は注目すべき部分」と指摘した。

    専門家は、「お金はあふれているが適切に使えない状況」と診断する。韓国研究財団団長を務めたソウル大医工学科のキム・ソンワン教授は「ソウルの主要大学の理工系教授の多くは1年に5億~10億ウォン(約4900~9900万円)の研究費を受けている」と説明した。

    こうした現状について記事は、「米国など先進国の大学と韓国の大学の最大の違いは、論文のために研究をするのか、実際の生活を変えるために研究をするのかだ」とし、「国内の大学風土で論文を書くということは、すなわち研究費が受け取れることを意味する」と指摘。さらに「教授の能力は、研究費をどれだけ受け取ったかで評価される。約20兆ウォン(約2兆円)に達する国の研究開発資金のほとんどが『論文のための論文』を量産するために使われているというのが専門家たちの評価だ」と酷評した。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「本当にごみみたいな論文が多い」「しかも盗作論文も多い」「大学から率先して変わらねばならない」「大学教授の研究活動といえば、結局は金集め」「教授の10人中9人は腐っていると思っていい」など、韓国の論文の質と大学に否定的な意見が寄せられた。

    また、「ちゃんとした論文を1本出すには、少なくとも1年以上の調査研究をしなければならないし、論文完成後に学会誌への掲載手続きだけでも通常半年以上はかかる。政府は今年予算を支援したら、来年には成果を出せという。こんなことでいい研究結果が出るわけがない」と、政府の政策を批判するものもあった。(翻訳・編集/三田)

    2017年9月21日 12時10分 Record China
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=186687&ph=0

    引用元: ・【Record China】韓国の大学の論文、量は“一流”、質は…=ネットからも「ごみみたいな論文ばかり」「盗作論文も多い」と酷評[9/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ゴミはいくらたまってもゴミ】韓国の大学の論文、量は“一流”、質は「平均以下」】の続きを読む

    1: ん◆2R.j9FMXMSiE 2017/08/20(日)19:15:38 ID:???

     フォーカス台湾によると、ケンブリッジ大学出版局の学術誌「China Quarterly」に掲載されていた
    台湾や香港、天安門、チベット関連などの一部の論文や書評300本以上が非公開となったという。
     中国の国家新聞出版広電総局が、ケンブリッジ大学出版局に対して、中国大陸内に開設したウェブ
    サイトからの削除を要請したという。
     詳細と続きは、フォーカス台湾で。


    >英学術誌に中国大陸から圧力か 台湾関連など一部論文の削除要請される
    【両岸】 2017/08/18 20:58 フォーカス台湾(北京 18日 中央社)(邱国強/編集:名切千絵)
    http://japan.cna.com.tw/news/achi/201708180012.aspx

    引用元: ・【国際】ケンブリッジ大学出版局の学術誌に中国大陸から圧力か 台湾や香港、天安門、チベット関連など一部論文の削除要請される [H29/8/18]

    【【焚書坑儒も極まったな】チベット関連などの論文や書評300本以上が非公開に 中国がケンブリッジ大学に圧力】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/14(水) 18:30:58.27 ID:CAP_USER
    2017年6月14日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が副首相兼教育部長官候補に指名した金相坤(キム・サンゴン)元京畿道教育監(67)の学位論文をめぐって、盗用疑惑が持ち上がっている。韓国・中央日報などが報じた。

    盗用が指摘されているのは、金氏が1982年に書いたソウル大の修士論文。報道によると、この中の少なくとも130カ所の表現に盗用が疑われるという。

    盗用元とされる10文献のうち5文献は日本の文献で、引用元を表示しないまま原文を丸ごと韓国語に翻訳した部分があったほか、原本とまったく同じグラフが使用された例も。さらに日本の文献で「わが国の場合」と表現された部分を「日本の場合」とするなど、一部のみ表現を変えた箇所も見つかっている。

    そして、盗用元の日本の文献に記された引用元まで同様に表記する「引用の盗用」も指摘された。

    金氏は1992年に書いた博士論文でも、ソウル大研究真実性委員会の昨年の調査で「引用元を明記せず9文献の内容が使われていた」と明らかになっていた。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

    「本当にやっていることがめちゃくちゃだ」
    「もしかしたら、お金を払って論文執筆を誰かに委託してたってことも考えられる」
    「教育部の長官候補がこのレベル」「こんな老人を教育行政に関わらせないでくれ」
    「こんなやつを長官にしたら政権はごみためになる」

    など、批判の声が多く寄せられた。

    その一方で、

    「論文執筆時点の基準ではこれでもOKだったのかも」
    「1980年代の論文を2017年基準で評価するのは正しいのかな?」
    「当時の基準で判断をし直すべき」

    など、論文執筆当時の倫理規定に照らして判断すべきとする声もあった。


    2017年6月14日(水) 18時10分
    http://www.recordchina.co.jp/b181102-s0-c10.html

    引用元: ・【韓国】教育相候補が論文盗用か、日本の文献を「そのまま」使用[06/14]©2ch.net

    【【何を教育すんだよ(笑)】韓国の教育相候補が論文盗用か、日本の文献を少なくとも130カ所使用】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/01/22(日) 11:41:25.88 ID:CAP_USER
     1943年のカイロ会談とテヘラン会談、45年のヤルタ会談とポツダム会談は、韓国が日本の植民地支配から脱して独立を成し遂げる「里程標」になった国際会談として知られる。しかし最近、「ポツダム会談と、日本の無条件降伏を要求したポツダム宣言は、互いに別個の事件」と分析する論文が登場して注目を集めている。

     慶尚大学史学科のシン・ジョンフン教授は「ポツダム会談とポツダム宣言」という論文で「ポツダム会談は、欧州の戦争を終結させるための米英ソ3カ国の首脳会談だったのに対し、ポツダム宣言は、米国主導で英国・中国の3カ国首脳が日本に対する条件なしの降伏要求を盛り込んだ最後通告」と主張した。「ポツダム宣言は、ポツダム会談で重要な取り扱いを受けた案件ではなく、会談の公式議題にもならなかった」という。この論文は、最近発行された大韓民国歴史博物館(金容稙〈キム・ヨンジク〉館長)の研究双書『大韓民国を造った国際会議』に収録された。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/20/2017012001535.html

    引用元: ・【韓国】慶尚大教授「ポツダム会談とポツダム宣言は別の事件」[01/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【なんでこんな当たり前のことを】注目を集めている慶尚大教授の論文「ポツダム会談とポツダム宣言は別の事件」】の続きを読む

    このページのトップヘ