まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:説明

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/03(日) 10:26:48.75 ID:CAP_USER
    24年前の夏のことだ。その年のヨーロッパの空気は重苦しかった。名称もない、ただの米朝会談がスイスのジュネーブで退屈そうに行われた。米国代表はロバート・ガルーチ国務次官補、北朝鮮代表は姜錫柱(カン・ソクチュ)外務次官だった。

    当時の駐フランス特派員がジュネーブ取材をカバーした。私たちはモーベンピック・ホテルに泊まった。会談は米朝代表部の建物で交互に行われた。両国代表団は昼食を共にしたり、カクテル・レセプションを開いたりした。記者たちは代表部の外の道をうろうろしていた。

    北朝鮮は国際原子力機関(IAEA)の査察には原則がないと粘った。米国は北朝鮮が4カ月前に脱退宣言した核拡散防止条約(NPT)に復帰することを望んだ。記事は書いたが、あいまいだった。

    韓国人記者には直接の取材源がなかった。ガルーチ氏は口を閉ざした。「韓国代表部に聞け」ということだ。姜錫柱氏は「朝鮮半島の核問題全般について話し合った」としか言わなかった。

    その日の晩、米国が韓国を別個に呼んで背景を説明した。そして、米国代表部から帰ってきた韓国の官僚が初めて記者に説明した。我々はフィルターを2回通された情報を耳で覚えた。論理的なつながりがない、断片的な情報が横行した。

    韓国は韓半島(朝鮮半島)安保の「直接の当事者」でありながら、「第三者」でもあるという二重構造に陥っていた。北朝鮮公館の会談会場を離れる時、ヨーロッパの記者たちは「どうなったんだ?」と韓国人記者の袖を引っ張った。とても「我々も第三者なんだ」とは言えなかった。

    米国は1960年代、ヨーロッパ諸国に核を配備した。そして、弾道ミサイル発射の特殊な鍵とパスワードを共有した。それでもフランスは1960年にサハラ砂漠で核実験を強行した。数年後、フランスは北大西洋条約機構(NATO)統合司令部を脱退した。

    米国の核の傘の下にいた周辺国は、フランスに「なぜ独自の核抑止力が必要なのか」と尋ねた。すると、当時のドゴール仏大統領は「そうしなければ、我々は軍縮会談に招待されないじゃないか」と言い放った。

    今後の韓半島の核問題も同様の本質を抱えている。金正恩委員長が核を絶対に放棄するはずがないため、北東アジアの核軍備競争も避けられないだろう。それが大きな流れだ。国連安保理は決議案・議長声明・言論声明という3つのうちどれを選ぶかで「魂のない」押し問答を繰り返すだろう。

    中国・ロシアは致命的な対北朝鮮制裁がない場合だけ国際協調に参加すると思われる。トランプ米大統領が金正恩委員長に対して「尊敬する」と「激怒している」の間を行ったり来たりしているうちに、ロシア介入疑惑やオバマケア代替案撤回のような国内問題に足を引っ張られる危険性が高い。

    極東軍備競争のクライマックスは、日本の核武装の可能性に至る。北朝鮮が小型核弾頭とICBMを完成させて弾頭保有量を増やせば、在韓米軍は戦術核を持ち込み、日本の核も議論のテーブルに載せられるかもしれない。

    中国が神経質になるだろうが、北朝鮮の核を引き止められなかった責任に縛られるだろう。米国も中国も平壌斬首作戦を実行に移す可能性は低い。中国は今年3月、米海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」のウサマ・ビン・ラディン暗殺作戦をそのまま再現した特殊部隊訓練を公開したが、平壌を念頭に置いたものではない。

    米国も韓国も金正恩委員長に「拒否できない提案」を出すのに失敗した時、本当のシナリオが始まる。

    拒否できない提案とは、北朝鮮がミサイルをもう1回発射したら韓国が核戦略司令部創設のための立法発議に入り、北朝鮮が「核凍結-廃棄」の手順を約束すれば毎年10億ドル(約1100億円)を供与するという程度の最後通告だ。可能性はゼロに近い。

    片足を断崖絶壁の向こう側に突き出すくらいの状況になった時、米朝は電撃的にニューヨークで交渉を開始するかもしれない。北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務省米州局長と米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表という局長級接触があった後、高官級の接触に移っていくだろう。北朝鮮が強者側に立った「ビッグ・ディール」だ。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/01/2017090101762.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【朝鮮日報】24年前のジュネーブ 思い出したくもないあの日[9/03] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【当事者じゃないし】朝鮮日報「韓国はまた米朝会談の背景説明を聞く側の国になるだろう」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/09(日) 12:50:46.30 ID:CAP_USER
    読者の意見:親に同意を求める韓国軍、信頼・安心感が高まった

    3月30日付の社説「韓国軍兵士は親の同意がないと戦争に行けないのか」を読んだ。昨年10月に除隊したうちの次男は実際にその部隊で地雷除去の作業を担当したことがある。

    ある日、息子が帰省した時に同意書を持ってきた。レーダー基地周辺に埋められた地雷を除去する作業に当たることや、その作業の手順についての詳しい説明も記載されてあった。

    その文書によると、危険な作業は経験豊富な上官や将校が行い、一般の兵士は安全な作業を担当することになっているそうだ。
     
    私は息子に「地雷が流失すれば民間人に被害が発生するので、誇りを持って作業をしなさい」と激励して送り出した。

    メディアは主に部隊長を非難していたが、私はその非難は当たらないと思う。私はその同意書を読んだことで、むしろ部隊長を信頼できると思った。

    息子を兵役に行かせる親は健康に帰ってくることだけを願っているが、部隊による事前の説明はむしろ安心感を与えてくれた。

    親に同意を求めたからといって韓国軍の規律を問題視するとか、韓国軍全体を非難するようなことはすべきでないと思う。

    チェ・ホンチョルさん(ソウル市銅雀区)


    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/07/2017040701605.html

    関連
    【ソウルからヨボセヨ】精強・韓国軍はどこへ? 兵士の作戦参加に親の同意が必要なの? 世論も嘆く“気配り”韓国軍の「軟弱化」★2 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1491634822/

    引用元: ・【韓国】親に同意を求めたからといって韓国軍の規律を問題視するとか、韓国軍全体を非難すべきでない[4/9] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【のんきだね~ 】韓国軍「息子さんは××で地雷除去作業に当たります。作業手順についての詳しい説明はこちらです」】の続きを読む

    yaru


    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) 2015/05/01(金) 12:44:56.63 ID:???.net
    1日の韓国・CBSノーカットニュースによると、韓国外交部が発表したネパール地震での韓国人被災者数に疑問がもたれている。

    外交部が発表した韓国人被災者は、地震当時カトマンズを観光していた50代の夫婦と、建設会社の派遣労働者の計3人。外交部が手配した大韓航空の特別機で30日に帰国した。

    だが、取材の結果、これ以外にも建設会社従業員1人が、建物の残骸の下敷きとなり、頭や腕を負傷していたことが確認された。この従業員は救助された後に海外の航空会社を使って28日に緊急帰国したという。

    また、カトマンズの国際空港では30日、地震で腰を負傷したとみられる30代男性が、大韓航空特別機に乗るために救急車で搬送される姿も確認された。

    外交部が発表している負傷者のほかに少なくとも2人の負傷者が確認されたわけだが、駐ネパール韓国大使館関係者は「韓国人負傷者は公式的にこれまでに3人」と述べ、他の負傷者の存在を確認していない。

    ネパールには650人の韓国人が駐在しているほか、留学生や観光客など1000人程度が滞在していたとみられる。
    韓国大使館関係者は地震発生直後、韓国メディアのインタビューに対し「ネパール居住者は日ごろから大使館の指導によって地震対応訓練を行っているため、大きな被害はなかった」などと説明していた。
    しかし、ある駐在者は「訓練など受けたことがない」と明かし、「地震発生後に大使館職員を見たことがない。一部の韓国人に小さな懐中電灯を支給しただけだ」と不満を漏らしている。

    このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。
    「大使館があってもなくても・・・」
    「公務員のせいで国が滅びる」
    「外交部は百害あって一理なし」
    「隠ぺいと操作が日常になった」
    「自国民保護にはまったく関心がない。300人が海で死んでも助けなかった。他国で起きた地震に興味があるわけがない」
    「またウソ?」
    「女性部も意味がないが、外交部も存在価値がない。外国でパスポートをなくしたら、日本大使館か中国大使館に行ったほうがいい」
    「何かあったら日本大使館に行ってください。そっちの方が対応が早い」
    「恥ずかしいが日本大使館に行った方がいい。日本は自国民を大切にしている」
    「もしもネパールのような大震災が起きたら、韓国は今のネパールよりひどい状態だと思う」
    「怒っても意味がない。こんな政権に投票したんだから」
    「大使の代わりにマネキンをおけ」
    「期待もしなかった」
    「どの国に行っても韓国大使館は無用の長物。外国大使館に助けを求めるしかない」
    「生活が苦しいから、税金を返して」
    「これまでのことを見ても大使館に助けて求めるのか?自分の力で生き残るしかない」
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/416797/

    引用元: ・【ネパール】負傷者数も訓練も・・ネパールの韓国大使館の説明に疑問続々、韓国ネットは「またウソ?」[05/01]

    【吐息の如く嘘をつくくせに簡単に嘘に騙されるんだよなwwwww 【ネパール】負傷者数も訓練も・・ネパールの韓国大使館の説明に疑問続々、韓国ネットは「またウソ?」[05/01]】の続きを読む

    このページのトップヘ